ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GMOグローバルサイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GMOグローバルサイン」に関する情報が集まったページです。

IoTセキュリティ:
ICチップにクライアント証明書を書き込むIoTセキュリティサービス
GMOグローバルサインとBig Good Intelligent Systemは、IoTデバイスのセキュリティサービス「G-Shield」を開発した。ICチップの汎用的なメモリ空間とは物理的に隔離された領域に、GMOグローバルサインが発行するクライアント証明書を書き込める。(2019/4/8)

企業における「ID管理」【第2回】
働き方改革にGDPR、そしてM&A 「IDaaS」は企業課題解決の救世主となるのか
ID管理を取り巻く環境は急激に変化している。そこにはどんな課題があるのか。「IDaaS」はどこまで使えるのか。(2019/2/15)

製造業IoT:
Armが考えるIoTの3つの課題とは、「Mbed」で可能性を広げていく
ArmのIoTサービスグループ プレジデントのディペッシュ・パテル氏が来日。パテル氏は「2025年に11兆米ドルもの市場規模になるといわれているIoTだが、『デバイスの多様性』『エンドツーエンドセキュリティ』『データの適切な利用』の3つが課題になる。Mbedを中心としたソリューションにより、IoTの可能性を広げていく」と語った。(2018/5/11)

宅配BOXにブロックチェーン パルコらが共同実証実験
パルコなどが、「カエルパルコ」の商品を受け取る実証実験を実施。ブロックチェーン上に荷物の納入記録と施錠要求を記録することで、安心・安全な取引を実現するのが狙いだ。(2017/6/21)

IoTセキュリティの「セキュリティバイデザイン」実践に:
GMOグローバルサイン、IoTデバイス向けのSSL証明書大量発行サービスを開始
GMOグローバルサインがIoTデバイス向け電子証明書発行サービス「マネージドPKI for IoT」の提供を開始する。1秒間に最大で3000枚を発行できるとし、デバイスのシリアル番号も管理可能。セキュアなIoTシステムの構築を支援する。(2017/5/8)

PR:「保護されていません」――あなたの会社のサイトは大丈夫? いま「常時SSL」が必要な理由
(2017/2/13)

Google、ルート証明書発行の独自インフラを構築
米GoogleはGlobalSign R2とR4の2つのルート認証局を取得し、認証局を運営する「Google Trust Services」を開設した。(2017/1/27)

STマイクロ ST33HTPH2ESPIなど:
TPMによって拡張したセキュリティモジュール
STマイクロエレクトロニクスは2016年12月、システム認証用データをハードウェアに記録するセキュリティモジュール「ST33HTPH2ESPI」と「ST33HTPH20SPI」を発表した。(2016/12/26)

とにかく速いWordPress(14):
「KUSANAGI」応用テクニック 常時SSLとHTTP/2の導入方法(商用SSLサーバ証明書編)
エンタープライズ用途での利用が増えている「WordPress」の高速化チューニングテクニックを解説する本連載。今回は、商用のSSLサーバ証明書を用いた常時SSL、HTTP/2の導入方法を解説します。(2016/12/6)

IaaSを主軸に、ビジネスに必要なバックエンド業務までワンストップで提供:
GMOインターネット、企業向けクラウドプラットフォーム「Z.com Cloud」を刷新
GMOインターネットが、企業向けクラウドプラットフォーム「Z.com Cloud」を刷新。IaaSを主軸に、ドメイン取得からSSLや決済機能、バックエンド業務など、GMOインターネットグループが提供する、ビジネスの躍進に必要なサービスもワンストップで提供する。(2016/8/8)

企業は「IoTのセキュリティ」にどう取り組めばよいのか?:
PR:グローバルサイン証明書×HULFTのタッグで実現──IoTセキュリティ対策の“具体的”なヒントとは
既に、車やドローン、組み込み機器などへの脅威も──。IoTに対する企業の取り組みが活発化する中、今、「IoTセキュリティ」の必要性と需要が急速に高まっている。そんな中で注目されるのが、GMOグローバルサインとセゾン情報システムズによる協業だ。2016年6月に開催されたIoTセキュリティフォーラムの講演から今後企業が考えるべき、IoTセキュリティ対策のヒントを探ろう。(2016/7/12)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(10):
Active Directory証明書サービスでセキュアな公開鍵基盤を構築する(1)
企業のIT環境には、証明書を使用したアプリケーションやネットワーク機器が多数存在する。その際に必要なのは「Active Directory証明書サービス(AD CS)」を核としたセキュアな公開鍵基盤(PKI)だ。今回は、AD CSの設計手法を解説しよう。(2015/8/28)

なぜ希望するセカンドレベルドメイン名が取れないか:
名前衝突問題――その意外な影響と対策
一見、自分とは無関係の問題に見えながら、意外と広範囲に影響を及ぼす「名前衝突(Name Collision)」の問題。「新gTLDで自分が欲しい名前が登録できない」という問題も、名前衝突問題と関係している。その背景をJPNICとJPRSに尋ねてみた。(2014/7/25)

チェック方法まとめ:
OpenSSLの「Heartbleed」脆弱性は2年前から存在、「最悪のケースを想定して対処を」と専門家
オープンソースのSSL/TLS実装「OpenSSL」に見つかった情報漏えいにつながる脆弱性の影響が拡大。専門家は「最悪のケース、つまり秘密鍵の漏えいを想定して対処すべき」と述べている。(2014/4/10)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
AWSの一番手目指すアイレット
Amazon Web Servicesのプレミアパートナーとなった中小企業のアイレット。齋藤CEOは「AWSの運用や保守では負けない」と鼻息が荒い。(2013/8/27)

GMO、「ネット選挙」解禁に向けたなりすまし防止サービスを発表
電子証明書で候補者や議員、政党のWebサイトやメールが正規のものであることを証明する。Webサイト向けのツールは全政党に寄付するという。(2013/2/27)

WindowsのIIS Webサーバに証明書をインストールする:
実践! SSL証明書の買い方・選び方
インターネット上のWebサーバへのSSL導入には、SSL証明書の選択と購入が必須だ。実際にSSL証明書の発行申し込みやWebサーバ(IIS)へのインストールを行い、その手順を詳しく解説する。(2013/1/23)

セキュリティ市場の競争に一手を打ったトレンドマイクロの狙い
SSLサーバ証明書サービスを開始するトレンドマイクロ。後発ながらこの分野に参入する背景にはどんな狙いがあるのか。グローバルビジネス担当役員のワイエル・モハメッド氏に聞いた。(2012/6/19)

Tech TIPS:
WebサーバーにSSLの証明書が正しくインストールされているか確認する
WebサーバでSSLを利用するには、適切なサーバ証明書をインストールする必要がある。しかしサーバ証明書の取得やインストールには複雑な手順と設定が必要なため、インストールに失敗する可能性は否定できない。サーバ証明書のエラーの原因を調べたり、あるいは正常なインストールがなされたことを確認したりするには、証明書の発行元が提供しているSSLチェック・ツールを利用するのが手軽で便利である。(2012/2/10)

GlobalSignが不正アクセス事件を総括、業界全体の対応を呼び掛ける
大手SSL認証局GlobalSignが、9月に発生した不正アクセス事件に関する調査報告を公表。今回の攻撃は「全てのセキュリティソリューションプロバイダーに対する脅威」と位置付けた。(2011/12/15)

GlobalSignのWebサーバに不正アクセスの痕跡、業務は順次再開へ
認証局に対する一連の不正アクセスに関連して、GlobalSignは調査の結果、Webサーバに不正アクセスの痕跡が見つかったが、それ以外のサーバが不正アクセスされた痕跡はないと報告した。(2011/9/13)

GlobalSignがSSL証明書発行を中止 日本と同様に対応
GMOグローバルサイン傘下のGMO GlobalSignもSSL証明書の発行を一時的に中止した。(2011/9/8)

GMOグローバルサインが証明書発行停止 不正アクセス犯行声明に同社名
GMOグローバルサインが証明書発行業務を停止。一連の認証局への不正アクセス事件に関する犯行声明で、アクセス可能な認証局として同社が挙がっていたため。(2011/9/7)

64bit Windows時代到来:
第4回 64bit版デバイス・ドライバ
64bit版Windowsではデバイス・ドライバを64bit対応させるだけでなく、コードの改ざんなどを防ぐためにデジタル署名も必須となっている。(2010/9/9)

中小企業のインフラ導入の切り札 ホスティング利用ガイド【後編】
見どころはどこ? 主要ホスティングサービスを徹底チェック
中堅、中小企業の重要なITインフラとなるホスティングサービス。今回は代表的なサービス内容を解説していく。自社にぴったりなサービスを選ぶ上で、ぜひ参考にしていただきたい。(2009/9/3)

盗聴対策を強化:
HDE、AES採用のメールセキュリティ製品を発売
HDEは、AES 256bit強度の暗号アルゴリズムを採用したメールセキュリティソフトの新版を発売した。(2009/4/9)

米国機関が要請:
グローバルサイン、EV SSL証明書を2048ビットに対応
GMOグローバルサインのEV SSL証明書が、米政府機関が定める暗号鍵長の2048ビットへの移行に対応した。(2008/12/26)

NECとグローバルサイン、電子証明書サービスで提携
NECとグローバルサインは、電子証明書の認証局サービスで協業する。(2008/7/30)

Verioとグローバルサイン、SSL購入からインストールまでをワンクリックで
米Verioとの業務提供で、グローバルサインがSSL証明書導入を簡略化する新サービスを提供開始。(2008/4/9)

グローバルサインとVerio、SSL証明書の導入を支援する「ワンクリックSSL」を開始
グローバルサインと米Verioとは、Webから申請するだけでSSLサーバ証明書が利用できる「ワンクリックSSL」サービスを開始した。(2008/4/3)

グローバルサイン、VBAマクロに対応したコードサイニング証明書
グローバルサインは、Microsoft OfficeのVBAマクロに対応したコードサイニング証明書の販売を開始した。(2007/12/18)

NEWS
グローバルサイン、Microsoft Office VBAマクロに対応したコードサイニング証明書を発売
Microsoft Office VBAマクロのコードにデジタル署名を行うことで、マクロを含むドキュメントのセキュリティを強化(2007/12/18)

グローバルサインのSSL証明書、au携帯電話に対応
グローバルサインが発行するSSLサーバ証明書がau携帯電話に対応した。これにより、携帯電話3社への対応が完了した。(2007/11/28)

グローバルサイン、バーチャルホストのSSL発行サービスを開始
ネームベースのバーチャルホスト運用を行っているWebサイトでも、SSLサーバ証明書が利用できるよう、グローバルサインがサービス提供を開始した。(2007/6/13)

ACCESS、グローバルパートナープログラム「ACCESS Connect Ecosystem」発足
(2007/2/13)

アイル iCLUSTA「セキュリティ」:
PR:5万ユーザーが選んだ新次元ホスティングセキュリティ
GMOホスティング&セキュリティが運営するホスティングサービスのトップブランド「アイル」。同社の社名からも分かるように、「セキュリティ」に対する取り組みは業界屈指のものだ。2005年5月30日からサービスが開始された「iCLUSTA(アイクラスタ)」は、システム全体を「クラスタ構成」にすることにより、耐障害性とパフォーマンスの向上、そしてここで紹介するセキュリティを兼ねそろえたホスティングサービスになっている。そのセキュリティ基盤はどのようなコンセプトなのか。(2006/4/17)

3万円台で最速2分発行のSSL証明、ジオトラストがキャンペーン実施
情報漏えいが起きてしまう原因の1つ、盗聴を防ぐためには暗号化が大きなポイントとなっている。SSL証明書の発行機関ジオトラストは、期間限定のキャンペーンを開始した。(2006/2/1)

日本ジオトラストら3社、ISP事業者向けに電子署名メールシステムを提供
日本ジオトラストとHDE、NECの3社は、電子メールにS/MIME準拠の電子署名を付与するシステム「Postmarkエンジン」を共同で開発した。(2005/11/16)

クララオンラインと日本ジオトラスト、Linuxセキュリティパックの販売を開始
クララオンラインと日本ジオトラストは、国内企業でもいまだ多く使われているRed Hat LinuxにSSLサーバ証明書とセキュリティパッチを提供するサービスを開始した。(2004/9/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。