ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Finance」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Finance」に関する情報が集まったページです。

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftの決算から見えるWindows 10とIntelとの関係
Microsoftが、同社初の時価総額1兆ドルを突破した。その要因を細かく見ていこう。(2019/5/9)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftとタッグを組んだWalmart 対Amazonで譲れるものと譲れないもの
米小売最大手のWalmartが米Microsoftと5年間の戦略的提携を結んだ。Microsoftのクラウド、AI、IoTサービスを全社で採用し、小売り分野でのデジタルイノベーションを加速するという。その背景にはもちろん米Amazon.comへの対抗があるわけだが、テクノロジーの全てをMicrosoftに委ねるわけではないようだ。(2018/7/19)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
ECで流通を革命したAmazon 今なぜリアル店舗に注力するのか
ECで世界の流通と小売を革命した米Amazon.com。20年以上の歴史の中で何を行い、これから何を目指そうというのか。米国での動向を紹介しつつ、世界の流通と小売に多大な影響を与え続ける同社の戦略を分析する。(2018/7/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
MicrosoftがAlphabet(Google)を時価総額で3年ぶりに抜いたことの意味
米国でMicrosoftの時価総額が、Googleの親会社であるAlphabetの時価総額を逆転した。過去1年間の株価をみると、Microsoftは40%もその価値を上昇させており、5月29日の取引終了時点で時価総額がAlphabetを上回ったのだ。その背景を探る。(2018/6/11)

任天堂、「Nintendo Switch」好調で売上高1兆円超へ 「スーパーマリオ オデッセイ」は全世界900万本突破
大幅な予想の上方修正が行われました。(2018/2/1)

Google検索に「ファイナンス」タブ追加 「Google Finance」のポートフォリオ機能は終了
GoogleがWebおよびモバイルアプリの「Google検索」に経済情報に特化した「Finance」タブを追加した。上場企業名を検索すると、株価推移カードや直近の業績が表示される。(2017/11/29)

「うた☆プリアイランド」が3月末でサービス終了 「スクフェス」のKLabと新アプリを共同開発へ
「課金島の沈没」から新ステージへ。(2016/1/8)

Google検索英語版、ビットコイン相場カードの表示を開始
英語版のGoogle検索で「1 BTC to JPY」を検索すると、検索結果のトップにビットコインの日本円の相場がカード状に表示されるようになった。(2014/7/17)

Google Readerはなぜ終了? 元責任者が理由を推測
Google Readerの終了について、同サービスの元プロダクトマネージャーが理由を推測している。売り上げとコストの問題とは全く関係ないという。(2013/3/14)

Google、モバイルでの株価ティッカー検索でカード式結果ページを提供
iPhoneおよびAndroid端末でティッカーシンボルを検索すると、左右スワイプで閲覧できる4枚のリアルタイム情報カードが表示される。(2011/4/1)

デザイナーとデベロッパーを調和させるAdobeの魔法がいよいよ市場に
新たなフレームワーク/ツール群を投入し、デザイナーとデベロッパーのワークフローをとうとう調和させたAdobeは、Flashの可能性をさらに広げようとしている。(2010/4/12)

Microsoft、BingにYahoo!ファイナンスに似た機能を追加
Bingにも、Yahoo!ファイナンスやGoogleファイナンスのような投資家向け情報サービス機能がついた。(2010/1/29)

Google Finance、リアルタイムの金融・市場ニュースを表示
Googleは同社の金融情報サービス「google Finance」に、ページをリフレッシュせずにほぼリアルタイムの金融関連ニュースを表示する機能を追加した。(2009/12/7)

Googleなど、NYSEのリアルタイム株価を無料提供開始
Googleの検索画面やGoogle Financeでは、NASDAQに加えてニューヨーク証券取引所の株価情報も、リアルタイムに無料で入手できるようになった。(2008/6/25)

NYSE、米証券取引委員会に最新市場データの販売許可を申請
ニューヨーク証券取引所が市場データをWebサイトやメディアに販売する許可を、米証券取引委員会に申請した。(2008/6/13)

Google、NASDAQのリアルタイム株価情報の無料提供を開始
Yahoo! Financeに次いで、Google Financeでもリアルタイム株価情報の提供が開始された。(2008/6/3)

CBS、金融動画ブログのWallstripを買収
Wallstripは、ユーモアを交えたブログで企業動向や金融を伝え、若い男性を中心に人気。CBSは買収でオリジナルコンテンツの拡充を図る。(2007/5/23)

Google Finance、企業の決算発表日程などの情報を追加
Google Financeの企業情報ページに、関連ニュースや株価動向に加え、企業の主要日程が表示されるようになった。Google Calendarへの追加もクリック1つでできる。(2007/5/8)

Google検索に新機能「Plus Box」
(2007/3/22)

Google TalkがGoogleガジェットに対応
WebブラウザでGoogle Talkが利用可能になった。(2007/3/15)

Google Finance、ビデオ部門を追加
Google Financeに新設されたビデオセクションでは、金融関連のビデオクリップを掲載。各種メディアのコンテンツのほか、動画ブログなども扱っている。(2007/3/9)

Google、株価のリアルタイム情報無料提供に尽力
これまでWebでは入手困難だった株価のリアルタイム情報を、誰もが無料で入手できるようになるかも知れない。(2007/1/13)

Google Finance刷新。40年分のチャートが表示可能に
ほかのオンラインポートフォリオをGoogle Financeにインポートできるようにもなった。(2006/12/13)

米Yahoo! Finance、株価チャートやコミュニティー機能強化
新しい株価チャートは競合企業や主要指標との比較表示、クリックとドラッグによるカスタマイズが可能。掲示板の強化、ニュース映像の導入も発表された。(2006/7/18)

Adobeのビジョンは「婚約指輪」と同じ? PDFとFlashも統合へ
来日したAdobeのチゼンCEOは、ニューアドビの新しいビジョンである「エンゲージメントプラットフォーム」を「婚約指輪」にたとえた。「情報が相手の心を動かすには、婚約指輪のような表現力が必要だ」(チゼン氏)(2006/4/21)

またもインパクトに欠けたGoogleの新サービス
3月21日に発表された「Google Finance」の大方の評判は「まあまあ」。GmailやGoogle Earthといったインパクトのあるサービスを次々と打ち出していたころのパワーを失ってしまったのだろうか。(2006/3/22)

株価チャートとニュースが連動――Google企業情報サービスβ版公開
株価と出来高の推移を示すグラフはドラッグして過去にさかのぼったり表示期間を変更することができ、関連ニュースとも連動している。(2006/3/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。