ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハロ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハロ」に関する情報が集まったページです。

宇宙に現れるキティさんがシュール 「ガンダムvsハローキティ」の特別アニメ第1話「ハローガンダム」が公開
“連邦軍の白いやつ”と“明るくて優しい(白い)女の子”が対面します。(2019/4/1)

実現が本格化:
EV用ワイヤレス給電、なぜ10年にわたり“標準化争い”が続いたのか?
電気自動車(EV)用のワイヤレス給電は、長年2社間で、国際規格標準化をめぐり激しい争いを続けてきた。しかし、この2月、米ベンチャー企業、ワイトリシティが、米半導体大手クアルコムのEV向けワイヤレス給電事業「クアルコム・ハロ」を買収することで決着した。これによって、EV向けワイヤレス給電の実現が本格化すると思われる。ワイヤレス給電は約10年前から提案されてきたアイデアであるが、なぜ10年もの長きにわたり標準化争いが続いてきたのであろうか。筆者も過去にワイヤレス給電に携わった経験があり、考えを述べてみたい。(日本電動化研究所 代表取締役・和田憲一郎)(2019/3/12)

「かわいい」だけじゃなかった! ペットロボットの可能性を感じた2018年
2018年は、ソニーの「aibo」やバンダイの「ガンシェルジュ ハロ」など、家庭用ロボットが続々と登場。AIを搭載し、所有者の言動を学習して成長するのが特徴だ。(2018/12/28)

AIロボット「ハロ」、会話機能をアップデート 「逆襲のシャア」を語る
バンダイの対話型ロボット「ガンシェルジュ ハロ」が2019年3月に会話機能を無料アップデート。ユーザーはアニメ映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」についてハロと話せるようになる。(2018/10/15)

手のひらサイズ「ハロ」のプラモデルが発売決定! 内部のメカを見られるスケスケ外装も付属
インテリアとしても最高!(2018/9/19)

月ノ美兎が語るヤバイ少女漫画『秘密のチャイハロ』
『なかよし』で連載しているすごい漫画をご存知ですか?(2018/9/2)

セイラさんも太鼓判 AIロボット「ハロ」、予約は25日から
バンダイのAI搭載ロボット「ハロ」が7月25日午前11時に予約を開始。販売直前イベントで、声優の潘めぐみさんがその魅力を語った。(2018/7/24)

冗談ではない! AIロボット「ハロ」との会話がディープ過ぎた件
バンダイの「ガンシェルジュ ハロ」は、AI(人工知能)技術を駆使したコミュニケーションロボット。ガンダムに関するうんちくを披露したり、クイズを出したりと多彩な対話を楽しめる。バンダイ本社を訪ね、詳細を聞いた。(2018/7/2)

東京おもちゃショー2018:
さらにできるようになったな! AI搭載「ハロ」と戯れてきた
AI搭載ロボットになったガンダムのペットロボット「ハロ」が東京おもちゃショーに登場。ハロとガンダムトークで盛り上がれる。(2018/6/7)

AIを利用したガンダムのコミュニケーションロボ「ガンシェルジュ ハロ」 7月下旬予約開始、価格は約15万円
作品にまつわる会話が楽しめます。(2018/6/5)

声に反応して「ピカピカ」 ピカチュウのロボット玩具「ねえ HelloPika」、タカラトミーから
話しかけると反応するピカチュウのロボット玩具「ねえ HelloPika」(ハロピカ)をタカラトミーが発売。(2018/6/4)

ガンダムのAIロボット「ハロ」 7月下旬に予約開始 15万円
AI搭載ロボットになったガンダムのペットロボット「ハロ」の予約受け付けが7月下旬に始まる。価格は約15万円。(2018/6/4)

水陸両用モビルスーツなんだから水の中でも使いたい ズゴック&アッガイのフロートとハロのボールが誕生
ズゴックはシャア専用と量産型から選べます。(2018/2/17)

ガンダムの「ハロ」がビーチボールになって浜辺を舞う
アニメ「機動戦士ガンダム」のビーチグッズが、予約受け付けを開始した。(2018/2/15)

写真でふりかえる2017年:
アニメから“現実化”したロボットまとめ(2017年) 「ハロ」「タチコマ」など
ガンダムの「ハロ」、攻殻機動隊の「タチコマ」――2017年は、日本のアニメ史を彩ってきた個性豊かなロボットたちがいくつも“現実化”した1年間だった。(2017/12/23)

CEATEC 2017:
あの卓球ロボットが進化 ハロもしゃべった
「CEATEC 2017」取材レポート第2弾をお届けする。会場では、オムロンが開発した卓球ロボット「フォルフェウス」や、バンダイナムコグループが展示するコミュニケーションロボット「ガンシェルジュ ハロ」が注目を集めていた。(2017/10/4)

「ガンダム」のディープな会話に対応したコミュニケーションロボ パタパタ動く「ハロ」の実物を見てきた
アニメさながら。(2017/10/3)

CEATEC JAPAN 2017:
ガンダムの「ハロ」、AI搭載ロボットに 来年発売
「機動戦士ガンダム」のペットロボット「ハロ」がAI搭載ロボットとなり、2018年に発売。(2017/10/2)

水曜インタビュー劇場(シャリシャリ公演):
だからミニストップの「ハロハロ」は売れている、知られざる“実験力”
ミニストップの「ハロハロ」が売れている。1995年に発売したロングセラー商品で、今年は7種類も投入する。同社は過去最高の売り上げを狙っているが、どのような人が購入しているのか。また、どのようにして開発しているのか。その舞台裏に迫った。(2017/6/21)

みたらし団子×かき氷×ソフトクリーム 「ハロハロみたらし団子」登場
のりとあられをトッピング。(2017/4/26)

アイストリーム、通信料で社会貢献できる「ファンダム支援SIM」発売、支援先NPOも追加
アイストリームは、サービス収益の一部をNPO法人に寄付する「ファンダム支援SIM」の販売を開始。新たに「ハロハロ」「TSUBASA」「防災のことば研究会」が追加が支援先として加わった。(2015/7/14)

2015年夏のハロハロは「黒蜜きなこ」! 黒蜜シロップともちもちわらびもちがおいしそう
ヒンヤリ。(2015/4/20)

ミニストップのかき氷デザート「ハロハロ」に「しろくま」フレーバーが130万食限定で登場
フィリピンデザート「ハロハロ」と鹿児島名物「しろくま」がフュージョンした!(2014/5/18)

ハロの絵入り冷たいどら焼き「ハロドラ」 GUNDAM Caféで発売
なんだこれかわいいぞ。(2013/7/9)

ガンダムの「ハロ」が肉まんに GUNDAM Cafeに「ハロまん」登場
「ハロまん」はGUNDAM Cafeでテイクアウト専用で販売する。(2012/10/3)

デジタルコンテンツEXPO 2011:
ボールがフワフワ空を飛ぶ 防衛省の「球形飛行体」を見てきた
ボールが転がるように着陸できる画期的な球形飛行体。フワフワと浮く姿はガンダムに登場するハロのようだ。(2011/10/20)

今日も元気だね:
“春のハロ祭り”開催中
ガンダム公式カフェ「ガンダムカフェ」が“春のハロ祭り”を開催中。ハロをメインキャラクターにした期間限定メニューをそろえた。(2011/3/4)

「ハロのマウスが作りたかった」 変わり種USBメモリ作るアクテブライズ
わら人形型や猫耳型など、変わり種USBメモリを開発する群馬のベンチャー・アクテブライズは、「ハロのマウスを作るために立ち上げた」会社だった。(2009/7/21)

ねとらぼ:
「初音ミク」があなたに話しかけてくる――auケータイにエージェント機能
「初音ミク」や「ハロ」などキャラが待受画面に現れ、話しかけてきたり、おすすめ情報を教えてくれるエージェントサービスが、auケータイ向けに始まる。(2008/10/28)

「大佐モード」って何だ?:
バンダイ、卓上ロボ「ハロ」の“OOバージョン”を発売
バンダイは「機動戦士ガンダムOO マスコットロボ ハロ」を3月下旬に発売する。価格は4800円。(2008/2/26)

史上初! 公認ガンダムコメディゲームはオチゲー「機動劇団はろ一座 ハロのぷよぷよ」
バンダイがあのガンダムで、なんとも脱力ぎみな新機軸を打ち立てた。その名も「機動劇団はろ一座」! その第一弾は、不朽の名作「ぷよぷよ」をベースに、デフォルメされたガンダムの登場人物が爆笑対決する!(2005/7/12)

秋の夜長、ハロマテラピーに癒される
ハロ型芳香器「ハロマテラピー」は、一人暮らしで寂しい独身女性をメインターゲットとしているという――って私のことやん!と思い当たった記者が早速、使ってみました。動画あり。(2004/11/12)

花王にはガンダム好きが集まる?
花王でハロ型芳香器「ハロマテラピー」を発案した部長と、専用芳香剤を開発した担当者は、2人ともガンダム好きだった。(2004/11/8)

ハロで芳香剤革命――「ハロマテラピー」誕生秘話
「ハロ以外考えられなかった」――電動芳香器「ハロマテラピー」を発案した花王の西口部長は、ハロが芳香剤市場の革命児になると期待する。(2004/11/1)

動くハロからいい香り――「ハロマテラピー」発売
ハロが左右に揺れながら耳をパタパタ動かし、芳香剤の香りを振りまく。(2004/10/14)

前代未聞の原寸大「ハロ」PCケース――バンダイネットワークス
バンダイネットワークスは、1/1原寸スケールとなるハロフィギュア「リアルサイズ ハロ PCケース」を発表、予約受け付けを8月12日より開始する。限定台数は1000台、価格は9万9800円。(2004/8/11)

子供の日、ハロと戯れる
「アムロ気分」から幾歳月……。ITmediaガンダム取材班は、「ハロの新型発売」という情報を得て都内某所に飛んだ。(2004/5/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。