ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「浜岡原子力発電所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「浜岡原子力発電所」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

エネルギー管理:
落雷で分かった火力発電停止の影響度
2016年9月8日に東海地域で発生した落雷によって、中部電力の送電線の一部が機能を停止。その影響で愛知県および岐阜県で合計36万世帯が停止した。これに伴い「碧南火力発電所」が運転を停止したことで電力不足が懸念され、広域機関が他の電力会社4社に対し電力融通を指示する事態となった。(2016/9/13)

法制度・規制:
電力会社のCO2排出量が1年間に6.3%減る、需要の縮小と再エネの拡大で
2015年度に電力会社10社が排出したCO2の総量は前年度と比べて6.3%減少した。電力需要の縮小に合わせて火力の発電量を減らしたほか、CO2を排出しない再生可能エネルギーによる電力の買取量が増えた効果だ。九州電力だけは原子力発電所を再稼働させてCO2排出量を15%以上も削減した。(2016/8/12)

蓄電・発電機器:
火力発電で効率世界記録、コンバインドサイクルで62.22%
フランス北部のブシャンで仏大手電力会社EDFの新型火力発電所が稼働を開始した。GE製の新型ガスタービンを採用したコンバインドサイクル方式の発電所で、発電効率は世界最高の62.22%を達成した。(2016/6/21)

自然エネルギー:
バイオガス発電で食品リサイクルへ、1日80トンの廃棄物から940世帯分の電力
毎日大量に発生する食品廃棄物を利用したバイオガス発電所の建設プロジェクトが静岡県の牧之原市で始まった。総工費18億円をかけてバイオガス発電設備と食品廃棄物の中間処理施設を建設する計画だ。地元の金融機関を中心に全額を民間企業が融資して、地域ぐるみで食品リサイクルに取り組む。(2016/1/21)

2016年の電力メガトレンド(5):
原子力発電所と火力発電所の選別が進む、2030年に設備半減へ
日本の電力システムが抱える問題点の1つは発電設備の老朽化だ。原子力発電所の再稼働が始まったが、その一方で運転開始から40年以上を経過した設備の廃炉に着手する必要がある。火力発電では2030年に向けてCO2排出量の削減が求められるため、LNG火力と石炭火力の高効率化を急ぐ。(2016/1/15)

法制度・規制:
廃炉の完了までに28年間、中部電力・浜岡原子力発電所で第2段階へ
2009年に運転を終了した浜岡原子力発電所の1号機と2号機の廃炉作業が第1段階を終えようとしている。4段階にわたる廃炉の計画は合計28年間に及び、2036年度までかかる予定だ。第1段階では燃料の搬出を完了して、2015年度から始まる第2段階では原子炉の周辺設備を解体・撤去する。(2015/3/18)

法制度・規制:
原子力発電所の取捨選択が進む、2015年7月までに廃炉を判断
国内で57基ある原子力発電所のうち老朽化した設備の廃炉に向けた動きが進んできた。すでに9基の廃炉が決定済みだが、運転開始から40年以上を経過する7基についても2015年7月までに判断する必要がある。これに合わせて政府は懸案になっているエネルギーミックスの目標値も決定する。(2014/11/26)

電力供給サービス:
値上げ率を3.77%に抑制、中部電力が5月から新料金
東日本大震災の後から始まった電気料金の値上げラッシュの中で、7社目になる中部電力の実施日が5月1日で確定した。値上げ率は家庭向けが平均で3.77%、企業向けは7.21%になる。すでに値上げを実施した6社と比べれば小幅に抑えるものの、自治体を中心に顧客の離脱も予想される。(2014/4/16)

電力供給サービス:
脱・石油を急ぐ中部電力、ガス火力発電で年400億円以上のコスト削減へ
電力会社の中で最も積極的に事業構造の改革を進めているのが中部電力である。燃料費の高い石油火力の比率を1%まで引き下げる一方、最新のガス火力発電設備の増強を急ぐ。新潟県に建設中の「上越火力発電所」が全面稼働すると、燃料費を年間に400億円以上も削減できる見込みだ。(2013/12/3)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/2)

エネルギー列島2013年版(22)静岡:
太平洋沿岸で風力発電を一気に加速、2020年の再エネ率を12%以上に
静岡県は2020年度に再生可能エネルギーの比率を10%以上に高める計画を推進中で、風力発電が予想以上に拡大して目標値を12.6%へ引き上げた。太平洋の沿岸部では洋上を含めて大規模な風力発電所とメガソーラーの建設計画が相次ぎ、内陸部では小水力とバイオマス発電が広がる。(2013/8/27)

スマートシティ:
洋上風力と波力発電を港に導入、「スマートポート」を推進する静岡県
太陽光から地熱まで再生可能エネルギーの導入に積極的な静岡県が港湾地域にも対象を広げる。駿河湾の入口にある御前崎港で洋上風力と波力を中心に海洋エネルギーの開発に取り組むため、発電事業の提案を募集中だ。エネルギーの地産地消を推進して「スマートポート駿河湾」を目指す。(2013/5/2)

計画停電があっても原発再稼働に反対する? 居住地によって違い
夏場の電力不足で、大飯原発3、4号機は再稼働する流れとなった。「計画停電が実施されようとも、原子力発電所の再稼働には反対である」と言う人は、東北地方や東海地方で特に高くなっているようだ。セルコホーム調べ。(2012/6/19)

何かがおかしいIT化の進め方(54):
IT関係者は、原発事故から何を学ぶべきか
第53回では、新幹線建設における「優れた全体構想策定」の在り方について考察した。今回はその続編として、“作られた安全神話”が崩壊した「原子力発電システム」のコンセプトについて考え、BCPや情報セキュリティ対策、ITシステム開発・運用の在り方を見直してみたい。(2012/5/10)

評価は後世に委ねたい――菅直人首相、辞意表明会見全文
菅直人首相は8月26日午後、退陣条件としていた再生可能エネルギー固定価格買い取り法と特例公債法が成立したことを受け、民主党両院議員総会で退陣表明した。その後、首相官邸で開いた会見の内容を詳しくお伝えする。(2011/8/27)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
今そこにある危機
民主党政権は東海地震を懸念して浜岡原発を停めたけれども、日本を覆うリスクは地震だけではない。外にはTPP(環太平洋パートナーシップ協定)参加問題に表れているような国際競争力の維持、そして中国海軍の外洋進出と南シナ海の安全という問題がある。(2011/7/21)

原口一博×武田邦彦 それでも原発は必要か(2):
原発の情報を公開できない……その背景にあるものとは
東電や政府の対応を見ていて「まだ原発に関する情報を隠しているのでは」と感じている人も多いだろう。原子力基本法には「公開」とうたわれているのに、なぜ情報公開が不十分なのだろうか。この問題について民主党の原口議員と中部大学の武田教授が語り合った(2011/7/5)

中部電力も「でんき予報」
中部電力は、管内の電力需給状況を分かりやすく伝える「でんき予報」を6月27日から同社Webサイトで公開する。(2011/6/21)

シンプル追求で環境経営――ローソン、ユニフォームをエプロンに
ローソンは節電対策の一環として店舗でのユニフォームをエプロンに変更する。今年9月末までの限定で、対象となるエリアは東京電力、東北電力管内の店舗約3000店舗。6月末より順次導入するという。(2011/6/15)

日本の原子力政策を訴える――法曹家の卵が原発の行政訴訟を起こした理由
福島第一原発の事故後、国の原子力政策にストップをかけようと行政訴訟を行った江藤貴紀氏。東京大学法科大学院を卒業し、司法家への道を歩み始めたばかりの江藤氏は、どのような思いから訴訟するに至ったのだろうか。(2011/6/9)

「原発に未来? ない」――蓮池透が語る、原発労働の実態(後編)
北朝鮮による拉致問題で、被害者家族として活動した蓮池透さん。かつて東京電力、しかも福島第1原発で働いた経験を持つ蓮池さんは、今回の大惨事をどのように見ているのだろうか。(2011/6/8)

藤田正美の時事日想:
菅首相、お辞めなさい
永田町で繰り広げられた“茶番劇”を見て、改めてこの国の政治家にガッカリした人も多いのではないだろうか。菅首相は被災者を「人質」にし、「歴史の評価に耐えられるのか」などと野党を恫喝しているが、その姿は指導者として恥ずかしい。(2011/6/6)

エグゼクティブのための人財育成塾:
ファシリテーター型リーダーの「巻き込み力」〜その1
強い日本の再興に向け、国や企業を動かしていくリーダーにはどのような力が必要なのか? グローバル化の進展と日本市場の超成熟化が、ビジネスの多様性を大きく高めた。さらに、この度の震災は日本企業にBCPの必要性を改めて突きつけ、今後の成長戦略策定の難易度を上げた。このような環境下で変革を成功裏に収めるためには、国も企業も「自前主義」にこだわってはならない。自身よりも優れた、あるいは自身の足りない部分を補完してくれる能力を持つ他者をうまく巻き込み、最終的な目的を達成するためのプロセスと場をマネジメントするリーダーシップが求められるのである。(2011/5/31)

原発と日本の行方は 岩上安身さん、鈴木伊勢市長が対談
ジャーナリストの岩上安身さんと、浜岡原発停止を訴える三重県伊勢市の鈴木健一市長が、原発と日本のエネルギー政策の行方について議論する。配信は5月28日19時0分〜。(2011/5/27)

藤田正美の時事日想:
中国が“世界の工場”でなくなる日
世界的な企業が、中国での生産を見直す動きが出てきた。その背景にはあるのは、中国人労働者の賃金上昇だけではない。自国に回帰することで、さまざまなリスクを回避することができるという。(2011/5/23)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
東京電力の存続は「前提条件」か
一般に企業が何らかの形で人々に損害を負わせた場合、それを賠償するのは企業の責任である。(2011/5/20)

オルタナブログ通信:
権利か公共か――過度な権利尊重が生む弊害
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約245人のブロガーによって、ITにまつわる時事情報などが日々発信されている。その中から今回は「食文化とリスク」「個人の権利と公共の利益」「辞任」「ツイート」を紹介しよう。(2011/5/20)

藤田正美の時事日想:
東京電力は“潰せない企業”なのか
福島第1原子力発電所の事故で“四面楚歌”の状況に陥っている東京電力。これだけ大きな事故を起こしながらも「東電は地域にとって必要だ」といった声がある。果たして東電は“潰せない企業”なのだろうか。(2011/5/16)

ひんやり寝具で寝苦しい夜もエアコン要らず!?
西川産業は、96%が空気層の敷きパッド「エアーサイクロン 消臭タイプ」や冷感機能寝具シリーズ「COOL TOUCH」を発売した。じめじめする梅雨や寝苦しい熱帯夜でもエアコンに頼らずにすむという。(2011/5/13)

全国的なサマータイムの導入、7割が賛成
(2011/5/12)

「PCの消費電力はOS起動時が最大」 マイクロソフト、PC節電策を公開
「OS起動時に消費電力最大」「最も有効な節電策はディスプレイの輝度調整」──日本マイクロソフトがWindows搭載PCの節電策を公開。3割の消費電力削減が可能という。(2011/5/10)

「人間生きてなきゃしょうがない」──孫社長、政府の浜岡原発停止要請を評価
政府の浜岡原発停止要請に対し、ソフトバンクの孫社長は「政府の判断は適切ではないか」と評価した。(2011/5/9)

日立、「1000億円の損害賠償請求」報道にコメント
(2006/8/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。