ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「水力発電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!電力発電→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で電力発電関連の質問をチェック

再生可能エネルギー:
太陽光パネルと蓄電池を個人宅にタダで設置、沖縄電力の再エネ目玉事業「かりーるーふ」
沖縄電力グループは、個人宅の屋根に無料で太陽光パネルを設置し、家主に電力を格安で販売するPPA事業「かりーるーふ」を展開している。かりーるーふは、個人宅の屋根を借りて太陽光パネルを設置し、電力を販売するPPA事業。設備面のサポートはパナソニックが行う。太陽光パネルの初期費用や保守費用は無料で、屋根を貸した住宅には、パネルとともに設置される蓄電池によって災害時にも電力が供給される。これまでに50枠の募集枠に対し、2倍以上の申し込みがあり、人気を裏付けている。(2021/3/30)

組み込み開発ニュース:
力を検知して色が変化する素材「無機ナノシート構造色ゲル」を開発
福岡工業大学は、力を検知して色が変化する素材「無機ナノシート構造色ゲル」を開発した。厚み約1nmの無機ナノシートの集合体を用いたもので、1kPaの微弱な力を検知して色を変えられる。(2021/3/26)

山岳トンネル工事:
連続練りミキサーを使った速硬性モルタル吹付けシステム、小断面トンネルの補強で有効
熊谷組は、ファテックと共同で、速硬性のFCモルタルを連続練りミキサにより湿式で吹付けるコンパクトな施工システム「FCライナー」を開発した。新システムは、既設トンネルの補強だけでなく、新設の小断面山岳トンネルなどで掘削後、断面に吹付けし、早期に閉合する必要がある場合などにも適用できる。(2021/3/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
バッテリーEV以外の選択肢
バッテリーEV(BEV)やプラグインハイブリッド(PHV)などの「リチャージ系」は、自宅に充電設備がないともの凄く使いにくい。だから内燃機関はしぶとく残るし、ハイブリッド(HV)も然りだ。ただし、カーボンニュートラルにも目を配る必要はある。だから、それらを補う別のエネルギーを開発しようという機運はずっと前から盛り上がっている。(2021/3/22)

ジュニアTシャツは499円:
「変身するスーツ」に「着る網戸」 ワークマンが春夏製品をWebで初公開
ワークマンは3月10日より、2021年の春夏新製品のラインアップをオンラインで公開した。(2021/3/10)

ソーラーシェアリング入門(42):
近づく“再エネ争奪戦時代”の到来、高まるソーラーシェアリングへの期待とは
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は筆者が出席した環境省の「国・地方脱炭素実現会議」で、小泉環境大臣へ行ったプレゼンテーションの内容を紹介するとともに、国内の再エネ需要と太陽光・ソーラーシェアリングの展望について考察します。(2021/2/24)

ソーラーシェアリング入門(41):
日本の再エネ目標は現行制度で達成できるのか――FIT/FIP制度の在り方を考える
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は日本における再生可能エネルギーの導入拡大を進める上で、現在のFIT/FIP制度が抱える課題と、今後のエネルギー政策の在り方について考察します。(2021/2/9)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
2013年デビューのEV「BMW i3」について、今改めて考える
i3を所有する上での個人的なハードルは、クルマのデザインに見合ったおしゃれな人になることです。(2021/2/3)

昼はネコ、夜は工場夜景 都会のローカル線ワンダーランド「鶴見線」のひみつ10選
日中は1時間に3往復、「密にならない」都会のローカル線を愛でましょう。(2021/1/20)

産業動向:
戸田建設がブラジルで陸上風力発電・売電事業に着手
戸田建設は、ブラジルで、陸上風力発電・売電事業を展開する現地法人2社を設立した。両社は、現在、発電出力が27.72MW(メガワット)に及ぶ陸上風力発電施設の開発を進めている。(2020/12/23)

自然エネルギー:
コイの養殖場の水路で発電、石川県で「ナノ水力発電」の実証実験
金沢工業大学、国際高等専門学校、東プレは2020年12月14日、石川県白山市にある養鯉(こい)場でナノ水力発電の実証実験を開始したと発表した。養鯉場に養殖目的に給水されるパイプラインを活用した小水力発電だ。(2020/12/21)

製造業がサービス業となる日:
東芝が注力するインフラサービス事業、その「5W1H」とは
東芝が技術戦略を発表。中期経営計画「東芝Nextプラン」では、2018〜2020年度で成果が得られたフェーズ1を継続しつつ、フェーズ2を推進していくための2021〜2025年度の事業計画を発表しているが、今回発表した技術戦略では、この新たな事業計画の中核に据えたインフラサービス事業をどのように進めていくかについての説明があった。(2020/12/7)

ソーラーシェアリング入門(39):
日本政府もついに「温室効果ガスゼロ」を標榜、ソーラーシェアリングにできることは?
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。菅首相が「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」という目標を表明し、日本も本格的に脱炭素化に向けた機運が高まる中、ソーラーシェアリングが脱炭素化にどのように貢献できるのかについて考察します。(2020/11/19)

大山聡の業界スコープ(36):
コロナ影響をほぼ見切った点を評価、電機8社20年度上期決算を総括
2020年11月11日に東芝の2020年度上半期(2020年4〜9月)決算発表が行われ、大手電機8社の決算が出そろった。各社ともコロナウィルス感染拡大の影響を受ける中、年間見通しを増額修正している企業が散見される点はポジティブに評価できる。冬場に向けて感染拡大も懸念されるため、予断を許さないが、各社のコロナに対する業績面での見切りについて、紹介していきたいと思う。(2020/11/18)

製造マネジメントニュース:
東芝は「高い質の利益」目指す、再エネ中心のインフラサービスで売上高4兆円へ
東芝は、2020年度(2021年3月期)第2四半期(7〜9月期)の決算と中期経営計画「東芝Nextプラン」の進捗状況について説明。東芝Nextプランでは、2018〜2020年度で成果が得られたフェーズ1を継続しつつフェーズ2を推進するという2021〜2025年度の事業計画を発表した。(2020/11/12)

ドローン:
業務用ドローン向けの航空測量LiDARとフルサイズセンサーカメラを発表
DJIは、ドローン向けの航空測量ソリューション「DJI Zenmuse L1」とフルサイズセンサーカメラ「DJI Zenmuse P1」を発表した。ともに業務用ドローン用に設計されており、要求が厳しい測量やマッピング、建設分野での利用に適している。(2020/10/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東日本がトヨタと組む「燃料電池電車」 “水素で動く車両”を目指す歴史と戦略
JR東日本がトヨタ自動車などと燃料電池を活用した試験車両の開発で連携する。業種の垣根を越えた取り組みは各社にメリットがある。JR東にとっては、次世代車両として燃料電池電車を選択肢に加え、最終目標のゼロエミッションを目指す一歩となる。(2020/10/16)

自然エネルギー:
水力発電で国内初の民間資本活用のPFI事業、鳥取県で稼働を開始
中部電力が鳥取県営舂米(つくよね)水力発電所(鳥取県若桜町)の運営を開始。国内初となる、水力発電所におけるコンセッション方式を採用した民間資金を活用した社会資本整備(PFI)事業だ。(2020/9/7)

大山聡の業界スコープ(32):
コロナ影響は? 今年度見通しは? 電機大手8社の4〜6月決算分析
8月12日に東芝の2020年3月期(2020年度)第1四半期(2020年4〜6月)決算発表が行われ、大手電機8社の決算が出そろった。各社の詳細な業績値よりも、コロナウィルスの影響をどのように受けているのか、今年度の見通しをどのように立てているのか、この辺りに注意を払いながら分析してみたいと思う。(2020/8/18)

ソーラーシェアリング入門(34):
日本のエネルギー政策に転機の兆し、再エネ・ソーラーシェアリングはどうなるのか
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。政府が“エネルギー政策の転換”ともいうべき発表を相次いで行った2020年7月。それにより今後の再エネ市場は大きく変化すると見られるなかで、ソーラーシェアリングはどのような位置付けになっていくのかを考察します。(2020/8/3)

自然エネルギー:
落差123mで1.2万世帯分を発電、中部電力が静岡市に水力発電所
中部電力が静岡県静岡市葵区にて安倍川水力発電所の建設工事に着手。2024年12月の運転開始が予定されており、年間で一般家庭約1万2500世帯相当の電力を発電する計画だ。(2020/7/28)

自然エネルギー:
砂防ダムの有効落差で1200世帯分を発電、関電工が新潟県に水力発電所
関電工が新潟県中魚沼郡にて建設を進めていた上結東水力発電所が完成。砂防ダムの落差を利用する流れ込み式水力発電所で、年間1200世帯分の年間消費電力量に相当する発電量を見込んでいる。(2020/7/27)

モノづくり最前線レポート:
ポイントはデジタルで「ずらす」、エネルギー業界のDXとは?
東芝は2020年6月26日、エネルギー事業のDX(デジタルトランスフォーメーション、デジタル変革)が社会で果たす役割について解説する第7回東芝技術サロンをオンラインで開催した。(2020/7/21)

ロボット:
西松建設と長崎大、水力発電所トンネル点検用の“飛行船ロボ”を開発
西松建設は、長崎大学と共同で、飛行船型の水路トンネル調査ロボット「トンネルマンボウ」を開発した。実証実験では、水力発電所の水路トンネル壁面を自律飛行で点検することに成功した。(2020/7/16)

ソーラーシェアリング入門(32):
ソーラーシェアリングの成否を分ける「架台選び」、押さえておきたいポイントは?
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの事業性に大きく関わる「架台」の設計について、その種類から選ぶ際の注意点などを解説します。(2020/7/13)

自然エネルギー:
ダムに合計約1メガの水力発電所を新設、関電が岐阜県の2カ所で
関西電力は、同社が岐阜県飛騨市宮川町に所有している坂上ダムおよび打保ダムの直下に「新坂上発電所」「新打保発電所」をそれぞれ新設する。両発電所ともにダムの水を利用するもので、最大出力は合わせて9240kWとなる計画である。(2020/6/24)

太陽光:
日本の太陽光導入量を2050年までに300GWへ、JPEAが新ビジョンを公開
太陽光発電協会(JPEA)が2050年までの国内における太陽光発電の導入目標を掲げる長期ビジョン「PV OUTLOOK 2050」の最新版を公開。パリ協定における温暖化対策の長期目標達成などに向け、2050年までに日本の電力需要の約30%を太陽光発電で賄う必要があるとし、これまでよりさらに高い導入目標を設定している。(2020/5/25)

大山聡の業界スコープ(29):
電機大手8社決算、コロナの影響が大きく分かれる結果に
緊急事態宣言がまだ解除されていない中、電機大手各社は新型コロナウィルスの影響をどのようにとらえているのか。大手電機8社の決算発表時のコメントを分析しながら、現状と今後をどのように見据えるべきなのか、整理してみたいと思う。(2020/5/21)

欧州の電力市場の仕組み:
なぜ起こる? 欧州、電力マイナス価格の謎に迫る
新型コロナによる経済停滞の影響により、原油先物価格が史上初のマイナス価格となったニュースが反響を呼んでいる。しかし、欧州では既に2008年から、電力の先物取引においてマイナス価格の制度が導入されている。実際、電力の先物取引での値段がマイナスとなることは、ごく当たり前のことだといわれている。(2020/5/11)

自然エネルギー:
ダム放流水で420世帯分を発電、長野県に新たな水力発電所
長野県が県営横川ダム直下で建設を進めていた横川蛇石発電所が、固定価格買取制度による売電を開始した。17番目の県営発電所で、横川ダムの放流水を有効利用して発電を行う。(2020/4/20)

自然エネルギー:
生協が再エネ創出を2倍にする新目標、2030年に年間発電量4億kWhへ
日本生協連が新しい再生可能エネルギーの活用目標を発表。全国の12生協との共同目標で、2030年までに年間発電量にして現状の2倍以上となる約4億kWhの再生可能エネルギー創出を目指す方針だ。(2020/4/17)

自然エネルギー:
エプソンが信州産電力を活用、時計製品を再エネ100%で製造
セイコーエプソンが長野県企業局が運営する水力発電所でつくられた「信州Greenでんき」を活用したCO2フリー電力を調達し、長野県内の事業所で活用。本信州産の電気を利用する最初の企業となる。(2020/4/14)

自然エネルギー:
再エネで自給可能な「電力永続地帯」、全国市町村の1割に到達
千葉大学と認定NPO法人の環境エネルギー政策研究所が日本国内の市町村別の再生可能エネルギーの供給実態に関する調査の最新結果を公開した。それによると、地域内の民生・農水用電力需要を上回る量の再エネ電力を生み出している「電力永続地帯」の市町村数が、調査開始から初めて1割を超えた。(2020/4/9)

自然エネルギー:
中部電力が「再エネ出力制御」の準備を開始、発電事業者などと協議へ
中部電力は2020年3月25日、再生可能エネルギー発電設備の導入量増加を受け、出力制御の実施に向けた準備に入ると発表した。中長期の状況を見据え、関係団体および発電事業者などと協議を開始するという。(2020/3/31)

法制度・規制:
2020年度のFIT価格が正式決定、「地域活用要件」など太陽光市場に大きな変化
経済産業省が再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)における2020年度の買取価格・賦課金単価などを公表。需要家が負担する賦課金単価は2019年度から0.03円上がり2.98円/kWhとなった他、「地域活用要件」などの新たな認定制度が設けられている。(2020/3/25)

メカ設計用語辞典:
インダストリー4.0
メカ設計者のための用語辞典。今回は「インダストリー4.0」について解説する。(2020/3/17)

電力計の基礎知識(1):
電力計の種類と選定ポイント
電力を測るニーズの拡大にあわせて、さまざまなタイプの電力測定器が登場している。今回の記事では高性能、高機能が要求されるベンチトップ電力計に絞って基礎知識を解説していく。(2020/3/17)

自然エネルギー:
北陸電力が水車改修で出力を増強、年間90世帯分の発電量アップに
北陸電力は福井県敦賀市の水力発電所「疋田(ひきた)発電所」の設備改修で出力を50kW増強。一般家庭約90世帯の年間使用電力量に相当する年間発電量アップを見込んでいる。(2020/2/25)

自然エネルギー:
「びっくりドンキー」が再エネ100%電力を活用、アーバンエナジーが電力供給
JFEエンジニアリングの100%子会社であるアーバンエナジーが、アレフが経営する「びっくりドンキー」稲毛海岸店および同社経営の食品加工工場に再エネ比率100%の「ゼロエミプラン」の供給を開始した。(2020/2/21)

住宅・ビル・施設 Week 2019:
LCV事業で“設計・施工”後の収益を模索する清水建設の取り組み
清水建設は2030年度に非建設事業で連結経常利益2000億円以上を目指している。非建設事業の要となるLCV事業では、WELL認証取得の後押しや定額制で施設設備を利用できるサービスなどを展開している。清水建設 常務執行役員 LCV事業本部長の那須原和良氏は、都内で開かれた展示会「住宅・ビル・施設 Week 2019」で、講演を行い、LCV事業の概要や事例などを紹介した。(2020/2/17)

蓄電・発電機器:
太陽光で“充電もできる”燃料電池を新開発、仕組みは植物の「光合成」
名古屋工業大学が太陽光エネルギーで蓄積と放電が行える新しい燃料電池の開発に成功。従来の燃料電池は電気を蓄えられない「発電のみの装置」だったが、特定の有機分子を利用することで、単一装置内での充電も可能にしたという。(2020/2/14)

自然エネルギー:
落差32mで1500世帯分を発電、岐阜県にダムの維持流量を活用する水力発電所
中部電力は、岐阜県郡上市において建設中の内ケ谷ダムから放流される維持用水を用いた内ケ谷水力発電所を建設する。2024年度の着工、2025年度の運転開始が計画されている。(2020/1/30)

自然エネルギー:
落差55.7mを利用して830世帯分を発電、長野県塩尻市で水力発電所が稼働
グリーン電力エンジニアリングが長野県塩尻市で開発を進めていた水力発電所が本格稼働を開始。総落差55.7mを利用して、一般家庭の約830世帯分の電力を発電する。(2020/1/16)

新工法:
熊谷組が小断面トンネルに特化した自動吹付機システムを開発
熊谷組がオペレータの吹付作業を忠実に再現する自動吹付機システムを開発した。小断面トンネルに特化した技術として、今後実用化を進めていく。(2020/1/15)

自然エネルギー:
再エネ由来電力を利用しやすく、自然電力が家庭向けの新プラン
自然電力は、個人向け電力プラン「SEデビュー」の販売を開始すると発表した。自然エネルギーをベースとした電力サービス「自然電力のでんき」をより手軽に利用できるようになる。さらに、毎月支払う電気代の約1%が自然エネルギー発電所を増やすために使われる取り組みを開始した。(2020/1/8)

「伝統とこだわり」をどう確立したのか:
“辺境の密造酒”スコッチ・ウイスキーが世界を制した訳――「資本主義の酒」の歴史的マーケティング
実は「辺境の密造酒」から始まったスコッチ・ウイスキー。「伝統とこだわり」のブランドを維持しつつどう世界に羽ばたいたか。人気ラノベ作家が歴史から迫る。(2019/12/27)

自然エネルギー:
自然電力がカナダ企業と合弁会社、千葉県での洋上風力発電事業を推進
自然電力とカナダのNorthland Power社は、洋上風力発電事業における協業について合意し、千葉県内における洋上風力発電事業に共に取り組んでいくと発表した。本提携を進めるため、両社は出資比率50:50の合弁会社「千葉洋上風力」を設立し、合計約600MW(メガワット)の事業を進めていく。(2019/12/9)

太陽光:
FITの抜本改革で“低圧太陽光バブル”は終焉へ、入札制度は100kW以上に拡大
「FIT制度の抜本的改革」に向けた議論が本格化。FIT開始以降、国内で急速に普及し、安全面での懸念も指摘されている野立て型の低圧太陽光発電は、2020年度からこれまでのような投資目的での新規開発は事実上難しくなりそうだ。(2019/11/12)

現地取材で覚えた「違和感」:
静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃【前編】
静岡県が大井川の減水問題などを理由に、リニア中央新幹線の建設工事に「待った」をかけ続けている。なぜ静岡県知事はリニア建設を「妨害」するのか? 現地取材で浮かび上がった実態を前後編でお届けする。(2019/10/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
EVにマツダが後発で打って出る勝算
マツダが打ち出したEVの考え方は、コンポーネンツを組み替えることによって、ひとつのシステムから、EV、PHV(プラグインハイブリッド)、レンジエクステンダーEV、シリーズ型ハイブリッドなどに発展できるものだ。そして試乗したプロトタイプは、「EVである」ことを特徴とするのではなく、マツダらしさを盛ったスーパーハンドリングEVだった。(2019/9/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。