ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

  • 関連の記事

「Jazz」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Jazz」に関する情報が集まったページです。

数千万行のソースコード検索を1秒以内に実施:
SRA、ソースコード検索システム「CodeDepot」をオープンソースソフトウェアとして無償公開
創立50周年を迎えるSRAは、同社が開発したソースコード検索システム「CodeDepot」のソースコードを、2017年12月1日に無償で公開する。(2017/11/30)

Cloud FoundryベースのオープンPaaS:
BluemixとJazzHubを使ってNode.jsアプリやJava Webアプリを作ってみた
IBMが提供しているコードネーム「Bluemix」というPaaSがあります。2014年6月の時点ではベータ版で無料で使えるということなので、使ってみました。他のPaaSと同様に、手軽に開発ができる環境が用意されています。今回は、同じくIBMが提供する「JazzHub」というサービスも使って、Webブラウザーでの開発についても紹介します。(2014/6/9)

PR:IBM流「DevOps」でシステム開発はどう進化するのか?
今やソフトウェア開発の世界において、グローバルでの企業競争を勝ち抜くためには、スピード、コスト、クオリティなどあらゆる面で他社を凌駕しなければならない――。そうした中で注目を集めているのが、開発担当者と運用担当者が連携し、アプリケーションのリリースサイクルの短期化を目指す「DevOps」だ。今後企業が運用開発現場をあるべき姿に変貌させるべく、日本IBMが長年にわたり培った知見をお伝えしていく。(2013/10/2)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(27):
いまアツいアジャイルプロジェクト管理ツール9選+Pivotal Tracker入門
群雄割拠のアジャイルプロジェクト管理ツールを9つ紹介し、特に注目を集めているPivotal Trackerの基本的な使い方を解説します。(2012/5/14)

「Innovate 2011」が切り拓くソフトウェア開発の未来:
PR:日本企業の開発現場を変革する切り札とは?
日本IBMはソフトウェア開発担当者などに向けたRational Softwareの年次イベント「Innovate 2011」を開催する。同社が今後のシステム開発において必要性を訴えるのがアジャイル開発に代表される開発スタイルの“変革”だ。本稿ではイベントの開催に先立ち、アジャイル開発のメリットを改めて確認するとともに、その見所について紹介する。(2011/9/26)

米IBM、開発者向けカンファレンス「Innovate2011」開幕:
増加し続けるソフトウェアの複雑性と戦うことがキモ
(2011/6/7)

開発関係者の情報共有で、開発の品質とスピードを両立:
米HP、ALM 11で開発者、テスターの労力を大幅に削減
(2010/12/2)

IBM Rational Innovate 2010 Report:
ソフトウェアデリバリーにおけるサプライチェーンを完成させるIBM Rational
IBM Rationalは、今日のソフトウェアが“見えない糸”と化して「Systems of Systems」を構築している現状を踏まえ、それをどうスマートに創り上げるかにフォーカスしている。ソフトウェアの開発という視点を超え、ソフトウェアのデリバリーという視点で顧客に価値を継続的に提供するIBM Rationalは、ソフトウェアデリバリーにおけるSAP的なポジションを狙う。(2010/6/9)

ALMベンダーの動向を探る:第3回 日本IBM
IBMが推進する“分散型開発でのALMソリューション”
オフショア開発など複数拠点における開発プロジェクトが行われている現在、その開発生産性を向上させる環境の構築が重要となる。今回は、分散型開発にも対応するIBMのALMソリューションを紹介する。(2009/11/11)

日本IBM、「IBM Rational Software Conference」を開催:
アジャイル開発の有効性を、経営トップが理解すべき
(2009/10/9)

SiGeが切り開く半導体の未来
SiGe(シリコンゲルマニウム)を用いた半導体製造プロセスでは、シリコンのみを用いた場合よりも低ノイズでより高速なトランジスタを実現できる。このことによって、アナログ回路の設計者は、多くのメリットを享受することができる。本稿では、今後さらに重要になるであろうSiGe半導体技術について解説する。(2009/7/1)

NEWS
日本IBM、チーム内のコラボレーションを活性化させるRational新製品
プロジェクト管理者、設計者やテスターなど、プログラム開発者以外で開発工程に携わる担当者を支援する機能を提供する。(2009/2/26)

「アジャイル開発」には抵抗感?:
チーム開発をもっとJazzyに、IBM Rational
(2009/2/23)

開発現場の負のスパイラルを打破:
日本IBM、Jazzベースのソフトウェア開発製品を発表
日本IBMは、ソフトウェア開発を支援する「Jazz」ベースの製品を3月に発売すると発表した。(2009/2/23)

米IBM、コラボ技術「Jazz」ベースのアプリケーションを発表
米IBMは、Web 2.0技術などを利用したプラットフォーム「Jazz」をベースにしたイニシアチブを発表した。(2008/12/18)

「変わり続ける要件にも、柔軟に対応できる」:
HP Quality Center 10.0が、成果の出るシステム開発を実現
(2008/12/11)

多数の機能強化:
Microsoft、「Visual Studio 10」の概要を明らかに
MicrosoftはVisual Studioの次期版について説明し始めた。製品のコンパクト化、マルチコア/並列プログラミングなどの最新プロセスのサポート、WPFのサポートの強化、Microsoft Live Meshやインスタントメッセージングのサポートといった機能強化が盛り込まれるという。(2008/9/24)

世界で5番目、無償ワークショップも:
IBMが都内にクラウド検証施設、Hadoopのデモも実施
(2008/8/1)

日本IBM、企業向けのマッシュアップ新製品を発表
軽量なWebアプリケーションで活用されるスクリプト言語をサポートしたマッシュアップ製品を日本IBMが発表した。(2008/6/13)

IBM RSDC 2008 Report:
システムが開発者をコーチングする日――Jazzがもたらすもの
IBMはEclipseの一件を通して、ソフトウェア開発におけるコミュニケーションの重要性を強く認識した。日本IBMのRational事業部を率いる渡辺氏は、その思いが実装されたのがJazzプラットフォームであり、究極的にはシステムが開発者をコーチングする日が来るかもしれないと話す。(2008/6/4)

IBM RSDC 2008 Report:
Jazzが伽藍とバザールに変化をもたらす日
IBM Rational Software Development Conference 2008で、Jazzの成果物をベースにした初の商用製品が発表された。年度内にはさらに複数の製品が登場し、ソフトウェア開発におけるコラボレーションが強力に支援されることになる。(2008/6/3)

IBM、20製品への「Jazz」コラボレーション技術採用を発表
IBMとパートナー企業は、20製品にコラボレーション技術「Jazz」を取り入れ、年内にリリースする計画という。(2008/6/3)

The Rational Edge:
アジャイル開発の広範な普及を目指して
The Rational Edgeより: アジャイル開発手法は何年も前から一部の組織でうまく利用されてきたが、大部分のソフトウェア企業ではそのテクニックがまだ採用されていない。その理由を探り、業界にアジャイル手法をもっと浸透させる可能性を秘めたトレンドを解説する。(2008/5/8)

IBMが開発現場のあり方を変える
IBM Rational Software Development Conference 2007
今日、「ソフトウェア開発」が果たす役割はより大きなものとなり、ビジネスに与える影響力を増している。この特集では、IBMが提供しているRational製品関連コンテンツを10本掲載。(2007/11/12)

「Jazz」はやはりチームプレー――次世代開発プロジェクトとは
多くの開発者がコミュニケーションしながら1つのものを築き上げていく――これが「Jazz」プロジェクトの根底にある。日本IBMは主催イベントでこの新しい開発プラットフォームの概要を説明した。(2007/11/6)

IBM、「Jazz」を研究ツールとして推進
IBMは「Jazz」を研究ツールとして推進しており、大学での研究に補助金を提供している。(2007/10/29)

MSのTechEdでIBM、開発者獲得注力へのコメント
MSのダイナミックIT、IBMのJazz、それぞれでコラボレーションに対する新たな試みが進められているが、どうやら両社は同じ目標を掲げているという。その真意は?(2007/6/12)

1分ショートレビュー:
卒業生に贈る言葉――フラットワールドではコラボレーションが成功の鍵
ソフトウェアの生産では、インドや中国を舞台に分散型開発への流れが加速している。複雑、競争、コラボレーション、分散、そしてフラット。ここ2、3年で起きている大きな変化を見逃してはいけない。(2007/3/6)

IBM RSDC Report:
ベールを脱いだ「Jazz」プロジェクト、Rationalの進化と革新
フロリダ州オーランドで開催中の「IBM Rational Software Development Conference 2006」。2日目の基調講演では、Ecilipseの成功の鍵について語られたほか、次のRationalがどのような方向性を考えているのかが明らかにされた。(2006/6/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。