ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM Storwize」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM Storwize」に関する情報が集まったページです。

核心的テクノロジーに注目
2019年注目のストレージスタートアップ“えりすぐりの9社”
ストレージのスタートアップ企業は、成功するよりも失敗に終わる可能性が高い。それでも、意欲のある企業がクラウド、バックアップ、コンバージェンス、フラッシュの革新的テクノロジーに挑んでいる。(2019/3/20)

変革するサーバ、ストレージ市場
LenovoとNetAppがストレージで提携、DellとHPEの牙城を崩す戦略とは
LenovoとNetAppがパートナーシップ契約を結んだ。競合のDellとHewlett Packard Enterpriseを追い上げることが狙いとみられる。両社は企業向けストレージ製品を強化するともに、中国で合弁会社を設立する。(2018/10/5)

Dell EMCやHPE、IBMなどの主要製品をピックアップ
徹底比較:オールフラッシュストレージシステム8社 自社とベストマッチは?
大手ベンダー8社の主要なオールフラッシュアレイ製品を取り上げ、機能や性能を詳しく紹介する。どの構成が自社のニーズに最も合うだろうか。(2017/8/18)

データベースサポート最前線の現場から(14):
【Oracle Database 12c】Oracleライセンス「SE2」検証 スレッド数制限、“Oracle RAC環境”ではどのように制御されるのか
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。Oracleの新ライセンス形態「Standard Edition 2」の機能制限がどのように行われるのか、今回は「Oracle RAC環境の場合のCPUスレッド数制限」を検証します。(2017/8/4)

2017年ストレージベンダーの現状と展望【後編】
消える老舗に台頭する新興、そして気になるWestern Digital──激変必至ストレージ業界
Dell EMCの登場をきっかけに2017年に大きな再編が起きそうなストレージ業界。大手老舗さえ安心できない状況で、消滅の危機にあるベンダーの“ハザードリスト”を紹介する。(2017/1/19)

アプラス、クレジットカードシステムをIBM LinuxONEで刷新
クレジットカード決済処理を担う基幹システムにLinuxプラットフォーム「IBM LinuxONE」を採用。FinTechに代表される決済方法の多様化などに備え、事業成長を目指す。(2016/10/26)

約190万円から/他社からの乗り換え施策も:
IBM、価格を抑えたミッドレンジ/エントリー向けオールフラッシュストレージを発表
IBMは、エンタープライズクラスの可用性や機能を提供するエントリーレベルとミッドレンジのオールフラッシュストレージ「Storwize V5030F」と「Storwize V7000F」を発表した。(2016/8/25)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
PR:「ビジネスのデジタル化」を推進するフラッシュストレージ、その進化とは?
「ビジネスのデジタル化」が進む今、多様化する顧客動向をいち早く把握し、ビジネスの価値を創出することが求められている。それを支えるのがデータ活用基盤。ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは、フラッシュストレージに焦点を当て、その進化と活用方法を紹介した。(2016/5/31)

PR:増え続けるデータをビジネス変革に――コグニティブ時代にあるべきデータ基盤とは
データによってビジネスが大きく変化しようとしている今、ストレージは生まれ変わるタイミングに来ている――。そう話すIBMが今、最も注力しているのが「SDS」と「フラッシュストレージ」だ。コグニティブとAPIがビジネスをけん引する時代において、最もふさわしいストレージの姿なのだという。その理由とは?(2016/4/14)

NEWS
イグアス、日本IBM“CAMSS製品”の評価・検証施設を開設
イグアスは、日本IBMパートナー企業の製品/サービス開発を支援する評価・検証センターを開設。日本IBMのクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティ製品の評価・検証を可能にする。(2015/11/2)

SSDなどのフラッシュストレージを業界団体SNIAメンバーが解説
読めば分かる! フラッシュストレージの基本
最近、普及が進む「フラッシュストレージ」。さらに深く理解するため、その種類や普及の背景、導入効果などの基本的解説をお届けする。(2015/10/6)

OpenStack環境のストレージ選定ポイント【第2回】
OpenStackストレージ、主要5社の差別化ポイントをまとめた
OpenStack対応のストレージ製品を提供する主要5社にフォーカスし、各社の開発貢献度や製品ラインアップ、特徴について紹介する。(2015/6/15)

Database Expertイベントリポート:
DBアプリケーションを速くするハードウエア活用の最前線
DBパフォーマンスを改善するハードウエア技術を紹介したイベントから、鍵となるテクノロジーをダイジェストで紹介する。(2015/5/15)

汎用x86サーバーはレノボ、POWERサーバーアプライアンスはIBM:
レノボとIBM、サーバー事業展開の発表まとめ
2014年10月1日、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズが始動。翌日には日本製をアピールする「MADE IN YONEZAWA」プロジェクトを開始した。さらに翌日には、米IBMが「x86サーバーを凌駕する」とうたうPOWERサーバー製品ラインアップを発表した。(2014/10/6)

PR:IBMが提唱する「Software Defined Storage」はデータ経済性を変革する
データ量が増え続けても、将来どうなるかが分からないデータたちの保有方法を計画できるか? 経済性を損なわないために必要なのはSoftware Definedな仕掛けだという。(2014/5/26)

IBM Edge 2014 Report:
新しいキーワードは“Elastic”と“SDS”
米IBMは同社のSDSを実現する技術「Elastic Storage」を発表し、それを支える新製品3点を発表した。(2014/5/21)

データの経済性に革新、日本IBMが新ストレージや磁気テープ記録技術を発表
企業が既存ITインフラの効率性を高め、21世紀の天然資源であるビッグデータの活用にその投資を振り向けられるようにする一連の新ストレージ製品を日本IBMが発表した。(2014/5/20)

ファイルシステムから新しい?:
米IBMのSDSはコードネーム「Elastic Storage」
Software Defined Storageの具体的な技術をIBMが発表。同社独自の研究開発成果を盛り込んだハイパフォーマンス型を掲げている。(2014/5/20)

ホワイトペーパー:
VMware仮想化環境を最適化するIBM Storwizeファミリー
あらゆる規模のビジネスに適したスマートなストレージソリューションを提供するIBM Storwizeファミリー。VMwareインフラストラクチャーを最適化しながら、爆発的に増大し続けるデータにも対応可能なその機能を紹介する。(2014/4/24)

Lenovoの次の一手は?
IBMのx86サーバ事業を買収したLenovoの対HP、Dell戦略を読む
IBMのPC部門に続き、同社のx86サーバ事業を買収したLenovo。x86サーバ市場の覇権を確立するため、Lenovoは次にどう動くのか? ライバルであるHPやDellを攻略する戦略とは?(2014/3/18)

既存の環境もそのまま一緒に:
PR:仮想化環境の課題を一挙に解決する、高機能ミッドレンジストレージのニューフェース
企業にとってこれまでに蓄積してきたデータは大切な情報資産だ。既存環境に置かれたデータを含め、これからも増えていくデータにどう対応するかが大きな課題である。また、サーバを仮想化したものの、ストレージ環境は従来通りの運用をしているために、様々な問題に悩む管理者は多い。ストレージ仮想化に早くから対応した日本IBMは、10年にわたって培われてきたストレージ仮想化テクノロジーを「Storwizeファミリー」に実装しているが、今回新たに「Storwizeファミリー」に、ユーザーニーズにさらに応える新機能や新モデル「Storwize V5000」をラインアップに追加した。 (2013/11/20)

日本IBMがシステム製品群を大幅強化、クラウドやビッグデータ基盤の構築に焦点
ビッグデータやソーシャル、モバイルなどのワークロードを最大限に活用するための新たなサーバやストレージ製品を多数ラインアップに加えた。(2013/10/9)

ホワイトペーパーレビュー
ストレージ環境の刷新事例を紹介した3つのホワイトペーパー
企業ITを取り巻く環境が変化する中で、あらゆる要件に柔軟に対応できるストレージ基盤が求められている。自社のストレージ基盤を改善した事例を紹介する。(2013/6/25)

抽象化と自動化、全ての統合管理を担う:
システム全体の抽象化・効率化を推進する“Software Defined Environment”構想とは
日本IBMがシステムインフラ全体のビジョンとして「Software Defined Environment」を発表。クラウド最適化、抽象化、自動化をにらみ、まずはネットワーク仮想化製品を投入する。(2013/6/12)

オーアイエスコム、クラウドサービス基盤にPureFlex Systemを採用
オーアイエスコムは、新クラウドサービスのシステム基盤の構築にあたり、日本IBMの統合型システム「IBM PureFlex System」などを採用した。(2013/5/31)

各社自慢の統合インフラを徹底比較(後編)
統合プラットフォーム製品ベンダー“ビッグスリー”の強みと弱み
ITインフラをシンプルにし運用管理を効率化するとして企業の注目を集めている統合プラットフォーム製品。Cisco、VCE、NetAppの製品を紹介した前編に続き、後編ではDell、IBM、Hewlett-Packardの製品を紹介する。(2013/5/10)

東建コーポレーション、運用コスト半減に向けてシステム基盤を統合
システムの運用管理コストの50%削減を目的に、x86サーバと「IBM System i」の基盤統合に向けた準備を進めている。(2013/4/22)

デスクトップ仮想化とMSP支援を強化:
PureSystemsで新ソリューション、日本IBM
日本IBMは2月22日、インフラ製品「IBM PureFlex Systems」「IBM Flex System」で、デスクトップ仮想化とマネージドサービスプロバイダ(MSP)向けのソリューションを発表した。また、他社製品との接続のサポートについても強調した。(2013/2/25)

大鵬薬品、MR700人のタブレットにデスクトップクラウド基盤を導入
大鵬薬品はMRが活用するタブレット端末に向けたデスクトップクラウド基盤を構築した。(2013/2/21)

日本IBM、ストレージやシステム製品群も大幅拡充
プライベートクラウド環境におけるストレージを始め、システムリソースの活用や管理の効率化を支援する製品群を提供する。(2013/2/6)

PureSystemsが生まれたワケ:
第2回 メインフレーム譲りの包容力と仮想化のベストプラクティスが自慢のPureSystems
PureSystemsが生まれた背景を探る短期連載の第2回は、「Fabric-based Architecture」を採り入れ、zEnterprise譲りの包容力と仮想化環境のベストプラクティスが盛り込まれたIaaS基盤の「PureFlex System」を中心に見ていこう。(2012/12/25)

中堅企業向けディスクストレージ新製品を発表 日本IBM
日本IBMは、エントリーモデルのディスクストレージ製品「IBM Storwize V3700」を発表した。(2012/11/7)

PureSystemsが導く最適解:
PR:VMware vSphereとの連携で大規模な仮想化プラットフォームを実現
システムプラットフォームの観点から見た「IBM PureSystems」は、仮想化を強く意識した製品だ。その仮想環境における自動化・自律化を実現するために、PureSystemsではVMware vSphereの多くの機能が有効活用できる。(2012/10/22)

SMB向けストレージ製品紹介:イメーション
RDX搭載でバックアップまで1台で解決するNAS「Data Appliance T5R」
SMB企業におけるNASの採用が増えている。また、バックアップ対策をより少ないコストで実現したいという声も多い。イメーションはRDXカートリッジを活用するバックアップ機能を備えたNAS製品を提供する。(2012/9/21)

イオングループ、部門ごとの業務システムを仮想化統合
グループ企業や業務ごとに分散するサーバを集約し、新たな統合基盤システムをイオングループが構築した。(2012/9/6)

SMB向けストレージ製品紹介:デル
ポートフォリオの拡充を進めるデルのSMB向け「Dell EqualLogic」シリーズ
近年、デルはストレージ分野への積極的な投資により、製品ポートフォリオを急速に拡充させている。独自のストレージ技術や製品ラインアップの拡充を重要な戦略と位置付けている同社のSMB向けストレージを紹介する。(2012/6/15)

日本IBM、ストレージの新構想「Smarter Storage」を発表
日本IBMはストレージを効率的に利用できることを目指すという「Smarter Storage」構想を発表。新機能やこれから開発する機能の一部を披露した。(2012/6/5)

読者の知りたいにベンダーが答える!
中堅・中小企業の悩みを解決する最適なストレージ構築術
ストレージを効率的に運用したいというニーズは、企業規模を問わない共通課題だ。中堅・中小企業では、少ないIT予算や管理者の不在といったさまざまな制約がある。SMBならではの悩みを解決するポイントを紹介する。(2012/6/1)

ホワイトペーパー:
遅いのはストレージが原因だった! 〜比較検証サービスで真の原因を把握
「月曜の朝はいつもメールの確認に数十分かかってしまう。」その原因がストレージであることを特定し、比較検証、負荷テストを実施。採用すべき機種を絞り込んだ。ミッドレンジクラスで初めて自動階層化とストレージ仮想化を実装したStorwize V7000が、4000人のイライラを解消した。(2012/5/30)

SMB向けストレージ製品紹介:日本IBM
ストレージの利用率向上を階層型プールで実現する「IBM Storwize V7000」
現在、ストレージの利用率向上を課題に抱えている企業は多い。「IBM Storwize V7000」は階層型プール方式によるデータの動的再配置などでその課題解決を支援する。(2012/5/11)

ホワイトペーパー:
IDCレポート:IBMがStorwize V7000で展望する国内ストレージ戦略
調査会社IDCは、IBMがストレージ製品「Storwize V7000」で狙う国内ストレージ市場戦略と、製品の具体的特長、国内市場に与える影響について分析した。(2012/4/27)

知見を結集してクラウド構築を効率化:
IBMが全世界で同時発表した「PureSystems」とは何か
「歴史的な新しいITのカテゴリ」と語るシステム製品をIBMが打ち出した。(2012/4/13)

タイ洪水被害によるHDD供給不足【前編】
60%値上がりに納品遅延――タイ洪水に翻弄される企業向けストレージ市場
2011年にタイで発生した洪水によって、世界的なHDDの供給不足が懸念されている。企業向けストレージ市場も深刻な事態に陥っている。(2012/2/28)

NEWS
SAN/NAS混在環境を一元管理するミッドレンジ製品 日本IBM
従来のSAN/iSCSI用ストレージ製品にNAS機能を追加した新製品を発表。NAS環境におけるデータの自動配置機能を備えたソフトウェアを搭載している。(2011/10/24)

SANとNASを一元管理するディスクストレージを発表 日本IBM
日本IBMは、SANとNASを一元管理するディスクストレージ製品を販売開始した。(2011/10/21)

ホワイトペーパー:
IDCレポート:IBMがStorwize V7000で展望する国内ストレージ戦略
調査会社IDCは、IBMがストレージ製品「Storwize V7000」で狙う国内ストレージ市場戦略と、製品の具体的特長、国内市場に与える影響について分析した(提供:日本アイ・ビー・エム)。(2011/9/14)

SMB向けストレージ製品紹介
年々増大するデータの管理と運用が企業の大きな足かせとなっている。この連載では、特に「人」「予算」「スキル」が限られているSMB企業の問題を解決するストレージを取り上げる。(2011/6/30)

日本IBM、Storwize V7000の容量を最大4倍に拡張
日本IBMは、Storwize V7000の容量を拡張しクラスタ構成も可能にする制御ソフトウェアを発表した。(2011/5/19)

ホワイトペーパー:
次世代型ミッドレンジ・ディスク――仮想化を超える、オートマティック・ストレージ
「できなかった」ことを「できる」に変える「IBM Storwize V7000」(提供:AIT)。(2011/3/28)

ハイエンドの機能をミッドレンジに凝縮:
PR:自動階層化でデータの最適利用を実現する――IBM Storwize V7000の新発想
ストレージの仮想化はサーバの仮想化に先駆けて実用化された経緯がある。その新機能はハイエンド製品から実装されたため、手が届かないという印象を抱いているユーザーが少なくない。だが、日本IBMは多くのユーザーにそのメリットを享受してもらうために、仮想化技術のミッドレンジ製品への実装にも積極的に取り組む。そして、ストレージの機能を最大限に引き出すソフトウェアを組み合わせた「バンドル・ソリューション」も提供する。(2011/2/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。