ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iBurst」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iBurst」に関する情報が集まったページです。

ワイヤレスジャパン2009:
“4つのリソース”――京セラの次世代通信への取り組み
ワイヤレスジャパン2009の京セラブースでは、発表された端末の展示に加え、WiMAX、XGP、LTE、iBurstに関する同社の取り組みを紹介している。(2009/7/23)

7月22日〜24日:
ワイヤレスジャパン2009、今年の見どころは
ドコモやKDDIが、今話題のAR技術を用いた展示を行うなど、次世代技術や新たなサービスのデモが多数登場する「ワイヤレスジャパン2009」が、来週水曜日、7月22日に開幕する。各社の見どころをまとめた。(2009/7/16)

ワイヤレスジャパン2008:
KYOCERA&SANYOブランドの夏モデルはもちろん、「iBurst」も人気――京セラブース
ワイヤレスジャパン2008の京セラブースでは、KYOCERAとSANYOの両ブランドの夏モデルや海外端末を多数紹介したほか、「WiMAX」「次世代PHS」「iBurst」と3つの無線通信技術を展示した。(2008/7/25)

京セラ、ワイヤレスジャパン2008に「次世代PHS」「WiMAX」「iBurst」を出展
京セラは、7月22日から東京ビッグサイトで行われる「ワイヤレスジャパン2008」への出展概要を明らかにした。“K”“SA”ブランドの新端末に加え、次世代通信規格として話題の次世代PHS/WiMAX/iBurstを展示する。(2008/7/17)

京セラの「iBurst」拡張技術、IEEE802.20標準に
IEEEは6月12日(現地時間)、京セラが802.20作業部会に提案していた「iBurst」をベースとした技術を、IEEE802.20の規格として正式に承認した。(2008/6/17)

石川温が聞く:
2.5GHz帯の割り当てで落選するとは夢にも思ってない──ソフトバンクモバイル 松本副社長
ソフトバンクとイー・アクセスが3分の1ずつを出資し、「MVNO中心主義」を掲げるオープンワイヤレスネットワーク。ソフトバンクモバイルの松本徹三副社長は、2.5GHz帯の免許割り当てに絶対の自信を持っているという。(2007/12/4)

関係者による事前調整済み!?:
WiMAX免許、ドコモ、KDDI落選のシナリオ
「WiMAXフォーラム」日本オフィス主催で開かれた記者会見で、日本総合研究所の新保豊氏が、この秋予定されている国内での2.5GHz帯のブロードバンド無線通信(BWA)の免許交付についての見通しについて、予想されるシナリオを展開してみせた。(2007/9/4)

携帯電話の父が語るワイヤレスサービスの未来像
3GやWiMAXなどの登場でワイヤレスにもブロードバンドが押し寄せる。ユーザーや通信事業者に利益をもたらすワイヤレスサービスとは何か?携帯電話の父と知られるマーティン・クーパー氏に聞いた。(2007/6/13)

次世代無線「iBurst」、ケニアでも商用サービス開始
京セラが推進する無線方式「iBurst」の商用サービスが、2月2日からケニア共和国でも開始される。(2006/2/2)

4G&IEEE802 WORLDカンファレンス:
IEEE802.20に提案中の規格を公表――クアルコム
初期の参加者の多くがWiMAX(IEEE802.16e)へと移動してしまった移動体通信システムの新技術、IEEE802.20だが、米Qualcommはこの技術に積極的に関与している。(2006/1/23)

CEATEC JAPAN 2005:
iBurstの無線IP電話は2007年?〜ライブドア
「CEATEC JAPAN 2005」のキーノートスピーチに、ライブドア上席副社長の照井知基氏が登場。無線LANサービスのコンセプトを改めて話した。(2005/10/7)

CEATEC JAPAN 2005:
「iBurst電話」登場〜京セラブース
京セラブースでは、「iBurst」電話を展示している。実際にiBurst経由でのVoIPを体験できるコーナーも用意されていた。(2005/10/5)

モバイル戦国時代(第3回):
第三勢力の台頭と「ホリエモン携帯」の現実味
最終回は、ドコモや新規事業者の影にある「第三勢力」を扱う。平成電電、アイピーモバイル、YOZAN、ライブドア。いずれも虎視眈々とチャンスを狙っている。(2005/8/23)

ものになるモノ、ならないモノ(3):
ライブドアの無線LANに疑問をぶつけてみました
本コラムでは、ネットワークの新しいテクノロジや考え方に注目する。注目するテクノロジへの、企業の新しいスタンダードとして浸透していくことへの期待を込めてコラムタイトル「ものになるモノ、ならないモノ」にした。 「社内ブログ」「1ギガ」に続き、今回はD-Cubicやスカイプなどのライブドアのネットワーク事業にスポットを当てた。(編集部)(2005/7/22)

ワイヤレスジャパン2005:
4Gは世代交代?──ドコモとKDDIの違い
俗に4Gと呼ばれるBeyond IMT-2000は、3Gからの世代交代を意味するのかどうか。ドコモは世代交代を前提に開発を進め、KDDIは4Gも世代交代も存在しないとする。(2005/7/19)

ワイヤレスジャパン2005:
iBurstと電力線でインフラ補完――ライブドアの新構想
「安価な無線LAN」で話題を呼んだライブドアだが、通信事業には“続き”があったようだ。ワイヤレスジャパン会場で、iBurstやPLCを採用する計画が明かされた。(2005/7/15)

ワイヤレスジャパン2005:
京セラブースに「iBurst」機器の展示
ワイヤレスジャパン2005の京セラブースに、「iBurst」機器が展示されている。(2005/7/15)

ライブドア、iBurstで2GHz帯に名乗り
ライブドアは、新規解放予定の2GHz帯に、無線データ通信「iBurst」で参入する方針を明らかにした。同社の公衆無線LANサービスと組み合わせ、無線通信網を全国に張り巡らす狙い。(2005/7/15)

ワイヤレスジャパン2005:
「ワイヤレスジャパン2005」の見どころ:端末メーカー編
ワイヤレスジャパン2005には、端末メーカーもブースを出展している。おサイフケータイでカスタムジャケットが買える自動販売機も登場。(2005/7/12)

7月2日〜7月8日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
PHSを通信モジュール化、好みの端末に差しかえられるシステムをウィルコムが発表。平成電電は、WiMAXとWi-Fiを組み合わせたデータ通信サービスを2006年に提供する。(2005/7/8)

百家争鳴──1.7GHz帯、2GHzTDDバンドに対する各社の意見
携帯新規参入が見込まれる、1.7GHz帯と2GHz帯(TDD)。1.7GHz、そして2GHz帯を狙う顔ぶれが見えてきた。総務省指針に対する、各社の意見をまとめる。(2005/7/8)

京セラ、iBurstも2GHz帯TDDバンド対象化求める
京セラは2GHZ帯TDDバンドで利用できる通信方式に、3GだけでなくiBurstも含めるよう意見書を提出した。(2005/7/8)

もう1つの次世代無線技術――「iBurst」の未来
HSDPAやWiMAXといった無線通信技術が注目を浴びているが、もう1つ「次世代の無線技術」がある。京セラが推進する「iBurst」がそれだ。(2005/6/3)

京セラの無線技術「iBurst」、南アフリカで商用化
京セラの無線技術「iBurst」が、南アフリカ共和国で商用化される。2004年3月にオーストラリアで商用サービスが開始されたのに続き、2国目。(2005/3/31)

京セラ、高度化PHS「iBurst」を国内で実験開始
京セラは12月20日、次世代無線通信技術「iBurst」の実験局本免許を取得し、国内で実験開始すると発表した。下り最大1Mbpsでデータ通信できる技術。(2004/12/20)

京セラ、シドニー市内全域で利用できるデータ通信サービス
(2004/3/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。