ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イクメン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

スピン経済の歩き方:
「女性だからではなく実力で選べ!」が、日本企業の競争力を低下させているワケ
女性管理職の平均割合は8.9%で過去最高――。とはいえ、海外に比べると、まだまだ。なぜ日本企業は女性活用が進まないのか。(2021/9/21)

取得日数2日→1カ月以上に:
「営業は休めない」をどう解消? 積水ハウス、男性育休「100%・1カ月以上」実現のワケ
積水ハウスの男性育休取得率は100%、取得期間も1カ月以上と長い。しかし、始めからスムーズに制度が受け入れられたわけではない。従来は男性の育児休業の平均取得日数は2日程度で、「営業職は休めないだろう」という声も多かった。積水ハウスではどのように風土を変え、男性育休を定着させたのか。話を聞いた。(2021/8/17)

サカタ製作所流の働き方【後編】:
男性育休「渋々取得」→100%に! 社内の雰囲気が激変、サカタ製作所で何が起きたのか
サカタ製作所は急速に男性育休取得を推進し、18年には取得率100%達成、以降も100%をキープしている。当初は「我が家には必要ない」など社内の理解を得られなかった男性育休を、なぜ浸透させることができたのか?(2021/6/10)

宣言通り:
男性育休「皆無」→100%に 「休めば、給与が増える」中小企業の“逆転発想”
男性の育児休暇取得が「皆無」だったが、「男子育休100%宣言」を打ち出し、見事達成した会社がある。一体どんな工夫を凝らしたのか。(2021/5/26)

なぜ低いのか:
男性社員の育休取得をアップさせる環境づくり、3つのポイント
「イクメン」という言葉が以前よりも聞かれるようになりましたが、依然として男性の育児休業取得率は低いままです。男性社員が育休取得するためには、どのような環境づくりをすればよいか解説します。(2021/3/2)

「昼ドラ並みのドロドロ感」 京都&すみだ水族館のペンギン相関図がますます複雑に
赤ちゃんペンギンたちも仲間入りしました。(2021/1/30)

1歳10カ月の娘が言う「いっちー」って一体なに? 予想を超えた“勘違い”を描いた漫画がかわいい
今だけのかわいい間違い。(2021/1/27)

脳梗塞で入院の田中裕二 3歳次女が毎日贈るイラスト付きの手紙に反響「何よりの薬かも」
父娘の仲よしな雰囲気が目に見えるよう。(2021/1/25)

ブイキューブ×ITmedia 対談企画:
PR:ニューノーマル時代に求められる、新しい会社のカタチ
(2020/11/16)

「男が弁当作ったらえらいね」はもういいから…… 男性から見た「イクメンのハードル低すぎ問題」への正直な声に共感
パパが育児したらえらい!?(2020/10/17)

イクメン白書2020が発表:
3位は福岡、2位熊本 「イクメン力」全国ランキング、47都道府県で最も高かったのは?
積水ハウスが「イクメン白書2020」を発表した。男性の育休は「量・質」ともに改善傾向にあるようだ。「イクメン力」が最も高かった都道府県も発表し、3位は福岡県、2位は熊本県だった。1位は?(2020/9/17)

目指せイクメン:
約9割の男性国家公務員 1カ月以上の育休取得を予定
内閣人事局は、4〜6月に子どもが生まれた男性国家公務員の約9割が、1カ月以上の育休を取得予定だと発表。計画を作成できていない男性職員は5人。新型コロナウイルスの影響や災害対応により予定が見通せないためだとしている。(2020/8/28)

爆問・田中裕二、育児中の“パパの背中”が大きく見える 妻・山口もえ「パパさんありがとう」
ウーチャカしっかりパパやってる。(2020/7/28)

世相を反映:
大賞は“名ばかりイクメン”への皮肉 第4回「オリックス 働くパパママ川柳」に5万4610句の応募
第4回「オリックス 働くパパママ川柳」の入賞作品が決定した。過去最多となる5万4610句の応募があった。大賞となったのは……。(2020/7/2)

ユージ、長女の誕生日会で幸せいっぱい家族ショット公開 「久しぶりに家族だけの思い出深いバースデー」
いいパパだ。(2020/5/21)

マイナビ調査:
男子学生の“イクメン”志向が超加速――「育児休業取る」「共働き」が初の半数超に
若い男性の就職後のイクメン志向が加速。男子学生の半数以上が「育児休業取る」「共働き」派に。マイナビが調査した。(2020/3/18)

大切なのは家族で“対話”すること――香川県「ネット・ゲーム規制条例」、子育て専門家が当てる焦点は
条例にすることに、どんな意味や注意点があるのか。子育て専門家にご意見を聞きました。(2020/2/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
小泉進次郎氏が叫ぶ「空気を変える」はズレている 男性育休が増えない真因
小泉進次郎環境相の「育休宣言」が話題になっているが、「空気を変える」と政治家が連呼することには違和感がある。確かに育休を取りづらい空気はあるが、それだけではない。男性が育児をするための「時間」を増やす政策が最も必要なのではないか。(2020/1/24)

「高いところはダメにゃ!」 1歳の男の子を見守ってお世話する猫ちゃんが賢くて愛情深い
男の子のことが大好きな猫のベビーシッターさん!(2019/12/7)

休みを取っただけ?:
せっかく育休を取ったのに…… 育休中でも育児をあまりしないパパの割合は? 妻側からは痛烈なコメントも
少しずつだが普及してきた男性の育休。しかし、せっかく育休を取得しても育児を積極的にしない父親も多いことが明らかに。こうした事態に妻からは痛烈なコメントが並ぶ。(2019/12/3)

父親の育児参加当たり前? 9割が「そう思う」と回答も、育休取得は1割以下
家庭だけでなく、社会の力が必要。(2019/10/18)

「息子のためにパパとして」 りゅうちぇるが「育児セラピスト1級」を取得、子育てに悩む人へ「支えになれたらうれしい」
イクメンとして奮闘中のりゅうちぇるさん。(2019/10/18)

新連載・「イクメン」と呼ばれて:
なぜ私は「イクメン」と呼ばれるとイラっとしてしまうのか
共働きで子どもを育てている筆者。家事と育児をバリバリこなしている。なぜ「イクメン」と呼ばれるとイラっとしてしまうのか。(2019/10/5)

「奥様を舞台に行かせてあげてください!」 夫を介してサポートし合う妻(オタク)と部下(オタク)の漫画に心温まる
夫への愚痴に見せかけたのろけ漫画。(2019/8/21)

ぺこ&りゅうちぇる、息子・リンクくんが1歳に! “おうちパーティー”とディズニーランドで豪華にお祝いする
おめでとうございます!(2019/7/12)

ナンバーワンホストがイクメンだった! 女心と子心が分かる最強イクメンホスト漫画
控えめに言って最強男子!(2019/7/5)

専門家のイロメガネ:
中小企業で男性社員の育休取得率100%を実現してみた
厚労省が進める男性社員の育休取得。「イクメンプロジェクト」として形は整ってきたが、育休に絡むトラブルが炎上するなど、定着への道のりは厳しい。男性社員の育休取得100%を実現した企業の経営者が、制度を円滑に運用するための工夫について説明する。(2019/7/1)

子育て経営学:
「妻がボス」で、夫婦のもめ事が激減 ノバルティスファーマ社長の「子育て経営学」とは
大企業や伝統的な企業で働く男性たちが子育てに参加できる環境をつくるにはどうすればよいのか?(2019/6/25)

里田まい、出産後初のインスタ更新で幸せ笑顔! 夫・田中将大のイクメンぶりに「育児して野球して、凄いなぁ」
こっちまで幸せな気持ちになる。(2019/6/19)

「無制限の有休」は奏功しなかった:
ピアプレッシャーという“病巣”――「休暇制度の充実」だけでは働き方改革を実現できない
4月から施行された働き方改革関連法案によって有休が義務化されるなど「休暇制度の充実」が進んだ。一方、米国では期待されていた施策である「無期限の有休制度」が廃止されつつある。その背景にあるのは、同僚からの圧力「ピアプレッシャー」だ。(2019/6/18)

大企業にもイクメンの波:
製薬世界トップ3の日本社長が育休を!? 「ノバルティスファーマ社長」の子育て術
仕事をしながらの子育てで大事なことは――ノバルティスファーマ社長の綱場一成氏の子育て術とは?(2019/6/18)

「3人目になるとこんな感じです」 魔裟斗、“抱っこヒモデビュー”で息子を抱えて仁王立ち
頼りになるパパだ。(2019/6/3)

「パパがよろこぶのわたしかんがえる!」 水嶋ヒロ、娘からの手作り誕生日プレゼントに親バカ全開
相変わらず娘ラブの水嶋さん。(2019/4/14)

こんなのあったらいいな! 産後の母親を助ける理想のサービスを描いた漫画が話題
現実的には国の予算の問題もあるでしょうが、こういうサービスが欲しいと思わざるを得ない状況もまた問題。(2019/4/7)

猫がでかすぎて勉強が進まない!? 女の子に遊んでほしい猫ちゃんがでっかくてかわいい
かまってニャー!(2019/3/22)

【マンガ】「香川県には“うどんを意味する幼児語”がある」って知ってた?
うどん、かわいいな……。(2019/1/6)

公園で子どもではなくスマホから目を離さない父親 「自分の子は自分で見よう」と啓発する漫画に共感の声
物理的に子どもを連れて行くだけでなく危機管理もね!(2018/11/30)

熊本地震で脚光浴びる:
「被災時の赤ちゃんの命綱」液体ミルクは普及するか グリコが発売へ
江崎グリコが乳児用液体ミルクを発売する方針を発表した。粉ミルクと違ってお湯が要らず被災時の活躍が期待されるが、実際に日本で受け入れられるかは未知数。(2018/11/30)

りゅうちぇる&杉浦太陽&中尾明慶、「イクメンオブザイヤー」受賞の3人が思う“パパの育児”とは
こんなパパ最高だ。(2018/10/19)

ボタンと電池だけのハードウェア、情報をどう書き込む?:
ママさんの思いが詰まった「うんこボタン」――IoTで実現する赤ちゃんの健康管理
144Labが開発した赤ちゃんの排せつ物を記録するIoT製品「うんこボタン」。144Labにとって初めてのIoT製品かつB2C向け製品ということもあり、開発にはさまざまな苦労があった。製品に詰められた、ある“思い”とは。(2018/8/29)

常見陽平のサラリーマン研究所:
あえて言おう。私は「家畜」である
小さな子どもの育児や家事に追われている父親はどんな悩みを抱えているのだろうか。筆者の常見陽平氏もそのひとり。育児や家事に追われる日々を送ることで、どんなことが分かってきたのか。(2018/8/31)

「草食男子」「イクメン」「カリスマ○○」、いつ流行ったか覚えてる? 現在でも使われる“元流行語”
定着し過ぎて、逆に思い出せない。(2018/8/27)

6人目の子を望むつるの剛士、妻の一言がバッサリ過ぎて逆にほっこり
テンション上がりすぎて「ヤバイ!! 乳出る!!」に笑う。(2018/8/15)

キングカズ、長谷部誠&内田篤人との食事会で圧倒的なボール支配率 三浦りさ子「8割主人が喋ってました」
永遠のサッカー少年同志、香川真司とも熱いサッカートーク。(2018/7/20)

「インスタほやほや」杉浦太陽が第4子妊娠を機に公式Instagram開設、つわりがつらい妻にエール
「俺も全力でサポートして、家での動く量が倍になりました」(2018/6/15)

「うちの旦那と交換したい」 杉浦太陽、中尾明慶、ユージのイクメン3ショットに“理想のパパ”の声
清涼感スゴい。(2018/6/7)

PR:「好きなだけテレワークOK」と言われたとき、人の働き方はどうなるのか “イクメン”デザイナー・山田さんの場合
(2018/6/1)

地方自治体の働き方改革、実態は?
京都府の若手職員による新たな挑戦、ジブンゴトとしての働き方改革とは
保守的で新規取り組みに消極的とみられがちな自治体。だが京都府は若手を中心にITツールの普及啓発などジブンゴトとして働き方改革を推進した。変革の波はどう起きたのか。(2018/5/24)

悪魔が天使を育てたら……? 「パパだいすき!」に涙するイクメン悪魔漫画が尊くてしんどい
天使もかわいい、悪魔もかわいい。(2018/5/19)

「脚長っ」「顔ちっさ」 アレク、高校2年生の“全身ショット”が完全に2次元スタイル
こういうアニメキャラいる。(2018/5/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。