ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イクメン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

新連載・「イクメン」と呼ばれて:
なぜ私は「イクメン」と呼ばれるとイラっとしてしまうのか
共働きで子どもを育てている筆者。家事と育児をバリバリこなしている。なぜ「イクメン」と呼ばれるとイラっとしてしまうのか。(2019/10/5)

女性活躍企業 「ローソン」トップ 役員41.7%、育休復職93.9%、男性育休90%超
 女性活躍推進法が平成28年に施行され、今年で4年目。女性が結婚や出産などを経ても仕事を続け、キャリアアップができる環境を作ることは、企業や団体だけではなく社会の大きな課題だ。そうした女性活躍を客観的に評価する指標「女性活躍インデックス」を東洋大学がつくり、毎年公表している。これにもとづいたランキングで、トップとなった会社はどのような取り組みをしているのか。(2019/9/30)

「奥様を舞台に行かせてあげてください!」 夫を介してサポートし合う妻(オタク)と部下(オタク)の漫画に心温まる
夫への愚痴に見せかけたのろけ漫画。(2019/8/21)

ぺこ&りゅうちぇる、息子・リンクくんが1歳に! “おうちパーティー”とディズニーランドで豪華にお祝いする
おめでとうございます!(2019/7/12)

ナンバーワンホストがイクメンだった! 女心と子心が分かる最強イクメンホスト漫画
控えめに言って最強男子!(2019/7/5)

専門家のイロメガネ:
中小企業で男性社員の育休取得率100%を実現してみた
厚労省が進める男性社員の育休取得。「イクメンプロジェクト」として形は整ってきたが、育休に絡むトラブルが炎上するなど、定着への道のりは厳しい。男性社員の育休取得100%を実現した企業の経営者が、制度を円滑に運用するための工夫について説明する。(2019/7/1)

子育て経営学:
「妻がボス」で、夫婦のもめ事が激減 ノバルティスファーマ社長の「子育て経営学」とは
大企業や伝統的な企業で働く男性たちが子育てに参加できる環境をつくるにはどうすればよいのか?(2019/6/25)

里田まい、出産後初のインスタ更新で幸せ笑顔! 夫・田中将大のイクメンぶりに「育児して野球して、凄いなぁ」
こっちまで幸せな気持ちになる。(2019/6/19)

「無制限の有休」は奏功しなかった:
ピアプレッシャーという“病巣”――「休暇制度の充実」だけでは働き方改革を実現できない
4月から施行された働き方改革関連法案によって有休が義務化されるなど「休暇制度の充実」が進んだ。一方、米国では期待されていた施策である「無期限の有休制度」が廃止されつつある。その背景にあるのは、同僚からの圧力「ピアプレッシャー」だ。(2019/6/18)

大企業にもイクメンの波:
製薬世界トップ3の日本社長が育休を!? 「ノバルティスファーマ社長」の子育て術
仕事をしながらの子育てで大事なことは――ノバルティスファーマ社長の綱場一成氏の子育て術とは?(2019/6/18)

「3人目になるとこんな感じです」 魔裟斗、“抱っこヒモデビュー”で息子を抱えて仁王立ち
頼りになるパパだ。(2019/6/3)

「パパがよろこぶのわたしかんがえる!」 水嶋ヒロ、娘からの手作り誕生日プレゼントに親バカ全開
相変わらず娘ラブの水嶋さん。(2019/4/14)

こんなのあったらいいな! 産後の母親を助ける理想のサービスを描いた漫画が話題
現実的には国の予算の問題もあるでしょうが、こういうサービスが欲しいと思わざるを得ない状況もまた問題。(2019/4/7)

猫がでかすぎて勉強が進まない!? 女の子に遊んでほしい猫ちゃんがでっかくてかわいい
かまってニャー!(2019/3/22)

【マンガ】「香川県には“うどんを意味する幼児語”がある」って知ってた?
うどん、かわいいな……。(2019/1/6)

公園で子どもではなくスマホから目を離さない父親 「自分の子は自分で見よう」と啓発する漫画に共感の声
物理的に子どもを連れて行くだけでなく危機管理もね!(2018/11/30)

熊本地震で脚光浴びる:
「被災時の赤ちゃんの命綱」液体ミルクは普及するか グリコが発売へ
江崎グリコが乳児用液体ミルクを発売する方針を発表した。粉ミルクと違ってお湯が要らず被災時の活躍が期待されるが、実際に日本で受け入れられるかは未知数。(2018/11/30)

りゅうちぇる&杉浦太陽&中尾明慶、「イクメンオブザイヤー」受賞の3人が思う“パパの育児”とは
こんなパパ最高だ。(2018/10/19)

ボタンと電池だけのハードウェア、情報をどう書き込む?:
ママさんの思いが詰まった「うんこボタン」――IoTで実現する赤ちゃんの健康管理
144Labが開発した赤ちゃんの排せつ物を記録するIoT製品「うんこボタン」。144Labにとって初めてのIoT製品かつB2C向け製品ということもあり、開発にはさまざまな苦労があった。製品に詰められた、ある“思い”とは。(2018/8/29)

常見陽平のサラリーマン研究所:
あえて言おう。私は「家畜」である
小さな子どもの育児や家事に追われている父親はどんな悩みを抱えているのだろうか。筆者の常見陽平氏もそのひとり。育児や家事に追われる日々を送ることで、どんなことが分かってきたのか。(2018/8/31)

「草食男子」「イクメン」「カリスマ○○」、いつ流行ったか覚えてる? 現在でも使われる“元流行語”
定着し過ぎて、逆に思い出せない。(2018/8/27)

6人目の子を望むつるの剛士、妻の一言がバッサリ過ぎて逆にほっこり
テンション上がりすぎて「ヤバイ!! 乳出る!!」に笑う。(2018/8/15)

キングカズ、長谷部誠&内田篤人との食事会で圧倒的なボール支配率 三浦りさ子「8割主人が喋ってました」
永遠のサッカー少年同志、香川真司とも熱いサッカートーク。(2018/7/20)

「インスタほやほや」杉浦太陽が第4子妊娠を機に公式Instagram開設、つわりがつらい妻にエール
「俺も全力でサポートして、家での動く量が倍になりました」(2018/6/15)

「うちの旦那と交換したい」 杉浦太陽、中尾明慶、ユージのイクメン3ショットに“理想のパパ”の声
清涼感スゴい。(2018/6/7)

PR:「好きなだけテレワークOK」と言われたとき、人の働き方はどうなるのか “イクメン”デザイナー・山田さんの場合
(2018/6/1)

地方自治体の働き方改革、実態は?
京都府の若手職員による新たな挑戦、ジブンゴトとしての働き方改革とは
保守的で新規取り組みに消極的とみられがちな自治体。だが京都府は若手を中心にITツールの普及啓発などジブンゴトとして働き方改革を推進した。変革の波はどう起きたのか。(2018/5/24)

悪魔が天使を育てたら……? 「パパだいすき!」に涙するイクメン悪魔漫画が尊くてしんどい
天使もかわいい、悪魔もかわいい。(2018/5/19)

「脚長っ」「顔ちっさ」 アレク、高校2年生の“全身ショット”が完全に2次元スタイル
こういうアニメキャラいる。(2018/5/17)

池袋の平和を守る!? カエル戦隊「ケロレンジャー」サンシャイン水族館に参上
梅雨時期限定のイベントです。(2018/4/26)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「応援なんて誰にでもできる」という正論に、プリキュアはどう立ち向かったのか? 「HUGっと!プリキュア」開始3カ月を振り返る
まだ4分の1が終わっただけなのにこの密度。2018年のプリキュアはとにかくすごいぞ。(2018/4/26)

世界を「数字」で回してみよう(48) 働き方改革(7):
女性の活用と、国家の緩やかな死
今回は、「働き方改革」の中でも最難関の1つと思われる「女性活用」についてです。なぜ、このテーマが難しいのか――。それは、「女性活用」は、運用を間違えれば、国家の維持(つまりは人口)にも関わる事態となってくるからです。(2018/4/25)

みんなそっくり! つるの剛士、4人の子どもたちと「ミニオンズ」コスでUSJを満喫
つるのさんが一番はしゃいでそう。(2018/3/28)

「最高だよ」「ずっと楽しい」 水嶋ヒロと絢香が結婚10年目突入、理想の夫婦に祝福の声あふれる
あっという間の9年。(2018/2/23)

サラリーマン、プリキュアを語る:
悪の組織も「稟議」を通す時代 「HUGっと!プリキュア」のクライアス社が社会人をザワつかせる
「HUGっと!プリキュア」、育児の丁寧な描写が光ります。(2018/2/22)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「妖精ペコリン」が「キュアペコリン」に 妖精がプリキュアになれる確率は何%なのか調べてみた
じゃあもう、リオ君もビブリーちゃんもプリキュアってことでいいじゃん。(2018/1/18)

サラリーマン、プリキュアを語る:
2018年「HUGっと!プリキュア」が神アニメになる5つの理由
「HUGっと!プリキュア」今から楽しみです。(2018/1/4)

「昨日の夜かなり求められちゃって」 水嶋ヒロ、女王のおねだりに言われるがままの執事プレイ
パパ頑張れ。(2017/10/31)

あびる優、夫の不倫騒動を謝罪 才賀紀左衛門も遅れて謝罪文を発表「一歩ずつ前に進んで参りたく」
あびるさんの方が先なのか……。(2017/10/8)

口元がそっくり 14歳の誕生日を迎えた窪塚洋介の長男、キメ顔に確かな面影
これはイケメン化の予感(2017/10/4)

スピン経済の歩き方:
なぜ政治家とマスコミは「ダブスタ」に陥ってしまうのか
自民党議員の不倫スキャンダルを痛烈に批判して「政治家失格」のレッテルを貼っていたマスコミが、今回は「政治家の不倫などたいした問題ではない」なんて調子で態度を豹変している。なぜこのような「ダブルスタンダード」にハマってしまうのか。(2017/9/12)

「お嫁に出したくないでしょ?」 水嶋ヒロ、娘を持つパパの複雑な心境明かす
「めっちゃくちゃ答えづらい」と水嶋さん。(2017/8/1)

政府が男性に簡単な料理を提案する「おとう飯」始動 イクメン増加目指す施策に「労働時間の削減が先決」との指摘も
お父さんだって料理をしようにも、技術以前に時間がないとする意見が多数。(2017/6/14)

ねとらぼレビュー:
ドラマ「バイプレイヤーズ」第6話 役者であるあなたを愛しているから、あなたの台本を書きたい
見たら大杉漣さんのことが、きっと愛しくなる。(2017/2/20)

水嶋ヒロ、仕事しながらも愛娘を抱っこ 理想のイクメン姿にファン「いいパパさんだ」
「イクメンでイケメンで愛妻家、なんて完璧な」と話題に。(2017/1/23)

イクメンってそっちかよ! うどん県(香川)、赤ちゃんが食べやすいうどん「イク麺」を生み出す
そもそも香川県のうどん屋には、子ども用に麺を短く切るはさみが置いてあることもあるそうな。(2017/1/19)

「もっと選ばれるべき言葉や、神ってる流行あったよね」 つるの剛士、流行語大賞への苦言に反響
ブログでは候補にも上がっていない「きょとん顔」のサプライズ受賞を狙っていたつるの剛士さん。(2016/12/2)

むすこの レベルが あがった!:
育児中に「レベルアップ音」が鳴り響く瞬間
(2016/12/1)

里田まい、田中将大との幸せそうな2ショットを公開 息子にデレデレなイクメンマーくん! 
こんなに頼れる旦那さんはいない。(2016/9/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「働きやすさ」を追求すると、キャリアも会社もダメになる
「働きやすさ」は不満を減らす一因にはなるが、満足を高める決定打にはならない。能力を十分に発揮できるためには何が必要か?(2016/9/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。