ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アイリスオーヤマ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

アイリスオーヤマのマスクにも対応:
エアリズムマスクの在庫が復活したらメールで通知 「在庫速報.com」が新機能を追加
通販サイトの在庫からマスクや除菌ジェルの最安値を探せる「在庫速報.com」が、ユニクロやアイリスオーヤマで販売しているマスクの在庫状況をメールで知らせる機能を追加した。(2020/7/1)

在庫速報.com、ユニクロ・アイリスオーヤマ製マスクの”在庫復活”をメールで通知
通販サイトの在庫から最安値を検索できる「在庫速報.com」が機能をアップデート。ユニクロやアイリスオーヤマのマスク在庫の復活を検知した際、メールで通知する機能を追加した。(2020/6/30)

工事不要で設置できる「ポータブルクーラー」発売 除湿モードで部屋干しにも
通常のエアコンが設置できない部屋でもOK。(2020/6/29)

0.2秒で顔認証+発熱者検知 マスク着用の判定も アイリスオーヤマが新製品
顔認証と発熱者検知が同時にできるカメラをアイリスオーヤマが7月1日に発売する。検知速度は0.2秒、顔認証精度は99%と「業界最高クラス」としている。(2020/6/26)

アイリスオーヤマ、通気性にこだわった国産「ナノエアーマスク」発売 7枚498円
アイリスオーヤマは、着用時の息苦しさや蒸れを緩和する「ナノエアーマスク」の発売を発表した。発売日は「ふつう」サイズを6月中旬、「小さめ」サイズを9月予定としている。価格はどちらも7枚入りで498円(税別)。(2020/6/12)

ファン付き「クールウェア」、アイリスオーヤマが発売 サーキュレーターの設計技術を投入
アイリスオーヤマがサーキュレーターの設計技術を生かしたファン付きの「クールウェア」を発売する。(2020/6/11)

口元の温度上昇を抑える「ナノエアーマスク」発売 家電や生活用品のアイリスオーヤマから
着用時の息苦しさや蒸れを緩和するといいます。(2020/6/5)

アイリスオーヤマがフランス政府に50万枚のマスクを寄付
アイリスオーヤマが、支援物資としてフランス政府に50万枚のマスクを寄付したと発表した。(2020/6/3)

「ねぇ、エアコン」で音声操作 アイリスオーヤマの「airwill」に新モデル
アイリス―オーヤマは5月21日、Wi-Fi環境や設定不要で音声操作できるルームエアコンを発表した。独自の音声認識システムを搭載し、設置直後から音声操作が可能。(2020/5/22)

中国依存からの脱却:
アイリスオーヤマが「国産マスク」の生産設備と工場を公開 月間1億5000万枚を見込む
アイリスオーヤマが不織布マスクの生産設備を宮城県角田工場に搬入。工場内部の写真などを公開した。(2020/5/21)

アイリスオーヤマ、マスク生産設備を国内工場に搬入開始 6月稼働へ準備着々
アイリスオーヤマが、角田工場へのマスク生産設備の搬入を始めた。トラックなどで機材を運搬し、工場内のクリーンルームに運び込んでいる。6月中に稼働を始める予定。(2020/5/20)

Wi-Fi不要で音声操作できるサーキュレーター、アイリスオーヤマが発売
アイリスオーヤマが、Wi-Fiや専用アプリ不要で音声操作できるサーキュレーターを発売。価格は1万4800円(税別)から。(2020/5/20)

スピン経済の歩き方:
「日本人なら国産」のこだわりが、”マスクパニック”を再燃させてしまうワケ
「ドラッグストアでマスクを買うことができたよ。『MADE IN CHINA』だけどね」といった人が増えてきたのでは。その一方で、「マスクは国産でなければいけない」という人もいるわけだが、こうした考え方に筆者の窪田氏は警鐘を鳴らしている。なぜかというと……。(2020/5/12)

電子ブックレット(FA):
新型コロナ対策、マスク製造ニュースまとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、新型コロナ対策で注目を集めるマスク製造の情報を集めた「新型コロナ対策、マスク製造ニュースまとめ(2020年3月24日〜4月17日)」をお送りします。(2020/5/11)

工場ニュース:
アイリスオーヤマがマスク国内生産をさらに増強、不織布も生産し月2.3億枚へ
アイリスオーヤマは2020年4月22日、6月に稼働予定の宮城県角田工場(宮城県角田市)のマスク生産能力を7月から月1億5000万枚規模に増強すると発表した。(2020/4/23)

アイリスオーヤマ、国内でのマスク生産体制を強化 7月から月産1億5000万枚に
アイリスオーヤマが、国内でのマスク生産体制を強化。6月から月産6000万枚でスタートし、7月には月産1億5000万枚に増強する。不織布も国内で生産する。(2020/4/22)

アイリスオーヤマが国産マスクの生産能力を月1億5000万枚に増強 国内に「月2億3000万枚を供給」できる体制へ
アイリスオーヤマは、6月稼働予定の宮城県角田工場のマスク生産能力を月1億5000万枚に増強すると発表した。(2020/4/22)

工場ニュース:
ブリヂストンがウレタンマスクを生産開始、国内従業員向けに週10万枚
ブリヂストンと同社グループのブリヂストン化成品、ブリヂストンケミテックは、新型コロナウイルス感染症の影響による国内のマスク不足緩和に貢献することを目的に、ウレタンを用いた簡易マスクの生産を開始した。国内のブリヂストングループに勤務する従業員向けとなる。生産能力は週10万枚を予定。(2020/4/17)

人工知能ニュース:
アイリスオーヤマが監視カメラ市場参入、高速顔認識AIを搭載しH.265+にも対応
アイリスオーヤマはAIアルゴリズムを搭載したネットワークカメラ「AIカメラ」を発売。0.2秒での顔認識を実現した他、データ通信量を従来比100分の1に抑えている。(2020/4/16)

最大20人の体温を同時測定 アイリスオーヤマ、「AIサーマルカメラ」を発売
アイリスオーヤマが、カメラに写った人の体温をリアルタイムに測定する「ドーム型AIサーマルカメラ」を20日に発売する。離れた場所から最大20人まで同時に測定でき、施設内などでの新型コロナウイルスの感染防止に役立つとしている。価格は90万円(税別)。(2020/4/15)

アイリスオーヤマ、AIカメラ事業に参入 顔認識に対応、30万5000円から
アイリスオーヤマが、AIカメラ事業に参入する。カメラにAIを搭載したことで、顧客分析や店内の動線把握などに使えるとしている。(2020/4/13)

コンビニオーナー“大反乱”の真相:
緊急事態宣言でも休めないコンビニ加盟店、新型コロナと「命がけの戦い」ルポ
新型コロナによる緊急事態でも休めないコンビニ。「社会インフラ」として加盟店は不安を抱えつつ営業を続ける。本部に先んじて独自の対策を打ち出した現場の迫真ルポ。(2020/4/10)

アイリスオーヤマが東京都人材支援事業団に50万枚のマスクを供給
アイリスオーヤマは、新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが手に入りにくい状況が続いていることから、 東京都の一般財団法人東京都人材支援事業団に50万枚のマスクを供給する。同団体がマスクの寄付を検討するなか、 東京都からの紹介を通じて対応するもの。都内の社会福祉施設などに配布される予定だという。(2020/4/3)

なぜ政府は「布マスク2枚」を配るのか
政府は4月1日、国内の全世帯(約5000万世帯)に布マスク2枚を配布する方針を示した。なぜ布マスクなのか。(2020/4/2)

工場ニュース:
アイリスオーヤマがマスクの国内生産開始、月6000万枚の増産で1億4000万枚体制へ
アイリスオーヤマは2020年3月31日、不織布マスクの国内生産を開始すると発表した。以前から行う中国での生産に加え、宮城県角田市の角田工場を改修しマスク生産を行う。(2020/4/1)

シャープ、マスクを出荷開始 アイリスオーヤマは日本での量産を決定
経済産業省は、シャープが生産したマスクが納品されたと明らかにした。政府の要請を受け、アイリスオーヤマも日本でのマスク生産に乗り出すなど、マスクの安定供給に向けた体制が整いつつある。(2020/3/31)

アイリスオーヤマが国内にマスク生産設備を導入 日本への供給能力を約8割引き上げ
アイリスオーヤマは同社の大連工場(中国・遼寧省)と蘇州工場(中国・江蘇省)に加え、宮城県角田工場の一部を改修してマスクの生産を実施する。世界的な新型コロナウイルスの感染症問題の長期化に伴ってマスクの入手が困難な状況が続いていることから決定した。政府は3月中に月6億枚のマスク確保を目標に掲げ、各企業に供給量の増加を要請している。同社もこれに応じ、補助金の対象になる。(2020/3/31)

アイリスオーヤマが日本赤十字にマスク10万枚を寄付
アイリスオーヤマは日本赤十字社に10万枚のマスクを寄付する。同社は今月、北海道の住民に向けて100万枚のマスクを提供するために国に売り渡したり、政府の「マスクチーム」に40万枚を寄付したりすることを発表していた。大山晃弘社長は「マスクが手に入りにくい状況が続くなか、必要としている皆さまにお届けするために、現在マスクの生産は24時間フル稼働しております」とコメント。(2020/3/24)

アイリスオーヤマがマスク40万枚を政府「マスクチーム」に寄付
アイリスオーヤマは3月9日発足の政府「マスクチーム」に40万枚のマスクを寄付する。寄付するマスクは、厚生労働省を通じて、感染者が増加している地域の医療機関を中心に配布される予定だ。今回は政府への売り渡しではなく、同社が自主的に寄付をする。(2020/3/11)

政府からの要請に対応:
アイリスオーヤマが「100万枚のマスク提供」 新型コロナ感染者拡大の北海道に
アイリスオーヤマは政府からの要請に対応し 、感染者が増加している北海道の住民に配布するマスクとして100万枚を提供する。マスクは、政府が3月1日の「新型コロナウイルス感染症対策本部」で表明した「政府がメーカーからマスクを買い取り、感染が増加している北海道の住民に配布する」方針に対応して、国に売り渡す。新型コロナウイルスの感染拡大によってマスクの需要が急増し、メーカーによる生産が供給に追いつかず品薄な状況が続いている。(2020/3/4)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
音声操作も可能で天井から音が降る! ソニーの超多機能マルチファンクションライトを試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、LEDシーリングライトにスピーカーが合体した、ソニーのマルチファンクションライト「MFL-1000A」を紹介する。(2020/2/4)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーで簡単操作! アイリスオーヤマのLEDシーリングライトを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、スマート機能を搭載したアイリスオーヤマのLEDシーリングライトを紹介する。(2020/1/30)

【Amazonセール】次回「タイムセール祭り」は2月1日から! 特設サイトもオープン
その日を心して待て。(2020/1/28)

「すげぇ!」「便利」 “ティッシュと水だけ”でホットプレートの汚れが落ちるお手入れ法が簡単だと話題に
とりあえず今夜は肉を焼こう。(2020/1/11)

【Amazon初売り】セール最終日! Fireタブレット3480円、Fire TV Stick3980円など最終日の注目商品まとめ
セールは6日23時59分まで!(2020/1/6)

【Amazon初売り】お年玉で買っておきたいゲーム、おもちゃ、ガジェット……2020年最初のビッグセール!
お年玉がもらえないお年頃になっても。(2020/1/4)

【Amazon初売り】ファッション、家電からキッズ用品まで、まだまだ買える福袋まとめ
福袋は並ばずに買えるAmazonで。(2020/1/4)

【Amazon初売り】2020年最初のビッグセール開幕! ゲーム、家電、ドライブレコーダー、ズワイガニなどがセール価格で
正月といったら福袋でしょ(2020/1/3)

アマゾン、年始セール「Amazonの初売り」開催 「中身が見える福袋」など販売
アマゾンジャパンが年始のビッグセール「Amazonの初売り」を開催する。期間は2020年1月3〜6日。87時間にわたり数万点の商品を取り扱う。(2019/12/26)

【Amazonサイバーマンデー】買い残しはない? Echo Dot2480円、Fire 7タブレット3280円などなど、最終日の注目商品まとめ
セールは9日いっぱいまで!(2019/12/9)

【Amazonサイバーマンデー】ストロングゼロもセール中! ひとり暮らしで貯めこんでおきたい食料、飲料、サプリなど
冬眠の準備でもするか。(2019/12/8)

【Amazonサイバーマンデー】家電買い換えなら今! テレビ、冷蔵庫、ルンバなど家電系ピックアップ
ソニーやシャープ、パナソニックなどの家電も大量セール中。(2019/12/7)

大手企業だけが活躍の場ではない:
快進撃続けるアイリスオーヤマの「おじさん技術者」たち 元「東芝」技術者のもと“テレビ”でも旋風を起こせるか
アイリスオーヤマ初の音声操作可能なテレビを開発するために陣頭指揮を執ったのは、東芝を早期退職してアイリスに入社したテレビ事業部長の武藤和浩さんだ。同社の家電事業部の社員は出身企業が異なる「混成部隊」だ。シャープや東芝出身の40〜50代以上もおり、中には30代で前の会社に見切りをつけてアイリスに移ってきた技術者もいるという。果たしてアイリスの「混成部隊」はテレビ事業でも旋風を起こすことができるのだろうか。(2019/11/29)

あの会社のこの商品:
20万台売れた! 「銘柄ごとの炊き分け」に目を付けたアイリスオーヤマの炊飯器
2009年に家電事業に本格参入したアイリスオーヤマ。ユニークな機能を持った商品が多いが、その中でも「銘柄量り炊き炊飯器」が注目を浴びている。銘柄量り炊きとは何か? どれほどユニークなのかというと……。(2019/11/20)

「ねえ、るか」でテレビを音声操作 アイリスオーヤマがテレビ事業に本格参入、国内シェア10%目指す
アイリスオーヤマが音声で操作できるテレビを発表。ネットに接続する必要もない。(2019/11/14)

テスト販売では10万台を出荷:
アイリスオーヤマがテレビ事業へ本格参入 目玉となる「なるほど機能」の正体とは?
アイリスオーヤマがテレビ事業に本格参入する。目玉は「音声認識機能」で、AIスピーカーとは違い、完全オフラインで制御するという。対応可能なワードは27種類。ディープラーニングなどの技術を駆使している。18年11月からのテスト販売では、既に10万台を出荷しているという。(2019/11/13)

【Amazonタイムセール祭り】11月4日23:59まで! スマホ、家電、梅干し、オールフリー……気になる商品をまとめてみました
ラストスパートだ!(2019/11/4)

【Amazonタイムセール祭り】大量に商品が追加! ビエラからスマートスピーカー、柿の種まで気になる商品をまとめてみました
これだけあれば冬眠できる。(2019/11/3)

鍋に取り付けて手軽に使える「低温調理器」発売 25〜95度の温度帯を管理可能
低温調理法は「焼く」「蒸す」「煮る」に次ぐ「第4の調理法」と呼ばれています。(2019/10/20)

アマゾン、機械学習で偽造品を撲滅へ 「Project Zero」日本でも開始
Amazon.co.jp上で偽造品の撲滅を目指す「Project Zero」が始動。機械学習を活用し、偽造品の疑いがある商品を検知する他、プロジェクトに参加する企業には、発見した偽造品を削除できる権限を付与する。(2019/10/9)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。