ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アイリスオーヤマ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「最初はケンカばかりでした」 大手家電メーカー出身の技術者がアイリスオーヤマに集まる理由
家電事業が好調なアイリスオーヤマ。多様な人材が集まる理由を聞いた。(2019/5/14)

アイリスオーヤマ、声で操作できるエアコン発売
アイリスオーヤマが、スマートスピーカーから音声で操作できるエアコン「airwill」を5月9日に発売する。(2019/5/8)

アイリスオーヤマが「スポーツ施設」市場に本格参入、人工芝や内装設備などで初年度30億円を目指す
アイリスオーヤマは、スポーツ施設の市場に本格的に参入する。人工芝やスタジアムチェア、LEDビジョンなどの販売に注力し、2019年度は30億円の売上を見込む。これまでLED照明で培ってきたノウハウに加え、スポーツ施設向きの商品ラインアップを見直し、ワンストップソリューションで提供していく。(2019/3/29)

「吸引力と手軽さを両立」 コード付きのスティック型掃除機、アイリスオーヤマが発売
アイリスオーヤマがコード付きのスティック型掃除機を5月に発売する。スティック型掃除機のコンパクトさと、運転時間を気にせず利用できるキャニスター掃除機のメリットを両立させたという。(2019/3/26)

製造現場のIoT活用を成功に導く5つのポイント(5):
IoTシステムは導入して終わりではない、成果に結び付けるための運用の心得
IoTコンサルタントとして、主に製造業でのIoT導入を支援してきた筆者の経験を踏まえ、工場(製造現場)におけるIoT導入を進める上で「まず考えておくべきこと」や「気を付けておきたいポイント」などを詳しく解説する。最終回となる連載第5回では「IoTシステムの運用」について取り上げる。(2019/2/22)

ATR/KDDI/デンソー/九州工業大学:
工場内の大容量通信を5Gで、産業用ロボット制御の実証試験を開始
国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、KDDI、デンソー、九州工業大学は、KDDI総合研究所およびデンソー九州の協力の下、FA領域における「5G」を活用した産業用ロボット制御の実証試験を開始したことを発表した。(2019/2/19)

企業戦略:
工作機械のインテリジェント化に向け10年先を見据えるDMG森精機がIoTでMSと協業
日本マイクロソフトと工作機械大手のDMG森精機は、IoT(Internet of Things)関連の取り組みで協業することを「IoT in Action Tokyo」(会期:2019年1月22日)の基調講演で明らかにした。本稿では、その具体的な中身とDMG森精機がAzureを選択した背景、そしてマイクロソフトが掲げる「Tech Intensity」を象徴するDMG森精機のビジョンについて紹介する。(2019/1/30)

アマダホールディングス:
土岐事業所に第2工場建設、板金加工機械と自動化装置を合わせた生産能力を倍増
アマダホールディングスは、土岐事業所(岐阜県土岐市)内に、金属板の曲げ加工機や材料の自動搬送装置などを生産する、新たな工場棟「第2工場」を建設すると発表した。(2019/1/25)

ソルティスター/日本ミクロン SmaCoクラウド:
クラウドと連携した金属対応RFIDタグシステム、金属製品の棚卸しなどに活用
ソルティスターは日本ミクロンと共同で、金属に対応したUHF帯電子タグとクラウドが連携したシステム「SmaCoクラウド」を開発し、2019年1月16日から販売開始したことを発表した。(2019/1/24)

アイリスオーヤマが大型家電第2弾、ドラム式洗濯機を発売
アイリスオーヤマが同社初のドラム式洗濯機「FL71-W/W」を1発売する。2017年4月に発売したルームエアコンに続く大型家電の第2弾。(2018/12/7)

製造マネジメントニュース:
アイリスオーヤマが東京で家電開発、働き方改革オフィスのショールームも兼ねる
アイリスオーヤマは東京都港区の新オフィス「アイリスグループ東京本部」を報道陣に公開した。東京本部は宮城、大阪(心斎橋)に次いで、LED照明と家電製品の研究開発拠点となる。(2018/11/28)

営業拠点の役割も:
アイリスオーヤマ、東京・浜松町にR&D拠点を新設 “メーカーOB”採用し家電強化へ
アイリスオーヤマが東京・港区に研究開発(R&D)拠点を開業。正式名称は「アイリスグループ東京本部」で、LED照明や家電製品の設計・デザインなどを行う。家電メーカー出身者を積極的に採用し、技術力向上を図る。(2018/11/27)

声で操作するLED照明が「今後のスタンダードに」 アイリスオーヤマが本格展開
「Alexa、リビングの明かりを点けて」。アイリスオーヤマがスマートスピーカーによる音声操作に対応したLED電球とLEDシーリングライトを発表した。価格はLED電球の3980円(税別)から。(2018/11/8)

顧客からの反応聞きたい:
テレビ参入のアイリスオーヤマ、「今回はテスト販売」と告白 本気出すのは19年?
アイリスオーヤマが黒物家電市場に参入し、11月22日にテレビ「LUCA」シリーズを発売する。収益基盤を拡大する狙いだが、広報担当者は「今回はあくまでテスト販売」と明かす。顧客から得たフィードバックを踏まえて新商品を開発し、19年に出す予定という。(2018/11/5)

アイリスオーヤマ、テレビ市場参入 4K対応、7万9800円から
アイリスオーヤマがテレビ市場に参入する。4K対応テレビを税別7万9800円から発売。(2018/11/5)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年9月版】:
プロ野球「マジック」点灯計算ソフトのテストケースを考える
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。今回は、プロ野球でおなじみの「マジック」の点灯計算プログラムのテストケース設計を問う「組み込みエンジニアの現場力養成ドリル」が第1位に。その他、オムロン 綾部工場が実践する現場革新の取り組みを紹介した記事や、「PLMフォーラム Autumn 2018」に登壇したシンフォニアテクノロジーによるPLM導入プロジェクトの講演レポートに注目が集まりました。(2018/10/24)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年8月版】:
ロボット活用でLED照明の製造ラインを自動化したアイリスオーヤマ つくば工場
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。今回は、2018年4月から本格稼働を開始しているアイリスオーヤマ つくば工場の完全自動化ラインの取り組みを紹介した記事が第1位に。その他、相次ぐCEO辞任に揺れたエレクトロニクス業界の話題や、“メイド・イン・ジャパン”品質を海外生産並みのコストで実現する山形カシオの自動組み立てラインの記事に注目が集まりました。(2018/9/28)

特選ブックレットガイド:
アイリスオーヤマ つくば工場で見たロボット活用による生産ラインの完全自動化
産業用ロボットやAGV(無人搬送車)を活用した完全自動化ラインを備える製造工場と、国内最大級の自動倉庫を有するアイリスオーヤマ つくば工場における最新の取り組みを紹介する。(2018/9/27)

シリーズ「モノづくりの現場から」(アイリスオーヤマ つくば工場):
“1ライン1人体制”を実現する、アイリスオーヤマ「つくば工場」の自動化ライン
スマート工場の実現に関心が集まる中、国内製造業の現場ではどのような取り組みが行われているのだろうか。産業用ロボットやAGV(無人搬送車)を活用し、LED照明の製造ラインを自動化したアイリスオーヤマ つくば工場(茨城県稲敷郡阿見町)を取材した。(2018/8/1)

アイリスオーヤマ、問い合わせサポートにAI自動応答システム導入
アイリスオーヤマが、問い合わせサポートページにAI自動応答システムを導入した。顧客の回答内容を蓄積し、分析・学習を繰り返すことでより適切な回答を提示できるよう精度を上げていくという。(2018/7/23)

洗濯ばさみがジャラジャラついてるアレの名前、なんて呼んでる?
知ってるとネットで買うときに便利。(2018/7/5)

スマート工場:
デジタルツインで“カイゼンの自律化”を目指す、「NEC DX Factory」の狙いとは
NECは、次世代モノづくりを具現化する共創型体験スペース「NEC DX Factory」を同社玉川事業場内に開設。NECやパートナー企業の先端技術やソリューションなどを集約した次世代製造ラインを用いながら、その効果を体験してもらい、製造現場のデジタル変革を推進する。(2018/6/22)

「清掃用品メーカーの発想が掃除機の常識を変える」 アイリスオーヤマが軽量クリーナー2機種を発表
アイリスオーヤマが軽さにこだわった「極細軽量スティッククリーナー」など掃除機の新製品を発表。軽く、取り回しの容易な製品を訴求する。(2018/6/19)

メイドインジャパンの現場力(15):
物流と一体化した自動化工場、アイリスオーヤマの関東戦略工場が始動
アイリスオーヤマは茨城県阿見町に国内9カ所目となる工場を建設し、このほど稼働を開始した。物流と工場の一体化を進め、LED照明の生産と供給、関東地域における物流の競争力強化を目指す。(2018/5/2)

製造マネジメントニュース:
家電事業の研究開発拠点を東京に新設――アイリスオーヤマ
アイリスオーヤマは2018年11月に、LED照明と家電製品の研究開発拠点として、東京都港区に新オフィス「アイリスグループ東京本部」を開設する。(2018/3/20)

自動調理スイッチ搭載:
飲むヨーグルト、家庭で作れる アイリスオーヤマが新製品
アイリスオーヤマが「ヨーグルトメーカー KYM-013」を12月23日に発売する。「飲むヨーグルト」に対応した点が特徴。(2017/12/12)

工場ニュース:
アイリスオーヤマが鳥栖第二工場を増設、自動倉庫の収容力が国内最大規模に
アイリスオーヤマは、佐賀県鳥栖市にある鳥栖第二工場増設の起工式を行った。同工場に、LED照明の生産ラインと4万パレットが収容可能な自動倉庫を新設する。(2017/10/3)

「安心」と「挑戦」の2指標:
地方の働きがい企業ランキング 「安心」地銀と電力強し
Vorkersが「働きがいのある企業ランキング」を発表。「安心できる」と「挑戦できる」の2指標でトップ20を算出した。(2017/9/26)

ごはんをよそうとカロリーの目安が表示 食事制限に役立つ炊飯器がアイリスオーヤマから
40種の銘柄に合わせて適切な水の量を教えてくれる量り炊き機能も。(2017/9/23)

食物繊維を増やす炊飯器
アイリスオーヤマ初の圧力IH炊飯器は、お米の銘柄や食べ方に合わせて炊き分けることができる。さらに食物繊維成分の1つであるレジスタントスターチ(難消化性デンプン)が約2倍に増えるモードも用意した。(2017/9/22)

茶碗によそった“ごはん”のカロリーが分かる炊飯器
アイリスオーヤマが10月に発売する「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器」(KRC-ID30-R)は、茶碗によそったご飯のカロリーをすぐに教えてくれる便利な炊飯器だ。(2017/9/21)

売上高50%増:
家電で快進撃 アイリスオーヤマ、新炊飯器を発売
アイリスオーヤマが、新型炊飯器2機種を10月14日に発売すると発表。顧客の食生活の多様化や健康志向の高まりに対応する機能を持つ点が特徴だ。(2017/9/21)

かーずSPのインターネット回顧録:
かつて電子書籍は「自分で吸い出す」ものだった 失われる前に書き留めておきたい、かーず式「自炊」完全マニュアル
まず裸になります(半分本当)。(2017/9/17)

両手が自由に使える「置き型ドライヤー」、アイリスオーヤマから
アイリスオーヤマは、自立する「置き型ドライヤー」を8月21日に発売する。パールピンク、パールブルー、シャンパンゴールドの3色をラインアップ。(2017/8/10)

座ったままPC作業は禁止 アイリスオーヤマ「立ちPCテーブル」導入
アイリスオーヤマが、PC作業用のスタンディングテーブルを社内導入。座った状態でのPC作業を禁止する。(2017/6/29)

アイリスオーヤマが座った状態でのPC作業を禁止 創造的思考の促進と労働生産性の向上のための新制度
健康維持の目的もあります。(2017/6/29)

「スタンディングテーブル」導入:
PC使う時は「立ったまま」 アイリスオーヤマの新制度
アイリスオーヤマが、着席してのPC操作を禁止すると発表。従業員は、「スタンディングテーブル」で立ったままPCを操作する。(2017/6/28)

関西学院大学 玉田俊平太氏 講演レポート:
やさしく教える「破壊的イノベーション」の基礎
破壊的イノベーションとは何か? 破壊的イノベーターになるにはどうしたらよいか? ダッソー・システムズ主催「3DEXPERIENCE FORUM Japan 2017」の特別講演に登壇した関西学院大学 経営戦略研究科 教授の玉田俊平太氏が「製造業のためのイノベーションの兵法」を分かりやすく解説してくれた。(2017/6/16)

LiveWorx 2017/PTC 基調講演:
製造業のIoT/AR活用のカギはCADとPLMにあり――現実味を帯びてきたフィジカルとデジタルの融合
年次ユーザーカンファレンス「LiveWorx 2017」の基調講演に登壇したPTC 社長兼CEOのジェームズ・E・ヘプルマン氏は、同社が推進する「フィジカルとデジタルの融合」の中心的な役割を担うのが「CADとPLMだ」と述べ、IoTやARがどのような形で活用され、価値を生み出すのかについて、Bosch Rexrothの取り組みを例に説明した。(2017/5/30)

ドン・キホーテのPB「情熱価格PLUS」でアイリスオーヤマのエアコンを販売――人感センサー搭載で4万9800円から
(2017/4/28)

“後発組”のアイリスオーヤマが大型白物家電に参入する理由と勝算
アイリスオーヤマが、大型白物家電事業に参入する。まずは、第1弾としてルームエアコンを今春に投入する。(2017/4/13)

スマホアプリで遠隔操作:
アイリスオーヤマ、エアコン発売 大型白物家電に参入
アイリスオーヤマが、大型白物家電事業に参入。スマホアプリで遠隔操作できるエアコンを4月末に発売する。(2017/4/13)

洗濯物が早く乾くサーキュレーター、アイリスオーヤマから
(2017/3/23)

アイリスオーヤマ、LED電球とLEDシーリングライトの「5年保証」開始――4月1日以降に購入したものが対象
アイリスオーヤマは、同社製LED電球およびLEDシーリングライトに5年保証制度を導入する。4月1日以降に購入した対象製品は、購入日から5年間に不点灯などの故障があった場合、無償修理あるいは代替品への交換を行う。(2017/2/14)

平成28年度「省エネ大賞」決定、「経済産業大臣賞」は温度の異なる風を吹き分けるパナソニックのエアコン
省エネルギーセンターが平成28年度の「省エネ大賞」を発表した。家電製品で「経済産業大臣賞」を受賞したのは、パナソニックのエアコン「WXシリーズ」だった。(2017/1/24)

31銘柄のお米を炊き分けるIH炊飯器、アイリスオーヤマ
アイリスオーヤマは、同社初となる5.5合サイズのIH炊飯器「銘柄炊きIHジャー炊飯器5.5合」を発表した。底面と内蓋の2カ所にヒーターを搭載し、上下から加熱することで釜内に激しい対流を発生させ、お米のおいしさを引き出す。(2017/1/18)

2017年の新iPhoneはどうなる? Twitter身売り騒動の行方は――2016年“うわさの真偽”総まとめ
来年のiPhoneはどうなる? 注目企業の動向は? 2016年に上がったIT・ネット業界のうわさをもとに2017年を占います。(2016/12/30)

ニオイを抑える“くつ乾燥機”、アイリスオーヤマから
アイリスオーヤマが「脱臭くつ乾燥機 カラリエ」を発表。温風で靴を乾かすという本来の機能に加え、くつのニオイを抑えるオゾン脱臭機能を搭載している。(2016/12/19)

買い足そうと思ったらポチッ! Amazonで日用品を注文できるボタン型端末「Dash Button」日本上陸
冷蔵庫、洗濯機などの近くに設置すると便利そう。(2016/12/5)

ボタン押すだけで日用品が届く「Amazon Dash Button」日本上陸 水や洗剤など1プッシュ注文
ボタンを押すだけで日用品をAmazonに注文できる端末「Amazon Dash Button」が日本で発売。食料品や洗剤など41のブランドをそろえる。(2016/12/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。