ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日本ビジネスコンピューター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本ビジネスコンピューター」に関する情報が集まったページです。

CADニュース:
Windows10への移行を支援して快適なVDI環境を提供、JBCCがNVIDIAと
JBCCがNVIDIAとパートナー契約を締結した。高いグラフィックス性能が必要となるWindows10への移行を検討する顧客に対して、ITインフラ環境を診断し、高速で快適なVDI環境を提供する。(2018/9/11)

JBサービス/AGCセラミックス Brightorb:
人工砂を原料とするマテリアルで鋳型を3Dプリント、高温溶融金属の鋳造が可能
JBサービスはAGCセラミックスと業務提携し、鋳型材料「Brightorb」を用いて造形できる3Dプリンタの販売およびメンテナンス業務を行うと発表した。(2017/3/16)

受験者の7割以上が会社から何らかの支援あり:
「HTML5プロフェッショナル認定」への支援企業が増加
HTML5プロフェッショナル認定試験の受験者の多くが、所属企業から何らかの支援を受けており、多くの企業がHTML5技術者の育成に力を入れていることが分かった。(2016/5/17)

3D Systems ProJet MJP 2500:
イグアス、オフィス導入も可能な業務用3Dプリンタの取り扱い開始
イグアスは、米3D Systems製プロフェッショナル3Dプリンタ「ProJet MJP 2500シリーズ」の取り扱いを2016年4月5日から開始した。(2016/4/12)

「Dell Hybrid Cloud System for Microsoft」:
デル、Azure Packベースのハイブリッドクラウド構築アプライアンスを国内発表
デルは2016年4月5日、統合インフラ製品、「Dell Hybrid Cloud System for Microsoft」を国内発表した。これは、米マイクロソフトのAzure Packに基づくハイブリッドクラウド基盤ソフトウェアである「Microsoft Cloud Platform System Standard(CPS Standard)」を搭載した、ハイブリッドクラウド構築用の統合アプライアンスだ。(2016/4/5)

NEWS
イグアス、日本IBM“CAMSS製品”の評価・検証施設を開設
イグアスは、日本IBMパートナー企業の製品/サービス開発を支援する評価・検証センターを開設。日本IBMのクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、セキュリティ製品の評価・検証を可能にする。(2015/11/2)

ソフトバンクC&Sと組み日本市場開拓:
クラウドベースのSDN、Pertinoの次の展開が面白い
米Pertinoは、興味深いクラウドベースの企業向けSDNサービスを日本で提供開始した。同社CMOに聞いた今後の機能拡張計画が、さらに興味深い。(2015/3/11)

想像は現実の科学を超えるか――第2回日経「星新一賞」の受賞作が決定
一般部門のグランプリは相川啓太さんの『次の満月の夜には』、中学生以下を対象としたジュニア部門は利根悠司さん『回路』となった。(2015/3/5)

最新事例に学ぶHTML5ベースのモバイル化実現方法とは:
PR:業務システムのモバイル対応と既存資産活用、両者を1ソリューションで満たす道
日本ネクサウェブは、2014年4月に行った国内での企業統合後では初めてとなる本格的なセミナーを、11月11日に開催した。東京・市ヶ谷での「日本ネクサウェブ・グランドセミナー2014」がそれである。テーマは「『モバイル対応しろ』と『MOTTAINAI』に同時に応えるには〜最新事例に学ぶHTML5ベースのモバイル化実現方法」。多様なモバイルデバイスの登場で複雑化する企業情報システムの開発運用現場に向けて、同社製品を活用した処方箋を説いた。(2014/11/28)

4月9日にサポート終了:
XPサポートの終了目前、対策は待ったなし――JBCC、“今から間に合う”無料の対策セミナー開催
移行を怠ると、取引先をも巻き込む事故を招きかねない――。JBCCが、サポート終了間近のWindows XPについて、今から間に合う対策法を紹介するセミナーを開催する。(2013/11/11)

ヤマダ電機、3Dプリンタを店頭販売
ヤマダ電機は、米3D Systems製の3Dプリンタを8月上旬から販売する。(2013/7/18)

東建コーポレーション、運用コスト半減に向けてシステム基盤を統合
システムの運用管理コストの50%削減を目的に、x86サーバと「IBM System i」の基盤統合に向けた準備を進めている。(2013/4/22)

SuperStream-NXを採用
【事例】JBグループが会計、人事システムを刷新 製品選択の詳細とは?
持ち株会社と15の事業会社などで構成するJBグループが会計、人事給与システムをパッケージで刷新した。複数パッケージを対象に行った製品選択の詳細とは?(2013/2/21)

JBCCグループが会計・人事給与システムを統合
JBCCホールディングスはグループの会計・人事給与システムを統合し、新たなERPシステムを採用する。(2013/1/28)

既存の企業資産を生かしたタブレット導入を――Windows 8活用セミナー開催
JBCCが、Windows 8タブレットの業務活用を支援するセミナーを開催。導入、運用時の注意点や便利なソリューションを、タブレットの実機とともに紹介する。(2012/12/4)

レガシーマイグレーションの新潮流
【市場動向】メインフレーム、オフコンをクラウドに移行、その利点とは
メインフレームやオフコンなど、いわゆるレガシーシステムの移行先としてクラウドを利用する新しいレガシーマイグレーションのサービスが増えてきた。代表的なサービスを紹介する。(2012/9/11)

ホワイトペーパー:
中堅企業の販売管理業務を効率化し経営を支えるERPとは?!
流通・卸業・食品卸、医療用品卸などの業種において販売管理業務の効率化や最適化は最重要課題。中堅企業でも業務効率を図る為の業務基盤としてERPが注目されている。販売管理業務を効率化し、なお且つ経営を支え意思決定を迅速化する販売管理ERPを紹介。(2012/7/31)

NEWS:
地域独自の保税ルールに標準で対応する生産管理システム
中堅向け生産管理システム「R-PiCS」に新バージョンが登場。中国やタイなど、日本の製造業の主な進出先の保税ルールに準拠した管理機能が標準実装される。(2012/4/2)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
持ち株会社でIT企業を結集、新技術活用に挑む 豆蔵OSHD
2006年に持ち株会社へ以降して以来、豆蔵OSHDは積極的にM&Aなどを行うことでグループの陣容を強化している。その狙いは。(2012/3/23)

ホワイトペーパーレビュー
今あえてオフコンを選ぶ理由が分かる3つのホワイトペーパー
レガシーシステムともいわれるオフコンを今選び、ERPを運用している企業は少なくない。各社はオフコンの何を評価したのか。事例を中心にオフコンの今を伝えるホワイトペーパーを紹介する。(2012/2/2)

【IFRS】IFRS先行企業インタビュー【5】
IFRS強制適用待ちの企業はどうする?
2015年3月期のIFRS強制適用開始を想定してプロジェクトを進めてきた多くの企業は、強制適用の判断が伸びてしまったことで戸惑っている。プロジェクトを進めるべきか、止めるべきか。IT関連企業のJBCCホールディングスは時間的な余裕を利用し、基幹システムの改修に着手するという。(2011/10/7)

震災復興のためのリンク集
被災者および被災支援者・企業・団体向けのベンダー支援
東北地方太平洋沖地震とそれに続く一連の地震や津波被害で多くの方々が被災された。それに対してITの面から支援を名乗り出たベンダー各社の情報を集約した。(2011/3/17)

Weekly Memo:
NASDAQ上場の中国ITサービス企業が描くグローバル事業戦略
中国のITサービス企業として初めて米国NASDAQに上場したハイソフトが先週、東京都内で今後の事業戦略を説明した。注目すべきはグローバルの視点である。(2010/11/22)

中堅企業の多様な経営課題のために
利益をあげる中堅企業向けITソリューション
中堅企業のIT活用を支援する、日本アイ・ビー・エムとそのパートナー企業が結集。幅広いソリューションにより、あらゆる角度から中堅企業の業務課題を解決する。(2011/10/13)

JBグループ、中小向けクラウド事業に参入
JBCCホールディングスのグループ企業12社が中小企業向けのクラウドサービスを展開する。システム構築や連携を検証する専用施設を新たに構築し、クラウドコンピューティングに関連するサービスを提供していく。(2009/10/7)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
景気回復期待、商品価格高を受けて連日の大幅高
(2009/10/7)

JBCC、グループ全体のサーバ統合で約130台のサーバを10台に集約
日本ビジネスコンピュータは、グループのサーバ環境刷新プロジェクトで、「VMware vSphere 4」を採用。1カ所に集約された10台のブレードサーバ上で120台程度の仮想サーバを運用している。(2009/9/9)

Weekly Memo:
新統合サーバ製品にみるマイクロソフトの深謀遠慮
マイクロソフトが先週18日に発表した中堅・中小企業向け新統合サーバソリューションには、同社の深謀遠慮がうかがえた。その勘所とは――。(2008/12/22)

中堅・中小企業向け製品:
マイクロソフト、低コストの統合サーバソリューションを発表
マイクロソフトは12月18日、中堅・中小向け製品群を構成する新統合サーバソリューション「Windows Essential Business Server2008」と「Windows Small Business Server2008」の日本語版を発表した。(2008/12/19)

個別に買うよりも25、35%割安:
導入が「80時間から8時間に」、中堅向け統合サーバ製品 MS
(2008/12/18)

中堅・中小にも入れられる価格で:
JBAT、500万円でSOAを構築できるESBソリューション
(2008/4/8)

JBグループがITインフラを統合、セキュアなネットワーク環境も
JBグループは、グループ内のシステムを統合したと発表した。それに伴い、JBグループ11社の共通インフラとして、セキュアなネットワーク環境も実現した。(2007/12/6)

NEWS
JBCC、「Microsoft Dynamics AX」対応帳票印刷パッケージを発売
マイクロソフトのERPソリューション「Microsoft Dynamics AX」対応の日本語帳票パッケージ「PrintPro for Microsoft Dynamics AX」が登場。Dynamics AXの印刷操作はそのままに、日本の商習慣に沿った帳票印刷を提供(2007/12/5)

System i上で稼働するZend製品の最新版が発表
IBMのSystem i環境で稼働するZend製品の最新が発表された。11月末から出荷される。(2007/11/26)

日本ビジネスコンピュータ、データ連携ソリューションを発表
日本ビジネスコンピュータは、データ連携ソリューション「CustomerVision/DataAnyware」を発表、9月中旬から発売を開始する。(2007/8/28)

JBCC、BIツールを導入した食品業向けERP製品を発売
日本ビジネスコンピューターは、中堅企業向けの業務コンポーネント型ERPの機能を拡張し、食品業向けのテンプレートを組み込んだ「EnterpriseVision食品業」を発売する。(2007/7/20)

丸善が自社の営業支援システムをMicrosoft Dynamics CRMとWebReportで刷新
マイクロソフトとJBCCは、丸善の営業支援システムをMicrosoft Dynamics CRM 3.0(Dynamics CRM)とJWebReportを使用したシステムで刷新したと発表した。(2007/5/16)

「オートノミックは既に多くのビジネス価値を生み出している」とIBM副社長
米IBMでオートノミック・コンピューティングを担当するデビッド・バートレット副社長は、「オートノミック技術は、既に目に見える形でビジネス上の大きな価値を生み出している」と話した。(2005/9/8)

JBCC、災害対策ソリューションを拡充
日本ビジネスコンピューター(JBCC)は、地震をはじめとする天災に備えた災害対策/セキュリティ対策ソリューションを拡充する。(2005/8/18)

日本IBM、中堅企業向けのIBM Workplace Services Express 2.5発表
日本IBMがチーム・コラボレーション・ポータルを実現する中堅企業向けのIBM Workplace製品を発表した。24万円からと価格を抑えたほか、保守ライセンスを所有するユーザーは無償でダウンロードできるという。(2005/7/13)

日立ソフトとJBCC、IBMサーバ対応の中堅中小企業向け電子帳票システムを販売開始
日立ソフトとJBCCは、IBMのiSeriesに対応させた電子帳票システム「ReportMission/REV Light for iSeries」を販売開始する。(2005/1/12)

JBCC、電子ファイル管理の仕組みとWeb会議システムにOracle Collaboration Suite採用
日本オラクルは、日本ビジネスコンピューターが、社内の電子ファイルの管理とWeb会議システムを刷新するために、「Oracle Collaboration Suite」を採用し、稼動を開始したと発表した(2004/7/28)

エンタープライズ・コラボレーションはいま 特集 PART 2:
次代のコラボレーションを担う主要3製品の特徴と戦略
(2002/12/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。