ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「上新電機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上新電機」に関する情報が集まったページです。

Xiaomi「Redmi Note 9S」は2万4800円(税込み)から “驚異的な価格”でライバルに勝利宣言
Xiaomiが6月2日、日本での発売を予告していたスマートフォン「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」の詳細を発表した。価格(税込み)はMi Note 10 Liteが3万9800円から、Redmi Note 9Sが2万4800円から。東アジア担当ゼネラルマネージャーのスティーブン・ワン氏は、日本で販売されている競合製品に対する優位性をアピールした。(2020/6/2)

顧客満足度が高い家電量販は? 「ヨドバシカメラ」が1位
oricon MEは6月1日、家電量販店の満足度調査を実施し、その結果を発表した。18歳以上の男女が9つの項目を評価したところ、トップは「ヨドバシカメラ」。2位以下は……。(2020/6/2)

ヨドバシカメラ16店舗が臨時休業 緊急事態宣言を受けて
大手家電量販店のヨドバシカメラは4月14日から当面の間、営業体制を変更する。マルチメディアAkibaや新宿西口本店などの計16店舗は臨時休業し、マルチメディア札幌や東北地方などの計7店舗は営業時間を短縮する。(2020/4/14)

「HUAWEI nova 5T」の新色クラッシュグリーン、3月19日に発売
ファーウェイは、3月19日にスマートフォン「HUAWEI nova 5T」の新色クラッシュグリーンを発売する。これを記念し、対象店舗で購入するとネックバンド型ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeLace」エメラルドグリーンが1つ無料でついてくるキャンペーンを行う。(2020/3/12)

平成25年8月、日本橋から電器屋が消えた
平成25年8月、関西のサブカルチャー街といわれる大阪・日本橋(にっぽんばし)に激震が走った。「来た、見た、買(こ)うた」のテレビコマーシャルで知られた総合家電専門店「喜多商店」が閉店したのだ。(2020/2/29)

鉄道部門11年連続で1位は? 顧客満足度指数
日本生産性本部 サービス産業生産性協議会は「2019年度JCSIの第6回調査」を実施し、7業種の顧客満足度を発表した。(2020/2/23)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(1月編):PayPay家電祭り/みんなの興味は“旧機種”に?
2019年1月は、家電量販店が「独自」にPayPayに対するポイント還元を行ったことが大きな話題となりました。2018年12月にPayPayが実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」の還元を見越した施策であると思われます。(2019/12/17)

年末はお得にキャッシュレス! スマホ決済12月のキャンペーンまとめ
12月はボーナス商戦や年末ということもあり、コード決済のキャンペーンが盛り上がっている。20%還元の大盤振る舞いをしているところも多い。PayPay、au PAY、d払い、LINE Pay、Origamiのキャンペーンをまとめた。(2019/12/13)

SIMフリースマホ「arrows M05」登場 量販店やMVNOを通して12月18日に発売
富士通コネクテッドテクノロジーズから、久しぶりに自社ブランドのSIMロックフリースマートフォンが登場する。スペック的には、楽天モバイルが販売している「arrows RX」とほぼ同等だ。(2019/12/11)

GoogleのメッシュWi-Fi「Google Nest Wifi」が日本上陸 11月29日発売
Googleのメッシュ型Wi-Fi(無線LAN)ネットワーク機器が日本に上陸する。先代の「Google Wifi」とは異なり、外部ネットワークに接続する「ルーター」と、Wi-Fiネットワークを拡張する「拡張ポイント」が別体化し、単品またはセットで販売される。(2019/11/28)

決済額の10%をPayPayボーナスで還元する「家電量販7Days」 ソフトバンクとY!mobileユーザー限定で12月16日から開催
PayPayが、家電量販店で決済額の10%を還元するキャンペーンを12月16日から実施する。今回のキャンペーンはソフトバンクまたはY!mobileユーザー限定となる。(2019/11/15)

PayPay、12月に10%還元の「家電量販7Days」 ソフトバンク、ワイモバユーザー限定
PayPayが年末に10%還元キャンペーン「家電量販7Days」を実施する。ソフトバンクとワイモバイルユーザー限定だ。(2019/11/15)

「HUAWEI nova 5T」登場 4眼カメラやKirin 980、8GBメモリ搭載で5万4500円【更新】
ファーウェイ・ジャパンがスマートフォン「HUAWEI nova 5T」を11月29日に発売する。約6.26型ディスプレイにはパンチホールを採用。アウトカメラは超広角+標準+被写界深度測定+マクロという4つのレンズを搭載。(2019/11/14)

OPPOのSIMフリースマホ「A5 2020」11月1日発売 価格は2万6800円(税別)
OPPO Japanは、11月1日にSIMロックフリースマートフォン「OPPO A5 2020」を発売。価格は2万6800円(税別)で、予約受付は10月25日から開始する。(2019/10/24)

「Google Home Mini」改め「Nest Mini」、49ドルで発売
Googleの小型スマートスピーカー「Google Home Mini」の新モデルが、2年ぶりに登場した。名称が「Nest Mini」になり、新色「Sky」が追加された。米国での販売価格は49ドル、日本での販売価格は6050円(税込み)となる。【追記】(2019/10/16)

防水とFeliCa対応で3万円台 OPPOがSIMフリー「Reno A」を10月18日に発売【写真追加】
オッポジャパンが、SIMロックフリーのスマートフォン「OPPO Reno A」を10月18日に発売する。価格は3万5800円(税別)。10月8日15時から予約を受け付ける。日本でニーズの高い防水・防塵(じん)(IP67)やおサイフケータイに対応する。(2019/10/8)

楽天Koboに見開き対応の新しい電子書籍リーダー 端末色は「ブラック」「ホワイト」の2色
コミック読むのがはかどりそう。(2019/9/18)

MSI、2万円を切る曲面パネル採用の23.6型フルHD液晶ディスプレイ
台湾MSIは、曲面パネルを採用した23.6型ゲーミング液晶ディスプレイ「Optix G241VC」を発表した。(2019/9/6)

圧倒的な強さを見せつけたのは?:
Amazonは? 楽天は? ヨドバシは? 通販サイトの顧客満足度ランキングが発表
通販サイトの顧客満足度ランキングが発表された。22企業・ブランドが調査対象。ある通販サイトが圧倒的な強さを見せつけた。(2019/7/31)

“10倍ズーム”カメラ搭載のOPPO「Reno 10x Zoom」が7月12日発売 約10万円
OPPOのハイエンドスマートフォン「Reno 10x Zoom」が、日本で7月12日に発売される。使うときだけリフトアップする収納式のインカメラ、10倍ハイブリッドズームをうたうトリプルカメラを背面に搭載。ノッチのない6.65型有機ELも特徴だ。(2019/7/3)

海外または国内のデータ通信が30日間無料に クラウドSIMスマホ「jetfon」購入キャンペーンがスタート
MAYA SYSTEMの「jetfon」「jetfon P6」を購入すると、海外または国内データ通信が30日間無料となるキャンペーンが始まった。9月1日までに購入した本体が対象で、9月30日までに申し込む必要がある。(2019/7/2)

Googleのスマートディスプレイ「Nest Hub」が日本上陸 6月12日発売
Googleが5月7日(米国太平洋夏時間)に発表したスマートディスプレイの国内発売日が決定。同社の直販では1万5120円(税込)で販売される。【追記】(2019/6/5)

PR:プレミアムなカメラ体験を この夏、SIMフリーで「HUAWEI P30」を選ぶべき理由
Huaweiから最新のフラグシップスマートフォン「HUAWEI P30」が登場。超広角撮影や望遠撮影が可能なトリプルカメラを搭載しており、撮影シーンがさらに広がる。夏のSIMロックフリー端末で大本命といえる、本機の魅力を解説する。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2019/7/25)

ベンチマークテストも:
「OneMix2S さくらピンクエディション」開封レビュー!
中国One-Netbook Technologyの超小型PC「OneMix2S」の国内正規版が、代理店のテックワンから5月31日に発売される。早速、カラバリモデルをチェックした。(2019/5/31)

「HUAWEI P30/P30 lite」、一部量販店やAmazon.co.jpでも販売見合わせ
キャリアやMVNOが続々と販売を見合わせているHuaweiスマートフォンの新モデル。一部の量販店も、5月24日に発売されたSIMロックフリーの「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 lite」の販売を見合わせている。Amazon.co.jpも同様に販売を見合わせている。(2019/5/24)

量販店でも購入可能に:
テックワンが超小型PC「OneMix2S」シリーズ4モデルを予約販売開始 5月31日発売
中国ONE-NETBOOK Technologyと国内代理店契約を結んだテックワンが、超小型PC「OneMix2S」シリーズの日本オリジナルパッケージを5月23日から予約販売を開始する。発売は5月31日の予定だ。(2019/5/23)

8.4型2560×1600ピクセル表示:
超小型2in1 PCの最新モデル「OneMix3」をチェック 発売は7月下旬予定
「OneMix」シリーズなど超小型ノートPCを手がけるOne-Netbook Technologyの最新モデルが「OneMix3」だ。試作機を入手できたので、早速見ていこう。(2019/5/23)

ミッドレンジのSIMフリー「HUAWEI P30 lite」、5月24日発売 3万円台前半
ファーウェイ・ジャパンが、ミッドレンジスマホ「HUAWEI P30 lite」を5月24日に発売する。市場想定価格は3万2880円(税別)。約6.15型のフルHD+や、超広角カメラを含む3眼カメラを背面に備えている。(2019/5/21)

トリプルカメラ搭載のSIMフリー「HUAWEI P30」が5月24日発売 7万円台後半【写真追加】
ファーウェイ・ジャパンが、最新スマートフォン「HUAWEI P30」を5月24日に発売する。MVNO各社や家電量販店が取り扱う。価格は7万7880円(税別)で、ブリージングクリスタルとオーロラの2色。6.1型のフルHD+有機ELやLeicaと共同開発した3眼カメラを搭載する。(2019/5/21)

富士通がarrowsブランドの通訳端末「arrows hello」を発売
富士通コネクテッドテクノロジーズが通訳機「arrows hello AT01」を家電量販店で発売する。SIMは非対応で、Wi-Fi接続時は28言語、オフラインでは日本語/英語/中国語の3言語を双方向で翻訳できる。カメラで文字を撮影すると文字を認識して翻訳してくれる機能を搭載している。(2019/5/14)

MSI、17.3型ゲーミングノート「GP73」にゲーミングチーム「SunSister」推奨構成モデル
エムエスアイコンピュータージャパンは、GeForce GTX 1060を搭載した17.3型ゲーミングノートPC「GP73-8RE-808JP」を発表した。(2019/4/12)

MSI、RTX 2060を搭載した薄型デザインの15.6型ゲーミングノート 一部Webショップ限定販売
エムエスアイコンピュータージャパンは、GeForce RTX 2060を標準装備した15.6型ゲーミングノートPC「GS65-8SE-255JP」を発売する。(2019/3/4)

コード決済どれを選ぶ? 主要5サービスを総まとめ
2018年にはスマホ決済、特にコード決済が大きな注目を集めた。一方、どのサービスを使うべきか分からないという人も多いだろう。そこで今回は「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「Origami Pay」のメジャーな5サービスの違いを解説する。(2019/1/14)

PayPay祭り再び? 家電量販店がポイント増量キャンペーン 最大20%還元も
家電量販店が、「PayPay」のキャンペーンを1月20日まで実施。PayPayで支払うと追加ポイントを進呈する。最大20%のポイントが還元される場合も。(2019/1/8)

ゲーミングスマホ「ROG Phone」日本上陸 12万円弱で11月23日発売
ASUSが「COMPUTEX TAIPEI 2018」で発表したゲーミングスマートフォンが日本に上陸する。オーバークロックしたプロセッサを始めとして、ゲームを楽しむ上で重要な機能をふんだんに詰め込み、純正オプション品も豊富に用意している。(2018/11/16)

エイサー、Core i7+GeForceを搭載した15.6型ゲーミングノート「Nitro 5」 上新電機限定
日本エイサーは、15.6型フルHD液晶搭載ゲーミングノートPC「Acer Nitro 5」を発表した。(2018/11/14)

4つのレンズを持つ若者向けスマホ「HUAWEI nova 3」登場 想定売価は5万円台半ば
(2018/10/2)

100以上の国・地域で利用できるクラウドSIMスマホ「jetfon」8月28日発売
MAYA SYSTEMのクラウドSIMスマホの発売日が決定した。価格は3万9800円(税別)で、エリアごとに300MB/1日プラン、1GB/7日プラン、3GB/30日プランを提供する。(2018/8/20)

続々増える「モバイル決済」 どんなものがある?(バーコード編)
最近、スマートフォンや携帯電話を使う「モバイル決済」のサービスが急増している。「昔ながら」のおサイフケータイを使うものはもちろん、バーコードやQRコードを使ったものも多い。この記事では、バーコードやQRコードを使った「バーコード決済」の方法を紹介する。(2018/7/25)

エイサー、Core i5とGTX 1050 Tiを搭載した15.6型ゲーミングノート
日本エイサーは、15.6型フルHD液晶を内蔵したゲーミングノートPC「AN515-52-A58H」を発売する。(2018/7/5)

ヤフーがコード決済に参入 「Yahoo! JAPAN」アプリで使える「コード支払い」
ヤフーが「Yahoo! JAPAN」アプリで利用できるコード決済「コード支払い」の提供を始めた。アプリでバーコードやQRコードを表示し、店舗の端末やレジで読み取ってもらうことで決済が行えるキャッシュレス決済サービス。(2018/6/5)

ヤフー、バーコード決済サービスを提供開始 ヤフオク!ドームや居酒屋などで
「Yahoo! JAPAN」アプリにバーコードを表示し、店舗の端末やレジに提示して決済できるサービス「コード支払い」がスタート。今秋には店舗側の提示するQRコードをアプリで読み取って決済する店舗提示型のQRコード決済サービス「読み取り支払い」も予定する。(2018/6/5)

8年連続顧客満足1位のワケ:
ヨドバシの接客力を支える「すごい教育」
社員の接客レベルや商品知識の深さが評判のヨドバシカメラ。高い接客力を支えているのは社内の教育体制にあった。いったい、どんなことをしているのか?(2018/5/31)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(43):
石川編:技術書がそろう書店もあるよ――金沢の気候、住宅、交通、補給庫事情
インターネットカフェで、アイスクリームを食べよう!――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実:石川編」、第3回は金沢の気候やインターネットカフェの有無など、移住前に知っておきたい生活情報を、Iターン4年目のエンジニアがお伝えします。(2018/5/28)

ファーウェイの「nova lite 2」が販路拡大 量販店やWeb通販で購入可能に
MVNO限定販売だった「HUAWEI nova lite 2」が、6月1日から販路を拡大。家電量販店やWeb通販サイトでも購入できるようになる。(2018/5/25)

「5」「5Z」はDSDV対応:
ASUSの新しい「ZenFone 5」ファミリーが日本上陸 「5」「5Z」「5Q」を順次発売
「Mobile World Congress 2018」に合わせて台湾ASUSが発表した「ZenFone 5」「ZenFone 5Z」「ZenFone 5Q」が、日本でも販売されることになった。いずれもドコモ、au、Y!mobile(ソフトバンク)音声通話に対応し、5/5Zは「DSDV(Dual SIM Dual VoLTE Standby)」も可能だ。【写真追加】(2018/5/15)

オフラインに顧客接点を築く:
楽天がO2Oの取り組みを本格展開、「RMP-Go!Spot」の他社にない2つの強みとは?
楽天と楽天データマーケティングはO2Oソリューション「RMP-Go!Spot」を提供開始した。オフラインを含めた統合マーケティング支援を加速させる同社の取り組みについて事業責任者に聞いた。(2018/4/5)

「Amazon Echo」、招待なしで誰でも購入可能に きょうから予約受付
アマゾンジャパンは3月30日、スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズを一般発売した。これまでは招待制だったが、誰でも購入可能に。同日から予約を受け付け、4月3日から発送予定。エディオン、ケーズデンキ、ジョーシンなどの家電量販店1000店舗以上でも販売を始める。(2018/3/30)

日本マイクロソフト、Windows Mixed RealityヘッドセットとPCがセットで最大4万円オフになるキャンペーン
日本マイクロソフトは、Windows 10搭載PCとWindows Mixed Realityヘッドセットの同時購入者を対象とした値引きキャンペーンを開始した。(2017/12/15)

ソフトバンクが「いい買物の日」に参画 ポイント16倍キャンペーンなどを実施
ソフトバンクが、2017年も「いい買物の日」に参画する。11月上旬から「ポイント16倍キャンペーン」、「ふてニャンがまぐち」のプレゼントや、「Pepper」の特別価格販売などを行う。(2017/10/16)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。