ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「価格.com(カカクコム)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

格安SIM1位はUQ mobile、キャリア1位はau――価格.comの「格安SIM・大手携帯キャリア満足度ランキング」
価格.comが「格安SIM・大手携帯キャリア満足度ランキング」を発表。格安SIMの1位は「UQ mobile」、2位は「IIJmio」、3位は「mineo」で、キャリア1位はauに。格安SIMの利用率は25.6%と前年から5.2ポイント増で、3キャリアは微減となった。(2019/2/14)

2位株主に:
KDDI、カカクコムに資本参加 電通が株式売却
カカクコムはKDDIと資本・業務提携すると発表した。(2018/8/2)

「1人あたり100円から200円」は適切? 食べログのネット予約従量料金制に店舗側反発 カカクコムの見解は
ネット予約機能の提供が始まったのは2012年2月。2016年9月には、月額固定費とネット予約の従量料金制を組み合わせたプランを開始しています。(2018/7/2)

集客力が原因?:
食べログとぐるなび、明暗が分かれた業績
国内を代表するグルメサイトであるぐるなびが業績面で苦戦している。一方、カカクコムの食べログ事業は好調だった。明暗を分けたのものは何だろうか。(2018/5/16)

価格.com、格安SIM・大手キャリアの満足度ランキング2017年版を発表 1位は「FREETEL」と「au」
カカクコムが2017年版「格安SIM・大手携帯キャリア満足度ランキング」と「ネット回線満足度ランキング」を発表した。前者における満足度ランキングの1位には、格安SIMでは「FREETEL」、大手キャリアでは「au」が輝いた。(2017/2/20)

「食べログ」炎上の原因は不透明なシステム? 運営元カカクコム、飲食店オーナー双方の意見を聞いてみた
カカクコムは恣意的なスコアの操作を全面的に否定しています。(2016/9/8)

「食べログ」の標準検索は「広告枠」とカカクコム 「いきなり3.0点にリセット」の理由は
「食べログ」の「標準」検索には、有料プランを購入した店舗が優先的に表示されるとカカクコムが認めた。点数の恣意的な操作は否定した。(2016/9/8)

カカクコム株価が急落 「食べログ」評価点を操作?の指摘受け
カカクコムの株価が急落。食べログの店舗評価点を操作している──という指摘がネットで広がったため。(2016/9/7)

食べログの点数、ネット予約利用の有無とは「無関係」 “炎上”受けカカクコム発表
食べログの「点数」について、「ネット予約機能の利用是非には一切関係ない」と、運営元のカカクコムが発表した(2016/9/7)

KDDIとカカクコムが合弁会社 飲食店向け新サービス開発
KDDIとカカクコムが、飲食店向けサービスの拡販や開発を行う合弁会社を4月に設立する。(2016/3/10)

価格.comが「都合の悪い口コミ」を非表示? 運営会社に問い合わせてみた
はてなブックマークでいろいろ話題になっていました。(2016/2/19)

最安の電気料金プランが分かる 価格.comが比較サービス
カカクコムは、電力小売りの全面自由化に対応した電気料金プランの比較サービスを始めた。(2016/1/14)

買い物意欲の高い男性層にチラシのリーチを拡大:
「Shufoo!」が「価格.com」でチラシ情報を提供開始
凸版印刷は同社の電子チラシサービス「Shufoo!」とカカクコムが提供する購買支援サイト「価格.com」を連係させ、価格.com内にShufoo!のチラシ情報を提供する。(2015/10/1)

Rettyの「食べログ超え」に食べログが反論 都内口コミ数、「異なる基準で算出」
Rettyが7月2日に発表した「東京の口コミ投稿数国内No.1」という主張について、「食べログ」を運営するカカクコムが3日、「異なる基準で算出されている」と反論した。(2015/7/6)

カカクコムとゼンリンが資本・業務提携 位置情報を活用した新サービス展開へ
カカクコムとゼンリンが資本業務提携。互いに約3億円を出資し、新サービスの展開を目指す。(2015/5/13)

「サーバ&ストレージ」ニュースフラッシュ
カカクコムがプライベートクラウドのデータ容量を5分の1まで削減できた理由
プライベートクラウドにオールフラッシュアレイを採用したカカクコムの事例、Windows Server 2003移行支援サービスの拡充など、サーバ、ストレージに関連する最新のニュースをお届けします。(2015/4/30)

“死後”に住みたい街はどこですか
死後”に住みたい街はどこですか? 関東在住の人に、関東圏でお墓を建てたい街を聞いたところ……。お墓まごころ価格.com調べ。(2015/3/16)

KDDIのスマホポータル「Syn.」に「食べログ」など追加
KDDI傘下でスマートフォン向けポータル構想「Syn.」を展開するSyn.allianceにカカクコムが参加。「食べログ」などを追加する。(2015/2/18)

「Syn.」に「食べログ」「はてなダイアリー」ほか5サービスが追加
「Syn.」構想の連合体「Syn.alliance」にカカクコムが参加し、「食べログ」「レシぽん」などとシームレスな連携が可能に。また、ブログサービス「はてなダイアリー」も追加となる。(2015/2/18)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
カカクコムの徹底した「ユーザー本位」、その鍵は情熱ある“オタク社員”にあった
価格比較サイトの先駆けとして90年代末に登場した「価格.com」は、いまや月間8億7000万ページビューという巨大サービスに成長した。その成長の裏側には一体何があったのだろうか。カカクコム・田中社長が語った。(2014/11/20)

ユーザーはスマホ新モデルから興味を失いつつある? iPhone 6、「価格.com」での反響は
スマートフォンの新モデルから、ユーザーは興味を失いつつある――iPhone 6/6 Plusの発表を受け、「価格.com」のスマートフォンカテゴリのアクセス数はどう推移した?(2014/9/18)

「iPhone 6」、3割以上が「購入したい」 カカクコム調査
「iPhone 6」の購入意欲がある人は3割以上、低価格SIMカードは「聞いたことはあるが内容を知らない」が多数――カカクコムによるスマートフォン利用状況調査。(2014/9/10)

価格.comが定額制で延長保証スタート 月額500円で製品・メーカー問わず一括
カカクコムが月額会員制アフターサービス「価格.comプラス」をスタート。月額500円で約190メーカーの製品を一括延長保証できる。(2014/8/4)

価格.comとe-honが連携、位置情報を利用した店頭受け取りサービスがスタート
ユーザーの位置情報を活用した、本・雑誌の「店頭受取サービス」がスタート。ネットで注文した書籍を近隣の「e-hon」加盟店で受取・決済できる。(2014/6/2)

SNS積極派は「外食・グルメ」への関心が強い
SNSで情報発信を“積極的に行っている人”と“それ以外の人”で、「食事」に関する考え方にどのような違いがあるのだろうか。カカクコム調べ。(2014/5/27)

「食べログ」ユーザーに聞く――増税後、外食費はどうなった?
4月に消費税が5%から8%に増税されたが、増税後に外食費を減らした人はどのくらいいるのだろうか。カカクコム調べ。(2014/4/28)

「価格.com」で電子書籍の価格比較が可能に 紙の古本含めた最安値を表示
「価格.com」で複数サイトの電子書籍価格を比較できるようになった。中古の紙の書籍も含めた最安値を確認できる。(2014/2/28)

誠 Weekly Access Top10(2013年12月2日〜12月8日):
価格.comの普及で“競り”滅亡の危機?
今回のランキングは家電量販店とネット通販の値下げ競争に関する記事が1位に。“シンガポール推し”なフジテレビの狙いを解説した記事も好調でした。(2013/12/10)

4Kテレビの認知率は8割を超えるも、所有率はまだ0.7%――カカクコム調査
カカクコムは、購買支援サイト「価格.com」が実施した『4Kテレビについてのアンケート!2013ー-次世代テレビは普及するのか!?ー』の調査結果を発表した。(2013/11/1)

製品情報ページをリニューアル:
価格.com、メーカーからの製品情報掲載コーナーを新設
「価格.com」の各カテゴリ製品情報ページをリニューアルし、メーカーが自社製品の特長について説明する文章や画像を無料掲載できるコーナーを新設した。(2013/8/29)

映画.comから初の電子書籍『eiga.book』発売
カカクコムの子会社エイガ・ドット・コムが運営する「映画.com」から初の電子書籍『eiga.book』を発行する。第1弾は「ベネディクト・カンバーバッチ大特集」を掲載。(2013/8/19)

スマホカメラで「価格.comバーコードサーチ」 商品情報に簡単アクセス
スマホカメラで商品バーコードを取り込み、「価格.com」の商品情報ページにアクセスできる「価格.comバーコードサーチ」スマホ版が公開された。(2012/11/29)

「価格.comリサーチ」調べ:
電子書籍ストアの利用経験率、koboのストアがApp Storeに次いで2位に
カカクコムが電子書籍に関するアンケート調査を実施。書籍をダウンロードしたことがあるストアとしてkoboのストアがApp Storeに次いで2位に入った。(2012/9/21)

ヤフーとカカクコム、「食べログ」で提携 Yahoo!JAPANから食べログに誘導
Yahoo!JAPANと「食べログ」が提携。Yahoo!JAPANから食べログに誘導し、広告収益などをシェアする。(2012/8/27)

夏商戦は高級デジカメ好調 カカクコム調べ
夏ボーナス商戦期に入り、デジタルカメラは「D800」「EOS 5D Mark III」など高級モデルが高い関心を集めている。コンパクトタイプも高級志向は変わらずだが、高倍率ズームなど高機能タイプも人気。価格.com トレンドサーチ調べ。(2012/7/3)

夏のボーナス商戦、スマホなどを除いて盛り上がりに欠ける?
夏のボーナスをもらったら、何を買いたいですか? 働く男女に聞いたところ「洋服・ファッション関連」と答えた人が最も多く、次いで「家具・インテリア」「PCパーツ」と続いた。価格.com調べ。(2012/6/7)

電通、カカクコムの2位株主に 資本・業務提携
電通とカカクコムが資本・業務提携。電通はカカクコム株式の約15%を取得し、広告・マーケティング事業で協力する。(2012/5/23)

底は打った? カカクコムが薄型テレビカテゴリのアクセス動向をリポート
カカクコムは、購買支援サイト「価格.com」に蓄積されたアクセスデータや価格情報などのデータを基に、2012年夏の液晶テレビ商戦に関するリポートを発表した。(2012/5/18)

カカクコム、本棚サービス「My本棚」発表
カカクコムは、「価格.com」の書籍データと連動する本棚サービス「My本棚」を発表した。利用は無料で価格.com IDが必要。(2012/4/9)

カカクコム、Android向け「食べログ」アプリを提供
口コミグルメサイト「食べログ」のAndroid向けアプリが登場した。iPhone向けアプリと同様に、GPS機能と地図表示による現在地からのレストラン検索や、クチコミ・写真の投稿などレストラン選びに役立つ機能を搭載した。(2011/12/14)

気になるURLを投稿して共有できる「Juke」公開
Web上のニュースやブログ記事など、気になったURLを投稿できる情報共有サービス「Juke」β版をカカクコムが公開した。(2011/11/29)

マンネリや余暇減でゲーム離れ!? 4割以上が「1年前よりプレイ時間減った」
携帯電話で遊べるソーシャルゲームの登場など、その幅が広がっているゲーム。しかし、プレイ時間は1年前より減っているという人が多いようだ。価格.com調べ。(2011/11/9)

HUMMERで踏んでも問題なし!? 「G'zOne」が丈夫すぎると話題に
重量3トン以上のHUMMERでスマートフォン「G'zOne IS11CA」を踏んでしまったところ……。「価格.com」に投稿されたレビューが話題になっている。(2011/9/13)

食べログ流のInstagram「食べラ」 シズル感ある写真を店舗情報付きで共有
カカクコムが「食べログ」と連携するiPhone向け写真アプリ「食べラ」を公開した。料理をおいしそうに撮影するフィルター機能を搭載するほか、TwitterやFacebookに食べログの店舗情報をともに写真を投稿できる。(2011/8/10)

夏のボーナスは54万2000円、3年ぶりに上昇
夏のボーナスはいくらくらいもらえそうですか? 働く男女に聞いたところ、全体平均は54万2000円であることが、カカクコムの調査で分かった。(2011/6/7)

調査リポート:
音楽はスマートフォンで――ポータブルオーディオプレーヤーからシフト傾向も
カカクコムの調査で、音楽視聴に使う機器の主流が、ポータブルオーディオプレーヤーからスマートフォンにシフトしつつあることが分かった。(2011/5/26)

新型iPod発表も「ウォークマンと互角」 カカクコム調査
価格.comサイト上でのiPod/ウォークマンへのアクセス推移をみると、昨年も今年も、新型発表直後にはiPodへのアクセスが急増するが、その後落ち着き、ウォークマンと互角になる傾向という。(2010/9/17)

調査リポート:
iPad、7割弱が「家で使う」――カカクコム調べ
カカクコムが、iPadの利用動向に関する調査結果を発表。iPadを利用する場所は「家にいるとき」が66.4%となり、ノートPC代わりのインターネット端末として利用するケースが多いようだ。(2010/9/3)

iPad登場で人気が加速――最も人気が高いモバイルWi-Fiルータは
カカクコムが、モバイルWi-Fiルータの最新動向に関するリポートを発表した。iPadの登場を機にモバイルWi-Fiルータの人気が加速。対応するモバイル回線の品質が商品の人気を左右している。(2010/8/26)

「ミラーレス一眼」急伸、しかし実態はソニー「NEX」急伸――カカクコム調査
カカクコムは「価格.com」から得られたデータに基づいた、デジタル一眼カメラについてのリポートを公開した。ミラーレス一眼の急伸が目立つが、実態はソニーNEXシリーズの急伸だという。(2010/7/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。