ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「京急」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

京浜急行電鉄

めっちゃ聞き覚えある! JR駅ホーム、新幹線、車内で聞こえてくる英語アナウンスの「中の人」たちが初対面 奇跡のコラボを披露
いつも聞くあの声。(2020/2/13)

平日20日間中19.8日:
最もよく遅延する路線は? 東京圏の鉄道、「ほぼ毎日」遅れている路線も
国交省が公表した東京圏45路線のデータによると、2018年度、1カ月当たりの遅延証明書発行日数が最多だったのは東京メトロ千代田線だった。平日20日間中で平均18日を超える路線は複数あり、日常的に遅延が発生している。(2020/2/10)

人がいねぇ、店もねぇ、クルマもそれほど走ってねぇ あえて「終電で終点へ」行くというユニークな旅人がTwitterで話題に
深夜徘徊はワクワクしますもんね。あえてやってみるのも面白いです。(2020/1/31)

月刊乗り鉄話題(2020年1月版 おまけ):
【写真で解説】「京急ミュージアム」見てきたよ!
特にジオラマがすばらしい……!(2020/1/29)

「特別終電時刻(予定)」公開 東京五輪期間中の「終電延長/臨時増車」、札幌や仙台などの東京圏以外でも実施
東京2020組織委員会が「大会期間中の各社特別終電時刻(予定)」を公開しました。【まとめ表あり】(2020/1/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
新型特急「ひのとり」がくる! 2020年、近鉄から目が離せない
2020年3月、近畿日本鉄道の新型特急「ひのとり」がデビューする。名古屋〜大阪間で東海道新幹線と競争だ。さらに、フリーゲージトレインの開発や、複数集電列車による大阪・夢洲と近鉄沿線の直通構想もある。近鉄が日本の鉄道の「常識」を変えるかもしれない。(2020/1/17)

月刊乗り鉄話題(2019年12月特別編):
女子鉄アナウンサー久野知美さんと振り返る「2019年の乗り鉄話題ベスト10」
ムフフ〜今回はいつもよりウッキウキ。皆さん、2019年はどんな乗り鉄を楽しみましたかー?(2019/12/30)

「京急東神奈川は大歓迎」「全然葉山じゃないヨ……」 2020年3月14日変更「京急6つの新駅名」を鉄道ファン目線で確認してみた
春のダイヤ改正で変わる「京急の新駅名」皆さんどうですか?(2019/12/17)

オープン当初は抽選入場に:
20年1月オープン「京急ミュージアム」の内容は? 運転台と実写映像で“本物”を体験
京浜急行電鉄は、2020年1月21日に横浜市でオープンする「京急ミュージアム」の館内体験コンテンツなどの詳細を発表。京急車両の工作体験や、本物の電車運転台を使った運転シミュレーターなどを展開する。(2019/12/13)

通院や買い物に合わせて「AI運行バス」を予約 地域サービスとの連携でMaaSの実現へ――横須賀市で実証実験
神奈川県横須賀市、京急電鉄、NTTドコモらは、2019年12月9日から地域サービスと連携した「AI運行バス」の実証実験を開始する。医療機関や商業施設の業務システムとAI運行バスのシステム連携により、通院や買い物の予定に合わせたバスの予約ができる。(2019/11/29)

ドコモなど5社、ゴルフ場の経営改善に向けた5G実証実験に成功 満足度向上で地方創生に貢献
NTTドコモなど5社が協同で、ゴルフ場の経営改善を実現すべく5G実証試験を実施。プレー回転率やユーザビリティの向上を解決し、地方創生の貢献を目指していく。(2019/11/15)

ゴルフ場で5G実験、ボールの落下点予測 ドコモら5社
NTTコミュニケーションズなどが、ゴルフ場で5Gを活用した映像伝送の実証試験を実施。ボールの落下地点予測や、プレー状況のリアルタイムな把握に成功したという。(2019/11/15)

始発から影響:
JR東、16日に山手線や京浜東北線の一部区間を運休 注意点は?
(2019/11/15)

“京急愛”を凝縮、こりゃ濃厚そうだ…… 女子鉄アナ・久野知美さん著「京急ファンと大研究読本」11月5日発売
監修は南田マネジャー、京急の魅力を語り尽くす1冊とのこと。(2019/11/5)

2020年までのオフィスビル竣工ラッシュ 注目の街は?
東京のオフィスビル開発が活況だ。現在渋谷の駅前で再開発による超高層ビルが次々と建っていることに象徴されるように、2018年、19年ともに過去20年の平均を超えた床面積のオフィスが供給された。そして20年には、さらにそれを上回る延べ30万坪ものオフィスが生まれようとしている。そんな2020年以後、発展するポテンシャルのある街はどこなのか。(2019/11/5)

こ、これは、いい……相鉄さんGJ 11月30日開業「相鉄・JR直通線」の前面展望動画が楽しすぎる件
何度も見入っちゃうヤツですこれ! 車窓をプチ解説。(2019/10/30)

駅に「動く案内サイン」が出現 羽田空港国際線ターミナル駅には「錯視」アートもあるって知ってた?
羽田空港国際線ターミナル駅に出現した「動く案内サイン」と、1月に設置された「錯視サイン」を実際に見てきました。(2019/10/28)

スマホにも、鉄道を:
関東圏鉄道各社のアプリに見る、利用者への接し方戦略
関東圏の鉄道各社は、利用者のために運行情報などを提供するスマートフォンのアプリを提供している。JR東日本や東京メトロだけではなく、関東圏の大手私鉄でも出そろい、それぞれを相互に行き来しながら使用できるようになっている。各社のアプリを使ってみると、違いがあって……。(2019/10/26)

乗っている電車の運行情報をラジコアプリの画面で確認 ヤマハ「SoundUD」活用で
radikoとヤマハは、ラジコアプリに「街の情報」機能を実装すると発表した。ラジオを聞きながら、乗っている電車の運行情報やお店のクーポンなどを取得。スマホ画面で確認できる。(2019/10/2)

空港アクセスを強化:
鉄道会社のダイヤ改正、どんな狙いがあるのか
この秋、いくつかの鉄道会社がダイヤ改正を行う。ダイヤ改正の狙いは、どこにあるのか。各社の発表より、その狙いを考えてみたい。(2019/9/30)

「こういうところに感動してしまう」 沖縄「ゆいレール」駅ホームにあるの自動スロープがすごいと話題に リモコン操作でスッと展開
ホームにスロープが埋め込まれている……!?(2019/9/27)

進む高齢化、超過酷な労働環境:
京急踏切事故で垣間見えたトラックドライバー業界の「構造的な闇」とは
電車の乗客ら35人が負傷、トラック運転手1人が死亡した京急踏切事故。その背景に筆者が垣間見たのは極端に高齢化が進むトラック業界の闇だった。データや現場取材、自身のドライバー経験を踏まえ迫る。(2019/9/25)

リゾート地でリフレッシュ:
仕事と休暇を一緒にする「ワーケーション」 JTBとスノーピークがハワイで展開する事業の背景を直撃
テレワークの1つである「ワーケーション」。仕事と休暇を一緒に取る新たな働き方だ。今日本では徐々に導入する企業が増え、事業として展開する企業も増え始めている。中でも、JTBとスノーピークは、ハワイでワーケーションを行うプログラムを開始。テレワークとしても珍しい「野外」で行うプログラムはどのようにして生まれたのか。また、日本でワーケーションは根付いていくのだろうか。(2019/9/25)

月刊乗り鉄話題(2019年9月版):
【青春18きっぷオススメコース】高原の観光列車「HIGH RAIL 1375」でウマすぎる肉駅弁を喰らう旅
テーマはおいしい「肉と鉄道」。使い切りましょう、青春18きっぷ!【写真たっぷり51枚】(2019/9/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
台風15号の朝、「振り替え輸送」が実施されなかった理由
台風15号が直撃した9月9日の朝、公共交通が大混乱となった。その理由の一つに「振り替え輸送がなかった」という声がある。振り替え輸送は自動的に行われるわけではない。その仕組みから、実施されなかった理由を解説する。(2019/9/20)

【お忘れなく!】11月16日、山手線と京浜東北線が運休 JR東発足以来初
「高輪ゲートウェイ駅」開業に向けた線路切り替え工事のため。(2019/9/18)

踏切事故で運転見合わせていた京急、全線で運転再開
ダイヤの乱れは続いています。(2019/9/7)

日本初「レベル4」の大型バス自動運転公道実験へ 東京五輪直前に
レベル4の公道実験を大型バスで行うのは日本初だという。(2019/9/6)

日本初「レベル4」の大型バス自動運転公道実験へ 東京五輪直前に
内閣府は5日、限定区域内での完全自動運転にあたる「レベル4」相当の大型バスの自動運転の実証実験を、東京五輪・パラリンピック直前の来年7月に、一般客も乗せて公道で行うと発表した。信号機など道路側のデータを活用して制御する「インフラ協調型」の実証が主眼。レベル4の公道実験を大型バスで行うのは日本初だという。(2019/9/6)

京急線、踏切でトラックと接触・脱線事故 「運転再開までに相当の時間がかかる見込み」京急川崎駅〜上大岡駅間の上下線を見合わせ
振替輸送を実施しています。(2019/9/5)

機械学習&ディープラーニング入門(Python編):
Lesson 12 クラスの定義 ― Python基礎文法入門
Python言語の文法を、コードを書く流れに沿って説明していく連載。前回と今回は、クラスを取り上げている。今回は、そのうちの定義方法について説明する。これでPython言語の基礎文法は完了だ。(2019/8/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
総距離1000キロ以上! 今後20年の鉄道開業計画を俯瞰する
リニア中央新幹線は静岡工区問題で2027年の開業予定が揺らぎつつある。北海道新幹線や長崎新幹線の開業計画も進行中だ。北陸新幹線の敦賀延伸も間近に迫っている。現在進行中の鉄道路線計画を年度別に俯瞰してみると、鉄道建設の全体像が見えるかもしれない。(2019/8/16)

朝がつらい、だけではない:
「時差Biz」が、なかなか普及しない理由
今年もまた、東京都は「時差Biz」に取り組んでいる。企業に時差出勤を呼び掛けているわけだが、なぜなかなか普及しないのか。行政や鉄道会社だけの問題でなく、企業も……。(2019/8/14)

全国の秘境駅を特集 鉄道雑誌「旅と鉄道」9月号、ドローン空撮などで秘境駅の魅力に迫る
秘境駅のまわりにあるものとは?(2019/7/20)

福田昭のストレージ通信(154):
ハードディスク業界の国内最大イベント、2019年は7月末に開催(前編)
2019年7月25〜26日に東京都内で開催される「国際ディスクフォーラム」の開催プログラムが決定した。前後編に分けて、プログラムの内容を紹介していく。(2019/7/8)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
空へ誘う旅はフォントがいっぱい
電車の次は空。空港はどんなフォントとデザインで彩られているのか。(2019/6/27)

御朱印帳がかわいい 京急に乗って神社巡り「夏詣」はいかが?
御朱印を受けてもらえる特典も。(2019/6/26)

手ぶらでOK、京急名物「みさきまぐろきっぷ」が超進化! 「みさきめぐりタクシー」6月21日開始
まぐろが食べたくなってきます。(2019/6/21)

モビリティサービス:
シーサイドラインの事故原因は「自動運転」ではない
2019年6月1日に発生した新交通システム逆走衝突事故。原因は運行指令システムと制御システム間の通信不良であり、これは有人運転でも起こる。そこで、鉄道の自動運転のしくみと、現時点で判明している範囲で事故の原因、それを踏まえた上での対策について考察する。(2019/6/20)

蒲田 初音鮨物語:
蒲田 初音鮨物語 利益もこだわりも捨てた鮨屋が“世界に名だたる名店”になるまで
客足もまばらで、つぶれかけていた場末の鮨屋、「蒲田 初音鮨」。それが突然、“世界中から予約が入る名店”となったのはなぜか?(2019/6/17)

月刊乗り鉄話題(2019年6月版):
「オイ変な電車が来たぞ〜!!」「何この珍車?」 阪神電鉄線を走る近鉄特急に乗ってきた
超レアな「阪神×近鉄 直通運転10周年」の特別記念列車! 赤福&モー太郎弁当も食べてきました。(2019/6/12)

都市住民の利便性:
首都圏の新線計画、生活者に必要なのは?
新線計画はメディアで取り上げられることが多い。「都市の国際競争力を高めるもの」として計画を進めようとしているが、生活者に必要なものなのか。首都圏の計画をみると……。(2019/6/10)

大手民鉄16社:
鉄道員に対しての暴力行為、件数・発生状況は?
日本民営鉄道協会は5月23日、平成30年度に発生した駅員や乗務員などに対する暴力行為の件数を発表した。大手民鉄16社の状況をみると……。(2019/5/24)

八幡市駅は「石清水八幡宮」駅に 京阪電車が京都府内4駅の駅名を変更、10月1日から
より地域に根ざした駅名になります。男山ケーブルも「石清水八幡宮参道ケーブル」に通称変更。(2019/5/15)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(15):
世界で最も難しい2進数パズル 〜2進数の世界に住むことの不思議〜
今回は、プログラマーであればおなじみの「2進数」をテーマに、レベルチェック問題を幾つか出題します。中には“世界で最も難しい問題”も含まれます。この機会に、2進数の意外な性質や使い方に関する理解を深めてみてはいかがでしょうか?(2019/4/8)

横浜MM21「53街区」の再開発で大林組らを選定、1100億を投資して18万m2の「WEST/EAST棟」を2023年に開業
横浜市の「みなとみらい21中央地区53街区」を対象にした開発事業者公募で、大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハの4社で構成する企業グループが事業予定者に選定された。大林組らは、1100億円を投じて、総延べ18万平方メートルのWEST/EAST棟で構成する大規模複合ビルを建設する。着工は2020年12月、完成は2023年11月の予定。(2019/4/1)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(14):
「赤か? それとも青か?」――機能共有の悲劇がもたらした混乱するトイレのUI
なぜこのようなユーザーインタフェースが存在するのか……。日ごろの生活の中で筆者が見つけた“良くないユーザーインタフェース”から学びを得る。「京急蒲田駅」「JR渋谷駅」に続き、筆者を悩ますのはトイレの蛇口。今回はその問題点を紹介すると同時に、解決策を検討する。(2019/3/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
新型特急「Laview」が拓く、“いろいろあった”西武鉄道の新たな100年
西武鉄道は新型特急「Laview」を公開した。後藤高志会長は「乗ることを目的とする列車に」と強調。西武特急に対する危機感が表れている。この列車の成功こそ、“いろいろあった”西武鉄道を新たな100年へと導く鍵となりそうだ。(2019/3/1)

相鉄・JRが直通に:
首都圏の鉄道で何が進んだのか “接続しなかった”相鉄もとうとう
平成時代の首都圏の鉄道を振り返ると、直通・乗り入れが進み、ターミナル駅でも乗り換える必要がなくなったことが挙げられる。今年12月、“どことも接続しなかった”相鉄もJR東日本の埼京線と相互乗り入れすることに。このほかにも……。(2019/2/28)

月刊乗り鉄話題(2019年2月版):
「必ず座れる通勤電車」考察 東急「Qシート」は他と何が違うのか
なぜ「Qトレイン」ではなく「Qシート」なんですかね?(2019/2/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。