ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「基軸通貨」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「基軸通貨」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

世界を読み解くニュース・サロン:
2020年に発行か? 中国が「デジタル人民元」に抱く、危険な野望
中国政府が2020年にも発行するのではないかと言われる「デジタル人民元」。中国が見据えるのは、米国中心のドル覇権の崩壊。デジタル人民元が広まれば、中国が世界のお金の流れを思うがままに管理するかもしれない。日本にも大きな脅威が迫っている。(2020/1/9)

【環球異見】デジタル通貨の行方
 紙幣や硬貨でないお金「デジタル通貨」の議論が活発だ。米ITの巨人フェイスブックは、米ドルなどの法定通貨に裏打ちされたデジタル通貨「リブラ」の構想を発表。リブラは国家主権の中核である通貨発行権を脅かしかねないと、主要国は強い懸念を示した。その間隙を突くように、中国は「デジタル人民元」発行の準備を加速させている。米中両国の対決構図も絡み、デジタル通貨の行方から目を離せない。(2019/11/25)

【環球異見】デジタル通貨の行方
紙幣や硬貨でないお金「デジタル通貨」の議論が活発だ。米中両国の対決構図も絡み、デジタル通貨の行方から目を離せない。(2019/11/25)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(8):
借り入れ依存度9割弱 金融機関の支援で「延命」されていた長野県有数の中小企業がたどった末路
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/17)

Facebookの仮想通貨「Libra」についての公聴会証言原稿公開
Facebookの仮想通貨「Libra」に関する上院公聴会の証言原稿が公開されたので、ポイントを抜粋した。公聴会は日本時間の16日午後11時からライブ配信の予定だ。(2019/7/16)

トランプ大統領、「Facebookの仮想通貨Libraは信頼できない」とツイート
Facebookが6月に発表した暗号通貨「Libra」について、ドナルド・トランプ米大統領が「信頼できない」とツイートした。Libraについては7月17日に米上下院がそれぞれ公聴会を開く予定だ。(2019/7/12)

渋谷豊の投資の教室:
海外の富裕層はなぜゴールド(金)を持つ? 金を買う3つの方法
海外の富裕層はゴールド(金)を資産として持つ人が多くいます。それはなぜなのでしょうか? また自分でも金を買いたいと思ったら、どんな方法で買えるのでしょうか?(2019/2/18)

渋谷豊の投資の教室:
日本で暮らしているのに海外投資が必要な2つの理由
分散投資といったときに、外せないのが海外への投資だ。日本だけでなく海外各国へ分散することが重要だといわれる。しかし、日本に住んで日本でモノを買っているのに、どうして円以外へ投資する必要があるのだろうか?(2018/12/27)

「明日はわが身」の情報セキュリティ
仮想通貨不正流出事件から考える、従業員のセキュリティ教育を軽視してはいけない理由
いまだ記憶に新しい、仮想通貨「NEM」(ネム)の不正流出事件。「自分は仮想通貨取引をしていないから関係ない」と考える人もいるかもしれませんが、実は、誰にとっても教訓となる重要なポイントがあります。(2018/8/15)

“いま”が分かるビジネス塾:
「詐欺横行」でも、無視できないICOのインパクト
新たな資金調達の手法として期待されるICO。さまざまな問題点も指摘されているのだが、仮想通貨経済圏を一気に拡大するポテンシャルも持ち合わせている。今回はこのICOについて論じてみたい。(2018/2/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
中国製EVに日本市場は席巻されるのか?
「日本車が中国製の電気自動車にやられたりする心配はないの?」。最近何度かそんな質問を受けた。本気でそんな心配している人は本当にいるらしい。(2018/1/9)

経済制裁するとレストランが増える? 北朝鮮の「外貨獲得」のカラクリ
なぜ外貨獲得に力を入れるのか。(2017/11/18)

「想定以上の使用規模」――パーツ購入に仮想通貨を導入したパソコンSHOPアークに聞く
仮想通貨による店頭決済とWeb決済に対応したパソコンSHOPアークに、導入した理由、反響を聞いた。(2017/8/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ガソリンエンジンの燃費改善が進んだ経済的事情
ここ10年、自動車の燃費は驚異的に改善されつつあり、今やハイブリッドならずとも、実燃費でリッター20キロ走るクルマは珍しくない。なぜそんなに燃費が向上したのだろうか? 今回は経済的な観点から考えたい。(2017/7/3)

アメリカの刑務所で「ラーメン」が基軸通貨に アリゾナ大の研究生が論文を発表
囚人にとって「安い・美味い・お腹いっぱい」と、三拍子そろったスーパーフードなのだとか。(2016/8/23)

PR:海外進出を成功に導くERPの条件は――スーパーストリームCTOに聞く選定のポイント
国内市場の縮小が深刻化する中、日系企業が生き残りを賭けて新興市場への進出に踏み切っている。そこで重要になるのが“スピード経営”に必要な情報の可視化。グローバル経営を成功させるために必要なERPの機能とはどんなものなのか――。スーパーストリームCTOの山田誠氏に聞いた。(2015/12/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの戦略は正解なのか――今改めて80年代バブル&パイクカーを振り返る
トヨタを始め、今、世界の有力な自動車メーカー各社はモジュール化戦略と称し長期計画を進めている。しかし、合理化・最適化の先に、真の進化はあるのだろうか? 今回はそんな問題意識を端緒に、ある面白いクルマの話をしてみたい。(2015/5/18)

伊吹太歩の世界の歩き方:
あなたの財布に偽札が忍び込む可能性、5%
夏休みが到来。日本人の海外旅行者が気を付けなければならないのは、拡大するドルやユーロなどの偽札だ。(2012/7/12)

サーバ仮想化からプライベートクラウドへの道(1)
単なる“全社仮想化”とは違うプライベートクラウドの本質的価値
仮想化によってITシステムを統合することと、プライベートクラウドを展開することは違う。両者の違いを整理しながら、プライベートクラウドへの移行ステップを解説。プライベートクラウドの本質的な価値に迫る。(2012/5/24)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
日本企業のグローバル化が成功しないわけ──NEC元副社長・川村氏
日本企業は欧米などと比較すると、グローバル化に遅れをとっているのが実情だ。コンピュータの黎明期から事業に携わっていたNEC元副社長の川村敏郎氏は、その理由を日本企業の“異質さ”にあると語気を強める。(2012/4/18)

南はるなのFXのヒミツ:
1ドル=○○円――為替レート、読み方のツボ
経済ニュースを読んでいて「誤って理解していた」といった経験、あるのでは。テレビや新聞などで「1ドル=○○円」と報道されているが、これも誤解している人は多い。今回のコラムでは、為替レートの読み方などを紹介する。(2011/10/7)

井上久男の「ある視点」(6):
エンジニアの挑戦心に火をつける――“サラリーマンで日本一出世した技術者” 土光敏夫の「100の言葉」
イノベーションを起こすために頑張る、あるいは頑張りたいエンジニアに読んでもらいたい言葉がある。サラリーマン技術者として最も出世した人物、故・土光敏夫氏いわく「自分の火種は、自分でつけよ」。(2011/9/22)

南はるなのFXのヒミツ:
為替ニュースが難しい……まずは三大通貨の関係を理解しよう
米国の景気がどのように日本の円高に結びついているのか、よく分からない――。そんな人も多いのではないでしょうか。実は世界の三大通貨の関係を理解すると、グッと分かりやすくなりますよ。(2011/9/1)

TechNetブロガーの視点:
プライベートクラウド:社内課金の工夫で最適化推進
社内で課金をするということはどういうことか。課金という手法を使って利用を促したり、制御したりするにはどうしたらよいか。プライベートクラウドで実現する課金インフラの仕組み。(2011/3/4)

伴大作「フクロウの眼差し」:
円高でも負けない企業に
現在進行中の円高は95年のそれと現象面では似ているが、当時と現在とでは大きく違う。まず、世界の経済事情が明らかに異なっている。(2010/11/16)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株高を受けて連日の大幅高
(2010/11/5)

相場英雄の時事日想:
主語を「円」から「ドル」に……そうすれば何かが見えてくる
急激な円高は「日本経済にダメージを与える」といった報道が展開されがちだが、本当に「円高=悪」なのだろうか。記事の主語を「円」から「ドル」に変えるだけで、意外なことが見えてくるかもしれない。それは……?(2010/1/7)

藤田正美の時事日想:
経済力だけではない――世界が注目する中国の動向
「世界経済を回復軌道に乗せる」という目標を掲げ、首脳宣言を採択した金融サミット(G20)。景気刺激策で目標数値を明記することができなかった中で、世界中が注目したのが中国の動向だ。その理由は……?(2009/4/6)

何かがおかしいIT化の進め方(40):
“変化”は外からやってくる(後編)
ITバブル崩壊から住宅バブル崩壊、サブプライムローン破たんなど、金融危機に陥った米国の影響は全世界に波及した。消費大国、米国の消費機能低下は日本や中国にも大きな影響を及ぼす。われわれは今後、この不況にどう対処していけばよいのだろうか(2008/12/25)

SFC ORF2008 Report:
米国に依存する時代は終わった
サブプライムローン問題、大手証券会社の相次ぐ破たんによる金融危機、イラク戦争の泥沼化……。巨大な覇権国家を築いた米国が苦境に立たされている。かたやBRICsに代表される新興国の台頭により、世界のパワーバランスは大きく変動している。今まさに日本は“賢い選択”を迫られている。(2008/11/21)

1-4.FXの基礎講座:
FXのヒント、自分の得意な通貨の見つけ方
FXを始める際、どの通貨で取引をすればいいのだろうか? 米ドルやユーロなど7通貨が主流だが、最近ではトルコリラなど通貨数は増えるばかり。しかしFXは「自分の得意な通貨を持つ」ことが大切。今回は得意通貨を見つけるためのヒントを紹介しよう。(2008/9/16)

分散投資特集:
外貨預金・外貨MMFで低金利の日本から脱出
金利ものの外貨建て金融商品としてFX(外国為替証拠金取引)が注目を集めているが、以前から人気があるのが外貨預金や外貨MMF。比較的安全性が高いため、分散投資の対象にしている個人投資家は多い。それぞれがどんな金融商品なのか、どのように取引をすれば良いのかみていこう。(2008/8/25)

藤田正美の時事日想:
米国ではびこる“妬み”。その原因はマネー“格差”
2008年に大統領選を迎える米国だが、ブッシュ大統領の支持率は28%と低下している。なぜブッシュ大統領への不支持が増えているのだろうか? その原因は米国経済の好景気(2002〜2006年)に、恩恵を受けられなかった人の不満があるようだ。(2008/7/28)

藤田正美の時事日想:
揺らぐ米ドルの地位と日本経済の脆弱性
米ドルに代わる通貨としてユーロの地位が上がっている。中国やロシアがドル資産から“逃避”している中、日本の政治はどう対応するのか? 今後のビジョンを描けなければ、禍根を残すかもしれない。(2008/1/7)

山口揚平の時事日想:
現代の不思議な貨幣論・第2話――貨幣をコントロールしているのは誰?
資本主義社会においては、貨幣の流通をコントロールできる者が世界を支配できる。米国では連邦準備銀行、日本では日本銀行が通貨発行権を握っているが、これらの機関は誰のものなのだろうか。(2007/11/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。