ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マーク・アンドリーセン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

日本IBM 三澤智光氏×Publickey 新野淳一氏の対談で探る:
PR:一般的な日本企業が、オンプレミスとクラウドの間にある「崖」を埋め、デジタルトランスフォーメーションを実現していくには
クラウドが、PoC(実証実験)やSoE(Systems of Engagement)アプリケーションのインフラとしてだけではなく、基幹システムも含めた既存システムの移行先としても検討されるようになってきた。SoR(Systems of Record)領域の既存ビジネス/システムを安全、確実にモダナイズしながら、SoE領域の取り組みを推進するには何が必要か。クラウドに求められる要件とは何か。(2019/4/15)

マーク・アンドリーセン氏が語る
「AIの冬」はもう訪れない そう言い切れる2つの理由
AI(人工知能)についてはこれまで何度も大きく宣伝され、そのたびに期待が急速高まり、失望するというサイクルを繰り返していた。今回はこれまでとは違い「AIの冬」は訪れないだろうと著名なAI専門家は話す。(2018/8/13)

機械学習なくしてCESにもSXSWにも出るべからず
ハードウェアを飲み込んだソフトウェアが機械学習に飲み込まれる
数年前、テクノロジー業界を席巻したのはソフトウェアだった。そのソフトウェアの中で主役の座に躍り出ようとしているのが機械学習アルゴリズムだ。こうした傾向には相応の理由がある。(2017/2/13)

トランプ次期大統領のITトップ懇談会、行くCEO行かないCEO
トランプ次期米大統領が12月14日にニューヨークのトランプタワーで開くITトップとの懇談会には、Appleのティム・クックCEO、Alphabetのラリー・ペイジCEOなどが出席すると、米Recodeが報じた。(2016/12/12)

「CA World'16」レポート:
CA、「変化を常とする」企業を後押しするソリューション群を発表
CA Technologiesは2016年11月14〜18日(米国時間)、同社の年次イベント「CA World'16」を開催。11月16日の基調講演にはCEOのMike Gregoire氏が登壇した。(2016/11/17)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(5):
インターネット時代の幕開け
今回は、シリコンバレーの発展に欠かせない要素であるPCとインターネットの歴史について、触れてみたい。これら2つは、シリコンバレーだけでなく世界を大きく変えることになった。(2016/8/12)

FinTechスタートアップの例:
PR:全ての企業が○○Techとなる今後のために知っておきたい、プロジェクト管理・開発・運用現場の課題
世界中で全ての企業がソフトウェア企業になるといわれている昨今。日本でも「Finance(金融)」と「Technology(技術)」を足した造語である「FinTech」が流行し、さまざまな企業が新たな金融サービスを開発し新規参入を果たしている。また、金融以外の業種、例えば、教育、医療、物流、製造などでも国内で既に、このような動きが出てきている。このような中、顧客接点を増やすために差別化が重要となるスタートアップならではのプロジェクト管理の課題に加えて、それぞれの業種に特化した課題があるのはご存じだろうか。2015年4月に金融分野で新規参入をしたウェルスナビに聞いた。(2016/7/13)

Martin Casado氏が、今だから話せること(2):
「OpenFlowの父」が語るVMware NSXの今後、オープンソース、最高の判断と後悔
Martin Casado(マーティン・カサド)氏の、OpenFlowからNicira、ヴイエムウェアに至る、SDNをめぐる旅を振り返る2回連載。今回は、VMware NSXの成功の要因と今後、これからのエンタープライズIT市場とオープンソース、これまでにおける最高の判断と後悔、テクノロジストが起業するということについて聞いた部分をお届けする。(2016/4/26)

Martin Casado氏が、今だから話せること(1):
「OpenFlowの父」が振り返る、Niciraでの苦悩とヴイエムウェアに買収された理由
OpenFlowを開発した後、SDNベンダーNiciraを創業。ヴイエムウェアでSDN事業を年間売上6億ドル規模にまで育てたMartin Casado氏に、これまでを振り返ってもらう2回連載。今回は、Niciraの起業から、VMwareに買収されるまでを語ってもらった部分をお届けする。(2016/4/18)

Computer Weekly:
Internet Explorerのサポート終了でレガシーの呪縛を断ち切れるか?
Microsoftは、IE8、IE9、IE10のサポートを終了する。ブラウザベースのアプリケーションを多く抱える企業は、社内アプリケーションの見直しが急務だ。(2015/10/21)

Facebook、7000万株の自社株売却を発表
20日にS&P500銘柄に採用されるFacebookが、7000万株のクラスA株売却を発表した。ザッカーバーグCEOはクラスB株を取得するため、議決権はほとんど変わらない。(2013/12/20)

津田建二の技術解説コラム【歴史編】:
PR:半導体の温故知新(1)――スマホの源流から未来を探る
急速に普及してきたスマートフォン。スマホは、コンピュータと通信、半導体の三位一体となった製品です。くしくもこれら3つの技術はほぼ60年ごろ前に生まれました。これらの発展から、未来を照らす技術を探しましょう。(2013/11/13)

元Windowsトップのシノフスキー氏が大手VCのAndreessen Horowitzに参加
Windows 8の発表直後にMicrosoftを退社したスティーブン・シノフスキー氏が、シリコンバレーの有名ベンチャーキャピタルに参加する。(2013/8/23)

米Yahoo!、今度はソーシャルブラウザを終了したRockmeltを買収
買収攻勢をかける米Yahoo!が今度はソーシャルブラウザを手掛けていた新興企業Rockmeltを傘下に。(2013/8/5)

村井純氏と故石田晴久氏、マーク・アンドリーセン氏らとともに「インターネットの殿堂」入り
インターネット協会が昨年から始めた「Internet Hall of Fame(インターネットの殿堂)」の受賞者が発表された。2人の日本人の他、昨年自殺した若きネット活動家、アーロン・シュワルツ氏も選ばれた。(2013/6/27)

WWW生誕20周年で世界最古のWebページをCERNが復活
1993年4月30日に欧州原子核研究機構がWorld Wide Web(WWW)の技術を一般公開してからの20周年を記念して、閉鎖されていた世界最古のWebページを復活させた。(2013/5/1)

ソーシャルブラウザのRockMeltがニュースリーダーに衣替え
“Netscapeの父”マーク・アンドリーセン氏が支援し開発されたソーシャルブラウザ「RockMelt」のデスクトップ版が終了。今後はビジュアルニュースリーダーを提供する。(2013/4/15)

Googleの電脳メガネ向けファンド「Glass Collective」立ち上げ TwitterやEvernoteも開発中
「Glass Collective」はGoogle VenturesとVC大手のAndreessen HorowitzおよびKPCBが立ち上げたProject Glassの開発者を支援するファンド。KPCBのジョン・ドーア氏によると、既にTwitterやEvernoteがGlass関連サービスを開発中だ。(2013/4/11)

GitHub登録デベロッパが300万人を突破
Githubの登録デベロッパが300万人を超えた。リポジトリ数も間もなく500万に達するという。(2013/1/17)

FacebookのザッカーバーグCEO、1年間は5億株の全持ち株を売却しないと宣言
創業者で最大株主であるマーク・ザッカーバーグCEOが売却凍結を宣言することで、Facebookの株価下落に歯止めはかかるだろうか。(2012/9/5)

TIMEの「世界で最も影響力のある100人のリスト」、ザッカーバーグとペイジは選外
TIME誌が毎年発表する「世界で最も影響力のある100人のリスト」の2012年版で、IT業界からはAppleのティム・クックCEOやFacebookのシェリル・サンドバーグCOOが選ばれた。(2012/4/19)

Intel Software Media Day:
Intelが必要とするのはソフトウェアの力だ
Intelは、9月8日(現地時間)、米国において報道関係者向けカンファレンス「Intel Software Media Day」を開催し、ソフトウェアに対する取り組みを説明した。(2011/9/12)

月刊エンジニアライフ(35):
優秀なエンジニア5人=普通のエンジニア1000人?
(2011/7/5)

ピントは後から合わせればいい──米企業、画期的なカメラを製品化へ
ピントは写真を撮った後で合わせればいい──米国のベンチャーLytroが画期的なデジタルカメラを開発し、年内に発売する予定だと発表した。特殊なイメージセンサーと計算処理により、撮影後にピント位置を好きなように変えられるという。(2011/6/23)

Facebook、ソーシャルブラウザのRockMeltと提携
ソーシャルブラウザRockMeltとFacebookの統合が強化された。(2011/6/15)

Groupon、9億5000万ドルの増資
急成長するクーポン共同購入サイトがKPCBやAndreessen Horowitzなど有力VCから9億5000万ドルの出資を受けた。(2011/1/11)

Netscapeの父、ソーシャルな新ブラウザ「RockMelt」をβリリース
Netscape創業者であるマーク・アンドリーセン氏が、FacebookやTwitterと連携したソーシャル特化ブラウザ「RockMelt」を発表した。β版を限定リリースしている。(2010/11/9)

「クラウドソース」型検索でGoogleに挑戦するBlekko
Blekkoは、クラウドソース(集団参加式)によるキュレーテッド(整理・分類)アルゴリズムという新しいアプローチの採用で、巨人Googleに対抗する。(2010/11/2)

HPのマーク・ハードCEO兼会長、セクハラで辞任
カーリー・フィオリーナ氏の後任として5年間CEO兼会長を務めたマーク・ハード氏が、元契約社員からのセクハラの訴えで引責辞任した。同社は暫定CEOを立て、後任を探す。(2010/8/7)

共同創設者が取締役に:
Skypeの独立、年末に完了へ
SkypeのソフトウェアライセンスをめぐってSkypeの共同創設者が起こした訴訟が合意に達し、創設者らはSkypeの株式14%を獲得して取締役に就任する。(2009/11/9)

HP、Netscape創業者のマーク・アンドリーセン氏を取締役に
Netscapeの開発者でベンチャーキャピタリストのマーク・アンドリーセン氏がHPの11人目の取締役に就任する。(2009/9/18)

せかにゅ:
Netscapeの父、新しいブラウザを開発
Netscape創設者のマーク・アンドリーセン氏が、新興企業RockMeltで新たなブラウザに取り組んでいる。(2009/8/17)

3億ドルのファンド立ち上げ:
Netscapeの生みの親、ベンチャーキャピタル立ち上げ
マーク・アンドリーセン氏がコンピュータ科学および情報技術関連の新興企業を投資対象とするベンチャーキャピタル「Andreessen Horowitz」を立ち上げた。(2009/7/7)

Facebookの取締役にWashington Postの会長兼CEOが就任
米新聞大手Washington Postのドナルド・E・グラハム会長兼CEOが来年1月、Facebookの取締役に就任する。(2008/12/12)

今日から使えるITトリビア:
MosaicからChromeまで――Webブラウザ戦争の来し方行く末
Googleは、新しいWebブラウザ「Google Chrome」を発表した。長い間、マイクロソフトのInternet Explorerが独占してきた市場に風穴を開けることができるか注目される。Webブラウザ市場の歴史と展望をおさらいしよう(2008/9/6)

海外ダイジェスト(8月28日)
マーク・アンドリーセン氏が動画サイトQikに出資、Warner Bros.がオリジナル番組を配信するオンラインサイトを立ち上げ、ほか。(2008/8/28)

いまさら聞けないリッチクライアント技術(12):
いまさら聞けない「Webブラウザ」超入門 後編
(2008/5/14)

YouTubeの人気動画「lonelygirl15」プロデューサーが新会社設立
YouTubeで一躍有名になった「lonelygirl15」の製作者が、新会社「EQAL」を設立した。(2008/4/18)

2人のマーク――アンドリーセン氏とベニオフ氏――「クラウド」を語る
Salesforceのベニオフ氏とNingのアンドリーセン氏が、Platform as a Service、そして「クラウド」内での開発の将来について語った。(2008/1/22)

Linux開発者はSunで何をしているのか
Debian創設者で、Sunのオープンソースプラットフォーム戦略責任者を務めるイアン・マードック氏が、OpenSolarisやLinuxについて語った。(2007/5/9)

SNS作成ツール「Ning」が登場
マーク・アンドリーセン氏による新興企業NingのSNS作成ツールがリリースされた。(2007/2/28)

AmazonがWikiaに出資
Amazon.comが、Wikipedia創始者が開始した情報共有サイトWikiaに出資した。Wikiaが企業からの出資を受けるのはこれが初めて。(2006/12/8)

Web2.0時代のブラウザ論:
第2次ブラウザ大戦、始まる
Firefox 2.0、IE 7と立て続けにリリースされた。国内でもLunascapeやSleipnirなどのWebブラウザがバージョンアップを競っている。インターネットそのもの進化に比べ、停滞していたWebブラウザ。しかしタブブラウザ化やRSS対応などが急激に進む中、「Web2.0のプラットフォーム」としてのブラウザに迫る。(2006/11/28)

IT変革力【第5回】
ビル・ゲイツはなぜ引退するのか!?
日本では、Web2.0の騒ぎはインターネットの世界の話で、企業のIT部門には直接関係ないと見る向きが圧倒的多数です。しかし、マイクロソフトのビル・ゲイツ社長は、Web2.0に対してジハード(聖戦)であると激を飛ばし、「サービス化の波に備えよ」と言っています。それはどういうことなのでしょうか……。(2006/6/28)

Sun Business .Nextリポート:
BitsからServiceへ――イノベーションを加速する「オープンサービス」
「ソフトウェアの形態は今後数年で様変わりする」。バイナリはデータセンター上で実行され、サービスがネットを介した提供形態で一般的になる、とSun、エグゼクティブ・バイスプレジデント兼CTO、パパドポラス氏が説いた。(2006/4/20)

Yahoo!、ソーシャルブックマークサイト「del.icio.us」を買収
Webのお気に入り情報を共有できるソーシャルブックマークサイトのdel.icio.usをYahoo!が買収。先に買収した写真共有サービスのFlickrと密接に連携させる。(2005/12/10)

Netscapeの失脚からGoogleが学べること
Netscape同様にIPOを大成功させたGoogle。同社がNetscapeのようにつぶされてしまわないために、学ぶべき教訓がある――「Microsoftをあなどるな」ということだ。(IDG)(2005/8/11)

ITILを深める サービスデリバリ編
第1回 ビジネスとITを結びつける
技術中心のアプローチから運用品質の改善/向上のアプローチへ。ビジネスがどのようなITサービスを要求するか、に焦点を当てた「サービスデリバリ」。6回にわたってそのプロセスを紹介していく。(2005/7/4)

企業へ、そしてソーシャルネットワークへと拡大するRSS
ネット上を流れるコンテンツを集約し、手元に届けるためのソフトウェアやサービスが拡大。企業での活用やソーシャルネットワーク機能の追加といった新しい側面が広がっている。(2005/4/25)

SNSのLinkedInに1000万ドルの出資
(2004/10/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。