ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「医療費」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「医療費」に関する情報が集まったページです。

約400匹の野良猫が暮らす長崎県・高島で61匹を一斉捕獲→不妊手術 左前足の切断、腎不全で命を落としかけたボス猫の保護も密着撮影
軍艦島として知られる端島の北にある島です。(2021/11/28)

住友商事の挑戦【後編】:
住友商事・南部智一副社長に聞く商社ビジネスの展望 J:COMを通じたコンシェルジュサービスを構築
住友商事の事業分野で成功している一つがケーブルテレビ事業のJ:COMだ。家に居ながら多様なサービスを受けられる仕組みを構築したい考えだ。DXによって期待できそうな新規分野について、メディア・デジタル事業部門長(CDO)の南部智一副社長に聞いた。(2021/11/12)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第4回】
医療事務の働き方改革で、ITツール導入の前に見直すべき「悪習」とは
医療機関の働き方改革を進める上で、業務フローのIT化は重要な要素です。ただしもともとの業務フローが非効率なままでは、導入効果は期待できません。ITツールを導入する前に見直すべきポイントを整理します。(2021/11/16)

大東建託調べ:
北関東の「住みここちランキング2021」発表 3位「茨城県つくば市」、2位「茨城県東海村」、1位は?
大東建託は北関東エリアに住む成人男女累計2万1126人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2021/11/2)

全社員6人がテレワークへ移行したソフトウェア会社に起きた実録トラブル集
簡単に考えていたらさまざまなトラブルが。そしてその解決策。(2021/11/2)

定年後も「支えられる者」でなく「支える者」になる時代へ――再雇用、今さら聞けない「保険料や年金の扱い」はどうなるのか?
今の日本の社会では、どの企業も60歳前に「定年」を設定することはできない法律になっている。しかも、少子高齢化が加速している現状では、人手不足を解消する必要があること、そして公的年金の支給開始年齢が原則65歳に引き上げられたことを踏まえると、国は60歳以上の高年齢者を労働市場に留める施策を講じざるを得ない。その一つが「定年再雇用」である。再雇用で、保険料や年金はどういう扱いになるのか?(2021/11/1)

マイナポータルで医療費確認も可能に 11月中旬から
デジタル庁は、マイナポータルで11月中旬から患者が自分の医療費を確認できるようにすると発表した。2021年9月以降の医療費が対象で、金額の他、医療機関名や診療日などの詳細な情報も分かる。毎月11日ごろに前々月分までの分が確認できるようになる。(2021/10/25)

「あなたは保険に入る必要はありません」 マネフォとライフネットが始めた保険診断が面白い
「あなたは保険に入る必要はありません」。保険の診断を受けると、けっこうな数の人にこんなメッセージが出る保険相談サービスがある。マネーフォワードがライフネット生命と組んで始めた「保険の見直し診断」だ。(2021/10/22)

医療機関で進む「データ活用」【中編】
新薬の臨床試験に「データ」が起こす“ある変化”とは
質の高い医療を提供するために、医療機関や製薬会社の間でデータの活用が進みつつある。医療の現場で自然言語理解と自然言語生成などのデータ活用技術がどのように役立つのかを説明する。(2021/10/12)

保険証の代わりにマイナンバーカードで受診、病院で「マイナ受付」はじまる
保険証の代わりにマイナンバーカードで病院を受信できる「マイナンバーカードの保険証利用」をデジタル庁と厚生労働省が始める。すでに医療機関の2.7%に当たる6190施設で稼働。1万7032施設(同7.4%)で提供準備が完了しているという。(2021/10/11)

湾岸諸国の医療IT事情【前編】
コロナ禍が早めた「デジタルヘルスケア」の普及 湾岸諸国で急進の医療IT改革
湾岸諸国の医療機関では、生活習慣病をはじめとする慢性疾患の管理に医療ITを活用する機運が高まっている。その要因とみられるのが、コロナ禍をきっかけとした健康意識の変化だ。何が起きているのか。(2021/9/3)

ITフリーランス対象の国の労災保険「特別加入制度」がスタート 通勤や仕事でのケガ、病気など補償
フリーランスのプログラマーやWebデザイナーなどの、いわゆるITフリーランスが通勤や仕事で被ったケガや病気、障害、死亡などに対して補償が行われる、国による労災保険の特別加入の対象拡大が今日、2021年9月1日からスタートした。(2021/9/1)

日本の「都市力」ランキング2021 3年連続1位の京都市を抑え、1位になったのは?
国内の138都市と東京23区を対象に、都市の特性を評価した。(2021/8/27)

「メタバース×ブロックチェーン」の未来(後編) Thirdverseの國光CEOと話す、VRのその先
インタビュー後編はメタバースとブロックチェーンを組み合わせた時に生まれる可能性について。(2021/8/26)

Hoppin’ Sauna:
VIE STYLE、脳波と音楽を活用しサウナで「ととのう」プロセス可視化へ
耳から脳波が測れるイヤホンを開発するVIE STYLE(神奈川県鎌倉市)は8月24日、サウナで“ととのう”プロセスを可視化するシステムの開発を開始したと発表した。(2021/8/25)

大東建託が調査:
東北版「住みここちランキング2021」 ダントツで人気のある県は?
大東建託は東北版の住みここちランキング2021を発表した。東北での人気の街は? 住みたい街ランキングも発表。(2021/8/20)

大東建託が調査:
山口県の住みここちランキング2021発表 2年連続で1位を獲得した自治体は?
大東建託は、山口県に住む成人男女累計4530人の回答を集計し、住みここちランキングを作成した。2年連続で1位を獲得した自治体は?(2021/7/30)

充電不要:
体温で発電する「マザーブレスレット」にざわつく 開発の狙いは?
24時間365日体調を自動で計測する「マザーブレスレット」が、健康意識の高い人々をざわつかせているようだ。クラウドファンディング「Makuake」で展開したところ、支援金は4500万円を突破。開発担当者にヒットの裏側などを聞いたところ……。(2021/7/30)

岡山県の住みここちランキング2021 交通利便性や行政サ―ビスが評価され1位になった町は?
大東建託は、岡山県に住む成人男女累計6641人の回答を集計し、住みここちランキングを作成した。(2021/7/29)

スピン経済の歩き方:
実施人口は16年で2倍! 「筋トレ」を日本の成長戦略の柱に置くべき理由
コロナ禍でさまざまな業界で消費の低迷が見られたが、外出自粛による運動不足解消のため、「筋トレ」需要が増している。なぜ市場が拡大しているのかというと……。(2021/7/27)

高齢者が“猫と暮らしたい”と思ったら―― 高齢者と“高齢の保護猫”のマッチングを提案する漫画が考えさせられる
将来のことを考えて選択してほしい。※7月28日10時17分引用文を追記しました(2021/7/22)

大東建託が調査:
山形県の「住みここちランキング2021」発表 不動のトップ3は?
山形県の住みここちランキング2021が発表された。3位は「山形市」、2位は「東根市」という結果だった。1位とそれぞれの街の特徴を見ていこう。(2021/7/17)

「ゲーミフィケーション」って何? 生活改善・人材育成にゲーム要素
ゲーム開発に生かされてきた人を楽しませるノウハウを生活習慣の改善などに役立てる「ゲーミフィケーション」の取り組みが本格化している。得点や記録といったゲームに不可欠な要素で継続することが難しい運動などの楽しみを向上させる仕組みで、企業の人材育成などにも活用されている。(2021/7/16)

大東建設が調査:
青森県の「住みここちランキング2021」発表 青森市、おいらせ町を抑えての1位は?
大東建設が青森県の「住みここちランキング2021」を発表した。3位「青森市」、2位「おいらせ町」、1位は?(2021/7/15)

大東建設が調査:
宮崎県の「住みここちランキング2021」発表 3位「日向市」、2位「宮崎市」、1位は?
宮崎県の「住みここちランキング2021」が発表された。日向市と宮崎市を抑えて1位になったのは?(2021/7/8)

フリーのITエンジニアやWebデザイナーも国の労災保険へ加入可能に 9月から
厚生労働省は9月1日に省令を改正し、フリーランスのITエンジニアやWebデザイナーも労災保険に加入できるようになる。厚労省の諮問機関がITフリーランス支援機構からヒアリング。保険料は個人負担、加入手続きは団体を通じて行う。(2021/7/6)

熊本県の住みここちランキング2021発表 3位「熊本市中央区」、2位「合志市」、1位は?
大東建託は、熊本県に住む成人男女累計5078人の回答を集計し、住みここちランキングを作成した。昨年に引き続き1位になったのは?(2021/7/5)

大東建託が調査:
福井県の「住みここちランキング2021」発表 福井市、あわら市を抑えて1位になったのは?
大東建託が「住みここちランキング2021」を発表した。県庁所在地の「福井市」は3位にランクイン。2位は温泉街のある「あわら市」だった。そんな2つを抑えて1位になったのは?(2021/6/23)

大東建託が調査:
富山県の「住みここちランキング2021」発表 富山市、滑川市を抑えて1位になったのは?
大東建託が「住みここちランキング2021」を発表した。県庁所在地の富山市は3位にランクイン。2位はホタルイカで有名な滑川市だった。そんな2つを抑えて1位になったのは?また、住みここちTOP3の共通項は?(2021/6/22)

大東建託が調査:
茨城県の「住みここちランキング」2021 3位「つくば市」、2位「東海村」、1位は?
大東建託は、茨城県に住む成人男女が対象の居住満足度調査を実施した。住みここちランキング1位になった自治体とは?(2021/6/15)

どこかで折り合いを:
コロナ禍でも、諸外国に比べて日本の失業率が低い理由
新型コロナウイルスが原因で解雇や雇い止めされた人の累計が先日10万人を超えたと発表された。5月14日時点での累積値として解雇等見込み労働者数10万3593人、雇用調整の可能性がある事業所は12万9313カ所となっている。(2021/6/14)

「ルナルナ」20年のデータ蓄積で見えた“オギノ式”の改良点 日本でも広がり始めた「フェムテック」(後編)
日本を代表するフェムテック企業に、女性の健康に向けた取り組みを聞いた。(2021/5/28)

TwitterやYouTubeの投げ銭機能、税金はどう処理する? 税理士YouTuberに聞く
YouTubeやTwitterの投げ銭機能に注目が集まる中、その収益をどう処理するべきなのか。税理士YouTuberとして活動する大河内薫さんに話を聞いた。(2021/5/17)

「メンタルヘルスケア」5つの方法【前編】
社員の「心の健康」を守る方法とは? まずは「今どんな気持ちか」を理解しよう
企業が従業員のメンタルヘルスを健全に保つためには、まずは従業員の現状を正しく認識することが大切だ。具体的にはどうすればよいのか。(2021/4/29)

働き方の「今」を知る:
日本人は、自らブラックな労働環境を望んでいるといえなくもないワケ
長く続くコロナ禍。解雇などのニュースを目にすることも多いが、国際的に見ると日本は比較的低めに推移している。ただ、その代わりに失っているものも少なくないと筆者は指摘する。(2021/4/27)

飼育放棄された17歳ワンコの里親に 盲目の「マルクくん」の幸せそうな姿に心があたたまる
すてきな家族と出会えてよかったです。(2021/4/17)

海外医療技術トレンド(70):
欧州をけん引するポストコロナのデータ駆動型健康戦略「EU4Healthプログラム」
本連載第57回で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にデジタルで挑む欧州を取り上げたが、今回はポストコロナ時代に向けた欧州連合(EU)の新戦略について紹介する。(2021/4/16)

働き方の「今」を知る:
育休判明でローン融資拒否! 高飛車な銀行は、これから滅ぶと思えるワケ
男性が育休であることが判明し、ローンを断られた事例が話題に。いまだに金融機関の審査では、硬直的な審査が続いている。しかし、今後はこうした高飛車な銀行は、滅んでいくのではないだろうか。(2021/4/7)

“ケガや病気とたたかう保護猫たちを助けたい” 保護猫団体が医療費のクラウドファンディングを実施中
さまざまな事情の猫ちゃんがいます。(2021/3/25)

早急な導入には注意が必要
クリニックが「遠隔医療」導入に失敗しない5つのポイント
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、医療機関の遠隔医療の導入を後押しした。クリニックが遠隔医療を成功させるために、導入時に確認したいポイントを説明する。(2021/3/24)

野沢直子、交通事故に遭う「あ、と思ったらもう次の瞬間」 高額医療費を懸念し救急車不要を猛アピール
いのちだいじに。(2021/3/16)

医療業界の「HCI」導入事例【前編】
コロナ禍で施設拡大が頓挫、窮地の医療機関をNutanixの「HCI」はどう救ったのか
米医療機関Delaware Valley Community Healthは、施設拡大に取り組む最中にCOVID-19の危機に直面し、計画変更を余儀なくされた。ピンチを乗り越える鍵はNutanixのHCIだったという。HCIがもたらしたメリットとは。(2021/3/9)

COVID-19で遠隔医療に切り替えた医療機関【前編】
「遠隔医療」にコロナ禍で一斉移行した医療機関の“教訓”
米医療機関Norman Regional Health SystemはCOVID-19の危機に直面し「計画通りに医療を提供するには遠隔医療の仕組みが不可欠だ」と判断。約200人の医師を遠隔医療体制に移行させた。その裏側で何が起きていたのか。(2021/2/22)

産業動向:
積水ハウスが目指す「急性疾患の発症者を自動で感知し通報する家」、鍵は人体の異常を判断するアルゴリズム
積水ハウスは、高齢化の波を受け、住まいで脳卒中と心筋梗塞により急死する人が増えていることなどを踏まえ、住宅で急性疾患を発症した人の早期発見と救急通報を実現するシステム「HED-Net」の開発を進めている。このほど、実際に住人が住む30棟の新築戸建て住宅で、HED-Netの性能を検証するパイロットプロジェクトがスタートした。(2021/2/8)

サンシャイン池崎、YouTube収入112万円を保護猫団体へ寄付 「なかなかできる事じゃない」「これが池崎なりのジャスティス」と称賛の声
空前絶後の人の良さ。(2021/2/6)

税務署に行かなくても確定申告できるなら、その方が楽ですしリスクも減るという話
緊急事態宣言の延長を受け確定申告の期限が1カ月ほど延長されました。(2021/2/3)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国の春節は「Not Go To トラベル」〜帰省させず特典配布
昨春に新型コロナウイルスをほぼ収束させた中国で、再び感染者が増えている。中国政府は「民族大移動」とされる春節の帰省による感染拡大を危惧し、「Not Go To トラベル」キャンペーンともいえる、さまざまな支援を提供するという。「帰省しないで居住地にとどまる人」へどんな支援があるのだろうか。(2021/1/28)

自分は関係ないって思っていませんか? 皆さん確定申告の季節がやってきました
知識と情報が足らずに困ることが多いようです。(2021/1/20)

スピン経済の歩き方:
鉄道、宅配、コンビニ、病院が、次々とブラック化するワケ
鉄道、コンビニ、病院、宅配――。日本のインフラは整備されていて、利用者にとってはとても便利だ。しかし、である。現場に目を向けると、ブラック化している職場も少なくない。その背景に、何があるのかというと……。(2020/12/30)

JIMTOF2020:
トヨタ自動車が描く、自動運転車の普及への道のり
JIMTOF2020 Onlineが2020年11月16〜27日の期間で開催された。主催者セミナーの基調講演では、トヨタ自動車 先進技術開発カンパニー 先進安全領域 統括部長の鯉渕健氏が「全ての人に移動の自由を—未来のモビリティ社会に向けた自動運転開発の取組み—」をテーマに、自動運転技術開発に関する動向やトヨタ自動車の取り組みなどを紹介した。(2020/12/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。