ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MontaVista Software」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「MontaVista Software」に関する情報が集まったページです。

JASA発IoT通信(5):
IoTサービスを実現するためのスキルとは?
今回は、ドローンを用いたゴルフ場でのキャディビジネスを例に挙げながら、IoTを実現するために必要なスキルは、どのようなものかを考えていく。(2017/10/26)

企業動向:
「クルマがロボットになる時代、設計は変わる」 メンターが独XS Embedded買収
Mentor Graphicsが車載システムアーキテクチャとリファレンスボードを手がける、ドイツのXS Embeddedを買収した。ワンストップの車載システム開発を提供する狙い。(2014/7/10)

ET2013ニュース:
「もはや通信キャリアだけではない」――MontaVista Linuxの新版「CGE7」登場!
モンタビスタ ソフトウエア ジャパンは、パシフィコ横浜で開催された「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(ET2013)」のARMパビリオン内において、MontaVista Linuxの最新バージョン「Carrier Grade Edition 7(CGE7)」を訴求した。(2013/11/22)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第3回 ソフトウエアプラットフォームとAndroidの躍進
10年ほど前、組み込み機器がまだ今ほど高性能でなかったころは、搭載するソフトウエアコンポーネントの種類が限られていたため、関係する企業の数も少なく、数社が作った小さな輪の中で製品を開発できました。しかし、特に携帯電話機は、どんどん多機能化していき、必然的に統合に必要なコストと期間が爆発的に増大してしまいました。そこで、あらかじめ統合されたソフトウエアコンポーネントの組み合わせを1つの企業から購入する「ワンストップソリューション」が求められるようになりました。(2010/10/15)

Intel社が「GENIVI」の活動を説明、日産は「極めて正しい」と高評価
(2009/7/23)

これからのNGN:
NEC、NGNパートナープログラムを強化
NECは、2008年3月に設立した「NGNミドルウェアパートナープログラム」の強化策を発表した。(2009/3/23)

組み込み分野に浸透進むオープンソースソフトウエア
複雑化/大規模化が進む組み込みシステム向けのソフトウエア。これを限られた予算や期間で開発するために、オープンソースのソフトウエアの存在が大きくクローズアップされている。しかしながら、これを有効に活用するためには、注意すべき事柄が数多く存在する。本稿では、組み込み機器分野でオープンソースのソフトウエアの利用を考えるに当たって知っておくべきことをまとめる。(2009/1/1)

組み込み技術:
用途は携帯電話機だけでない、組み込み機器に向くAndroid
2008年11月19〜21日に横浜で、組み込み機器の開発者やソフトウェア・エンジニアに向けた展示会「組込み総合技術展 2008」が開催された。なかでも、OHA(Open Handset Alliance)が提供するソフトウェア「Android」に関する出展が多く、来場者の注目を集めていた。(2008/12/15)

LiMoケータイの8割超がMontaVista Linuxを採用
(2008/10/2)

NEWS
日本TI、ポータブル機器でGUIを実現する低価格メディアプロセッサを発表
ハンディカラオケ機やユニバーサルリモコン、ビデオドアフォン、電子ゲーム機などのグラフィック表示に利用できる、ARM9ベースのプロセッサ「TMS320DM335」がリリース。(2008/7/17)

モバイルLinux推進団体のLiMoとLiPSが合併へ
7月から、Linux Phone Standards Forumの活動はLiMo Foundationに統合される。(2008/6/28)

Heartbeatでかんたんクラスタリング(5):
HAクラスタ構築に便利な豆知識
Heartbeat開発の中心メンバーが突然の独立宣言? Heartbeatのソースコードはどう変化したのでしょうか。最終回の今回は、開発リポジトリを用いたビルド手順やHAクラスタの運用に際して覚えておくと有用な心得についても紹介します。(2008/4/11)

NEC、NGN推進プログラムを発足――オラクル、MSなど10社が参加
次世代ネットワークのさらなる促進を目指すNECは、IT企業10社とともに推進パートナープログラムを立ち上げた。(2007/12/26)

プロセッサ/マイコン ARMマイコン:
アーム社、ARMv7アーキテクチャのマルチコア「Cortex-A9」を発表
(2007/10/15)

MontaVistaがSCOPE Allianceに参加
MontaVistaは、ネットワーク機器プロバイダーで組織される団体「SCOPE Alliance」への参加を発表した。通信関連業界でのマーケット拡大を目指す。(2007/10/12)

ARMほか6社、モバイルLinuxプラットフォーム開発で協力
MontaVista、Mozilla、Samsung、TIなどのパートナーと協力して、オープンソースのモバイルLinuxプラットフォームを開発する。(2007/10/4)

組み込みソフト開発にも「Eclipse」の波
エンタープライズ分野のJava開発ではすでにデファクトスタンダードとなった「Eclipse」。ソフトウエア開発を包括的にサポートするこの開発プラットフォームは、組み込みソフトウエアにも対応すべく着々と進化を続けている。本稿では、Eclipseの組み込みソフト開発向けプロジェクト「DSDP」の現状を概観するとともに、組み込みソフト開発において同プロジェクトが果たすであろう役割について解説する。(2007/10/1)

MontaVista、携帯向けOS「Mobilinux 5.0」を発表
「MontaVista Mobilinux 5.0」では、セキュリティや電源管理機能を強化。起動時間も短縮した。(2007/9/28)

携帯電話のLinuxをめぐるトレンド
iPhoneの登場は、業界に最大級の旋風を巻き起こした。この市場はまさしく、自らの手でルールを変えられればゲームに勝てる、というものだ。そしてオープンソースもこの携帯電話市場の表舞台に押し出されている。(2007/9/21)

モンタビスタ、MontaVista Application Developer Kit 5.0をリリース
(2007/4/10)

モンタビスタ、MontaVista Linux Professional Edition 5.0をリリース
(2007/4/6)

「DaVinci」の設計環境を試す:
組み込み向けプラットフォームの真価
組み込み機器向けプラットフォーム/ソフトウエアの開発エコシステムは、ますます複雑化していく組み込み機器をうまく設計するための重要な要素となってきた。本稿では、米Texas Instruments社のDaVinciプラットフォームを利用した開発プロジェクトから学んだ、設計における課題を示す。(2007/2/1)

アプリックスとMontaVistaが協業
アプリックスはモバイル分野でのLinuxソフトウェアの開発を目的に、MontaVista Softwareと協業、出資を行う。(2006/12/6)

Linuxコミュニティを武器に携帯分野で躍進──「Qtopia」で頭角を現すTrolltech
3G携帯開発で汎用OSの採用が相次ぐ中、注目を集めているのがLinux OSだ。Linuxベースのアプリケーションプラットフォーム「Qtopia」の開発を手がけるノルウェーのTrolltechに、同社のビジネスモデルと戦略について聞いた。(2006/10/10)

LinuxWorldがソウルに登場
先週ソウルで開催された、韓国初のLinuxWorld Conference and Expo、国内のITインフラストラクチャーにLinuxを積極的に採用しているだけあって、国内ベンダーだけでなく、政府機関、高等教育機関、さらには各種の支援団体が並ぶ場となった。(2006/6/23)

RSA Conference Japan 2006:
200種類に達したモバイルマルウェア、金儲け目的のものも――F-secureが警告
F-SecureのChief Research Officer、ミッコ・ヒッポネン氏によると、日本のモバイルマルウェアの状況は、ヨーロッパに比べずいぶん良好な状態にあるという。(2006/4/28)

Trend Insight:
MotorolaのLinux携帯に失望するサードパーティー開発者
Motorolaがスマートフォン携帯を組み込みLinuxに移行したことは、同社にとっては「当たり」でも、エンドユーザーには「外れ」だったのだろうか。(2006/2/13)

Texas InstrumentsとMontaVistaがデバイスの相互運用性の向上を約束
TIは、DSPベースの家電向けデジタルビデオ統合ソリューション「DaVinci」にMontaVista Linuxを採用することを決定したが、その狙いを読み解く。(2006/1/20)

Intel、90nm版の多機能携帯向けNORフラッシュメモリ出荷
90nm版の「StrataFlash Cellular Memory」(M18)は、130nm版に比べて高速化、高密度化、省電力化を図っている。(2005/11/18)

Linux携帯の標準化目指す「LiPS」設立
LiPSの目標は、全メーカーのLinux携帯と互換性のあるアプリケーションを構築できるAPIを開発することだ。最初のLiPSデバイスは2007年に市場に登場する。(IDG)(2005/11/15)

OSDL、Linux携帯の作業部会新設
Linux推進団体のOSDLは携帯端末プラットフォームに的を絞った作業部会MLIを新設した。MontaVista Software、Motorola、PalmSourceなどが参加している。(2005/10/18)

モンタビスタ、リアルタイム性能を強化した携帯向けLinuxを開発
携帯電話向けLinuxに注力するモンタビスタが、リアルタイム性能を強化したLinuxを発表した。カーネル2.6をベースに作られており、応答速度は「リアルタイムOS並み」。(2005/9/7)

PalmSource、携帯LinuxのMontaVistaと提携
両社は互いの開発者プログラムに参加する。China MobileSoftの技術をLinux版Palm OSの基盤として採用するというPalmSourceの計画には変更なし。(IDG)(2005/8/10)

組み込み企業最前線 − モンタビスタソフトウエアジャパン −:
MontaVista Linuxは携帯から自動車情報系へ
今年から本格普及を始めたLinux搭載携帯電話。そこで使われる組み込みLinuxを提供するのがモンタビスタソフトウエアだ。コミュニティと連携しながら、PC向け汎用OSのLinuxを精巧な組み込みOSに磨き上げ、“Linux携帯”実現を底辺で支えてきた。次に狙うは、携帯電話以上にシビアさが求められる自動車分野だ。(2005/7/20)

組み込みイベントレポート:
組込みシステム開発技術展に見る最新事情
組み込みの「いま」が凝縮された展示会、ESEC。3日間にわたって会場を回って集めた各社の最新製品や動向をお伝えする(2005/7/12)

モンタビスタ、携帯メーカー向けLinuxソリューションを提供
(2005/2/9)

LinuxによるRTOSの実現(1):
リアルタイム機能とLinuxでの実現方法
組み込み分野では、リアルタイム性の保証が重要なテーマの1つとなる。Linuxでも、それを実現するための取り組みが行われている(2005/1/12)

ドコモ、MontaVistaに3億円出資
約3億円を出資する。ドコモのLinux携帯の機能向上、開発の効率化が狙い。(2004/12/21)

組み込みLinux業界動向:
組み込みLinuxのメリットと弱点は何か?
携帯電話や情報家電市場の活況で、組み込み分野が面白くなっている。その中でLinuxはどのような存在なのだろうか?(2004/11/26)

松下とMontaVista、組み込みLinuxで包括契約
(2004/11/17)

NECエレとMontaVista、組み込みLinuxシステムの開発販売で提携
(2004/11/1)

モンタビスタ、一般向けに組込用Linuxの技術トレーニングコースを提供開始
モンタビスタソフトウエアジャパンは、組込用Linuxの技術トレーニングコースに新クラスを追加した。(2004/10/20)

Sun、2005年にOpteronブレード投入へ
(2004/9/7)

VIA、ハードアクセラレート機能加えたLinuxメディアプレーヤー発表
(2004/8/27)

N900iL発表でケータイ組み込みLinuxはスタンダードになるか
最近では、組み込みLinuxを採用する家電機器は増える一方。NECからLinux World Expo/Tokyoで参考出展されていたケータイが、無線SIPサポートの無線LAN機能を搭載しNTTドコモから発表された。(2004/7/13)

キャリアグレードLinuxに22社が協力
(2004/6/19)

NEC、Linux携帯を参考出展
NECはFOMAベースの筐体にLinux OSを組み込んだ試作機を展示した。メニュー構成などは現行のFOMAと全く同じで、画面はX Windowで描画されている。2004年度中に市場投入する予定。(2004/6/2)

2004 International CES
「Innovations Awards」から気になる製品をピックアップ
CES開幕前々日、恒例の「Innovations Awards」受賞製品のお披露目の場となる「INNOVATIONS 2004」プレビューレセプションが行われた。(2004/1/8)

The Rational Edge:
『オープン』の正体 (後編)
 オープン・ソース・ソフトウェア(OSS)に代表される『オープン』という概念に関し、『オープン』の正体 (前編)では、その歴史的背景や類型の整理を行った。後編では、『オープン』概念(おおむね、OSSについての)現状分析および今後の課題を考察する。(編集局)(2003/10/22)

全貌を現したLinuxカーネル2.6(第2章):
サポート・アーキテクチャ/デバイスの拡充
対応ハードウェアの拡充は、適用範囲の拡大をもたらす。カーネル2.6では、より多くのCPUやデバイスをサポートするほか、電源管理機能などの大幅な強化が行われている。(編集局)(2003/2/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。