ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「米国映画協会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「米国映画協会」に関する情報が集まったページです。

映画の日本語字幕を無断作成・公開で初の逮捕者
映画の日本語字幕を違法に作成し、アップロードした著作権法違反の疑いで、東京都文京区の男(54)が逮捕された。(2016/7/6)

Google、SPEの情報流出で発覚したSOPA復活策略に懸念を表明
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)から流出したメールコンテンツから、米国映画協会(MPAA)が2012年に採決延期となったインターネットの検閲を可能にするSOPA法案を復活させようとしていることが発覚し、Googleが懸念を表明した。(2014/12/19)

SOPA抗議ストライキの翌日:
米司法省とFBI、MEGAUPLOADを著作権侵害容疑で遮断 関係者を逮捕
米司法当局がオンラインストレージサービスのMEGAUPLOADの関係者を逮捕・起訴し、Webサイトを遮断した。これを受けてハッカー集団がDOJやSOPA支持者のWebサイトを攻撃している。(2012/1/20)

オンラインロッカーに「著作権侵害の直接の責任なし」と米判事
映画業界がオンラインストレージサービスHotfileを著作権侵害で訴えていた訴訟で、米判事はHotfileに直接の責任はないとの見方を示した。(2011/7/12)

米映画業界、オンラインストレージHotfileを著作権侵害で提訴
米国映画協会は、Hotfileがユーザーに映画やテレビ番組の違法コピーをアップロードするよう奨励したと訴えている。(2011/2/9)

「合法的DVD複製ソフト」、RealNetworksが販売停止受け入れ
RealNetworksがDVD複製ソフト「RealDVD」をめぐる訴訟で映画業界と和解した。業界側の要望通り、同ソフトの販売を停止する。(2010/3/4)

せかにゅ:
初のiPhoneワームの作者、「こんなに広がるとは」と後悔
iPhoneに感染する初のワームを作成した青年は、多くの人から脅迫を受け、「行動する前にもっと考えるべきだということを学んだ」と話している。(2009/11/17)

RealNetworksのDVD複製ソフトに販売差し止め命令
米裁判所は、DVDの中身をHDDにコピーするソフト「RealDVD」がデジタルミレニアム著作権法に違反するという判決を下した。(2009/8/13)

「Apple製品、好きだよ」 ハッカー・DVDヨンの素顔
DRM破りで有名なDVDヨン。攻撃的なハッカーというよりは、ガジェットとビジネスに目を輝かせる、穏やかな25歳だ。(2009/7/10)

テクノロジーにまつわる「わたしがむかつく20のこと」
「あなたがわたしについて知らない25のこと」というお題がはやっているようだが、誰かのことを知りたいと思ったら、その人が嫌いなことを知るべきだ。(2009/2/17)

RealNetworks、DVDコピーソフトの販売を一時停止
RealNetworksはRealDVD一時販売停止について、映画業界から起こされた訴訟が原因だとしている。(2008/10/6)

RealNetworksの「合法的」DVDコピーソフト、著作権侵害で提訴される
PCのHDDにDVDコンテンツをコピーできるソフト「RealDVD」が著作権侵害であるとして、映画会社がRealNetworksを提訴した。(2008/10/1)

HP、PTAや青少年育成団体と共同で「家族向け動画サービス」を立ち上げ
安心してアクセスし、子供向けの安全なコンテンツを購入できる家族向けの新サービスがスタートした。収益は、PTAなどの活動資金に充てられる。(2008/5/22)

P2P検索サイトに1億1000万ドルの罰金――MPAAとの訴訟で
BitTorrentでの違法ファイル交換を助長したとして、TorrentSpyに対し、罰金の支払いと著作権侵害行為の終局差し止め命令が下された。(2008/5/9)

MPAA、違法コンテンツへのリンク集サイトPullmylinkを提訴
米国映画協会が、著作権侵害コンテンツにリンクを張るPullmylink.comを提訴した。(2008/4/19)

映画業界団体の違法コピー調査に誤り
「映画業界の米国での損失の44%は大学生の海賊行為が原因」とするMPAAの2年前の調査は、不正確で実際よりも数字が大きかった。(2008/1/24)

HD映像を無線伝送 60GHz帯を利用した「WirelessHD1.0」策定
米Intelや松下電器産業、ソニーなど8社が参加する「WirelessHDコンソーシアム」は、60GHz帯を利用し、非圧縮でハイビジョン映像を伝送できる無線通信規格「WirelessHD1.0」の策定を完了したと発表した。(2008/1/7)

MPAA、P2P検索サイトとの訴訟に勝利
米国映画協会が著作権侵害でTorrentSpy.comを提訴していた訴訟で、全面的な勝利を収めた。(2007/12/20)

Leverage OSS:
iptablesで商用のファイアウォールを置き換える
iptablesを擁するフリーの代替ファイアウォール「Netfilter」でエンタープライズファイアウォールが実現できることを事例を踏まえて説明しよう。(2007/12/19)

「作品盗むな」とMP3ファイルを破壊するマルウェア
RIAA(全米レコード協会)を名乗り、メディアファイルを破壊して「人の作品を盗んではいけない」というメッセージを表示するマルウェアが出現。(2007/10/25)

映画業界、再び違法コンテンツへのリンク集サイトを提訴
米国映画協会が、著作権侵害コンテンツにリンクを張るCinematube.netとSsupload.comを提訴した。(2007/9/29)

BitTorrent日本法人設立 国内でコンテンツ配信へ
米BitTorrentが日本法人を設立。商用版「BitTorrent DNA」をコンテンツパブリッシャー向けに提供し、国内コンテンツ配信事業に参入する。(2007/9/25)

動画配信のVeoh、UMGを提訴
「Veohは著作権侵害」とするUMGの「脅し」に対処するため、Veohが逆にUMGを提訴した。(2007/8/10)

映画業界、違法コンテンツへのリンク集サイトを提訴
ネット上の著作権侵害コンテンツにリンクを張っているWebサイトが、「侵害行為を助長している」として訴えられた。(2007/6/28)

米国映画協会の元会長バレンティ氏死去
米国映画業界を代表するロビイストとして有名な、ジャック・バレンティ氏が死去した。(2007/4/28)

「iPodに映画DVDをコピー」で映画会社が訴訟
MPAA会員の映画会社が訴えたのはiPodとDVDを売る業者だが、EFFは「個人のフェアユースも対象になる」と警告している。(2006/11/18)

全米映画協会、ボーイスカウト向けに「反海賊版」プログラム
全米映画協会が、映画産業のお膝元のロサンゼルスおよび近郊のボーイスカウトを対象に、著作権侵害の影響を教育するプログラムを提供する。(2006/10/24)

映画レーティング情報をメールで配信
新作映画のレーティング情報を毎週メールで配信するサービスがスタートした。保護者が子供に見せる映画を選ぶ際の参考としてもらう狙い。(2006/7/20)

「MPAAに個人情報盗まれた」とサイト運営者が提訴
BitTorrent関連サイトの運営者が、MPAAに不正アクセスされて個人情報を盗まれたとして訴訟を起こした。(2006/5/25)

Magi's View:
フリーソフトウェアを陥れる罠
FSFはデジタル著作権管理の危険性を世間に周知する運動の準備を進めている。自らの利害とユーザーの権利とを混同させようとしているDRM支持派の戦術をあばき、仕組まれた用語を事実に即した用語に置き換えることが狙いだ。(2006/5/17)

MPAA、海賊版交換でニュースグループ向けサイトを相手取り訴訟
全米映画協会が、初めてニュースグループ向けWebサイトを海賊版交換で提訴した。映画や音楽、ゲームファイルをメッセージに添付することにより、ニュースグループが海賊版の温床となっていると指摘している。(2006/2/24)

映画・音楽業界がInternet2に参加
学生のファイル交換に利用され、物議を醸している次世代インターネットプロジェクトInternet2に、RIAAとMPAAが加入した。(2005/9/10)

P2P側2社、「著作権侵害の助長行為」解釈を批判
最高裁はGroksterとStreamCastに対してユーザーによる著作権侵害を助長したという判決を下し、この争いは下級審での審理へと差し戻された。(IDG)(2005/6/28)

BitTorrentに「トラッカーレス」の新バージョン登場
P2PネットワークのBitTorrentの新版がβ公開された。違法ファイル交換摘発の手掛かりとなっている「トラッカー」なしでファイルを配布できるようになった。(2005/5/21)

DVDコピーチップ訴訟で映画業界とESSが和解
DVDの違法コピーを可能にするチップを販売したとしてメーカーのESSを提訴していたMPAAは、和解の成立を発表した。(2005/4/15)

P2P企業の責任問う訴訟、3月29日に米最高裁で口頭弁論
ユーザーによる著作権侵害に関するP2Pサービス企業の法的責任をめぐる裁判で、米最高裁での口頭弁論の期日が3月29日に設定された。(2005/1/22)

P2Pの著作権侵害責任問題、米最高裁で審理へ
P2Pソフトベンダーに対し法的責任を問う審理が米最高裁で実施されることが決まった。(IDG)(2004/12/11)

映画業界が個人提訴正式発表。シュワ知事も支援
RIAAの戦術にならい、MPAAも同様の著作権法違反の個人提訴を行うことが正式に発表された。(2004/11/5)

海賊行為防止法、上院通過への「反発」と「歓迎」
司法省によるファイル交換者への民事訴訟を認めるPIRATE Actを、「司法省を映画・音楽業界のための法律事務所に変える」とP2P業界団体は批判。一方コンテンツ業界はこれを支持している。(IDG)(2004/6/30)

ハイテク大手が団結、「公正使用権」法案を推進
大手IT企業や消費者団体が新団体を結成、映画や音楽の私的複製を作成する「公正使用権」を認める「デジタルメディア消費者権利法案」を米議会で通過させるために活動する。(IDG)(2004/6/23)

「情報メディア白書2004」から〜電通総研が斬る! 地上デジタル放送への論点(5)
アメリカに見るデジタル放送普及の政策課題
「情報メディア白書2004」の巻頭特集では、海外動向として、アメリカ、ヨーロッパ、アジアのデジタル放送を取り上げている。今回はその中からアメリカの事例を紹介しつつ、デジタル放送普及の政策的課題を検討したい。(2004/6/3)

レーベル対P2P業界、舌戦の勝者はパンクロッカー
米大学で開かれたデジタル音楽をめぐる討論会で、音楽業界の代表とP2P業界が激論。その中で特に支持を得たのは、「第3の視点」に立ったパンクバンドfugaziのイアン・マッケイ氏だった。(IDG)(2004/4/15)

特集:次世代DVDへの助走
「大容量こそが次世代光ディスクに必要」〜パナソニック ハリウッド研究所
Blu-ray Disc Foundersと映画スタジオとのインタフェース役を務める「パナソニック ハリウッド研究所(PHL)に次世代DVDに対する取り組みを聞いた。彼らが、実際に映画スタジオと協業する中で、純粋に技術者として必要だと感じているもの。それは絶対な大容量と、将来に向けた拡張性。つまり“余裕”だという。(2004/2/10)

P2P企業vsコンテンツ業界、第2ラウンド始まる
「P2P企業はユーザーの違法行為の責任を負うのか?」を問う訴訟が控訴審に入る。レコード業界と映画業界はNapsterの判例を持ち出し、「ファイル交換ソフトに罪はない」との先の判決を覆したい考えだ。(2004/2/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。