ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国民的」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国民的」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「知的試行錯誤」のすすめ【中編】:
『思考の整理学』著者・95歳“知の巨人”外山滋比古が歩んだ「反常識人生」
95歳「知の巨人」による「反常識の仕事観」に迫る。(2019/6/24)

ブランドを総点検:
ブランド生態調査に見る、現代事情が面白い
「ブランド生態調査〜首都圏・関西7000人のブランド生態系」が面白い。この調査は、好きな理由とともに全てのブランドを「純粋想起」で聞くという恐らく日本で初めての調査だ。多くのマーケット分析者がこれまでに得ている消費者の自社ブランドへの知見が、いかに限定的なものだったかが明らかに。(2019/6/17)

21日公開「劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」 息子との関係、吉田鋼太郎が解き明かす
国民的RPGの「ファイナルファンタジー」がキーアイテムになっている映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』が21日に公開される。(2019/6/11)

うれしそうに踊る「母」の文字が好評 →リプライに「父」や「兄」が続々登場、にぎやかな擬人化家族に
華麗なる連係プレー。(2019/6/7)

海外展開に挑む:
ガンダムとハローキティがそれぞれ「ハリウッド映画」作る――サンリオと創通の仕掛け人が明かす「世界制覇の勝算」
機動戦士ガンダムの版権管理などを手掛ける創通の田村烈常務取締役と、サンリオの下村陽一郎取締役がITmediaビジネスオンラインの取材に応じ、「機動戦士ガンダム」と「ハローキティ」の海外展開の展望を明かした――。(2019/6/6)

コロプラ株価が一時ストップ高 「ドラゴンクエストウォーク」共同開発で期待集まる
シリーズ初の位置情報ゲームに期待が集まっています。(2019/6/3)

意外な関係:
NTT東がeスポーツ参入 社長直轄で異例のスピード事業化
NTT東日本が、対戦型ゲームで競い合う「eスポーツ」事業に本格参入した。eスポーツ事業は、昨年6月に就任した井上福造社長(63)の“鶴の一声”でスタート。社内に隠れた有力人材がいたことも幸いし、異例のスピードで事業化を実現した。“井上社長の野望”とは−。井上氏とゲーム事業との意外な関係に迫る。(2019/5/31)

スピン経済の歩き方:
復活の兆しがある「社内運動会」は、本当に組織を活性化するのか
社内運動会を開催しているところが増えているという。「社内運動会=昭和」のイメージがあるが、どういった目的で開催しているのか。「組織を活性化するために」といった声が多いが、本当にそんなこと……。(2019/5/28)

辻希美“億チューバー”現実味? ネットでの実績は十分! 成功なら芸能界に地殻変動も
元「モーニング娘。」でタレントの辻希美(31)が、ついにYouTubeに「辻ちゃんネル」を開設して、ユーチューバーの仲間入りを果たした。たびたび炎上もしているとはいえ、SNSを駆使し、ママタレントの勝ち組でもある“辻ちゃん”のユーチューバー参入に、業界内も注目しているが、果たしてその勝算は。(2019/5/27)

「首相とセルフィーする日が来ようとは」 高畑充希&大泉洋、安倍首相と“爆笑連発”ディナーでの3ショット披露
安倍首相は2人が出演した映画のファン。(2019/5/23)

スピン経済の歩き方:
なぜ日産は「技術」をアピールして、「ぶっ壊せ」と言えないのか
日産の業績が悪化している。「ゴーン前会長のことがあったから仕方がないでしょ」と思われている人が多いかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違うところが気になるという。それは、同社のCM「ぶっちぎれ、技術の日産」というコピーだ。(2019/5/21)

PR:キミの作ったゲームキャラがパッケージに! ブラックサンダー25周年記念コラボ、巨大クッションプレゼント
「黒い砂漠」と「黒い雷神」(2019/5/16)

「のび太は植物状態」など都市伝説化している“ドラえもん最終回” 本物のエピソード知ってる?
ググるといろいろ出てくるけど、どのエピソードが本物なの?(2019/5/13)

キンプリ永瀬廉&なにわ男子道枝駿佑が好演「俺のスカート、どこ行った?」 ブラック部活問題を描いた2話にグッとくる
古田新太のズラが取れるのは大きな伏線なんだろうか。(2019/5/4)

「コナン映画」Twitterで悪質ネタバレ 「見る」とつぶやいた人に真犯人暴露 法的責任問える?
公開中の人気アニメ「名探偵コナン」の映画をめぐる「怪事件」が起きている。Twitterで映画を観賞予定だとつぶやいた人たちを標的に、意図的に結末や真犯人をばらす「ネタバレ」するアカウントが複数確認されているのだ。迷惑極まりないが、ネタバレ犯の責任を追及できるのか。(2019/4/26)

英国では1億超の非課税枠 つみたてNISAの恒久化目指す 金融庁遠藤長官
金融庁主催の投資家向けイベント「つみたてNISAフェスティバル 2019」に登壇した金融庁の遠藤俊英長官が「つみたてNISA」の拡大に意欲。また運用型保険商品の透明性や、決済など機能別規制のあり方について話した。(2019/4/22)

若い世代の方が好感:
世論調査にみる「令和」の好感度 かつて廃止論の社共も歯切れ悪く
新たな元号が「令和」に決まった。産経新聞とフジニュースネットワーク(FNN)が6、7両日に実施した合同世論調査によると、新元号を「良いと思う」との回答は87.0%に達し、国民の大多数は好感を持って新元号を迎えた。元号は国民生活に定着し、制度存続が望ましいとの声はむしろ、若い世代の方が多い。平成改元時には「軍国主義復活」などと難癖をつけた左派政党も今回は歯切れが悪く、皇室や伝統を否定するお家芸は支持を得られない時代になったようだ。(2019/4/17)

高橋留美子の新連載『MAO』発表 都市伝説「連載作品の頭文字=RUMIKO」が覆る 高橋「タイトルは全くの偶然」
『らんま1/2』は「R」、『うる星やつら』は「U」……ネットでささやかれていた「高橋留美子の連載作品=RUMIKO」説。高橋先生は本当に狙っていたのでしょうか?(2019/4/17)

RPGに学ぶセキュリティ〜第3章〜:
ダンジョンに入った主人公編――攻撃者も侵入時には暗中模索?
40〜50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載。今回は、RPGに必ずといっていいほど登場する「ダンジョン」を例に、「初めて侵入したシステム内での攻撃者の動き方」について説明したい。(2019/4/8)

「皆めっちゃ大人になってる〜!」 「大!天才てれびくん」同窓会で出川哲朗&元てれび戦士が再集結
懐かしの大天。(2019/4/1)

史上初のコラボ:
ガンダムvsハローキティ!? 国民的キャラクターがガチンコで“殴り合う”理由とは
「ガンダム」が今年で40周年、「ハローキティ」が45周年を迎える節目の年を記念して、コラボ企画「ガンダムvsハローキティ」が始まる――。(2019/3/29)

平成日本の最期:
働き方改革は「平成の戦艦大和」になるのか
「平成最後の月」となる2019年4月、いよいよ高度プロフェッショナル制度(高プロ)が施行される――。(2019/3/29)

PR:Renta!でマンガ全巻が無料でもらえるチャンス! ねとらぼ編集部が選ぶ「イッキ読みしたい漫画」13選
全部マジで面白いやつです。(2019/3/20)

「お金」と「仕事」の本当の話をしよう:
週100時間以上働くエリートほど出世しない理由
投資銀行やコンサルティングファームで働くエリートは長時間労働をしがちだ。しかし、業務に必死に取り組むエリートほど出世しないという。どういうことなのだろうか。(2019/3/20)

高齢者支援が重荷に:
「見えない増税」に注意! 健保組合の保険料が10年で10万円アップ
日本の医療保険制度を支える健康保険組合の経営悪化が進行している。健康保険組合連合会が昨年末に発表したデータによると、平成29年度は加盟約1400組合のうち4割以上が、支出が収入を上回る赤字状態となった。背景にあるのは高齢者向け医療費の慢性的な増加で、健康保険に加入する現役世代が高齢者の医療費を支える構図が強まっている。こうした中、加入者が負担する保険料はこの10年で10万円も上がり、手取り収入は押し下げられる一方だ。日本経済は緩やかな回復基調が続いているというが、消費者(加入者)の負担感は当面拭えそうにない。(2019/3/13)

さぁて、お気に入りの「サザエさん」は? 磯野家一人一人にスポットを当てた傑作選50作品が配信開始
「サザエはミス日本」「タラちゃんパパになる」など。(2019/3/8)

新規顧客をつかまえろ:
ドラゴンボールマンチョコ、売り上げ700万個の陰に「飽きさせない工夫」
1977年発売のロッテのロングセラー商品「ビックリマンチョコ」が売れている。要因のひとつがコラボ商品だ。最新の「ドラゴンボールマンチョコ」は700万個に上った。(2019/3/1)

世界を「数字」で回してみよう(56) 働き方改革(15):
外国人就労拡大で際立つ日本の「ブラック国家ぶり」
ここ最近、連日のように報じられている「外国人労働者の受け入れ拡大」。メディアで報じられている課題はともかく、この外国人就労拡大で際立っているのが、日本の「ブラック国家ぶり」です。このブラックぶりは、驚きを通り越して、むしろすがすがしいほどなのです。(2019/2/26)

猶予期間は必要?:
山口百恵から嵐まで 変わるアイドルの“引き際”
来年末で活動を休止する人気アイドルグループ「嵐」の引き際について、ファンの間で波紋が広がっている。アイドルの引退をめぐっては、絶大な人気を誇りながらも昨年有終の美を飾った安室(あむろ)奈美恵さんや、最後のコンサートでステージにマイクを置いて去った山口百恵(ももえ)さんら印象的なケースも少なくない。ただ、最近は引退や活動休止まで猶予期間を置くなど、引き際のありようも変わってきているようだ。(江森梓、有年由貴子)(2019/2/20)

栗子は裏切らない! 国民的筋肉俳優、中国美女ロン・モンロウに魅了される姿が話題に
笑顔がキラッキラだった。(2019/2/15)

近未来の働き方を想像する:
もしも銭形警部が人工知能を使いこなしたら、警察はルパンを逮捕できるのか?
日本では「熱血型上司」が人気だという。しかし、近い将来それと対極にある存在が私たちの上司になるかもしれない。人工知能だ。そのとき、部下の動きはどのように変わっているのだろうか。「ルパン三世」の銭形警部を例に見ていこう。(2019/2/13)

広がる“嵐ロス”:
嵐「あと2年」の影響力 TV番組・CM・音楽……5人の足跡
来年末での活動休止を発表したアイドルグループ「嵐」はテレビやCM、音楽などで実績を残してきただけに、各業界に“嵐ロス”が広がる。一方で、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた露出増大の予測やライブチケットの人気集中による混乱への懸念などさまざまな声が上がった。(兼松康、竹中文、三宅令)(2019/2/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
どれほど深刻? 厚労省不正統計問題を「超」分かりやすく解説
厚生労働省が作成する統計で、不正が行われていたことが波紋を呼んでいる。本記事では可能な限り分かりやすく、今回の統計不正について解説してみたい。(2019/2/7)

「騎士竜戦隊リュウソウジャー」メインキャスト発表 ヒロインに元X21の尾碕真花
尾碕さん「“楽しむこと”と“真剣さ”を両立させていきたい」(2019/2/6)

スピン経済の歩き方:
嵐の会見は「100点」、その理由は?
人気アイドルグループ「嵐」の記者会見が話題になっている。ネットを見ると、多くの人が嵐の対応に「好感がもてた」といったコメントをしているが、筆者の窪田氏はどのように分析しているのか。プロの目から見ると……。(2019/1/29)

嵐「活動休止」で再確認した“聡明さ” 1月27日の嵐がスゴかった3つのポイント
寂しい、でもすごい。(2019/1/28)

消えゆく「黒電話」マーク……若者は「使ったことない」「昔の暮らしを学ぶ授業で見た」
電話番号を表す記号としてつけられてきた「黒電話」のマークが消えつつある。10〜20代の若者世代は「マークは知っていても、実際に黒電話を使ったことはない」という声が大半を占めた。このまま黒電話マークは消えてしまうのだろうか。(2019/1/18)

レトロでおしゃれ:
消えゆく「黒電話」マーク……時代とともに変化 若者世代の大半は「実際に使ったことない」
多くの印刷物から電話番号を表す記号としてつけられてきた「黒電話」のマークが消えつつある。産経新聞でも昨年秋から黒電話マークを掲載しない方針が示された。デザインのモデルになっている受話器のついたダイヤル式の電話は家庭からすっかり姿を消したからだ。現在では個人で手軽に使えるスマートフォンが主流で、10〜20代の若者世代は「マークは知っていても、実際に黒電話を使ったことはない」という声が大半を占めた。このまま黒電話マークは消えてしまうのだろうか。(中井美樹)(2019/1/18)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
海外のキャッシュレス事例にみる、日本の決済に必要なもの
2019年以降、日本のキャッシュレス市場はどう変わるのか。またどうあるべきなのか。海外のキャッシュレス導入事例を挙げつつ、日本にキャッシュレスに必要なもののヒントを探りたい。海外では、日本では見られない、ユーザー視点のユニークな取り組みが多い。(2019/1/14)

東京オートサロン2019:
スープラ復活、美しい新型Mazda3…… 東京オートサロン2019で見た「期待の新型車」5選
2019年は楽しそうなスポーツカーが続々登場、胸熱ですよ。(2019/1/12)

「サザエさん」のじゃんけん、新春1回目が25年連続チョキ 偶然なら8472億8860万9443分の1
24回連続でチョキになる確率は2824億2953万6481分の1。(2019/1/8)

PR:Twitterトレンド大賞2018、最もツイートが盛り上がったのは「W杯(サッカー)」 特別賞に「クッパ姫」「Vtuber」なども
みんなのツイートが、トレンドになる。(2018/12/27)

若い子知らない絵だ! アニメ「サザエさん」放送初期のフィルム作品がデジタル化され配信開始
FOD、Amazon Prime Videoなどで12月26日から50回分配信、初代磯野家の貴重な声も。(2018/12/25)

放送50周年を記念:
フジテレビ、初期の「サザエさん」配信へ 声優は大山のぶ代さん、永井一郎さんら
フジテレビが「サザエさん」の1969〜70年放送分をデジタル化し、「FOD」「Amazon Prime Video」で26日午前0時から配信する。現在とは異なる作風や、大山のぶ代さん(カツオ)、永井一郎さん(波平)、麻生美代子さん(フネ)など、当時の声優陣による演技を楽しめる。(2018/12/25)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【後編】:
私が「ドラクエ」から“Vチューバー”アイドルのプロデューサーになった理由
スクエニ取締役の齊藤陽介さんは「ドラクエX」のプロデューサーを引退し、現在は「Vチューバー」アイドルを手掛けている。なぜ、「ドラクエ」から「Vチューバー」のプロデューサーに転じたのか。(2018/12/25)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【前編】:
「ドラクエ」前プロデューサーが考える組織論――切り開いた道は後進に譲り自らは荒野を歩く
「ドラクエX」と「ドラクエXI」のプロデューサーを務めたスクウェア・エニックス取締役の齊藤陽介さんは48歳の誕生日をもってオンラインゲーム「ドラクエX」のプロデューサーを引退した。なぜ「ドラクエ」のプロデューサーに若手を据え、自ら後進に道を譲ったのか。齊藤さんの組織論に迫る。(2018/12/21)

「ウルトラマン」が海外で再起動との報道、円谷プロも事実と認める ネットでは「ウルトラマンパワード」の再来に思いはせる声
作品を作っていくかどうかについては未定とのことです。(2018/12/13)

「姉と戦えるよう頑張りたい」「もっとクソガキで」 オスカー美女が恒例の晴れ着披露 岡田結実、本田望結らが2019年の抱負を明かす
麗しさしかない。(2018/12/4)

剛力彩芽「いつでも連絡してきなさーい!」 解散決定した後輩アイドル「X21」へ愛情あふれる感謝と激励の言葉
「X21」冠番組のMCを3年半務めてきた剛力さん。(2018/11/27)

「猫=魚が好き」なのは日本だけ?
大事にしてあげたい、猫ちゃんの気持ち。(2018/11/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。