ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国民的」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国民的」に関する情報が集まったページです。

「かなり攻めたカットも」 花澤香菜、30歳の節目に発売の写真集で大人の色気満載ショット
花澤さん「“これはエロい!”みたいな感じで盛り上がっちゃって(笑)」。(2020/2/20)

誤解だらけの日韓関係を問う:
日本の若者が「それでも」韓流に熱狂するワケ――中高年が理解できない深層心理
若者を中心にいまだ根強い韓流ブーム。反韓感情も少なくない中高年世代とは裏腹の「憧れの国」に。日韓関係を長く取材してきた毎日新聞記者が真相に迫る。(2020/2/17)

ドラえもんが50周年記念に表紙ジャック! 小学館のあらゆるジャンル50誌にドラえもんが登場
幼児誌から少女コミック誌に、ファッション誌まで。(2020/2/16)

本当に老後に2000万円必要なのか
老後に必要な蓄えは、年金以外にどのくらい必要なのか。昨年、国民的議論を巻き起こした「2000万円問題」について、ちまたの高齢者に聞くと、「老後に2000万円なんて要らないよ」と、騒ぎをいぶかる声もある。(2020/1/27)

「私は薬物とは一切関係ありません」 加護亜依、“元国民的アイドルが逮捕間近”報道を受けて身の潔白を宣言
「国民的アイドルグループ元メンバー」が薬物で逮捕間近との報道を受けて。(2020/1/18)

抜群の「嵐」効果 景気が良くなる“指標”に
令和2年末で活動を休止することになった人気アイドルグループ「嵐」。実は内閣府の景気ウォッチャー調査にも、嵐関連の記述が散見されるなど、景気動向を分析する上で無視できない存在となっている。(2020/1/14)

スマートファクトリー:
PR:「雪見だいふく」工場で進むスマート化、“完全自律運転”を目指すその第一歩
スマート工場化に積極的な取り組みを見せるロッテ浦和工場。モデルラインとして位置付ける「雪見だいふく」生産ラインでは「リアルタイム性」「エッジコンピューティング」をキーワードとし、設備の予兆保全と品質向上に取り組んでいる。同工場の取り組みを紹介する。(2020/1/8)

第70回NHK紅白歌合戦:
木村拓哉「思いっきり暴れて来い」 嵐、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMPの紅白をリハーサル取材から振り返る
【画像12枚】リハーサルで見えたのは各グループの人柄。(2020/1/3)

「いつまでトレンド1位!!!?」 鬼龍院翔、Mステ共演の“ボボボーボ・ボーボボ”の大反響に驚きを隠せない
ボーボボ読み返そ。(2019/12/28)

今日書きたいことはこれくらい:
【ファイナルファンタジーII】俺たちはなぜ、シドの死と最後の言葉にあんなにも心を動かされたのか
ハードのスペックが低く、「あっさり死ぬ」からこそ強烈な印象を残していたのではないか。(2019/12/21)

「のび太」モデルはスタイリッシュな丸メガネ……! JINSから限定メガネ「ドラえもんモデル」が2020年元旦に発売
「メガネメガネ……」(2019/12/17)

正露丸のニオイ対策、洗濯できない場合「風通しの良いところで陰干し」ぐらいしかない 公式「臭いが強すぎました」
強すぎたのか……。(2019/12/9)

マシリトが行く!【後編】:
『ドラゴンボール』を手掛けた『ジャンプ』伝説の編集長が明かす「ゲームプロデュースの神髄」
マンガをアニメやゲームなどへメディアミックスする際には何が大切なのか。鳥山明氏の国民的マンガ『ドラゴンボール』の担当編集者であり、『週刊少年ジャンプ』伝説の編集長「Dr.マシリト」こと現白泉社会長の鳥嶋和彦、バンダイナムコエンターテインメント取締役の内山大輔、バンダイナムコホールディングスIP戦略本部アドバイザーの鵜之澤伸、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」の平信一編集長に聞いた。(2019/12/6)

在外公館業務の特殊性を鑑みて:
「雇うべき障害者人数」外務省だけ引き下げへ 民間企業も未達成が多いのになぜ? 厚労省は「民間企業とは別の話」
民間企業でもなかなか進まない障害者雇用。18年に水増しが問題になった外務省では、雇うべき人数を政令で減らす方針だ。いったいなぜ? 厚労省の担当者に直撃して聞いた。カギは「在外公館業務の特殊性」にあるようだ。(2019/12/4)

「Adobe Experience Forum 2019」レポート:
NFLが「データのサイロ化」を解消してファン中心マーケティングを実践するためにやったこと
アメリカンフットボールは米国の国民的スポーツだが、NFLでファン中心のマーケティングを実践する上で大きな課題となっていたのがデータのサイロ化だ。この課題をどう克服したのか。(2019/11/30)

「サブスクの次」を見据えて:
4年で4倍の値上げが「当たり前」 クラウドサインの見る未来
日本に根強く残る、印鑑文化。クラウドサイン事業部長の橘氏は「誰もがおかしいと思っていたことは、誰かが変えていく」として、ハンコ文化からのデジタルトランスフォーメーションと、10年後の日本について語った。(2019/11/28)

人気テレビプロデューサー・栗原甚の仕事哲学:
『¥マネーの虎』生みの親が明かす! 難攻不落の社長たちを口説き落とした【準備ノート】のススメ
日本テレビで放送された伝説の人気番組『¥マネーの虎」。その番組の生みの親で、企画・総合演出・プロデュースをすべて担当したのが栗原甚さんだ。注目すべきは各業界の異端児であり多忙を極める社長たちを、いかにしてキャスティングしたのか。“虎”たちを口説き落とした秘密を聞くと、困難な状況を救った【1冊のノート】の存在が浮かび上がってきた。世界的なヒットコンテンツ誕生の舞台裏に迫る。(2019/11/26)

メキシコ訪問中のきゃりー、ふっさふさに眉毛繋がったショットに反響 「こち亀の両さんみたい」「かわいいフリーダさん」
メキシコの国民的芸術家フリーダ・カーロに扮したもの。(2019/11/23)

今日書きたいことはこれくらい:
「ガチャポン戦士2 カプセル戦記」はなぜファミコンにおけるガンダムゲーの最高傑作なのか
「SDガンダム」という題材と、「シミュレーションの皮をかぶったアクションゲーム」というゲームシステムの相性の良さ。(2019/11/23)

今日のリサーチ:
ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。(2019/11/14)

1時間で1.5兆円の売上げ新記録〜11月11日「独身の日」とは
もはや国民的イベント。(2019/11/12)

“独身の日” 中国アリババが恒例セール 開始約1分で取引額1000億円超え
中国で“独身の日”とされる11日、ECサイトを運営する事業者が値引きセールを実施した。最大手であるアリババグループの取引額は4時31分(現地時間)で過去最高の2135億元を記録した。(2019/11/12)

『ドラえもん』23年ぶり新刊 幻の第1話を収録した“0巻”発売
伝説の予告ページも収録します。(2019/11/8)

いよいよ発足:
eスポーツ、高校でも普及するか 全国高等学校eスポーツ連盟が乗り越えるべきハードルと見習うべき「米国モデル」
全国高等学校eスポーツ連盟(JHSEF)が11月1日に発足。eスポーツに関する啓発活動などを交え、保護者や教師などに存在する「eスポーツ=ゲーム」という認識を払拭(ふっしょく)していくという。海外にを移すと、米国では学術的調査やビジネスとの関連付けで着々と加盟校を増やしている。(2019/11/8)

「嵐」が“5大”SNS解禁 ジャニーズのグループで初
 来年末で活動を休止することを発表している人気アイドルグループ「嵐」が3日、東京都内で今後の活動に関する会見を開き、デビュー20周年の節目にSNS(会員制交流サイト)での情報発信を解禁すると発表した。デジタルメディアへの発信を規制してきたジャニーズ事務所に所属するグループでは初の試みという。メンバーの松本潤さん(36)は「ファンとの距離を縮め、リアルタイムでしか味わうことのできないスピード感を届けていきたい」と話した。(2019/11/5)

その表現をいかに日本語で豊かにできるか――江原正士&山寺宏一が「ジェミニマン」に吹き込む“3D化された言語”
声優界レジェンドの2人が、2人のウィル・スミスの吹き替えを務めます。(2019/10/25)

「ドラゴンクエストウォーク」公開1カ月の売り上げは93億円? 米調査会社が推計
あらためて日本のドラクエ人気を裏付ける結果に。(2019/10/18)

「バブー」からの成長恐ろしい! 21歳のイクラちゃん役は稲葉友、「磯野家の人々」で起業した大学生演じる
だいぶ雰囲気が変わりましたねイクラちゃん、いやイクラさん。(2019/10/18)

寡占市場での勝ち残り術:
エポック社のカプセルトイが攻め過ぎている理由【前編】
エポック社のカプセルトイ「カプセルトイができるまで」をご存じでしょうか。成形金型、塗装用のマスク型とスプレーガン、そして梱包用の段ボールと、実際のカプセルトイができるまでの各工程をミニチュア化した製品。そんな斜め上を行く「カプセルトイができるまで」の誕生秘話やカプセルトイづくりの難しさについて、担当者に話を聞いてきました。(2019/10/3)

今日書きたいことはこれくらい:
「ドラゴンボール 大魔王復活」はなぜ『ドラゴンボール』のゲーム化として最高だったのか
なぜ「神龍の謎」のシステムをそのまま引き継がなかったのか?(2019/10/6)

たくさんくっつけても連鎖の心配なし ぷよぷよのお寿司型フィギュアキーホルダーがカプセルトイで登場
いっくよー!(2019/10/1)

「ドラクエウォーク」セルラン1位継続でコロプラまたストップ高 5営業日で70%超の値上がり
スクエニも上昇中。(2019/9/24)

コロプラ株価がストップ高 「ドラクエウォーク」セルラン1位、順調な滑り出し好感
ランセール姫もお喜びかと。(2019/9/17)

消費税増税、周知する広告を流せない事情
10月の消費税10%への引き上げがいよいよ迫ってきた。だが、増税を目前にしても増税を周知する広告はほとんど目にしない。その代わりに見る機会が多いのは……(2019/9/9)

舞台「サザエさん」で10年後のカツオを熱演 荒牧慶彦、開幕初日インタビュー
初日公演の直後にお話を聞きに行っちゃいました。(2019/9/4)

『ちびまる子ちゃん』が帰ってくる! さくらももこの思い引き継ぎ『りぼん』で新作掲載へ
あたしゃ令和も頑張るよ。(2019/9/2)

あの「TENGAロボ」が国民的ロボットとまさかのコラボ! 「マジンガーTENGAロボ」「ゲッターTENGAロボ」発売へ
なにしてくれTENGA。(2019/8/30)

タイムアウト東京のオススメ:
次のブームが到来? ベトナムスイーツ「チェー」を味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/8/14)

大河ドラマ「いだてん」、北島康介が“フジヤマのトビウオ”古橋廣之進役で登場
クロールで泳ぐ北島に阿部サダヲ「速い速い!」。(2019/8/9)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
タピオカバブルは崩壊間近? 有力チェーン「ゴンチャ」が荒波を乗り越える条件
雨後のタケノコのように増殖し続けるタピオカ店。筆者はタピオカバブルの崩壊は近いと予想する。人気ナンバー1の「ゴンチャ」はスタバのように“文化”を創出できるか。(2019/8/6)

子どもの頃に誰もが抱く疑問「なかよし編集部は仲良しなのか」 編集部の“中の人”に直接聞いてみた
ねとらぼ読者から質問募集した結果、めっちゃ届いちゃったので聞いてみました。(2019/9/19)

ひろゆきの仕事哲学【前編】:
【独占】ひろゆきが語る「“天才”と“狂気”を分けるもの」
平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。前編のテーマは「“天才”と“狂気”を分けるもの」――。(2019/7/18)

連載「わが青春のインターネット」:
「2ちゃんねる」誕生から20年 名無しさんたちに聞いた“昔ながらの匿名掲示板”の魅力と今なお存続する理由
SNS全盛の時代に、なぜ巨大掲示板群は生き残っているのでしょうか。(2019/8/20)

「知的試行錯誤」のすすめ【中編】:
『思考の整理学』著者・95歳“知の巨人”外山滋比古が歩んだ「反常識人生」
95歳「知の巨人」による「反常識の仕事観」に迫る。(2019/6/24)

うれしそうに踊る「母」の文字が好評 →リプライに「父」や「兄」が続々登場、にぎやかな擬人化家族に
華麗なる連係プレー。(2019/6/7)

海外展開に挑む:
ガンダムとハローキティがそれぞれ「ハリウッド映画」作る――サンリオと創通の仕掛け人が明かす「世界制覇の勝算」
機動戦士ガンダムの版権管理などを手掛ける創通の田村烈常務取締役と、サンリオの下村陽一郎取締役がITmediaビジネスオンラインの取材に応じ、「機動戦士ガンダム」と「ハローキティ」の海外展開の展望を明かした――。(2019/6/6)

コロプラ株価が一時ストップ高 「ドラゴンクエストウォーク」共同開発で期待集まる
シリーズ初の位置情報ゲームに期待が集まっています。(2019/6/3)

スピン経済の歩き方:
復活の兆しがある「社内運動会」は、本当に組織を活性化するのか
社内運動会を開催しているところが増えているという。「社内運動会=昭和」のイメージがあるが、どういった目的で開催しているのか。「組織を活性化するために」といった声が多いが、本当にそんなこと……。(2019/5/28)

「首相とセルフィーする日が来ようとは」 高畑充希&大泉洋、安倍首相と“爆笑連発”ディナーでの3ショット披露
安倍首相は2人が出演した映画のファン。(2019/5/23)

スピン経済の歩き方:
なぜ日産は「技術」をアピールして、「ぶっ壊せ」と言えないのか
日産の業績が悪化している。「ゴーン前会長のことがあったから仕方がないでしょ」と思われている人が多いかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違うところが気になるという。それは、同社のCM「ぶっちぎれ、技術の日産」というコピーだ。(2019/5/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。