ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「国民的」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国民的」に関する情報が集まったページです。

競泳・池江璃花子は体調管理にWeb会議ツール活用 五輪まであと3カ月
白血病から復帰後、競泳日本選手権で4冠を達成し、リレー2種目で東京五輪代表に内定した池江璃花子選手。自国開催の晴れ舞台で輝くカギはWeb会議ツール「Zoom」の活用という。(2021/4/14)

関智一、ドラマ「桜の塔」に出演決定 “スネ夫声優”トレンド入りで代表作巡る議論が勃発「ドモン・カッシュだろ」「メップルのイメージ」
星の数ほどの「関智一」像。(2021/3/29)

「特番してください」「全員揃うとこ見たい」 武田真治&鈴木紗理奈&山本圭壱の“めちゃイケ”再会ショットに反響
めちゃイケ復活を願う声も。(2021/3/18)

お待たせマリオ:
USJの「スーパー・ニンテンドー・ワールド」オープン 集客の切り札に
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは任天堂の人気ゲーム「マリオシリーズ」をテーマとした新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」を18日、開業する。開業は昨夏の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で2度延期。当面の間、新型コロナの感染対策として整理券を配り入場を制限する。(2021/3/18)

「また3人の姿が見られるとは」 一夜限りで復活したファンモン、久々の3ショットに感動の声が送られる
ぶわっ。(2021/3/13)

吉木りさ、「妖怪ウォッチ」ED曲で7年ぶりに歌手復帰 「夢にも思いませんでした」と“ようかい体操”カバーに喜び
吉木さんの歌声好き。(2021/3/11)

「ガリガリ君」削ってかき氷に タカラトミー、累計50万個のヒット商品を復刻
タカラトミーアーツは2011年に話題になった「おかしなかき氷 ガリガリ君」を復刻する。3月25日発売。(2021/3/4)

塩野瑛久、2月末でオスカー退社へ 次の所属先明かさず「しばらくSNSを通じて見守っていただければ」
「ハイロー」小田島役で人気。(2021/2/22)

「もはや本物」「声優になれるくらい上手い」 “クレヨンしんちゃん”モノマネで「うっせぇわ」弾き語り動画、200万回再生突破の反響
どうしちゃったの、しんちゃん!(2021/1/23)

今井絵理子、SPEED25周年記念で人生を振り返る「国会議員として活動しているなんて……」 活動再開を願う声にも反応
今井さん「人生は何が起きるのか本当にわからないですね」。(2021/1/17)

「鬼滅の刃」が終幕を迎えてもヒットが続く理由 コンテンツデリバリーが変えた「終わるコンテンツ」ヒットの法則
『鬼滅の刃』は全23巻と、コンパクトにまとまった作品だが、エンディングを迎えた後も、その勢いは止まらない。その背景にあるものは何か。西田宗千佳さんが仮説を披露する。(2020/12/24)

「面白かった」「桃鉄やりたくなってきた」 総移動距離9000キロ、“リアル桃鉄”番組がトレンド入りの大反響
リアルでやっちゃうところがすごいな。(2020/12/22)

コロナ禍で「衛生商品」のほかに売れたものは? 「2020年、今年売れたものランキング」発表
「鬼滅効果」がここにも。(2020/12/14)

川口春奈、ヒカキン宅に初訪問! オムライスを振る舞う姿に「7億の価値がある」「好きになるわこれは」と羨望の声殺到
女優が訪問ってドキドキする。(2020/12/7)

6年間の引きこもりは「最高だった」 元“世界一即戦力な男”の作家・菊池良さんに聞く普通な生き方、ヘンな生き方
ヘンな人に「普通/ヘン」の考え方を聞くインタビュー企画。(2021/1/22)

「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
選考基準は「今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出」の3点。(2020/11/16)

10代のオーラじゃない……! 高橋英樹、吉永小百合との“18歳の思い出”ショットにファンほれぼれ
吉永さんかわいすぎるな。(2020/11/7)

大阪・新世界に大衆娯楽遊戯場「秘宝館本店」オープン “日本最大の射的場”に行ってみたぞ
店内には懐かしの遊びが満載。(2020/10/2)

先生なにやってんすか 犬型ロボットと出会って機動力を得たリラックマ Twitterに投稿された動画が「キモかわいい」と話題に
ポムポムプリンも乗っちゃう。(2020/10/1)

駅に「どこでもドア」出現!? JR西・四国・九州で3日間乗り放題チケット発売、映画「ドラえもん」とタイアップ
お得な限定チケット「どこでもドアきっぷ」が発売されます。(2020/9/14)

「キウイを食べよう」CMはなぜ「泣ける」のか コロナ禍で共感集めるゼスプリCM、クリエイティブディレクターを取材
「キウイ キウイ キウイを食べよう」のCMに涙する人多数。(2020/9/13)

『連ちゃんパパ』のモデル・あだち充の兄の半生描く『あだち勉物語』 実録漫画がサンデーうぇぶりで連載開始!
待望の連載開始。(2020/9/12)

スピン経済の歩き方:
『半沢直樹』が人気なのは、「パワハラの被害者が増えているから」は本当か
ドラマ「半沢直樹」が高視聴率を叩き出している。人気の背景に、「庶民の留飲を下げるような勧善懲悪のストーリーであることが大きい」といった指摘があるが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2020/8/25)

「証券いじめ」も今は昔:
半沢直樹を笑えない? 現実に起こり得る、メガバンク「倍返し」危機とは
7年ぶり放映でも好調の「半沢直樹」。「倍返し」に決めぜりふに銀行の横暴を描く姿が人気だが、どうもフィクションだけの話では済まない可能性が出てきた。現実のメガバンクに迫りくる「倍返し」危機とは?(2020/8/24)

「うるさい絵面がもっとうるさくなるぞー!!!」 宮野真守の「半沢直樹」出演決定にファン動揺「声優界代表で顔芸を披露することになるのか」
証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官黒崎の部下。(2020/8/17)

あだち充、ついに全作品デジタル化解禁! さらに『タッチ』全話無料など、各種電子書籍ストアで「あだち充夏祭り」開催中
『タッチ』無料公開は17日まで!(2020/8/12)

内閣府が語る「接触確認アプリ」開発の経緯 「インストール義務化は信義則に反する」
新型コロナウイルスのクラスタ対策を目的として政府が提供するスマートフォン向けの接触確認アプリ「COCOA」。6月19日のリリース以来、7月31日までに996万件ダウンロードされている。COCOA投入までは紆余(うよ)曲折もあり、政府の説明不足から誤解を招いている点も否めない。(2020/7/31)

クラウドゲーミング? いいえ、フォグゲーミングです:
フォグゲーミングでゲーム体験はどう変わる? 提供スタイルは? 西川善司がまとめて質問に答える
セガのフォグゲーミングを世界に初めて紹介した西川善司さんによる解説。後編の今回はQ&Aを含め、詳細にその将来像を描く。(2020/7/22)

「涙が出てきた」「圧倒的SMAP感」 香取慎吾、YOASOBI「夜に駆ける」を本気でカバー“聞き慣れた声”に感激する人続出
さすがパーフェクトビジネスアイドル。(2020/6/29)

「接触確認アプリ」の課題 プライバシーは守られるが、利用促進にハードルあり
厚生労働省が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に役立たせるため、新型コロナウイルス接触確認アプリをリリースした。このアプリはどんなメリットをもたらし、普及させる上でどんな課題があるのか? リリースの約1週間前となる6月13日に有識者が行ったディスカッションから読み解いていく。(2020/6/19)

スピン経済の歩き方:
多くの人に「感謝」されているのに、なぜ医者の給与は下がるのか
新型コロナの感染拡大を受けて、日本の医療界が大変なことになっている。患者があふれて「医療崩壊に陥った」といった話ではなくて、患者が増えたにもかかわらず、医療従事者の給与がカットされるかもしれないというのだ。どういうことかというと……。(2020/6/2)

中国アニメ『羅小黒戦記』ヒットの舞台裏:
異例のロングランヒット、中国アニメ『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』の舞台裏に迫る
『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』というタイトルのアニメ映画が、東京都内のミニシアターで、2019年9月から劇場を替えつつロングランとなっていた。首都圏だけでなく、大阪、名古屋、札幌など日本各地のミニシアターでも順次上映されており、日本での総観客数はすでに3万人を超えている。ディズニー以外の海外製アニメ、なかでも中国製のアニメ映画が、日本の映画館でこのようなロングランヒットになった例は、これまでにあまり聞いたことがない。日本配給を手掛けた白金氏にヒットの舞台裏を聞いた。(2020/5/21)

アニメ「あたしンち」が公式YouTubeチャンネルで無料配信 5月15日から約270話
チャンネル限定の「情熱の赤いバラ」まとめ集も予定。(2020/5/12)

鬼龍院翔「ついたぞおぉぉ!!」、長州力「消してくれる?」 Twitter公式マークを巡って真逆の方向に突っ走る2人
長州さん最高。(2020/4/23)

11歳で完成してる! 河北麻友子、10万人のトップに立った“国民的美少女”ショットに反響
全然変わってない。(2020/4/19)

今日書きたいことはこれくらい:
『火ノ丸相撲』における刃皇はなぜ少年漫画界でもまれに見る名ラスボスだったのか
「不倒城」しんざきさんによるコラム、第12回は『火ノ丸相撲』のラスボス「刃皇」について。(2020/6/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
自粛要請に振り回される「3密4業態」 ライブハウスやナイトクラブの“悲痛な声”に迫る
新型コロナの感染拡大で夜の飲食店などが苦境。現場からはどのような声が聞こえるのか。取材の結果は。(2020/4/14)

【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題:
8年前の今頃は?→貞子、初めてマウンドに上がる 新作公開のたび伝説を作る名ピッチャー誕生へ
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/4/10)

あの“黒い雷神”「ブラックサンダー」がカプセルトイになって登場 おなじみの黒いパッケージを完全再現
かわいいポーチやマスコットでパッケージを再現。(2020/4/1)

SMAPは「長寿アイドル」の祖?:
元SMAP中居正広さんの事務所独立から考える、男性アイドルグループビジネスの「寿命」と今後
3月いっぱいで中居正広さんがジャニーズ事務所を退所する。これにより、男性アイドルグループビジネスは曲がり角を迎えたとみられる。そもそも、男性アイドルグループの寿命はどれくらいなのか。筆者の大関暁夫氏は、SMAPの登場が「長寿化」の遠因と見る。(2020/3/31)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
AI導入の秘訣に「ID野球」あり 名監督に学ぶAIマネージャーの理想像
AI導入の鍵を握るAIマネージャーの存在。マネジメントや人材育成のノウハウを、あの名監督に学ぶ。(2020/3/25)

貴重な第1話から:
「サザエさん」原作漫画を無料公開 初のデジタル配信、臨時休校の子どもへ
朝日新聞出版は、国民的アニメ『サザエさん』の原作4コマ漫画の無料公開を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの学校が臨時休校になったことを受けた措置。サザエさんのデジタル配信は初めて。(2020/3/17)

『サザエさん』『ドラえもん』『ちびまる子ちゃん』『クレヨンしんちゃん』――最も高い家に住んでいるのは? 査定してみた
国民的アニメの主人公は、どんな家に住んでいるのでしょうか? 『サザエさん』『ドラえもん』『ちびまる子ちゃん』『クレヨンしんちゃん』の自宅を査定したところ……。(2020/3/11)

マイナス金利、脱日本的金融……:
7年ぶりに新作の半沢直樹 1月放送の「エピソードゼロ」からメガバンクの生存戦略を読み解く
7年ぶりに続編が放映されるドラマ「半沢直樹」。当時から今までで、銀行界はどう変わった? メガバンクの生存戦略と作品を合わせて読み解く。(2020/3/9)

水平思考(ねとらぼ出張版):
「いきなりメラゾーマ」の衝撃 『ダイの大冒険』をあらためて読んで分かった「漫画のドラゴンクエストを作る」ということ
なぜ『ダイの大冒険』は「ドラゴンクエスト」の漫画化としてここまでの成功を収めることができたのか?(2020/3/14)

【まとめ】各社の新型コロナ関連支援サービスまとめ 漫画読み放題、学習支援、給食代替など
新しい情報は随時追記していく予定です。【3月14日13時00分更新】(2020/3/18)

「かなり攻めたカットも」 花澤香菜、30歳の節目に発売の写真集で大人の色気満載ショット
花澤さん「“これはエロい!”みたいな感じで盛り上がっちゃって(笑)」。(2020/2/20)

誤解だらけの日韓関係を問う:
日本の若者が「それでも」韓流に熱狂するワケ――中高年が理解できない深層心理
若者を中心にいまだ根強い韓流ブーム。反韓感情も少なくない中高年世代とは裏腹の「憧れの国」に。日韓関係を長く取材してきた毎日新聞記者が真相に迫る。(2020/2/17)

ドラえもんが50周年記念に表紙ジャック! 小学館のあらゆるジャンル50誌にドラえもんが登場
幼児誌から少女コミック誌に、ファッション誌まで。(2020/2/16)

「私は薬物とは一切関係ありません」 加護亜依、“元国民的アイドルが逮捕間近”報道を受けて身の潔白を宣言
「国民的アイドルグループ元メンバー」が薬物で逮捕間近との報道を受けて。(2020/1/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。