ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「海外版」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「海外版」に関する情報が集まったページです。

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Huawei「P30 lite」の中国版、「nova 4e」を触ってみた
Huaweiから新型スマートフォン「P30」シリーズが発表されました。P30の「lite」モデルはまだ発表されていませんが、登場する予定です。中国ではその「P30 lite」に相当する「nova 4e」が発売されました。(2019/3/27)

中国版「ウルトラマン」続編映画が公開間際 円谷プロは「訴訟を継続」
円谷プロはあらためて法的措置を明言。(2019/1/16)

PS4向け「PUBG」、海外版を12月7日に配信
人気バトルロイヤルゲーム「PUBG」のプレイステーション 4版が発表。海外向けに12月7日から配信。(2018/11/14)

「おそ松さん」「北斗の拳」を英語化すると? 日本版と印象が変わってしまう「海外版アニメタイトル」
英語だけだと、分かりそうで分からない。(2018/10/3)

「高橋名人の大冒険島」「魔界塔士Sa・Ga」を英語にすると? “翻訳”力が試される海外版ゲームタイトル
もはや別ゲーとしか思えない作品も。(2018/10/1)

「メガドライブ ミニ」発売延期 2019年に
家庭用ゲーム機「メガドライブ ミニ」(仮称)の発売時期が2019年に延期。北米版、欧州版も用意し、全世界で同時期に発売するとしている。(2018/9/19)

「モンスターハンター:ワールド」中国版が販売停止 中国政府の指定要件を満たしていないとして
購入者には払い戻しへ。(2018/8/13)

映画「万引き家族」中国版ポスターがセンスの塊すぎると話題に 配給に制作経緯を聞いた
中国のデザイナー・黄海さんが手掛けたポスター。(2018/8/1)

マイクロソフト薄型軽量の「Surface Go」8月28日国内販売 一般向けは6万4800円から
先行して発表されていた海外版は、最安モデルで399ドル(日本円換算で約4万4000円)でした。(2018/7/11)

mineo、海外版SIMフリー「iPhone 6s」をWeb限定発売 メーカー認定整備済品
ケイ・オプティコムは、5月14日にMVNOサービス「mineo」でメーカー認定整備済品(CPO)の海外版SIMロックフリー「iPhone 6s(16GB)」をWeb限定で販売開始。カラーはローズゴールドのみで、一括価格は4万9800円(税別)、分割払いは2075円(税別)×24回となる。(2018/5/15)

アリババが中国版「旅かえる」配信へ 開発会社と提携
中国アリババグループが、アプリ開発会社ヒットポイントと戦略的提携を結び、中国語版の「旅かえる」アプリをリリースすると発表した。(2018/4/3)

「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション」が“発売未定”に ユーザーからの意見、要望を受けて
日本向けタイトルなのに収録作品が全て海外版だったことから、一時不満の声があがっていました。(2018/3/24)

海外版「龍が如く6」体験版で全編プレイできてしまう問題が発覚 ストアから削除される
現在問題について調査中。(2018/2/28)

「レクサスRX」に3列シート仕様のロングバージョンが登場、北米版には「別」のモデルも?
LAオートショーで待望の3列シート仕様の新モデルを公開。(2017/11/16)

海外版ファミコン向けに新作ソフトが発売 ドラキュラや狼男と打ち合うボクシング「Creepy Brawlers」
ものすごく「パンチアウト」っぽい。(2017/11/8)

「パシフィック・リム:アップライジング」が2018年4月日本公開決定! 日本語字幕付きの海外版予告も公開
日本が舞台と思われるシーンも。(2017/10/12)

バトルロイヤルゲーム「PUBG」Steamにて大量の“レビュー荒らし”が発生中 中国版への広告導入が引き金か
ほとんどのレビュアが口をそろえて「広告」について言及している。(2017/10/5)

FC「くにおくん」が全部入り&オンラインプレイ対応で復活! Switch、PS4、Xbox One、Steamで販売
海外版タイトルも収録。(2017/9/20)

ねとらぼレビュー:
脅威 は「北」からやってくる ――「新感染 ファイナル・エクスプレス」
韓国アニメ界で活躍するヨン・サンホ監督による初の実写映画。韓国版シン・ゴジラとも言えるクオリティになっていた。(2017/9/9)

4億人の金融ビッグデータ:
中国版フィンテック、平安保険の戦略
中国の保険業界でフィンテック分野をリードする中国平安保険グループ。「IT×金融×生活サービスの融合」を戦略に掲げ、世界的な総合金融機関でありながら、ネットを通じてユーザーの生活に密着したサービスを目指しているという。(2017/9/6)

再参入する中国版「モンスト」 ミクシィ森田社長の勝算は
ミクシィの森田社長が、中国市場に再参入する主力スマホゲーム「モンスト」について、日本とほぼ同様の内容で提供すると語った。(2017/8/8)

HTC、スタンドアロン版「Vive」を中国で発売へ
HTCがVive向けオンラインストア「VIVEPORT」の中国サイトで、スタンドアロン型VR HMD「中国版VIVE一体机」の年内発売を予告した。(2017/7/30)

「モンスト」中国版、復活へ 「中国アプリ市場の成長を考慮」
ミクシィが中国版「モンスト」を公開へ。2015年10月に一度、サービスを終了していたが、「中国のアプリ市場規模を考慮」して再参入する。(2017/7/21)

「モンスト」中国版、近日リリースへ
中国版は「怪物弾珠」。(2017/7/20)

パーキンソン病を患う41歳男性がアメリカ版「SASUKE」出場 病気と戦うために鍛えた身体がかっこいい
2012年からトレーニングを始め、トライアスロンに挑戦できるほどの身体能力に。(2017/7/7)

「スパイダーマン:ホームカミング」海外版ポスターがダサすぎてクソコラ祭りに発展 一方国内版は好評なもよう
よくもわるくも話題に。(2017/5/25)

中国版、韓国版に続き:
北米版「モンスト」終了 海外展開苦戦
ミクシィが5月1日(現地時間)、北米版「モンスターストライク」を8月1日にサービス終了すると発表。日本ではトップを走る「モンスト」だが、中国版、韓国版は撤退するなど、海外展開で苦戦している。(2017/5/2)

マラドーナ氏、コナミを提訴する考えを明らかに 海外版「ウイイレ 2017」に無許可で登場
無許可でゲーム内に登場させているとしています。(2017/4/1)

中国版インダストリー4.0を推進:
製造業の発展を目指す中国、産業用IoTに焦点
「中国版インダストリー4.0」ともいわれる「中国製造2025」を推し進める中国。その戦略の中で鍵となるのが産業用IoT(モノのインターネット)だ。(2017/3/21)

【連載】誰も教えてくれなかった中国的電子市場動向 第1回:
中国版LINE「WeChat(微信)」は14億人のデジタルインフラ
14億人の巨大なデジタルマーケットで今、何が起こっているのか。中国におけるインターネットマーケティングの世界を、経験豊富なエキスパートが解説する。(2017/2/14)

Q3は増収なるも:
ミクシィ、売上高を下方修正 海外「モンスト」など低調
ミクシィは2月9日、2017年3月期通期の連結業績予想を修正。売上高が従来予想から120億円減の2060億円にとどまる見通しだと発表した。主力のスマートフォンゲーム「モンスターストライク」が国内は堅調だったが、海外版や新作タイトルの一部が見込みより低調に推移した。(2017/2/9)

アメリカ版「犬の人気名前ランキング」が発表! ポケモンGOの影響も
男の子の1位は「マックス 」、女の子の1位は「ベラ」。(2017/1/22)

BIGLOBE SIMで「iPhone SE」の取り扱い開始 海外のメーカー整備品
ビッグローブが「iPhone SE」を1月19日から取り扱う。海外版の新品またはメーカー整備品。容量は16GB、カラーはゴールドのみ。(2017/1/19)

中国版「パズドラ」、サービス終了決定 開始から約半年で
終了日は3月15日。(2017/1/11)

SIM通:
BIGLOBE SIM、海外版SIMフリーiPhone 6/ Plusの取り扱いを開始
ビッグローブは「BIGLOBE SIM」において、iPhone 6/iPhone 6 Plusの取り扱いを開始。Apple公式の整備品で、日本以外の国、地域向けに販売されているSIMフリー端末となる。アシストパックQを適用した端末価格はいずれも月額2,462円。(2016/11/22)

4.6型の「Xperia X Compact」、防水対応でドコモから発売
ドコモが「Xperia X Compact」を11月上旬に発売する。日本の3キャリアで扱うのはドコモのみ。海外版では動作保証外の防水にも対応する。(2016/10/19)

女性初の快挙! スタントウーマンが海外版「SASUKE」決勝ラウンド・ステージ1を突破
「女性も競技に自信を持つべき」が挑戦者の信条。(2016/9/3)

アメリカ版「リング」新作の予告公開 呪いのビデオ、予告の電話、口から髪の毛、サマラの恐怖ふたたび……
日本での公開は未定です。(2016/8/25)

韓国版「アイマス」、Amazon プライム・ビデオでの配信が決定! 2017年初頭を予定
プロデューサーさん! 実写ドラマですよ、実写!(2016/8/25)

中国版ストリートビューは改竄されている?
Googleストリートビューに似たBaidu Total Viewサービスだが、その画像は大幅に編集されているという指摘がある。(2016/7/15)

任天堂、米国版ファミコンの小型レプリカ発売へ 「スーパーマリオ」など30本の懐かしいゲーム入り
任天堂が、「ファミリーコンピュータ」の海外版に当たる1985年発売の「Nintendo Entertainment System」の小型レプリカをホリデーシーズンに60ドルで発売する。「スーパーマリオブラザース」など30本のゲーム入りでHDMI端子で高精細TVに接続できる。(2016/7/15)

まさに世紀末! アメリカ版ロボコンが相手をたたき壊すことに特化した異次元進化を遂げる
ベイブレード/クラッシュギア世代の血が騒ぐ……。(2016/7/11)

アメリカ版ホグワーツの物語 ハリポタ作者書き下ろし「イルヴァーモー二―魔法魔術学校」が全世界同時解禁
映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の前に予習、予習!(2016/6/30)

ティラノサウルスがアメリカ版「SASUKE」に登場 難関を次々突破し“暴君竜”の力を見せつける
手足の人間っぽさは気にしないでください。(2016/6/14)

VANSと任天堂がコラボ マリオやリンクをプリントしたスニーカーが海外で発売
NES(海外版ファミコン)をイメージしたモデルも!(2016/6/4)

中国版「パズドラ」、ようやく公開へ ガンホー、事前登録開始
ガンホーが中国版「パズドラ」事前登録を開始した。(2016/5/27)

Mobile Weekly Top10:
母の日に格安スマホ 「Xperia X Performance」海外版との違い【5/9〜5/15の人気記事】
今週は母の日に格安スマホ(2台目)をプレゼントした結果……という新入社員M記者のコラムがトップでした。(2016/5/17)

中国版GarageBandオンリーの追加楽器、日本版では使えない?
特にiPhone版「二胡」の表現力が高く、日本版で使えないというのはもったいない話。(2016/5/17)

Apple、“中国版Uber”のDidi Chuxing(滴滴出行)に10億ドル出資──Reuters報道
Appleが「中国市場を理解するために」中国版Uberと目される配車サービス企業Didi Chuxing(滴滴出行)に10億ドルを出資した。(2016/5/13)

「全力でスイッチをonするとoffするロボット」の海外版が登場 リアクション芸人ばりのキレ芸を見せつける
見習いたいリアクション。(2016/4/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。