ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PowerVM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PowerVM」に関する情報が集まったページです。

POWER7+搭載のPaaS向け統合型システムのエントリーモデル、日本IBMが発表
日本IBMは「IBM PureApplication System W1700」のエントリーモデルを発表した。(2013/8/27)

PaaS向けに特化:
日本IBM、POWER7+搭載のPureApplication Systemエントリーモデルの提供を開始
日本IBMは、統合型システム「IBM PureApplication System W1700」のエントリーモデルを発表した。「POWER7+」を搭載し、PaaS(Platform as a Service)向けに特化した。(2013/8/27)

日本IBM、Linuxサーバの最上位機を発表 KVMサポートで「x86以外の選択肢に」
PowerプロセッサとLinuxを採用する「PowerLinux」サーバの最新機種では仮想化や可用性、処理性能を強化した。2014年にKVMをサポートするほか、「Power Systems」でもLinux対応を進める。(2013/7/31)

PR:VDIにIBM Flex Systemが最適な理由(ワケ)――推奨アーキテクチャーにより迅速な展開を実現
クライアントPCの更改やWindows XP、Windows Server 2003のサポート終了などに合わせ、仮想デスクトップ基盤(VDI、Virtual Desktop Infrastructure)を導入する企業が急増している。選択肢が多い中、特にパフォーマンスに優れ、かつ迅速なシステム展開を実現する日本IBMのFlex SystemによるVDIソリューションが注目を集めている。(2013/6/28)

日本IBM、オーバーレイの仮想ネットワークを実現するソフト新製品を発表
コンピューティングの新構想「Software Defined Environment」に基づくネットワーク仮想化ソフトウェアを発表した。(2013/6/11)

オーアイエスコム、クラウドサービス基盤にPureFlex Systemを採用
オーアイエスコムは、新クラウドサービスのシステム基盤の構築にあたり、日本IBMの統合型システム「IBM PureFlex System」などを採用した。(2013/5/31)

各社自慢の統合インフラを徹底比較(後編)
統合プラットフォーム製品ベンダー“ビッグスリー”の強みと弱み
ITインフラをシンプルにし運用管理を効率化するとして企業の注目を集めている統合プラットフォーム製品。Cisco、VCE、NetAppの製品を紹介した前編に続き、後編ではDell、IBM、Hewlett-Packardの製品を紹介する。(2013/5/10)

東建コーポレーション、運用コスト半減に向けてシステム基盤を統合
システムの運用管理コストの50%削減を目的に、x86サーバと「IBM System i」の基盤統合に向けた準備を進めている。(2013/4/22)

日本IBM、Power Systemsのエントリーモデルを拡充
POWER7+プロセッサを搭載したサーバ製品「IBM Power Systems」の新ラインアップを日本IBMが発表した。(2013/2/6)

PureSystemsが生まれたワケ:
第2回 メインフレーム譲りの包容力と仮想化のベストプラクティスが自慢のPureSystems
PureSystemsが生まれた背景を探る短期連載の第2回は、「Fabric-based Architecture」を採り入れ、zEnterprise譲りの包容力と仮想化環境のベストプラクティスが盛り込まれたIaaS基盤の「PureFlex System」を中心に見ていこう。(2012/12/25)

あなたの知らないLinuxの世界:
PR:Linuxシステムが驚愕の効率化! x86サーバと同価格帯で期待以上の仮想化とRASを担保するLinux専用サーバとは
Webアプリケーション開発を中心に成長が続くLinux/オープンソース市場。導入企業が直面している問題は、複雑化するシステムに対応するためにx86ハードウェアを増やすことで起きるコストの肥大化だ。こうした課題に対し、日本アイ・ビー・エムが解決案として提案しているのが、IBM PowerLinux、そしてPowerVMだ。同社の提供する製品の強みは、ハードウェアの充実したラインアップと、企業に広く普及したLinux/OSS技術の双方を活用できる点にある(2012/11/30)

システム基盤改革フォーラム 2012講演レポート(後編):
PR:高度な仮想化技術や移行サービスに強み 次世代のIT基盤を考える
10月4日に開催された「システム基盤改革フォーラム 2012 〜導入事例と検証結果から知る、仮想化/基盤テクノロジーの選択肢と現実解〜」では、日本IBMが誇るPOWERプロセッサ搭載サーバ「Power Systems」が企業にもたらす価値について、技術解説を交えながら強調された。(2012/10/31)

システム基盤改革フォーラム 2012講演レポート(前編):
PR:有識者や先進企業が語る、競争優位に立つためのIT基盤構築の勘所とは
グローバル規模で経営環境が目まぐるしく変化する今、日本企業が時代の荒波を乗り越えるために必要な条件とは何か。このたび開催された「システム基盤改革フォーラム」の講演の中からそのヒントを探る。(2012/10/29)

IBMがPowerシリーズなど8製品をリリース、クラウド・データ・セキュリティを柱に
日本IBMは、クラウドやデータ、セキュリティを特徴として打ち出すITインフラ向けの新製品群を発表した。(2012/10/4)

同時接続数が3倍増でも安定のクラウド型eラーニングを提供 STI
システム・テクノロジー・アイがクラウド型eラーニングサービスを開始する。IBMのLinuxサーバを活用することにより、少ないコストで高いパフォーマンスを実現した。(2012/9/24)

IBM、PowerLinuxにエントリーモデルを投入
ソリューションパートナーの3社が「コンピテンシーセンター」も開設する。(2012/7/11)

PR:PureSystemsはビッグデータ時代に不可欠なITインフラとなるか?
従来では思いもよらない企業経営の武器を手に入れる手段として、多くの企業が注目するビッグデータ。もっとも、ビッグデータの価値を最大限に引き出すためにはシステム環境の見直しが不可欠だ。IBMはその実現に向け、ビッグデータ時代に対応した新たなシステムのビジョンとして「Smarter Computing」を掲げる。このビジョンを具現化する初の製品が「IBM PureSystems」である。(2012/5/17)

Smarter Computingの実現に向けた現実解とは:
PR:企業ITの新たな地平を切り開くPureSystems
企業活動におけるITの重要性がさらに高まる中で、多くの企業がシステム整備や運用にまつわる課題に頭を抱えている。これらのコストをいかに削減すべきか――。その1つの“解”としてIBMが2012年4月に全世界で同時に発表したのが、コンピューティングシステムの新分野と呼ぶ「エキスパート・インテグレーテッド・システム」だ。(2012/5/8)

日本IBM、Linuxサーバの「PowerLinux」を発表
Powerシリーズで培った信頼性や性能とオープンソースプラットフォームによる価格競争力が強みだという。(2012/4/25)

知見を結集してクラウド構築を効率化:
IBMが全世界で同時発表した「PureSystems」とは何か
「歴史的な新しいITのカテゴリ」と語るシステム製品をIBMが打ち出した。(2012/4/13)

仮想サーバの利用状況を可視化するソフトウェアを発表 日本IBM
日本IBMは、仮想サーバのセルフサービスポータル機能と、仮想サーバの利用量を可視化、使用料を課金できる機能を備えたソフトウェアを発表した。(2011/10/21)

IBM、POWER7搭載のハイエンドサーバ「Power 795」ほか数モデルを発表
IBMは、新サーバ「Power 795」はOracleやHPの競合製品よりもエネルギー効率が5倍で、性能も上だとしている。(2010/8/18)

企業に「ビジネスの俊敏性」をもたらすWebSphere
日本IBMはクラウド環境の構築に適したアプライアンス製品の最新版を発表した。ソフトウェアブランド「WebSphere」の戦略も説明し、企業にビジネスの俊敏性をもたらすというメッセージを発信した。(2010/7/8)

仮想化機能はメモリの動的な割り当てを実現:
日本IBM、POWER搭載システムで導入・移行支援を大幅強化
(2009/5/13)

メインフレームやハイエンドRISCサーバにもLinuxを
データセンター統合の基盤としてLinuxを活用する
データセンター統合の最も優れたアプローチの1つは、Linuxを中心に据えることだ。包括的なIT戦略計画の一環としてLinuxによるOS統合を行えば、ROIの向上とTCOの削減を実現できるだろう。(2009/4/28)

IBM Power Systemsにミッドレンジモデル、仮想化および管理機能強化でHPやSunに対抗
IBMはSystem iとSystem pを統合したPower Systemsシリーズを強化し、エンタープライズおよびミッドマーケットの顧客に新しい選択肢を提供する。(2008/10/9)

VMwareだけじゃない:
仮想化技術を軸にブレードサーバを選んでみる
ブレードサーバは仮想化に適したプラットフォームとして注目が高い。IA以外の環境での仮想化に対応するIBMやサン、仮想環境でのNT4.0サポートを表明する富士通、独自の仮想化機構を作り上げた日立など、各社の戦略にも特徴がある。(2008/9/10)

日本IBM、新サーバプラットフォーム「Power Systems」発表
日本IBMは、PowerベースのミッドレンジサーバとUNIXサーバを統合した新プラットフォーム「Power Systems」を発表した。(2008/4/10)

日本IBM、新サーバプラットフォーム「IBM Power Systems」を発表
IBMは、2月に発表された次世代データセンター構想を具体化するサーバプラットフォームを発表した。(2008/4/9)

NEWS
日本IBM、新サーバプラットフォームおよび対応モデル4製品を発表
Powerアーキテクチャを採用している従来のミッドレンジサーバ「IBM System i」とUNIXサーバ「IBM System p」を統合した「IBM Power Systems」を発表。そのほかPower Systemsラインアップとして4つの新製品を発表した。(2008/4/9)

日本IBM、ブレードサーバのエントリーモデル2機種を発表
日本IBMは、ブレードサーバのエントリーモデルとなる「IBM BladeCenter HS12」「IBM BladeCenter JS12」を発表した。(2008/4/8)

NEWS
日本IBM、10万円を切るブレードサーバのエントリーモデル
x86アーキテクチャブレードサーバのエントリーモデル「IBM BladeCenter HS12」とPowerアーキテクチャブレードサーバのエントリーモデル「IBM BladeCenter JS12」を販売する。(2008/4/8)

IBMがSystem iとSystem pの両製品ラインを統合へ
ビッグブルーは「IBM Power Systems」時代の到来を告げようとしている。(2008/4/3)

日本IBM、System i向けOSの最新版を発表
日本IBMは、ミッドレンジサーバ「IBM System i」向けOSの最新版「i5/OS V6R1」を3月21日より出荷すると発表した。(2008/1/30)

日本IBM、POWER6搭載のエントリーモデルUNIXサーバを発表
日本IBMは64ビットプロセッサ「POWER6」を搭載したUNIXサーバのエントリーモデル2機種を発表した。(2008/1/30)

NEWS
日本IBM、POWER6搭載UNIXサーバ「System p」エントリーモデルと仮想化ソフトウェア「PowerVM Express」を発表
64ビットプロセッサ「POWER6」を搭載したUNIXサーバのエントリーモデル「IBM System p 520」および「IBM System p 550」を発表、2月8日より順次出荷開始。(2008/1/30)

IBM、クラウド推進の「Blue Cloud」計画を発表
IBMがクラウドコンピューティング推進計画「Blue Cloud」を明らかにした。(2007/11/16)

Column
UNIXからLinuxへの移行を判断するポイントとは?
「Linuxは無料と聞いたから」「家でLinux PCを愛用しているから」「技術担当者がLinuxを気に入っているから」――そんな弱い根拠で移行を決めたりしていないだろうか。(2006/11/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。