ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プレミアムフライデー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プレミアムフライデー」に関する情報が集まったページです。

「金の御朱印」求めて:
プレ金の成功例? 岐阜の神社で5000人が行列をつくる理由
毎月最終金曜日に「金の御朱印」を提供する取り組みが岐阜で盛況だ。神社やお寺に計5000人が訪れるという。最長で5時間待ちの行列ができたこともある。なぜ地域で「金の御朱印」に取り組んでいるのか。仕掛け人と、参加する寺に話を聞いた。(2019/9/25)

パソコン工房、PCパーツや周辺機器などを週末特価で販売する「プレミアムフライデー特集」
パソコン工房は、PCパーツや周辺機器を特価販売する「プレミアムフライデー特集」を予告した。(2019/8/28)

FamiPayユーザーにポケチキの無料クーポン配布 8月30日限定
ファミリーマートは8月30日、FamiPayで会計したユーザー全員に無料クーポンをプレゼントする。200円のポケチキ(プレーン、チーズ、ホット)からいずれか1つを選べる。クーポンの配信は9月6日以降を予定している。(2019/8/26)

PayPay、7月26日の「プレミアムフライデー」で時限キャンペーン 11時〜18時に最大20%還元
PayPayが、7月26日の「プレミアムフライデー」に時限キャンペーンを開催。「いつもどこかでワクワクペイペイ」の「PayPayランチ」と合わせ、対象店での11時〜18時までの支払い時に最大20%のボーナスを付与する。(2019/7/19)

Origami、4月26日限定の20%オフクーポンをプレゼント
Origamiが、「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」に合わせ、4月26日のみ利用できる20%オフクーポンを3枚(最大割引額1000円)を発行する。26日の15時〜18時の間に決済した全てのユーザーへ後日100円オフクーポンも提供する。(2019/4/23)

プレミアムフライデー×キャッシュレス、共通点は? 経済産業省でキャッシュレス推進キックオフイベント開催
経済産業省とキャッシュレス推進協議会が、「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」と「キャッシュレスウィーク」のキックオフイベントを開催。キャッシュレスの推進に向けて官民がタッグを組む。(2019/3/29)

きょうは「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」 PayPayやOrigamiなど“早帰り還元”実施
経済産業省とキャッシュレス推進協議会が「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」を開催。PayPay、Origami、JR東日本、楽天カード、メルぺイなどの事業者が還元策を展開する。例えば、加盟飲食店で午後3時〜6時に「PayPay」で決済したユーザーは、支払額の10〜20%(最大1万円)がキャッシュバックされる。(2019/3/29)

終業から次の始業まで10時間以上の休息義務づけ ソフトバンクが「勤務間インターバル制度」導入
ソフトバンクは、終業から次の始業まで10時間以上の休息時間を取ることを社員に義務づける「勤務間インターバル制度」など、健康増進のための制度を4月1日から導入する。(2019/3/19)

鉄腕アトムがPR:
「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」発表 経産省が決済事業者のキャンペーンを後押し
経済産業省とキャッシュレス推進協議会が3月13日、キャッシュレス決済を促進させる施策を発表。第1弾の取り組みとして、3月29日を「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」に指定。決済事業者のキャンペーンを訴求する。(2019/3/13)

経産省「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」を発表 キャッシュレス決済の拡大目指す
経済産業省とキャッシュレス推進協議会が、キャッシュレス決済の認知や利用の拡大に取り組むと発表。まずは3月29日に「プレミアム“キャッシュレスフライデー”」を実施する。(2019/3/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪人は食べていなかった? “串かつ業態”ブームの真相
串かつ居酒屋チェーン「串カツ田中」の業績が好調だ。ライバルの「串かつでんがな」や「串家物語」も店舗数が増えた。串かつ業態がブームとなっている背景とは?(2019/1/22)

うるせぇ、年末にエビフライぶつけんぞ グラブル、エビフライと戦う狂気の限定イベント開催
造形のクオリティが異様に高いエビフライ。(2018/12/28)

プレミアムフライデーは死語になったのか? ネットでの盛り上がりを分析してみた
(2018/12/28)

5大商社で「働き方改革」進む:
住友商事、週2日までテレワーク可能に フレックス制からコアタイムも撤廃
住友商事が11月1日にテレワーク制度を導入。在宅などで週2日までの勤務を認める。コアタイムなしのスーパーフレックス制度も導入する。大手商社で「働き方改革」の流れが加速している。(2018/10/29)

経団連「会長室に初めてPC設置」「会長のメールに職員驚く」読売記事にネット騒然 広報「PC無かったのは事実」
2018年5月に会長が代交代するまで本当に経団連会長室にPCは無かったのか、広報に取材しました。(2018/10/24)

利用率低いプレミアムフライデーだが:
次はシャイニングマンデー? 定着に向けた課題は
「プレミアムフライデー」に続いて、経産省が新たに始めようとしているのが月曜午前を休もうという「シャイニングマンデー」だ。プレミアムフライデーは極めて利用率の低い施策だったが、果たして今度は定着するのだろうか?(2018/9/12)

客層にも大きな変化:
「完全禁煙化」から3カ月で串カツ田中はどうなった? 客数と売り上げに驚きの変化
2018年6月1日からほぼ全店を全席禁煙化した串カツ田中の売り上げや客数にはどのような変化がでたのだろうか。従業員の受動喫煙を防止するとともに、ファミリー層の利用増を狙っていたが……(2018/9/5)

サマータイム導入、2人に1人が「うれしくない」 エアトリのネット調査
旅行サイトを運営するエアトリが、サマータイムに関する調査結果を発表。約2人に1人がサマータイム導入に否定的な意見を持っていることが分かった。(2018/8/29)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「1カ月の夏休み」は夢? 日本人の“有給の取り方”がズレている、歴史的背景
月曜を午前半休にする「シャイニングマンデー」。経産省内で検討していると報じられたが、そんな取り組みは「無駄」。日本人は、世界では当たり前の「有給休暇をまとめて取る」こともできていないからだ。なぜできないのか。歴史をさかのぼると……。(2018/8/10)

“プレ金”・テレワーク導入が好評:
商社・卸売業界の「働きやすい企業」ランキング 2位は三菱商事 1位は……?
商社・卸売業界の中で働きやすい企業は?――グローバルウェイ調べ。(2018/8/3)

「週休3日でいい」「エターナルサンデーにしろ」 経産省「シャイニングマンデー」光の速さで大喜利化
シャイニングだけにね。(2018/7/31)

売り上げが2割もアップ:
「プレ金」が低調なのに月末金曜に串カツ田中がにぎわう理由
2017年2月にスタートした「プレミアムフライデー(プレ金)」。定着はイマイチなのに、串カツ田中のプレ金キャンペーンは好調だという。いったい、なぜなのか。(2018/6/28)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
「仕事よりプライベート」が過半数に、1990年の調査開始以来初──東京ガス
東京ガスによると、同社の「生活定点観測調査」において、1990年の開始以来初めて、余暇重視派が仕事重視派を超える結果になったそうです。(2018/5/4)

アイス好きは銀座に集合! 100種類以上のアイスクリームが並ぶイベント「あいぱく」 4月25日から開催
会場限定のアイスもあります。(2018/4/12)

.NET TIPS:
日付を比較するには?[C#/VB]
DateTime構造体/文字列を使って表されている「日付」を比較する方法を解説。また、DateTimeOffset構造体を使っているときの注意点も取り上げる。(2018/3/28)

天国だ……! 家事をこなす大きな猫ちゃんと同居するOLさんの漫画がうらやましい
家事ができるお猫様がステキすぎて養わせていただきたい。(2018/3/24)

注目の再開発エリアは「品川新駅」:
首都圏オフィスワーカー、憧れの勤務地1位は……
首都圏オフィスワーカー憧れの勤務地は「丸の内」──日本経済社がまとめた都心のオフィスビルについての調査でこんな結果が出た。首都圏のオフィスワーカーが働きたいオフィス街は丸の内、大手町、有楽町など東京駅周辺エリアに集中した。(2018/3/6)

「ノー残業デーのため、他の日に残業」 “働き方改革”にジレンマ サイボウズ調査
「プレミアムフライデーやノー残業デーに早く帰るために、他の日に残業をしたことがある」――勤務先で働き方改革が始まった中間管理職の36%がそう回答した。(2018/2/20)

忙しい人は“振替”で:
月末の「プレ金」 事務局「月末金曜にこだわらないで」
プレミアムフライデー推進協議会は「プレミアムフライデー」を実施できない人に向けて、別の金曜日に振り替える「振替プレミアムフライデー」を実施するように呼び掛けている。また、プレミアムプライデーの実施は「金曜日にこだわっていない」と説明している。(2018/2/20)

ラ王など割引販売:
日清食品が崖っぷち「プレミアムフライデー」を応援 ノンフライ麺で
日清食品が「崖っぷちプレミアムフライデー」を応援するとして、キャンペーン「プレミアムノンフライデー」を発表。オンラインストアで「日清ラ王」などのノンフライ麺を20%引きで販売する。(2018/2/19)

水曜インタビュー劇場(メダル公演):
子どもの数が減っているのに、イオンの「モーリーファンタジー」が好調の秘密
イオンモールなどにあるアミューズメント施設「モーリーファンタジー」の売り上げが伸びている。売上高は過去最高を更新したほか、既存店売上も27カ月連続で伸びている。子どもをターゲットにしている施設なのに、なぜ好調なのか。(2018/1/31)

プレミアムフライデー、「導入された」は1割 間もなく丸一年 中止された例も
企業に勤めている人のうち、「プレミアムフライデー」が導入された人は1割――DeNAトラベルがそんな調査結果を出した。(2018/1/9)

「仕事が楽になる」とは限らない:
“残業減ると競争が激しくなる”? 「働き方改革」のオモテとウラ
2017年は「働き方改革」が大きな注目を集めた。多くの企業がテレワークなどの施策を取り入れ、労働時間の短縮を図った。この流れがさらに加速する18年、ビジネス界はどう変わるのだろうか。(2017/12/31)

ITmedia ビジネスオンライン 年末スペシャル:
ヒット記事から振り返る! 2017年を読み解く「7つのキーワード」
2017年の“7大トピック”とは? ITmedia ビジネスオンラインで読まれた記事から振り返ります。(2017/12/28)

在宅ワークは高評価:
20代が考える、無駄だった「働き方改革」は?
20代が「最も効果がなかった」と考える「働き方改革」の施策は?――UZUZ調べ。(2017/12/27)

山市良のうぃんどうず日記(115:年末特別編):
年末恒例、ゆくWindows、くるWindows
2017年も残りあとわずか。2016年末と同じように、特に筆者の印象に残っている2017年のWindows関連の話題を、その後日談を交えながら振り返ります。2017年をひと言でまとめるなら、「プレミアムフライデー」ならぬ「プレミアムウェンズデー」に振り回された1年でした。(2017/12/25)

.NET TIPS:
年齢を計算するには?[C#/VB]
ある日付(今日の日付など)と誕生日から、年齢(満年齢、数え年)を計算する方法として、DateTime構造体を使う方法と8桁整数を使う方法を紹介する。(2017/12/6)

2017年ユーキャン新語・流行語大賞「インスタ映え」「忖度」に決定 トップ10は「ひふみん」「35億」等
インスタユーザー以外にも、撮影時に幅広く使われる言葉となりました。(2017/12/1)

ユーキャンの流行語大賞、「インスタ映え」「忖度」が大賞に
「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞が発表され、「インスタ映え」「忖度」が大賞に選ばれた。(2017/12/1)

納得の結果?:
2017年流行語大賞は「インスタ映え」「忖度」ダブル受賞
2017年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞は「インスタ映え」と「忖度(そんたく)」のダブル受賞。(2017/12/1)

常見陽平のサラリーマン研究所:
物事には全て「副作用」がある
クスリだけではなく、物事には必ず副作用(デメリット)がある。これはビジネス界でも同じだ。ある施策によって、社内外にめいわくをかけてしまうこと、士気を下げてしまうことなど、さまざまな副作用がある。(2017/11/17)

2017年流行語大賞に「けものフレンズ」がノミネート 他「刀剣乱舞」「ハンドスピナー」「ひふみん」など
「新しい地図」は入らず。(2017/11/9)

「ちーがーうーだーろー!」も:
流行語大賞候補を発表 「うんこ漢字ドリル」など30語
「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補となる30語がノミネート。「うんこ漢字ドリル」「ちーがーうーだーろー!」などが含まれた。(2017/11/9)

新語・流行語大賞ノミネート、2017年は「インスタ映え」「AIスピーカー」など
「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」には「インスタ映え」「ユーチューバー」「AIスピーカー」などがノミネートされた。(2017/11/9)

このフキカエはズルい 時事ネタを学べる漫画「北斗の拳イチゴ味フキカエニュース」がフジ「ホウドウキョク」にて配信開始
漫画「北斗の拳イチゴ味」とのコラボ企画漫画です。(2017/10/28)

ここがヘンだよ! 日本人の働き方:
日本の働き方改革が「はっきり言ってダメ」なワケ
「日本人の働き方改革は、短期的な視点しかない」――そう厳しい指摘を飛ばすのは、モルガン・スタンレーやGoogleで人材開発に携わった経験を持つピョートル氏だ。どうすれば日本の働き方は変わるのか?(2017/10/27)

週刊「調査のチカラ」:
100歳に学ぶ、プレミアムな人生の過ごし方
芸術は長く人生は短いということわざはあれど、実際には日本人の長寿化はますます進行している模様です。今回は、芸術の秋より人生の秋を思う調査レポートをまとめ読みします。(2017/9/16)

「ありがた迷惑なプレミアムフライデー」「残業を禁止して早朝出勤」 働き方改革を皮肉ったサイボウズの広告に共感の声
事実により近い表現を採用した結果、大胆な内容の広告になったとのこと。(2017/9/15)

各社の違いはココだ! 麻倉怜士の有機ELテレビ画質比較教室
2017年はLGエレクトロニクスに加え、ソニー、東芝、パナソニックから有機ELテレビが発売された。各製品の画質はどう違うのか。OLEDの勃興から現在に至る汗と涙の進化を見つめ続けた“OLEDエヴァンジェリスト”麻倉怜士氏がズバッと回答。(2017/8/22)

新連載・シリコンバレー流「早く帰るIT」:
なぜアメリカのIT企業は“定時あがり”が当たり前なのか?
日本の会社員がオフィスに遅くまで居残っている夜、シリコンバレーのIT企業社員たちは家族との時間を過ごしている――その差はいったいなぜ生まれるのか。Evernote米国本社で働いたのちに日本企業の米国子会社に務める著者の新連載。(2017/8/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。