ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「社長交代」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社長交代」に関する情報が集まったページです。

TEジャパン 社長 松井啓氏:
PR:ボーダレス化に対応する「ONE TEジャパン」 ―― 花ひらく1年に
TE Connectivityの日本法人であるタイコ エレクトロニクス ジャパン(以下、TEジャパン)は、ビジネスのボーダレス化に対し、『ONE TEジャパン』をスローガンに掲げ、事業部間の連携強化とそのための組織作り、グローバルな人材の育成に取り組んでいる。2021年1月1日付でTEジャパンの新社長に就任した松井啓氏は、「ONE TEジャパンというマインドセットが花開く年にしたい。そのために、応援団長として社員を全力でサポートしていく」と意気込みを語る。(2021/1/20)

アナログ・デバイセズ 代表取締役社長 中村勝史氏:
PR:スピード感を重視しアナログ・デバイセズの高い技術力を日本にいち早く届ける
2020年11月、アナログ・デバイセズの日本法人代表取締役社長に中村勝史氏が就任した。「アナログ・デバイセズは高い技術力を企業価値とする会社。その高い技術力を日本の皆さんに素早く届けることが使命」と新社長としての抱負を語る中村氏に2021年の事業戦略などについて聞いた。(2021/1/13)

次世代クラウドの強みをアピール:
大企業向けクラウドで「唯一無二の存在」になれるか? 日本オラクルの三澤新社長が新戦略を発表
日本オラクルの執行役社長に就任した三澤智光氏が、就任後初めて記者説明会に臨んだ。AWSをはじめとする競合がひしめく中、Oracle Cloudをアーキテクチャから刷新した、いわゆる「Gen2 Cloud(第二世代クラウド)」が狙う市場は大企業向けだという。その根拠と今後の戦略について聞いた。(2020/12/15)

Weekly Memo:
NECが社長交代、次期社長の新たな戦略は? 「5つの発言」から掘り下げる
NECが社長交代を発表した。順当なトップ人事のようだが、ニューノーマル、そしてDXへと時代が大きく変化する中で、新社長はどのような経営のかじ取りを進めるつもりなのか。(2020/12/7)

ドコモの「ahamo」はサブブランドではなく“若者向けメインプラン” 井伊新社長が語る狙い
ドコモが2021年3月から月額2980円の新料金プラン「ahamo」を提供する。このahamo、まず疑問に思ったのが「サブブランドなのか?」という点だ。井伊社長は「サブブランドとは呼ばすに、20代のメインプランとして打ち出した」と説明する。(2020/12/3)

値下げで20代ユーザー奪還へ 新料金「ahamo」発表のドコモ、新社長が他キャリアに対抗心あらわ
NTTドコモが月額2980円で20GBの新プラン「ahamo」を発表。若手をターゲットにしたプランで、店頭での契約手続きを行わない点が特徴。井伊基之社長は「20代のユーザーが他社にどんどん奪われている」とし、顧客の奪還に意欲を見せた。(2020/12/3)

東証システム障害、新社長は「責任の一端はわれわれに」 富士通には「システム開発に全力を挙げて」
JPXの清田瞭CEO(最高経営責任者)が記者会見を開き、富士通に「損害賠償する予定はない」と明言した。(2020/11/30)

東証の宮原社長、システム障害で引責辞任 新社長はJPXの清田瞭CEOが兼務へ
日本証券取引所(JPX)グループは11月30日、10月に東京証券取引所で発生したシステム障害の責任を取り、東証の宮原幸一郎社長が辞任すると発表した。新社長はJPXの清田瞭CEO(最高経営責任者)が兼務する。(2020/11/30)

中村勝史氏:
ADI日本法人の新社長、「今後はスピード感を重視」
米Analog Devices(ADI)の日本法人であるアナログ・デバイセズは2020年11月13日、11月1日付で新社長に就任した中村勝史氏の就任記者会見を開催した。(2020/11/16)

パナソニック津賀社長交代 リストラ成功も収益力見いだせず
パナソニックのトップとして創業家以外では最長となる就任9年目を迎えていた津賀一宏社長が交代する。(2020/11/16)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが持株会社制へ移行、新社長にオートモーティブ社の楠見氏が就任へ
パナソニックは社長交代人事と2022年4月をめどとする持株会社制への移行を決定したと発表した。同社 代表取締役社長兼CEOの津賀一宏氏は、2021年4月1日付でCEOと執行役員を退任し、現在、常務執行役員でオートモーティブ(AM)社 社長を務める楠見雄規氏新CEOに就任する。(2020/11/13)

「デジタルインフラ企業へ」:
エクイニクス・ジャパンの新社長、「データセンターを見えなくする」新たな取り組みを説明
エクイニクス・ジャパンの新社長、小川久仁子氏は、グローバルでEquinixが進める新たな展開について説明した。同社は単なるデータセンター事業者ではなくなろうとしているという。(2020/11/2)

石野純也のMobile Eye:
完全子会社化で変わる前提 ドコモが“大容量プランの値下げ”に踏み切ると考える理由
NTTがドコモを完全子会社化する効果がすぐに出るわけではないが、経営体制が強化されるメリットが大きい。ユーザーから短期的に期待されているのは、ドコモの料金値下げだ。筆者は大容量プランの値下げが有力だと考える。12月に社長が交代するタイミングで何らかの動きがあるかもしれない。(2020/10/10)

NXP Semiconductors 日本法人:
NXPジャパン新社長に和島正幸氏が就任
NXP Semiconductorsの日本法人であるNXPジャパンは2020年10月5日、代表取締役社長に和島正幸氏を任命したと発表した。和島氏はNXP Semiconductors本社副社長を兼任する。(2020/10/5)

ドコモの社長交代、NTTコムが移管したら“サブブランド”を作る可能性も?
2020年12月1日から吉澤和弘氏に代わり、井伊基之氏がNTTドコモの新社長に就任する。吉澤氏はNTTの完全子会社化に伴う施策を遂行するのに井伊氏は最適だと話す。NTTの完全子会社化になった後、NTTコミュニケーションズをドコモに移管することも視野に入れているが、気になるのはMVNOサービスの扱いだ。(2020/9/30)

ドコモの新社長にNTT出身の井伊副社長が昇格 12月1日付 吉澤現社長は特命担当の取締役に
NTTドコモが12月1日付の役員人事を発表。2020年6月に代表取締役副社長に就任した井伊基之氏が社長となる。現在の吉澤和弘社長は、代表権のない特命担当の取締役となる。(2020/9/29)

経営トップに聞く:
【独占取材】日立ビルシステム 光冨新社長「コロナ禍は戦略を見直す好機。ITの付加価値で差別化を」
日立のビルシステム事業を統べる新社長に光冨眞哉氏が就任した。いまだ続くコロナ禍の副産物としてリモートワークやテレワークが急速に社会全体で普及したことで、オフィスビルやワークプレースなど働く空間そのものの価値観が変わる転換点に差し掛かっている。これまでとは全く異なる社会変革に、エレベーターやエスカレーターを主力とする同社のビルシステム事業がどのように応え、ニューノーマル時代で勝ち残っていくのか。新たな舵取りを担う、光冨新社長への独占インタビューから探った。(2020/9/7)

製造マネジメントニュース:
持続可能な社会に「直列」につながる、アズビル新社長の山本氏が意気込み
アズビルの代表取締役社長兼執行役員社長(以下、社長)に新たに就任した山本清博氏が今後の方向性などについて説明。同社が掲げる5つの道標のうち『持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献』を基にしたさまざまな施策を進めるとともに、新設の「ITソリューション推進部」や「クラウド運用センター」によりDX化を加速させる方針だ。(2020/8/25)

ローム社長交代:
「いま一度創業時の原点に回帰」ローム、松本新社長
ロームは2020年5月11日、社長を務める藤原忠信氏が退任し、取締役常務執行役員品質・安全・生産担当の松本功氏が社長に就任したと発表した。(2020/5/12)

製造マネジメントニュース:
村田製作所の新社長に専務の中島規巨氏が就任、村田恒夫氏は会長職に専念
村田製作所は、同社の代表取締役社長に現代表取締役 専務執行役員 モジュール事業本部 本部長の中島規巨(なかじま・のりお)氏が就任する人事を決めた。現在、代表取締役会長と社長を兼任する村田恒夫氏は、代表取締役会長に専念する。創業家以外から同社の社長に就任するのは今回が初めて。(2020/3/16)

村田恒夫氏は引き続き会長に:
村田製作所の新社長に中島氏、創業家以外から初
村田製作所は2020年3月13日、会長兼社長を務める村田恒夫氏が同年6月下旬に社長を退任し、現専務執行役員 モジュール事業本部長の中島規巨氏が新社長に昇格すると発表した。村田恒夫氏は、引き続き会長を務める。(2020/3/13)

製造マネジメントニュース:
東芝デジタルソリューションズ新社長に島田氏、現社長の錦織氏は東芝テックへ
東芝と東芝デジタルソリューションズ(TDSL)は2020年4月1日付でTDSLの取締役社長に東芝 執行役常務・最高デジタル責任者の島田太郎氏が就任する人事を発表。東芝 執行役専務でTDSL現社長の錦織弘信氏は、同年3月31日付でこれらの役職を退任し、4月1日付で東芝テックの代表取締役社長に就任する。(2020/3/3)

製造マネジメントニュース:
アズビル新社長に山本清博氏が就任、直属のITソリューション推進部も新設
アズビルは、執行役員常務の山本清博氏が代表取締役社長兼執行役員社長(以下、社長)に就任する人事を発表。2020年4月1日付で執行役員副社長に就任した後、同年6月24日開催予定の第98回定時株主総会ならびに取締役会の決議を経て、現社長の曽禰寛純氏と交代する。なお、曽禰氏は代表取締役会長兼執行役員会長に昇任する。(2020/3/2)

Weekly Memo:
SAPジャパンの事業戦略会見にみる「ITからDX時代への変化」と「ERPサポート延長の背景」
SAPジャパンが先頃、2020年のビジネス戦略に関する記者会見を開いた。4月1日付での交代を発表済みの現社長と次期社長がそろって登壇し、社長交代会見の場にもなった。今後の戦略と両氏の話から、ITからDX時代への変化を探ってみたい。(2020/2/25)

小売・流通アナリストの視点:
23年ぶり社長交代のイオンの過去と未来 衰退したダイエー、勢いを増すAmazonから分析する
23年ぶりの社長交代を発表したイオン。バブル崩壊、スーパー業界の再編の中、ダイエーが衰退した一方で同社はなぜ成長できたのか。膨大なデータ基盤で“巨大なよろず屋”はデジタル時代を勝ち抜けるか。(2020/2/20)

アプリの統合は未定:
タクシー配車サービスに再編の波? 「JapanTaxi」とDeNA「MOV」が事業統合
タクシー大手の日本交通ホールディングスの子会社「JapanTaxi」が、DeNAのタクシー配車アプリ「MOV」の事業を吸収する。吸収後は社名を変更し、DeNAでMOV事業を統括する中島宏氏が新社長に就任する予定だ。(2020/2/4)

組み込み開発ニュース:
ウインドリバー日本法人の新社長、営業本部長の中田知佐氏が就任
組み込みソフトウェア大手のウインドリバー(Wind River Systems)は2020年2月1日付で同社日本法人の代表取締役社長に中田知佐氏が就任したと発表した。(2020/2/4)

UQコミュニケーションズが社長交代 KDDI竹澤浩氏が内定
UQコミュニケーションズが1月31日、KDDI執行役員の竹澤浩氏を社長とする人事を発表した。4月1日に代表取締役社長に就任する。現社長の菅隆志氏は、4月1日付で沖縄セルラー電話特別顧問に就任する予定。(2020/1/31)

新社名「前向きに受け止められている」:
「成毛氏の路線引き継ぐ」キオクシア新社長、早坂氏
2020年1月29日、病気療養中の成毛康雄氏に代わってキオクシアHDおよび、子会社キオクシアの社長に、副社長だった早坂伸夫氏が就任した。同社は同日、東京都内で報道関係者向け説明会を実施。早坂氏は今後の方針について、「(成毛氏とは)お互いに戦略や考え方をきっちり共有できていた。基本的に今まで話し合ってきた路線でまずスタートしていく」と述べた。(2020/1/30)

成毛氏は病気療養のため退任:
キオクシア社長交代を発表、新社長に早坂氏
キオクシアホールディングス(以下、キオクシアHD)は2020年1月29日、キオクシアHDおよび、子会社キオクシアの社長で、病気療養中の成毛康雄氏が退任し、副社長の早坂伸夫氏が社長に就任したと発表した。(2020/1/29)

新連載・古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ゴンチャ新社長の原田氏がタピオカブーム“最後の希望”の理由
SNSで大きな話題を呼んだのが、国内大手タピオカ飲料店の「ゴンチャジャパン」社長人事だ。同社は12月1日付で原田泳幸氏を新たな社長に任命した。冷たい飲み物というイメージが強いタピオカの「冬越え」問題や、大手カフェチェーンなどのタピオカ参入という競争激化も業界全体の課題になりつつある。(2019/12/6)

製造マネジメントニュース:
新社長の内田氏が語る、日産のこれから
日産自動車は2019年12月2日、横浜市の本社で会見を開き、同月1日付で代表執行役社長兼CEOに就任した内田誠氏が抱負を語った。(2019/12/3)

アライアンス強化が不可欠:
「できないことをできると言わない」風土づくりへ 日産、内田新社長が会見
12月1日付で日産自動車の社長兼CEOに就任した内田誠氏が就任会見で抱負を語った。経営陣の不正問題や不祥事、業績悪化に揺れる会社をどう立て直すのか。(2019/12/2)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(2):
ITを無視していては、経営が破綻します――業績傾き掛けのオレンジ
時代に取り残されつつある老舗高級スーパーマーケットチェーンを引き継いだ47歳の新社長は、観光客誘致、キャッシュレス決済導入、と施策を次々に繰り出した。次に着手するのは……ITだ!(2019/10/10)

エネルギー管理:
「誰でも参加できる電力市場」の実現へ、運用開始が迫るデジタルグリッドのP2P電力取引基盤とは?
東京大学発のスタートアップ企業、デジタルグリッド。同社が構築したP2P電力取引プラットフォームが、2020年1月に動き出す。2019年7月に就任した新社長、豊田祐介氏にその具体的な事業スキームとビジョンを聞いた。(2019/10/9)

社員が生き生きしている会社は強い 楽しく仕事をして成果も出す――日本マイクロソフト吉田新社長就任会見
10月1日付で、日本マイクロソフトの新社長に就任した吉田仁志氏。9月30日まで日本ヒューレット・パッカードの社長だった同氏の就任会見が10月2日に行われた。その模様をお伝えする。(2019/10/3)

日本マイクロソフト・吉田新社長が決意表明 「DXで日本を変える」「国内ナンバーワンのクラウドベンダー目指す」
日本マイクロソフトが新体制発表会見を開催。吉田仁志新社長が登壇し、今後の戦略を語った。基本的には、平野拓也前社長の路線を踏襲し、顧客企業のDX支援と、クラウドサービスのシェア向上に努めるという。(2019/10/2)

日本マイクロソフト新社長に吉田仁志氏 日本ヒューレット・パッカードの前社長としてDX支援の経験
吉田氏は、日本ヒューレット・パッカードの前社長としてクラウドをはじめとするDX支援の戦略強化に取り組んだ経験を持つ。(2019/10/1)

日本マイクロソフトの新社長に吉田仁志氏 日本ヒューレット・パッカード元社長
約1カ月“空席”だった日本マイクロソフトの代表取締役社長に吉田仁志氏が就任。吉田氏は9月30日付で、日本ヒューレット・パッカードの代表取締役社長を退任していた。(2019/10/1)

メルカリ、会長と社長が交代 山田進太郎氏が社長に復帰
メルカリの社長と会長が交代。創業者の山田進太郎氏が社長に復帰し、社長職だった小泉文明氏が会長に。小泉氏は8月に買収した鹿島アントラーズの社長に就任しており、今後、アントラーズの経営や対外的な折衝に専念するため、社長職を山田氏に譲る。(2019/9/30)

日本マイクロソフトの新社長、日本ヒューレット・パッカードの吉田氏が就任か 日経 xTECHが報道
日本マイクロソフトの新社長に、日本ヒューレット・パッカードの吉田仁志社長が就任する方向で最終調整が進んでいる──と、日経 xTECHが報道。(2019/9/27)

Microsoft Focus:
社長不在の日本マイクロソフト 平野拓也氏の後任はいつ決まるのか
日本マイクロソフトの「社長不在期間」が4週目に突入した。2019年7月に平野前社長の退任と新ポスト就任を発表し、8月末には新年度の事業戦略を発表した裏側にある、グローバル規模の事情と新社長人事とは。(2019/9/24)

「業種業態に合わせた提案を」 日本マイクロソフトが2020年度経営方針を発表 新社長は発表されず
日本マイクロソフトが経営方針を発表。平野拓也社長は、「2020年度までに日本でナンバーワンのクラウドベンダーになる」という目標に向けて3つの施策を打ち出した。(2019/8/20)

「ヤフーからの重圧は感じない」「岩田前社長からDNA受け継ぐ」 アスクルの吉岡新社長が強気の姿勢
アスクルの岩田彰一郎前社長の後任として、吉岡晃COOが社長に内部昇格。吉岡新社長は「ヤフーからのプレッシャーは感じない」「岩田前社長のDNAを受け継ぐ」と強気の姿勢を示した。「LOHACO」事業の業績改善にも積極的に取り組むとした。(2019/8/3)

製造マネジメントニュース:
第2の創業期迎えたキヤノンITS、「2025年の崖」はホップステップジャンプで克服
キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)が新たな経営体制や今後の事業目標などについて説明。新社長の金澤明氏は「当社は、現在第2の創業期、成長期に入っている。今後は、規模と利益の両方を追求し、キヤノンMJグループのITソリューション戦略の中核的役割を担っていく」と意気込む。(2019/8/2)

社長交代が迫るアスクル、社外取締役らがヤフーの「ガバナンス無視」を徹底批判 対立泥沼に
アスクルの社外取締役・社外監査役からなる「独立役員会」が7月23日に記者会見を開催。同社が親会社のヤフーと対立している件についての見解を発表し、ヤフーが上場企業に求められるガバナンスを無視していると批判した。具体的には、指名・報酬委員会や派遣取締役を通さず岩田社長個人に辞任を迫った点などを問題視しているという。(2019/7/23)

MVNOに聞く:
勢いを加速させるUQ mobile、分離プランの影響は? 菅隆志新社長に聞く
MVNO市場全体の停滞感が顕著になる一方で、auのサブブランドに位置付けられたUQ mobileが、急成長を遂げている。そのUQ mobileを運営するUQコミュニケーションズに、菅隆志氏が就任した。同氏に社長就任の意気込みや、今後の戦略を聞いた。(2019/7/17)

大山聡の業界スコープ(19):
不可解なルネサスの社長交代、その背景には何が?
2019年6月25日、ルネサスエレクトロニクス株式会社は、呉文精氏に代わって、柴田英利氏が社長兼CEOに就任する、と発表した。業績が低迷する同社において、今このタイミングで社長を交代する必要性が本当にあったのか、むしろ社内が余計に混乱するのではないか、という疑問を禁じ得ない。呉文精氏の「続投」が決定していた同年3月20日の株主総会から3カ月の間に、社内でいったい何があったのだろうか。(2019/7/4)

業績悪化の責任問われ:
ルネサス呉社長が辞任、後任はCFO柴田氏
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2019年6月25日、社長兼CEOを務める呉文精氏が同年6月30日付で退任し、現取締役執行役員常務兼CFO(Chief Financial Officer)の柴田英利氏が7月1日付で新社長兼CEOに選任したと発表した。(2019/6/25)

RPAツール群雄割拠の時代の戦略は? Blue Prism日本法人の新社長に聞いた
老舗RPAベンダーのBlue Prism日本法人に、日本人の社長が就任した。オラクルなどの大手IT企業で活躍した経歴を持つ新社長は、日本のRPA市場をどう見つめ、どのような戦略を打つのか。(2019/6/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。