ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プリンストン大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プリンストン大学」に関する情報が集まったページです。

クラウドとの関係性は
「フォグコンピューティング」と「エッジコンピューティング」の微妙な違い
「フォグコンピューティング」と「エッジコンピューティング」を同じ意味で使用する専門家は少なくない。一方でこの2つの用語に対して、わずかながらも重要な違いを与えている専門家もいる。(2019/10/24)

「粒子加速器」を自作した猛者現る 「リビングの片隅で組み立てた」──工学素人の“理論屋”が一から試行錯誤
電子や陽子などの荷電粒子を加速する「加速器」を自作した高梨さんに話を聞いた。工学系の出身ではないため、さまざまな試行錯誤を繰り返しながら加速器を作ったという。(2019/8/9)

言い間違いを容易に編集:
話者の動画を与えると単語を容易に修正できる手法を開発、スタンフォード大などの研究チーム
スタンフォード大学などの研究者のチームが、話者の動画を容易に編集する手法を編み出した。人物の肩から上の映像を使うだけで、口にしていない単語を埋め込み、修正できる。修正方法は文字起こししたテキストを編集するだけという手軽さだ。(2019/6/11)

西村博之が語る「令和ニッポンの処方箋」【後編】:
ひろゆき流“オワコン日本”の幸福論―― 他人とズレていたほうが幸せになれる!!
ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言。最終回は“オワコン日本”でも「おいしく」生きていくための方法論。(2019/4/26)

Google Cloudのダイアン・グリーンCEO退任へ Oracleの元プレジデントが後任
VMwareの共同創業者で2015年からGoogle CloudのCEOを務めてきたダイアン・グリーン氏が2019年に退社する。後任はOracleのプレジデントで9月に退社したトーマス・クリアン氏。グリーン氏はAlphabetの取締役には留まる。(2018/11/17)

Google、「位置情報オフにしてもユーザーを追跡」報道後、サポートページをひっそり更新
Googleが位置情報をオフにしてもユーザー情報を保存していると報じられたことを受け、「ロケーション履歴の管理、削除」サポートページの説明を更新した。(2018/8/17)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(16):
主流になり得た技術、わずかな開発の遅れが命取りに
分野によっては、技術が確立されるには、長い年月が必要になる。その一方で、わずかな開発の遅れが命取りとなり、ビジネスのチャンスを逃してしまうケースがあるのもまた、事実なのである。(2017/7/21)

統合が進む半導体業界:
ムーアの法則の終息でIDMの時代に“逆戻り”か?
米国サンフランシスコで開催されたコンピュータ関連のイベントで、半導体業界の専門家たちがパネルディスカッションを行い、「ムーアの法則」を中心に業界の今後について議論した。専門家の1人は、Appleの動きや、近年の大規模なM&Aの動きから、半導体業界はIDM(垂直統合型)に近い形に“逆戻り”するのだろうか、との疑問を投げかけた。(2017/7/6)

ディズニーが“顔面プロジェクションマッピング”を開発 人間の表情に合わせほぼリアルタイムに変化
ピエロやゾンビに簡単に変身できる?(2017/5/2)

“見た目”で判断:
Facebookの広告投稿も見破る「Perceptual Ad Blocker」登場
Facebookと「AdBlock Plus」の広告ブロックをめぐるいたちごっこが続く中、プリンストン大学の研究者がマークアップではなく、人間向けの表示を“知覚”して広告を判断するブロッカーのコンセプト実証用Chrome拡張機能を公開した。(2017/4/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプは「独裁者」になりつつあるのか
「トランプ大統領は独裁的な傾向があるのではないか」といった指摘が出ている。法の支配が確立している米国では、そう簡単に暴君が生まれることはないと思うが、トランプが“独裁者”になっていく可能性はあるのだろうか。(2017/2/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ人は逆に考えるべきなのか?――ビジネスで大成功する秘訣
あまのじゃくでひねくれてみよう。「当然こうだろうな」という考えを疑ってみることで見えてくるものがある。(2017/2/9)

フォグコンピューティング技術の標準化などを共同で推進:
OpenFogコンソーシアム、日本主導のIoT推進コンソーシアムと協調
OpenFogコンソーシアムと日本政府主導のIoT推進コンソーシアムが協調。IoT/フォグコンピューティング技術の開発や標準化を共同で推進していく。(2016/10/5)

製造業IoT:
IoTで新たに日米連携、日独米の協力体制構築へ
日本の「IoT推進コンソーシアム」が米国のインダストリアルインターネットコンソーシアムとオープンフォグコンソーシアムと提携することで覚書を結んだ。既に協力体制構築を進めているドイツとの関係も含め、日独米の先進団体が連携し、IoTの価値実現に向けて取り組みを進めていく方針だ。(2016/10/4)

製造業IoT:
“地に足の着いた雲”を実現する、「オープンフォグ」日本組織が始動
Fog Computing(フォグコンピューティング)の普及を促進する「OpenFog Consortium」が2015年11月に発足。同団体の初の地域委員会として「Japan Regional Committee」が2016年4月に立ち上がり、活動内容について紹介した。(2016/6/13)

山浦恒央の“くみこみ”な話(82):
統計の食わず嫌いを直そう(その10)、ワインを飲まずに品質を予測する方法
統計アレルギーの解消には、身近な分野で考えてみることも大切です。今回は「ワインを飲まずに、ワインの品質を予測する方法」を例に統計に触れてみましょう。(2016/2/26)

Amazon創業者が説く、人生における「才能と選択」
(2016/2/24)

部門間の協業が鍵
米Netflxも実践、ユーザーの本気を引き出すセルフサービスBI導入の鉄則
ビジネスユーザーをスプレッドシートからダッシュボードに移行させるのは容易でない。だが、部門が協業を深めれば、最終的にはダッシュボードに移行した成果が現れるだろう。(2015/11/24)

使えない乾電池は「バウンドするから分かる」は間違い まだ残量ありかも──米研究
バウンドしても電池を捨てないで──“落としてバウンドしたら残量なし”という、ちまたに出回っている「残量のない乾電池の見分け方」は間違いだとプリンストン大学が発表した。(2015/4/6)

Dropbox、クリエイター向けファイル共有・コラボツールのPixelapseを買収
Dropboxが、MacとWindowsのAdobe Photoshopなどで制作した作品をクラウドに保存し、チームでコラボレーションできるサービスPixelapseを買収した。(2015/1/27)

Facebook、ユーザー約70万人のニュースフィードを操作した実験結果論文を発表
FacebookがSNSにおける情動感染(人の感情や気分は周囲に伝染するという心理学用語)に関する論文を発表した。この実験で同社は約70万人のユーザーを抽出し、ニュースフィードにポジティブな投稿を表示させなくするなどのアルゴリズムの操作を行った。(2014/6/29)

伊吹太歩の時事日想:
米国では、女性の5人に1人がレイプに遭っているという事実
最近、米国では大学内でレイプ事件がまん延し、政府が対策を迫られるほどの社会問題に発展していることをご存じだろうか。もはや、世界中のどこにいても、レイプの危険性を頭の片隅に置いておくべきなのかもしれない。(2014/5/8)

藤田正美の時事日想:
日本だけではなく、世界中で景気が伸び悩んでいる!?
内閣府が2013年のGDPを発表したが、年率換算では1%と市場の予想よりも低い数値に落ち着いた。消費税増税の駆け込み需要などを実感しにくい成長率だが、世界に目を向けると“景気が思ったより回復しない”というのは、どうも日本だけの問題ではないようだ。(2014/2/19)

Google、老化と病気に取り組むバイオテクノロジー企業「Calico」設立 Apple会長がCEOに
自動運転カーや気球式インターネット網などの“ムーンショット”を手掛けるGoogleが、老化と病気に取り組む新企業「Calico」を設立し、Apple、Genentech、Rocheの会長を務めるアート・レビンソン氏をCEOに迎えた。(2013/9/19)

藤田正美の時事日想:
投資一辺倒の中国経済は砂上の楼閣
世界経済をリードしてきたBRICsの先行きが怪しい。特に中国の場合、GDPの半数以上を投資が占めており、限界に突き当たり始めている。中国経済が破たんしたとき、日本経済も無傷ではいられない。(2013/7/31)

藤田正美の時事日想:
ユーロ圏の不振は経済だけの問題ではない
ユーロ圏の不振にたいして、EUメンバーの英国は脱退を視野に入れ始めた。ユーロ圏からの脱退をほのめかす国もある。これが現実のものとなったとき、世界経済はどうなってしまうのか。(2013/5/15)

製造マネジメントニュース :
「タグチメソッド」生みの親、田口玄一博士の1周忌追悼シンポジウム開催
「タグチメソッド」の生みの親である田口玄一氏の功績をたたえる追悼シンポジウムが開催され、品質工学の祖であるとともに優れた統計学者でもあった同氏の功績を振り返った。(2013/5/13)

東大、オンライン講座の無料配信実験へ
東京大学が今秋をめどにオンライン講座配信の実証実験を行う。(2013/2/25)

モバイルアプリでデータを収集
オバマ大統領を再選させた「ビッグデータ分析」の衝撃
2012年の米国大統領選ではオバマ氏、ロムニー氏の両陣営がモバイルアプリケーションを使って大量のデータを収集し、選挙活動に生かした。政治の世界に浸透し始めたビッグデータ分析から企業が学べることとは。(2012/12/19)

藤田正美の時事日想:
概算要求100兆円超、歳出削減できない国に未来はない
来年度予算の概算要求は復興費も含めると合計で100兆円を超え、過去最大になった。使う方を絞らなければいくら国民からカネを集めても財政再建などできるはずがない。(2012/9/10)

藤田正美の時事日想:
日本の総選挙より重要、米国大統領選の行方は
日本では総選挙の時期が話題となっているが、世界的には目前に迫った米国大統領選の方が注目である。この結果によって、世界経済の方向性も決まってしまうからだ。(2012/9/3)

クラウドガバナンス現在進行形 第2章【第2回】
ビッグデータは世の中を変えるか?
ビッグデータとはインフラストラクチャ、つまり公共財として整備されるべきオープンなものであるべきだ。ビッグデータ活用を推し進める上で乗り越えるべき課題とは何か。ビッグデータの定義と事例、今後の課題を解説する。(2012/7/18)

DMS2012開催直前! ブース出展情報:
モノづくりの中核「BOM」の機能を追求、設計と生産連携の現実解を
2012年6月20〜22日に開催される「第23回 設計・製造ソリューション展」。出展社の1つ、図研ブースでは、BOMを中核にしたモノづくり情報基盤の利便性に注目したい。(2012/6/18)

「製造マネジメント」ランキング:
田口博士を追悼するつぶやきからタグチメソッドを読み返す
MONOist 製造マネジメントフォーラムでアクセスが多かった記事を紹介します。今回の集計対象期間は、2012年5月16〜31日です。(2012/6/6)

海外モバイルニュースピックアップ:
壁やノートがタッチパネルに――Microsoft Researchのウェアラブルプロジェクター
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、あらゆるものをタッチパネル化する技術、新iPhoneの名前に関する噂、Forbesの長者番付など。(2012/3/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下の気持ちを駆り立てる「心のクリック」
ロジカルシンキングが定着してきているが、それだけでビジネスがうまくいくわけではない。ロジカルに考えることはもちろん重要だが、相手の気持ちを動かすことも必要だ。そこで使える「再現性のあるスキル」を身につけよう。(2012/2/16)

【図解】人生の大問題:
日本人は数学的思考が苦手?
理数系に強くないと金持ちになれない? フォーブスの長者番付では若きエンジニアが名を連ねました。一方、日本の工学部志望者はこの10年間でおよそ半減しているという事実もあるのです。(2012/1/19)

Google、VMwareの共同創業者ダイアン・グリーン氏を取締役に指名
Googleが、仮想化ソフトウェアのVMwareを創設したダイアン・グリーン氏を10人目の取締役に指名した。(2012/1/13)

説明書を書く悩み解決相談室:
説明書は分かりやすければいいってもんじゃあない
説明書と言っても、プレゼン用から教育用までさまざまあります。誰向けの説明書かによって、分かりやすさを調整していかねばなりません。なぜでしょうか? 例に沿ってその訳を解説します。(2011/11/24)

知財コンサルタントが教える業界事情(6):
どうなる!? 日本の有機EL技術〔前編〕ただの撤退ではない日本企業のしたたかな知財戦略を見る
さまざまな用途への活用が期待されている有機EL。普及期を見据えた業界再編や研究開発競争が激しくなる中、日本の有機EL関連知財の状況は? 今回から新たに知財と企業戦略の専門家が解説します。(2011/9/9)

それゆけ! カナモリさん:
コンビニおでん“70円均一”の謎を深掘りする
冬のコンビニの定番商品「おでん」。そのスタートに当たって、各コンビニチェーンともお約束的に「70円均一」のセールを行っている。そのワケを深掘りして考察してみよう。(2010/11/17)

猫と犬で水の飲み方に違い 猫は「巧みで優雅」――米大学
猫は重力と慣性のバランスを利用して、エレガントに水を飲んでいることが米マサチューセッツ工科大学などの研究で分かった。(2010/11/12)

ノーベル賞発表をYouTubeでライブ配信
ノーベル平和賞(8日18時〜)、経済学賞(11日20時〜)の発表会をYouTubeでライブ配信。日本人では、経済学賞でプリンストン大学の清滝信宏教授が有力候補に挙がっている。配信サイトはこちら(YouTube)。(2010/10/7)

不正コピー防止技術「HDCP」のマスターキー流出、Intelが調査
Blu-ray機器などで使われているコンテンツ保護技術「HDCP」のマスターキーがネットに流出した。Intelは経緯を調べている。(2010/9/20)

ITエンジニアのための経営戦略入門(2):
フレームワーク――物事を分けて考えよう
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2010/9/8)

「お金があるほど幸福」ではない?――米大学が調査
年収が7万5000ドルを超えると、必ずしも収入が多いほど幸福感が増すわけではないことが米国の調査で示された。(2010/9/7)

藤田正美の時事日想:
菅首相が、1日でも長くトップでいるために
鳩山政権がつぶれ、菅副総理が新しい首相に就任した。菅首相は記者会見で「経済成長、財政再建、社会保障を一体的に実現する」と語ったが、彼の「経済理論」に疑問がないわけではない。(2010/6/7)

せかにゅ:
「iPadは閉鎖的」――Microsoft幹部が批判
Microsoft幹部がiPadの開発プラットフォームを批判する一方、Googleのエリック・シュミットCEOはiPadについて「大きな電話とタブレットの違いを教えてほしい」とコメントしている。(2010/2/1)

正しい測定結果を得るためのポイントをつかむ:
歪ゲージの落とし穴
歪ゲージを使った歪測定は、一見すると単純な作業に感じられる。しかし、実際には、電気や物理、材料といったさまざまな分野の知識を必要とする極めて複雑なものである。本稿では、歪ゲージによる測定を行う際に考慮すべきポイントについて解説し、より正しい測定結果を得るためのノウハウを提供する。(2009/9/1)

画面はKindle 2の2.5倍:
Amazon、大画面の電子ブックリーダー「Kindle DX」を発表
Kindle DXはKindle 2より130ドル高い489ドル。大画面と画面回転機能を生かし、Amazonは教科書市場に参入する。(2009/5/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。