ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Renault」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Renault」に関する情報が集まったページです。

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
働き方大改革でコロナ禍を乗り越え、社内の空気が一変し多くの社員がDX推進にかかわるように――キッツ CIO・IT統括センター長 石島貴司氏
就職するまでコンピュータにまったく興味がなく、触ったこともなかったIT担当執行役員は、なぜキッツのDXを実現させることができたのか。従来から大事にしてきたのは、何事も試してみる精神だった。(2024/5/22)

日産のEV戦略、巻き返しの秘策は? 新たな経営計画「The Arc」を読み解く
3月25日に発表された日産の新中期計画「The Arc」。2023年度までの「Nissan NEXT」と長期ビジョンである「Nissan Ambition 2030」をつなぐ架け橋として26年度までの今後3年間の戦略が公表されました。果たしてその中身とは。今回はこれから販売の主力となっていくEVをどのように展開していくのかについて解説します。(2024/5/20)

「トヨタのHV車」が好調、営業益が日本企業で初の5兆円台 欧州勢は?
トヨタ自動車の2024年3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期の約2倍に当たる5兆3529億円と過去最高を更新した。(2024/5/9)

高根英幸 「クルマのミライ」:
クルマの“顔つき”はどうやって決まる? デザインに表れる思惑とは
自動車のフロントマスクは各メーカーにとって重要な要素だ。ブランド戦略によってその方針は異なる。海外メーカーには、デザインの継承を重視しない姿勢も見られる。一方、国内メーカーも方針はさまざまで、デザインから各社の思惑も見えてくる。(2024/5/3)

電動化:
「もうマーケ目的ではない」、フォーミュラEで電動化技術を磨く
設立当初から企画され、待ち望まれたABB FIA フォーミュラE世界選手権の日本での開催がようやく実現した。(2024/4/3)

電動化:
日産が新たな中計を発表、2026年度までに新型車30車種
日産自動車は販売台数の増加と収益性の向上に向けた2030年までの中長期的な取り組みをまとめた経営計画「The Arc」を発表した。2026年度までに足元から100万台の販売増と、営業利益率6%以上の達成を目指す。(2024/3/26)

ホンダと日産の提携、狙いは「量の競争力」 収益性の課題解消へ効果は未知数
両社が協業に踏み込んだのは、収益体質の大幅な改善という共通課題を抱えているためだ。規模を拡大することでコストを抑制し、攻勢を強める新興メーカーに対抗する。(2024/3/18)

電動化:
ホンダ日産が協業の検討を開始、「なるべく短期間で結論を出す」
日産自動車とホンダは自動車の電動化や知能化に向けて戦略的パートナーシップの検討を開始する覚書を締結した。(2024/3/18)

日産、ホンダとEVなどで連携を検討 各所への影響は?
日産自動車は生産コストを削減するため、電気自動車の主要部品について本田技研工業との業務提携を検討していると、日産の事情に詳しい関係者3人が明らかにした。(2024/3/15)

CAEニュース:
「Ansys SimAI」が生産性向上とイノベーションの加速に寄与
アンシス・ジャパンは、Ansysシミュレーションの予測精度と生成AIの速度を組み合わせたSaaSソリューション「Ansys SimAI」および自動車開発におけるAI(人工知能)/ML(機械学習)適用に関する説明会を開催した。(2024/3/8)

日産撤退後も残った日本の「技術と心」 スペイン・バルセロナで進む電気自動車新プロジェクト
欧州でも有数の自動車産業があるスペイン。その中心地、バルセロナにかつてあった日本の大手自動車メーカー・日産の工場跡地を、電気自動車の新たな生産拠点として蘇らせようというプロジェクトが進んでいる。(2024/1/15)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントが見た学生フォーミュラ2023:
マネジメントやスポンサー集め、技術継承……社会人顔負けの学生フォーミュラ
筆者は学生フォーミュラにも参加する静岡大学で、工学部大学院の客員教授を2011年から務めています。2023年からは、ECOMの社外取締役の立場を生かしてスポンサー企業として静岡大学のチームを支援することにしました。(2023/12/28)

「日産」創立90年、どこで歯車が狂ったのか トヨタの背中は遠く
日産自動車が26日、創立90周年を迎える。日本の自動車産業をトヨタ自動車とともにリードしてきた存在だが、元会長のカルロス・ゴーン被告の逮捕後の混乱を経て、企業価値を示す株式時価総額は40兆円超のトヨタの約18分の1で、ホンダやスズキも下回る約2.3兆円と低迷する。。(2023/12/26)

団長安田、“限定20台”の超レア外車に悲劇 テープぐるぐる巻きで補修も絶望感「もげた……」
直ってよかった。(2023/12/25)

「これ100点」 テリー伊藤、“世界で1番推してる車”を告白 過去には「街で全然みかけない車」購入も話題に
無印良品を連想させるデザインが魅力的、とのこと。(2023/11/21)

製造マネジメントニュース:
日産がブラジルへの投資を拡大、SUV2車種とターボエンジンの生産で
日産自動車は2023〜2025年のブラジル事業への投資額を最大28億レアルに拡大すると発表した。(2023/11/9)

テリー伊藤、“街で全然みかけない”車を購入 広い荷室にも関心「普通に旅行できるなあ」
オシャレだ〜!(2023/10/27)

製造マネジメントニュース:
中国での三菱車の生産が終了、合弁会社の持ち分は広州汽車に
三菱自動車は中国事業の構造改革を進めることを決めた。(2023/10/25)

電子ブックレット(オートモーティブ):
「脱エンジン」動向まとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、自動車メーカーの脱エンジンの動向をまとめた『「脱エンジン」動向まとめ』をお送りします。(2023/10/12)

電子ブックレット(オートモーティブ):
自動車とソフトウェア
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ソフトウェア重視の傾向が強まる自動車業界の記事をまとめた「自動車とソフトウェア」をお送りします。(2023/9/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
中国製BEVは今後どうなるか 避けられない現実
深刻なバブル崩壊を迎えている中国では、2022年にBEVへの補助金が終了した。今後BEVを生産するメーカーの行方は。(2023/8/21)

田中直基氏×高宮範有氏「カンヌライオンズ2023」対談【前編】:
カンヌライオンズ2023受賞作に見るモバイルキャンペーン世界最先端の潮流
「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」でモバイル部門の審査員を務めた電通の田中直基氏と、2021年に同部門の審査員を務めたI&COの高宮範有氏の対談をお届けする。(2023/8/14)

電動化:
中国ブランドに押されて販売見通しを下方修正、新車攻勢で巻き返し
日産自動車は2023年4〜6月期の決算を発表した。売上高が前年同期比36.5%増の2兆9177億円、営業利益が同98.1%増の1286億円、当期純利益が同123.9%増の1055億円となった。(2023/7/27)

日産、ルノーのEV新会社に6億ユーロ(約933億円)出資へ
日産は、ルノーグループと進めていた新たなパートナーシップについて最終契約の締結を完了した。相互出資比率を15%と対等にした他、ラテンアメリカ、インド、欧州市場への一層の注力、ルノーGが欧州に設立するEV新会社に最大6億ユーロ(26日時点で約933億円)出資するとしている。(2023/7/26)

安田大サーカス・団長安田、溺愛中の愛車に“悲劇” 「なんも言えねぇ」「俺だけが…信じなかったね」
あらら……。(2023/7/3)

経済の「雑学」:
カシオの電卓パッケージ「プラ→紙」に なぜ国によってデザインが違うの? 
カシオ計算機の電卓パッケージが「プラスチック→紙」に変わりました。SDGsの一環で紙を採用しましたが、海外はどうなっているのでしょうか? 欧州では3年前から始めていて、国によって違いがあるようです。(2023/6/17)

Qualcomm、自動車向けチップのAutotalksを買収 「Snapdragon Digital Chassis」に統合へ
QualcommはイスラエルのV2XチップメーカーAutotalksを買収すると発表した。Autotalksのチップセットは自動車の衝突事故防止や運行状況改善に貢献する。QualcommはAutotalksのV2X技術を「Snapdragon Digital Chassis」に統合する計画だ。(2023/5/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ようやく議論は本質へ 揺らぐエンジン禁止規制
ここ数カ月の報道を見ていて、「世界は脱内燃機関に舵(かじ)を切った」という言葉をどう受け止めただろうか。もちろんそうした流れがあるのは事実だが、誤解している人もいるようだ。(2023/3/27)

意外な歴史:
ヌートバー選手で注目の「ペッパーミル」 元祖は自動車メーカーのプジョー
WBCを戦う日本代表に、日系人として初めて代表入りしたラーズ・ヌートバー外野手の“ペッパーミルパフォーマンス”に注目が集まっている。ペッパーミルの歴史をたどると、仏プジョーが元祖だという。自動車メーカーがなぜ製造したのか。(2023/3/22)

3年ぶり中期経営計画:
脱“日産・ルノー依存” 三菱自、2035年度までに電動化100%へ
三菱自動車は2025年度までの成長戦略を盛り込んだ新たな中期経営計画「Challenge 2025」を発表した。新計画では35年度までに電動化100%実現や、ASEANやオセアニア地域での販売強化を打ち出した。(2023/3/10)

3月2日発売:
ルノー、新型「カングー」発売 14年ぶりのフルモデルチェンジ
ルノー・ジャポンは3月2日、14年ぶりにフルモデルチェンジした新型ルノー カングーを発売する。(2023/2/28)

電動化:
日産が電動車投入計画を上方修正、2030年までにEVなど27車種
日産自動車は電動化戦略の取り組みを加速させる。2030年までの長期ビジョンで電動車の投入計画を示していたが、目標値を引き上げる。(2023/2/28)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
2023年は「ルノー」に注目すべき、これだけの理由
2月6日、日産は「ルノー・日産・三菱自動車、提携の新たな章を開く」と発表しました。これまでルノーが日産株を43.4%、日産がルノーを15%保持していたのを、ルノーと日産がともに15%を保持することに。そんなルノーが、今年は日本市場においても大注目となります。(2023/2/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ルノー・日産アライアンス再始動 内田CEOの手腕が光った
ルノーグループ、日産自動車、三菱自動車は2月6日、資本提携の見直しに関する説明会を開催した。登壇者全員が互いに感謝の言葉を述べるところから始まった異例の会見。その場で語られたのは……。(2023/2/13)

製造マネジメントニュース:
対等な関係でCASE対応加速、ルノー日産三菱が正式に会見
ルノーと日産自動車、三菱自動車はアライアンスの新たな取り組みについて発表した。(2023/2/7)

電動化:
ルノーのEV新会社に日産も出資、ソフトウェアデファインドビークルの開発加速
日産自動車とルノーグループはアライアンスに関する声明を発表した。今後開催予定の取締役会での承認が必要になるが「協議が重要なマイルストーンを迎えた」としている。(2023/1/31)

ポップでキュートな働く姉さんたち! 「東京オートサロン2023」美女コンパニオンまとめ第4弾
オートサロンで見かけたお姉さんまとめ(2023/1/22)

CES 2023:
Google、「Android Auto」に画面分割などの新機能 ホンダもビルトインモデル
Googleの自動車向けアプリ「Android Auto」で画面分割が可能になる。ナビ画面を表示したままメディアプレーヤーやメールの着信を表示できる。メディアプレーヤーには曲飛ばし用のインジケータも追加される。(2023/1/6)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
2022年の自動車市場を振り返る 注目されたクルマ、実際に売れたクルマは?
コロナ禍になって3年目。今年はコロナ禍以前のように、数多くの新型車が登場しました。どんなクルマが投入され、注目されたのでしょうか。2022年の自動車市場を振り返ります。(2022/12/29)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
テスラ株暴落前の時価総額が驚異的過ぎた件 2022年の下落分だけで自動車大手12社に相当
2022年最後の「ほぼ週刊インフォグラフィックス」は、世界を賑わせるイーロン・マスク氏が創業者兼CEOを務めるTeslaの時価総額を取り上げます。(2022/12/27)

トヨタがEV普及で抱える最大の弱点とは? “EV戦略見直し”報道で考える各社の現在地
トヨタがEV戦略を見直すとの報道が出ている。トヨタの弱点を考察する。(2022/12/30)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
日本のカー・オブ・ザ・イヤーは“2つ”ある  「今年のクルマ」から見えるそれぞれの違いとは?
日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考の結果が12月8日に発表されます。一方、11月9日にはRJCカーオブザイヤーの最終選考が行われました。「おかしいな」と思った方もいるでしょう。「11月9日に最終選考があったのに、12月8日にも結果発表をするとは、どういうこと?」と。(2022/11/29)

電動化:
ボルボ、ルノー……中国ジーリーに集まる欧州のエンジン技術
ボルボ(Volvo Cars)は2022年11月8日、内燃機関の開発と製造を完全に終了すると発表した。(2022/11/10)

Googleとルノー、ソフトウェア定義型自動車で提携 デジタルツイン車両作成など
Googleと仏自動車大手のルノーグループが提携を発表した。「Software Defined Vehicle」(SDV、ソフトウェアで定義された車)のデジタルアーキテクチャの設計と提供が目的。ルノーはまた、Google Cloudを優先クラウドプロバイダーに指定する。(2022/11/9)

電動化:
ルノーがCASE対応で新たな動き、EV、ソフトウェア、その他パワトレは新会社に
ルノーグループは2022年11月8日、投資家向けに説明会を開き、営業利益率を2025年に8%以上、2030年までに10%以上に高める事業計画を発表した。(2022/11/9)

今年の車に選ばれるのは?:
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」10ベストカーが発表 最終選考は12月8日
一般社団法人日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は11月4日、「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の第一次選考において、全48台のノミネート車から最終選考会に進む「10ベストカー」を発表した。(2022/11/4)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
主要各社の投資が加速、EV採用の本格化で拡大するSiC市場
成長を加速する市場と関連投資をまとめました。(2022/10/31)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
スポーツカーにペンキをぶっかけることで環境意識は高まるのか
もっとエレガントなやり方はないのでしょうか。(2022/10/26)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
「電気自動車と言えばテスラ」は本当か? 世界で検証
EV(電気自動車)と言えば、大半の人がTesla(テスラ)と答えるのではないかと思いますが、実際のところはどうでしょうか。今回は、世界のEV事情をデータで検証します。(2022/10/17)

石川温の再考・クルマのスマホ化(1):
「クルマのスマホ化」の前に、「ケータイの垂直統合の終わり」を振り返る
「モバイル端末は人々の生活を大きく変えたメガトレンドだった。次のメガトレンドはモビリティだ」。そもそも日本のケータイビジネスはどのようにして成長してきたのか。ケータイを作っていたメーカーの立ち位置は? 石川温氏が解説する。(2022/9/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。