ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「ROA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ファシリティマネジメント フォーラム2019:
JFMAの未来戦略、企業の持続的成長を支えるファシリティマネジメントには何が必要か?
第13回日本ファシリティマネジメント大会「ファシリティマネジメント フォーラム2019」が2019年2月20日、開幕した。初日に行われたJFMA委員会によるこれからのFM戦略について提言を行った講演を紹介する。(2019/2/21)

不動産業者・鉄道業者が独占:
「土地保有額が大きい企業」ランキング、トヨタなど上位に 1位は約2兆4000億円の……
国内企業の中で「土地保有額」が大きいのは? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが調査結果を発表。トヨタ自動車(1兆4046億円)などが上位に入った。1位は……?(2019/1/30)

PR:「IFRS16」対応のシステム要件 “処理”と“運用”両面の機能拡張がカギ!
適用期日まで残すところ数カ月にまで迫った「IFRS16」。本基準の対応には、業務プロセスだけでなく、システム面の対応も欠かせない。では、具体的にどんな機能を準備しておくべきなのか。「処理」と「運用」の両面から、その詳細を解説する。(2018/9/3)

経営情報ダッシュボードに必須
企業が設定すべき「KPI」(重要業績評価指標)10選
KPIは企業目標の達成度を評価するのに役に立つ。有益な経営情報ダッシュボードを作成するための適切なKPIは、どのように選べばよいのだろうか。本稿では、主要なKPIを10件紹介する。(2018/8/1)

PR:企業評価のグローバル基準、IFRSによる「攻めの会計」の道筋とは?
近年、IFRSを企業評価の尺度として捉える機運が急速に進んでいる。「攻めの会計」においてIFRSの意義は増しており、その点の理解を欠いた場合、財務戦略および広報戦略などの面で同業他社に後れを取りかねない。果たして企業は今後、IFRSにどう向き合うべきなのか。(2018/2/13)

ゲームオーバーで偏差値ゼロ Twitterで人気の「頭の悪い人」をホラーゲーム化した動画が話題に
プレイすると頭が悪くなるかも?(2017/9/19)

PR:強制適用まで残り1年半! IFRS16により激変する業務と日本基準への適用の行方
日本国内でも導入企業が増えているIFRS(国際財務報告基準)。2019年1月から、その最新基準IFRS16が適用される。IFRS16は現行業務にどのような影響を与えるのか、対応に向けた主な論点は何か、日本基準の改正の行方はどうなるのか――。これらの疑問点についてIFRS16対応の固定資産管理ソリューションを提供するプロシップに聞いた。(2017/8/30)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「クラウドによってもたらされる3つの価値」
クラウドの導入は、情報システム部門、経営層、ユーザーのそれぞれに価値をもたらします。今回はクラウドによってもたらされる3つの価値を解説するとともに、価値を引き出すためのコツを紹介します。(2016/7/4)

いまさら聞けないTPM(1):
全員参加の生産保全、TPMとは何か?
本連載「いまさら聞けないTPM」では、TPMとは何か、そして実際に成果を得るためにどういうことに取り組めばいいかという点を解説していく。第1回となる今回は、まず「TPMとは何か」について紹介する。(2016/1/20)

SCF2015 基調講演:
日立が描く第4次産業革命とは?
製造現場にITの波が押し寄せる中、総合電機としてさまざまな事業領域で製造現場と関わる他、自らも製造業としての製造現場を抱える日立製作所はどのように捉えているのだろうか。(2015/12/24)

IoT観測所(15):
出遅れた老舗「oneM2M」、Alljoyn連携で巻き返しなるか
通信関係の標準化団体が組織した「oneM2M」は、M2Mプラットフォームの水平化を狙うが、IoTを取り巻くスピードは速く、実装までを考えると遅きに失する感が否めない。Alljoynとの連携での巻き返しを狙う。(2015/11/19)

再生請負人が見る製造業(8):
日本の製造業が共通して抱える課題と生きる道
企業再生請負人が製造業の各産業について、業界構造的な問題点と今後の指針を解説してきた本連載も今回で最終回を迎える。そこで今回は、これまで紹介してきた各業界の課題を振り返るとともに、日系製造業はどのようにして生き残るべきかという指針について解説する。(2015/6/9)

視点:
ドイツに学ぶ中長期視点の経営
低迷する欧州経済内では健闘しているドイツ。産業構成や勤労観が似ているドイツの中長期視点の経営に、強い日本企業を作るヒントを探る。(2015/5/18)

【連載】初めてのデータドリブンマーケティング:
第1回 KKDの変遷――「勘」「経験」「度胸」から「仮説」「検証」「データ分析」へ
データを起点としたPDCAサイクルの繰り返しはマーケティング領域でも年々その重要性を増しています。いわゆる“データドリブン”は、現代のマーケティング活動における常識となりつつあるのです。(2014/7/14)

Lead Initiative 2014レポート:
ノエビアが実現した「持たざるプライベートクラウド」への2年3か月
インターネットイニシアティブ(IIJ)は2014年7月10日、東京コンファレンスセンター・品川にて、プライベートイベント「Lead Initiative 2014」を開催した。「クラウドが切り開く企業システムの近未来−新たなステージの幕開け−」と題し、先進的なユーザーの事例講演を含め、大小25のセッションが展開された。本稿では、「クラウドファースト」で「持たざる経営」を実践したノエビアの事例講演を紹介しよう。(2014/7/11)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
スマイルワークスが中小企業ユーザーを伸ばし続けるワケ
今年5月にヤフー子会社などから2億5000万円を調達して話題になったのが、クラウドビジネスで急成長を狙うスマイルワークスだ。(2014/7/10)

製造マネジメントニュース:
過去最高の設備投資で成長フェーズへ! 東洋ゴムが新中期経営計画を発表
東洋ゴム工業は2015年までの中期計画を前倒しで達成したことから、2016年までの3カ年を対象とした新中期経営計画「中経'14」を発表した。北米の増産投資を積極的に行うなど、3カ年計画としては過去最高の設備投資額を計画しており、グローバルでの成長フェーズへ舵(かじ)を切る方針だ。(2014/6/11)

実は共通する成功要因
スターCFOに学ぶ「CIOが成功するための10の秘密」
財務を担当するCFOと、ITを担当するCIOが抱える課題は実は似通っている。スターCFOが自身の体験から成功のための10の秘密を語った。CIOが読み取れることとは。(2012/12/11)

ROA Holdings、中国スマホ市場の分析リポートを公開
ROA Holdingsが、中国スマホ市場の動向を分析した無料リポートを公開した。(2012/8/20)

【IFRS】会計基準詳細解説【第2回】
改正会計基準「退職給付会計」を理解する(後編)
実務や経営への影響が大きいとされる改正会計基準「退職給付会計」が2012年5月に公表された。前編に続き、本稿では会計基準の主な変更点を解説し、企業への影響やIFRSとの差異を明らかにする。(2012/7/3)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
事業の多角化で企業を成長させる方法
企業が倒産すると、単一的経営よりも多角的経営が非難を浴びやすい。複数の事業を行うことは、1つの事業に専念するより危険が大きいと考えられているが、適切に経営すれば素晴らしい収益を得ることができる。成功を収めている多角経営企業が取り入れている7つのステップとは。(2011/7/20)

東日本大震災の教訓を生かせ:
生産拠点・設備の災害リスク管理で知っておくべきこと
生産設備や事業所などのリスク分析を専門とする筆者が、震災の教訓から対策を示します。高度にネットワーク化した社会でリスクを低減するために、踏み込んだ議論の必要もあります。(2011/4/19)

SSJ、経営データをウェブで可視化するオプション製品を発表
SSJはERP製品「SuperStream-NX」のオプションである「SuperStream-NX グループ経営管理」を発表。IFRSベースの情報管理やガバナンス確立を支援するという。(2011/4/14)

NEWS
会計・人事システムを戦略ツールに、SuperStream-NXにグループ経営管理を追加
SuperStream-NXにグループ企業の経営状況を可視化する経営管理機能が追加される。柔軟なリポーティング機能で経営者や現場担当者の意思決定をサポートするのが目的だ。(2011/4/14)

震災を機にジャストインタイム生産は見直すべきか?
東日本大震災の影響でサプライチェーンが寸断され、多くの企業が供給停止になっていることを受け、効率・利潤追求を目指し在庫を極限まで減らすジャストインタイムの弊害が喧伝されている。果たして、震災を理由にジャストインタイム生産を見直し、在庫を積み増すべきだろうか?(2011/4/13)

【IFRS】IFRSを会計×業務×ITで理解する【9】
財政状態計算書(3)大きく転換するIFRSのリース
投資家の視点から作られ、現在の日本基準からの考えの転換が求められるIFRS財務諸表の作成。業務プロセスやITシステムを適切に構築するための情報をお届けする。今回はリースの会計処理について解説する。(2011/3/29)

ITエンジニアのための経営戦略入門(4):
経営戦略が導くゴール=経営理念
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2010/11/9)

日本企業の“常識”を破壊、長寿企業で大胆な構造改革を実現したリーダー像
日本企業の“常識”の破壊に立ち向かい、120年以上の歴史を持つ大企業を大きく作り変えた経営者、DOWAホールディングスの吉川CEO。その“非・常識”な経営とは、どのようなものだろうか。(2010/3/12)

インフラの質が競争の矢面に――ROAがモバイル市場の予測リポートを発売
ROAが日本のモバイル市場の分析や今後の予測をまとめたリポートを発売。端末や料金の差別化が難しくなり、スマートフォンの普及でコンテンツのリッチ化や常時接続制が求められる中、インフラが差別化要因として見直されると分析している。(2010/2/26)

お茶でも飲みながら会計入門(26):
公認会計士の「就職難」はなぜ起こっているのか?
意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。(2009/12/24)

写真で解説する「940P」
ソフトバンクのラインアップにスピードセレクター搭載モデル「940P」が登場。タッチパネルに対応したカメラに加え、VIERAケータイならではの高画質ワンセグなどを備えている。(2009/11/13)

Gartner Column:
「有効性」を重視する企業が経営で沈まない理由
景気後退期で困難な局面が訪れる中、企業は「効率性」ではなく「有効性」を高めないとこの難局を乗り切れません。では有効性と経営はどう関連するのでしょうか。CIOへのインタビュー調査から読み解きましょう。(2009/11/6)

戦略構築のためのライフサイクル管理論(3):
サムスンになれなかった日本の製造業
自社の製品開発戦略をしっかり把握しているでしょうか? 製品開発・生産技術の効率化を追求していたとしても、しっかりとした戦略とマネジメント意識がなければ意味がありません。本連載では、マネジメント技術としてのライフサイクル管理を考えていきます。(2009/10/26)

事例データバンク【第1回】
「30日以内開示を目指す」、三井化学が制管一致の連結システム刷新
決算開示の早期化と管理会計の高度化を目指し、三井化学が連結システムを刷新した。2009年9月15日開催の「SAP IFRS CONFERENCE:東京」で公開された事例を紹介する。(2009/10/16)

経営陣が若いほど高収益って……本当?
「40代社長」というのが、ニュースになりにくくなった昨今。取締役の平均年齢が若い企業ほど、収益力が高いというデータがある。年齢と収益力に何らかの“関係”があるとしたら、それはどんなものだろうか?(2009/7/8)

中国ビジネス最前線:
中国で食品安全法が施行、不法企業を厳しく管理
食品安全の基準があいまいな中国では、不法な企業に逃げ道が多く残されていた。そこで政府は6月1日に新法を施行し、徹底した管理体制を構築する。(2009/6/8)

これからのビジネスマンに必須のツール:
パーソナルBI入門 第一回 Excelで身近なBIを体験
個人でBIを操ることができるようになれば、これからの厳しい時代を生き抜くための強力な武器になる。ここでは、データから物事を推測するBIを、身近なシーンを通じて体験してみよう。(2009/4/7)

お茶でも飲みながら会計入門・番外編(12):
ITエンジニアになぜ会計は必要なのか
ITエンジニアに“意外と知らない”会計知識をお伝えする連載、「お茶でも飲みながら会計入門」の筆者インタビュー。そもそもこの連載は何のためにあるのか?(2009/3/31)

戦略プロフェッショナルの心得(4):
値引き販売という麻薬
価格が一貫していない店で客は「いつ購入すればいいか分からない」と戸惑う。時々大幅な値引きをする店では「セールのときだけ買う」と考える。値引きという麻薬について考える。(2008/9/25)

保田先生! 600秒でファイナンスを教えてください:
第5回 ファイナンスの実践(後編)
約10分で“分かりやすく”ファイナンスについて説明する保田隆明氏の連載。後編では「なぜ企業にとって“株高”は大事なのか?」についてのほか、「格付機関の“格付”から企業の倒産確率」などを解説する。(2008/7/10)

保田先生! 600秒でファイナンスを教えてください:
第4回 ファイナンスの実践(前編)
約10分で“分かりやすく”ファイナンスについて説明する保田隆明氏の連載。今回は資金調達戦略が企業価値に与える影響などについて紹介していく。(2008/7/3)

保田先生! 600秒でファイナンスを教えてください:
第3回 ファイナンスの基本
約10分で“分かりやすく”ファイナンスについて説明する保田隆明氏の連載。これまで決算書は細かい部分まで理解する必要はなく、図で覚えることの重要性を解説した。では図で覚えて、実際にどのように使えばいいのだろうか?(2008/6/26)

経営いろは(第2回):
財務諸表から企業を理解する――「P/L」「B/S」って何?
ビジネスパーソンにとって必要な基礎知識を分かりやすく紹介する「経営いろは」。数字がズラリと並んでいるだけで嫌悪感を感じてしまう財務諸表だが、ポイントを絞って、主に株主の視点から解説します。(2008/4/17)

経営いろは(第1回):
お金の面からビジネスを理解する――「ROE」「ROA」って何?
ビジネスに必要な基礎知識や、考えるための方法論を分かりやすく紹介する新連載「経営いろは」。第1回目は少しとりつきにくい印象もある、お金の話から。会計・財務の知識を習得すると何が分かるのかから、今さら聞けない「ROE」「ROA」の本質までを解説します。(2008/4/9)

利益創出! TOCの基本を学ぶ(1):
制約条件に着目した業績改善手法、TOCとは?
モノづくり企業が継続的に利益を創出することを“ゴール”に定め、具体的な方法論を提供するTOC(制約条件の理論)について、初学者向けに基本的な思想、用語、理論などをコンパクトに解説する。(2008/2/6)

あなたのグループでも導入できる──賢く選ぶビジネスプリンタ:
リース? 買い取り? 契約スタイルを再確認しよう
OA機器の導入に伴う契約は、総務が担う大切な業務。リースや買い取りなど基本的な契約の仕組みを再確認するとともに、自社に合ったスタイルを見直してみよう。(2007/9/21)

週1回リアルタイム連載「誠倶楽部」:
“株主優待”狙いで株を買う場合の狙いとは?
任天堂とディー・エヌ・エーの株を買い、超ビギナーの「誠倶楽部」の持ち金はちょっぴり増えた。だけど米国株の急落を受け、日経平均は大幅に下落。厳しい相場環境の中、3人が保有する銘柄はどうなったのか……?(2007/8/13)

インフォテリア、SaaS表計算アプリ「OnSheet」を発表
“データ連携”が強み。競合の1つGoogle Spreadsheetと異なるのは、企業内情報システムとのつながりを重視していること。さらに、ユーザー間で表データを手軽にシェアできることが強みだという。(2007/7/25)

「SaaS」の未来やいかに 第9回:
「多重装備」で巻き返しを図るオラクル
いよいよSaaS市場に参入した、ソフトウェア大手のオラクル。「ハイブリッド活用」という「武器」に加え、「BPOへの適応」「ROA向上への対応」といった強みを売りに勝負に挑む。SaaS市場発展のカギとなるのか。(2007/1/31)

楽天、好調な中間期決算──Amazon参入は“歓迎”
楽天の中間期決算はEC事業と証券事業を中心に好調。三木谷社長は、Amazonが計画中のショッピングモール参入を歓迎する余裕すら見せる。(2006/8/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。