ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Samsung bada」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Samsung bada」に関する情報が集まったページです。

調査リポート:
世界スマートフォン販売、Gartnerの調査で初の携帯電話超え
Gartnerの販売ベースの世界携帯電話市場調査で、スマートフォンが初めてフィーチャーフォンを超えた。スマートフォンのOS別では、Androidが全体の79%を占めた。(2013/8/15)

Mobile World Congress 2013:
NTTドコモ、今秋にもTizenスマホを発売へ――端末上でdマーケットのサービスも展開
Tizen Associationが「Tizen 2.0」を発表。NTTドコモは、2013年後半をめどに端末を発表する予定であるとした。dマーケットのサービスもTizen端末上で提供するという。(2013/2/27)

調査リポート:
Appleのシェアは今年がピーク?――「Samsungの後を追うことになる」とABI Research
ABI Researchが、今後のスマートフォン市場の予測リポートを発表。Appleのシェアは2013年の22%をピークに横ばいで推移し、Samsungが市場のリーダーになると予測している。(2013/1/18)

世界携帯電話販売台数、新製品待ちで2%減少 Samsungがシェアトップに――Gartner調べ
SamsungとAppleは好調だったが、携帯電話の販売台数は2009年第2四半期以来初めて前年同期比で減少した。(2012/5/17)

開発陣に聞く「GALAXY Note」:
紙ではなく“手帳”を再発明――「GALAXY Note」が開く新しい1ページ(前編)
スマホより大きくタブレットよりも小さい。そんな絶妙なサイズ感とこれまでにない快適なペン入力が話題の「GALAXY Note」。その開発経緯や狙いを、Samsung電子の担当者に聞いた。(2012/4/11)

Apple、メーカー別世界スマートフォン市場で首位に――Gartner調べ
10月発売の「iPhone 4S」が好調のAppleが、2011年第4四半期および通年のメーカー別スマートフォン販売台数でトップに、携帯電話全体では3位になった。(2012/2/16)

モバイルARアプリ開発“超”入門(5):
iPhoneで動くARアプリを作るためのライブラリ10選
(2012/1/25)

GoogleのAndroid、世界スマートフォン市場でシェア過半に――Gartner調べ
Androidの世界スマートフォン市場でのシェアが52.5%と過半になった。携帯電話市場では、Samsungが追い上げているものの、Nokiaが首位の座を守った。(2011/11/16)

Samsung、IDCの世界スマートフォン市場調査でもAppleを抜き首位に
前四半期にNokiaから首位を奪ったAppleを、第3四半期にはSamsungが抜いた。だが、iPhone 4Sが発売された第4四半期にSamsungが首位を維持するのは難しいとIDCはみている。(2011/11/7)

IFA 2011:
着実に進歩する各社のスマートテレビ戦略(2)
「IFA 2011」現地リポート第2弾は、引き続き「スマートテレビ」に関する最新事情をお届けしていこう。前回カバーできなかった東芝や海外メーカーの動向を紹介していきたい。(2011/9/7)

IFA 2011:
Samsung電子 スタイラス操作の「GALAXY Note」、厚さ7.89ミリ「Galaxy Tab 7.7」発表
Samsung電子が9月1日、新製品発表会「Samsung Unpacked 2011 Brerlin」を行い、タッチペンを使う「GALAXY Note」や、7.7インチディスプレイを備える「Galaxy Tab 7.7」など3つの新機種を発表した。(2011/9/2)

独自チャットサービスChatOn搭載:
Samsung、独自OS「bada」搭載のスマートフォン3機種を発表
Samsungがbada搭載の「Wave」シリーズの新モデルを発表した。薄いアルミボディで4インチディスプレイの「3」のほか、オプションでNFCを搭載できる「M」「Y」の3機種だ。(2011/8/31)

Samsung、モバイルチャットサービス「ChatOn」を発表――iOSにも対応
Samsungが、グループチャットや動画の共有もできるクロスプラットフォームの無料のチャットサービスをこの秋スタートする。(2011/8/30)

世界の携帯電話販売台数に占めるスマートフォンの割合が25%に――Gartner調査
Nokiaはシェアを落としつつも携帯電話市場でのトップを守った。スマートフォンではSamsungのbadaが5位にランクインした。(2011/8/12)

iPhoneで操縦できるラジコンヘリ「AR.Drone」がAndroidにも対応
Android端末で「AR.Drone」を操縦できるアプリが7月にリリースされる予定だ。(2011/6/8)

ビジネスニュース 業界動向:
Android搭載型端末が2011年第1四半期に35%のシェアを獲得、米国では49%に
英国の調査会社Canalysが2011年第1四半期の全世界におけるスマートフォンの動向をまとめた。全世界ではAndroidが勝者となり、米国内でもAndroid陣営全体が49%のシェアを確保した。ただし、米国内ではiPhoneもシェアを伸ばしており、単一の企業としてはトップである。Nokiaはシェアが下がったものの、全世界では最大のスマートフォンベンダーであり続けた。(2011/5/26)

現行機種と何が違う?:
写真で見るSamsungグローバルモデル
Samsung電子が開催した説明会で、最新のグローバルモデルが披露された。フラグシップモデルの「GALAXY S II」や2種類の「GALAXY Tab 10.1」などを中心に紹介しよう。(2011/4/11)

GALAXY S IIの日本登場は?:
技術、製品、マーケティングが成功の要因――「GALAXY」で飛躍するSamsung電子
1秒に8台弱の端末が世界で売れている――。2010年のSamsung電子は「GALAXY S」で大きく飛躍し、2億8000万台の携帯電話を販売した。「GALAXY S II」や「GALAXY Tab 10.1」でさらなるシェア獲得を目指す同社が、世界と日本市場での戦略を明かした。(2011/4/7)

ビジネスニュース アナリストリポート:
2016年にはスマートフォンの45%がAndroid搭載へ
米国の市場調査会社であるABI Researchは、2016年までに世界のスマートフォンの45%が、Googleが開発を主導するスマートフォン向けプラットフォーム「Android」を搭載するという予測を発表した。(2011/4/4)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第8回 iPadを模倣するか、独自性追求か
今後のタブレット端末市場がどのように展開するのか見通すことは本当に難しいでしょう。筆者は以下のように予測します。主要メーカーとしてアップルとサムスン電子、LGエレクトロニクス、RIMが残り、RIMを除く3社がマーケット全体を争うことになるでしょう。そして、RIMは他の3社の争いとは一線を画した形で一定のシェアを得るという構図です。(2011/3/11)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第7回 Androidの高速起動とセキュリティ対策
Androidの課題はたくさんあります。特に重要なものを挙げるとすると、起動時間の長さとセキュリティでしょう。起動時間を短くするには高速化ソリューションが必要です。起動時間は、ユーザーの目に見えている最大の問題であり、機器の全体的な印象まで損ねる可能性がありますから、対策を急がなければなりません。セキュリティを高めるには仮想化ソリューションが役立ちます。(2011/2/10)

安藤幸央のランダウン(55):
開発者は覚えておきたいアプリストア/マーケット大全
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2011/2/7)

GALAXY Sの先にあるもの:
「今後は日本向けの機能も採用していく」――Samsung電子の端末戦略
10月28日にハイスペックなAndroid端末「GALAXY S」を日本で発売し、11月下旬以降には「GALAXY Tab」も投入するなど、Samsung電子は日本市場にも積極的に進出している。同社は今後どのような端末を開発していくのだろうか。(2010/11/1)

Appleが独自SIMカード開発の報道――キャリアを排除し市場を変えるか
AppleがiPhone用の特別なSIMカードを開発していると報じられているが、もし実現したら、同社は携帯キャリアの影響力を大きく削ぐことになるだろう。(2010/10/29)

せかにゅ:
Google、音楽サービス立ち上げ目指しレーベルと交渉
Googleの音楽サービスは、「検索エンジンと統合された音楽ダウンロードストア」と「Android携帯からネット経由で音楽を聴けるクラウド音楽サービス」の2段構えになると伝えられている。(2010/6/22)

CommunicAsia 2010:
「Galaxy」新機種や14M CCDカメラ搭載のAndroid端末も――最新スマートフォンが集合
6月15日から18日まで、シンガポールで「CommunicAsia 2010」が開催された。固定インフラから衛星、携帯電話までさまざまな製品が展示されている中で、特に目立っていたのが“スマートフォン”だ。(2010/6/21)

韓国の江南へ:
Samsung電子のショールーム「Samsung d'light」に行ってきた
5月の連休を利用して韓国へ行ってきた。そのついでに、Samsung電子が一般公開しているショールーム「Samsung d'light」で、最新の製品やサービスを体験してきた。その内容とは――。(2010/5/11)

「Wave」「GALAXY」日本投入の可能性は――Samsung電子のスマートフォン戦略
Android端末やWindows phone、そして独自開発したOS「bada」搭載モデルなど、積極的にスマートフォンを展開しているSamsung電子。同社が4月23日に開催した説明会で、グローバル端末のラインアップを披露した。(2010/4/23)

せかにゅ:
Google CEOにブロガーが「侮辱された」と怒り
「もしも新聞編集者の価値について迷うことがあったら、ブログの世界を見てほしい」――GoogleのシュミットCEOの発言に、ブログを低く見ているとブロガーが怒っている。(2010/4/15)

Mobile World Congress 2010:
真の中立性を保っている点が強み――「Android」「MeeGo」との競争に自信を見せるLiMo
NokiaとIntelのMeeGo、Samsungのbadaなど新たなモバイルプラットフォームが登場し、覇権争いが激しさを増しているモバイル市場。Linuxベースのプラットフォームを展開するLiMoは、どこに優位性があり、どのような戦略でシェア拡大を目指すのか。(2010/2/24)

2009年の世界スマートフォン販売、iPhoneがWindows Mobileを抜いて3位に――Gartner調査
2009年に世界で販売された携帯電話は前年比0.9%減の12億1100万台、スマートフォンは前年比23.8%増の1億7240万台だった。(2010/2/24)

Mobile World Congress 2010:
badaだけでなくAndroidも――「2010年はスマートフォン強化」とSamsungの趙氏
フルタッチ端末が好調な一方、「スマートフォンはラインアップがやや弱かった」というSamsung電子。2010年は独自プラットフォーム「bada」採用端末をはじめ、多様なユーザーニーズに応じて採用OSを見極め、スマートフォンをラインアップするという。(2010/2/23)

Mobile World Congress 2010:
Samsung “ソーシャルハブ”端末「Wave」を大々的にプロモート
Mobile World Congress 2010の開幕前夜に独自のプラットフォーム「bada」を採用したスマートフォン「Samsung Wave」を発表した韓国のSamsung電子は、大きなブースの大部分をこの新端末に関連するサービスやアプリケーションの展示に割いていた。(2010/2/17)

Mobile World Congress 2010:
世界最大級の通信業界イベント「Mobile World Congress 2010」開幕
2月15日から18日まで、スペインのバルセロナで「Mobile World Congress 2010」が開催。通信事業者や端末メーカー、チップセットベンダーなど、1300以上の企業が最先端の製品やサービスを展示する。(2010/2/15)

Samsung、bada搭載の“スーパー有機EL”スマートフォン「Wave」を発表
Samsungが独自のモバイルプラットフォーム「bada」を搭載した初のスマートフォン「Wave」を発表した。(2010/2/15)

Samsung、独自モバイルプラットフォーム「bada」を発表
SamsungがAndroidやiPhone OS、Symbianのライバルとなりそうなモバイルプラットフォーム「bada」を発表した。(2009/11/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。