ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サミュエル・パルミサーノ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サミュエル・パルミサーノ」に関する情報が集まったページです。

Weekly Memo:
この8年、クラウドでIT業界はどう変わったのか
本連載も今回で400回目。連載開始から8年の間にIT業界はどう変わったのか。これまでの記事を通して振り返ってみたい。(2016/5/9)

PureSystemsが生まれたワケ:
第1回 「恐竜」の再発明? データセンターを丸ごと1つのコンピュータに集約するzEnterprise
IBM PureSystemsは、テクノロジーの進化に伴って登場したアーキテクチャー、「Fabric-based Architecture」を採り入れてデザインされた全く新しいコンピュータ。先ずは2010年に同じアーキテクチャーによって生まれ変わったzEnterpriseメインフレームを見ていこう。(2012/12/17)

米IBMのロメッティCEOが会長を兼任 パルミサーノ氏は年内に退職
10月1日付けで米IBMのロメッティCEOが会長職を兼務する。(2012/9/26)

Weekly Memo:
「リーダーは成功体験にとらわれるな」——IBM新旧CEOの講演語録
先週、日本IBMが開催した設立75周年記念イベントで、米本社の新旧CEOがリーダーの在り方について講演を行った。その中から興味深い発言をピックアップしてみた。(2012/9/18)

「若気の至り」がIBMの変革を加速? パルミサーノ会長が自身に投げ掛けた「5つの問い」
日本IBMが設立75周年を祝う「THINK Forum Japan」を開催した。米本社からは新旧CEOが来日、約300名の企業リーダーを前に、日本企業が再び活力を取り戻すためには、真のリーダーシップとイノベーションが欠かせないと訴えた。(2012/9/13)

世界のトップリーダーが見つめる近未来 IBMの新旧CEOが講演
米IBMのパルミサーノ会長とロメッティCEOがそろって来日。日本企業の経営者など約300人を前に、リーダーシップ論とコンピューティングシステムの未来について語った。(2012/9/12)

ねっと知ったかぶりβ版(10/24〜10/28) 「俺のiPhone 4S、バッキバキやで……」
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はオリンパス問題に注目が集まりました。一方、ねとらぼ編集部では大変ショックな出来事が……。(2011/10/28)

IBMが新CEOにバージニア・ロメッティ氏を指名 パルミサーノ氏は会長に
IBMは、7月に60歳を迎えたパルミサーノCEOの後継として、バージニア・ロメッティ氏を指名した。同社初の女性CEOの誕生となる。(2011/10/26)

IBM決算、増収増益で通年見通しを上方修正
IBMの7〜9月期の決算は、ソフトウェアやサービス部門が好調で増収増益となった。(2011/10/18)

IBM決算、WebSphereやSystem zが好調で増収増益
IBMの4〜6月期決算は売上高が12%増、純利益が8%増と好調で、同社は通年の利益目標を上方修正した。(2011/7/19)

IBM、増収増益で通年の利益見通しを引き上げ
IBMの1〜3月期決算は、WebSphereやSystem zが好調で売上高が8%増、純利益が10%増の増収増益だった。(2011/4/20)

IBM決算、サーバやメインフレームが好調で過去最高の業績
2010年に100周年を迎えるIBMの10〜12月期決算は、売上高が7%増、純利益が9%増の増収増益。ハードウェア部門が21%増と特に好調だった。(2011/1/19)

“Javaの父”ゴスリング氏、Oracle退社の理由を語る
Oracleによる初のJavaOne開催中、ジェームズ・ゴスリング氏はeWEEKの単独インタビューで、これまで明かさなかったOracle退社の理由を語った。(2010/9/27)

IBM決算、増収増益で通年予測を引き上げ
IBMの4〜6月期決算は増収増益だったが売上高が予測を下回り、一時株価を下げた。(2010/7/20)

IBM決算、ソフトウェア好調で予想を上回る増収増益
IBMの1〜3月期決算は売上高は前年同期比5%、純利益は同13%増と好調で、2010年通年の利益予想を上方修正した。(2010/4/20)

IBM決算、予測を上回る純利益48億ドル
IBMの10〜12月期の決算は、コスト削減や利益率の拡大が奏功し、純利益が前年同期比8.7%増となった。2010年の利益予測は“最低でも”11ドルとしている。(2010/1/20)

AMDのルイズ元CEO、GLOBALFOUNDRIESの会長を辞職――インサイダー取引事件の余波続く
3月にAMDから分社したGLOBALFOUNDRIESの会長に就任したヘクター・ルイズ氏、IBMで次期CEOの有力候補とみなされていたロバート・モファット氏、Intelの幹部であるラジブ・ゴール氏などが退職・休職した。(2009/11/4)

IBM、堅調な第3四半期決算で通年予測を上方修正
IBMの7〜9月期決算は2けた台の増益で32億ドル。ソフトウェア市場ではOracleから、ハードウェア市場ではSunとHPからシェアを奪ったとしている。(2009/10/16)

利益予測を50セント引き上げ:
IBM決算、純利益12%増
IBMの4〜6月期決算は、売上高は為替の影響を強く受け13%減の233億ドルだったが、純利益は12%増の31億ドルだった。(2009/7/17)

長期契約は14%増:
IBM決算、1%減益に踏みとどまる――サービスとソフトウェア部門が健闘
ハードウェアの不調と為替の影響はあるものの、ソフトウェア・サービスへのシフトと厳格なコスト削減が奏功し、純利益は前年同期比1%減の23億ドルとなった。(2009/4/21)

オルタナブログ通信:
経済産業省の“セキュリーナ”が狙い過ぎな件
180組を超えるブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信しているのが、ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」だ。その中から今週は、「Google」「セキュリーナ」「ブラウザ」「オバマ大統領」「不況」「携帯電話」などを紹介する。(2009/2/13)

IBM、全地域で売り上げを伸ばし増収増益
IBMの1〜3月期決算は、売上高は前年同期比11%増、純利益は26%増。粗利益率も改善している。(2008/4/17)

IBM、150億ドルの自社株買い戻し計画を発表
うち120億ドル分の自社株買い戻しを年内に実施する予定。これを織り込み、通年の1株当たり純利益予想を上方修正している。(2008/2/27)

IBM、海外事業が好調な業績を後押し――決算速報値を発表
IBMが、10〜12月期決算の速報値を発表。為替の好影響などを反映し、継続事業からの1株当たり純利益は前年同期比24%増となる見通しだ。(2008/1/15)

サービスと情報の深遠なる関係:
第1回 情報化がもたらした「経済のサービス化」について考える
近年の産業構造の転換とは、かつてのような単純なものではなくなっている。第一次産業が第二次産業に、第二次産業が第三次産業に移り変わっていったのとは異なり、経済全体のサービス化が進んでいるのである。その背景にあるのはもちろん、情報化だ――。(2007/5/9)

LotusDay 2006:基調講演速報
SOAが変える、リッチクライアントが変える、Lotusが変える企業の未来
7月12日から28日、全国6都市で「LotusDay 2006」が開催された。このイベントは、IBMのLotus製品に関するもので、スポンサー17社と共に、さまざまな展示やセッションが行われた。イノベーションを実現するには何が必要なのか、変化のためのSOAがなぜ有効なのかなど、興味深いテーマが並んだ。(2006/8/1)

IBMのRPDプログラムは製造業者のタイムツーマーケット短縮を目指す
PLM市場が今後年率12%成長する成長性の高い業種であることを強調するIBMは、RPDでユーザー企業を支援する。(2006/7/24)

ロシアで最初のIBM開発研究所が開設、メインフレーム技術が重点分野
IBMの会長兼CEOであるサミュエル・J・パルミサーノ氏は6月20日、高成長国への投資拡大を継続する中、IBMとしてロシアで最初となる開発研究所の開設を発表した。(2006/6/23)

SOAの現実性に自信を見せる日本IBM
日本IBMはSOAの現在の技術的状況や実導入への現実性を示すコンファレンス「IBM SOA World」を開催した。(2006/6/8)

IBM、新たなビジネスモデルは前年同期比で1株当たり27%増の利益に
IBMのPC事業売却から1年以上が経過した。さまざまな見解が飛び交う中で、IBMのビジネスモデルに注目が集まっていることは確かだ。(2006/4/19)

IBM決算は減収増益
米IBMの10〜12月期決算は、売上高が前年同期比12%減、継続事業の利益は、年金関連の一時経費を除外すると34億ドルとなり、前年同期から19%の増加となる。(2006/1/18)

サービスに科学を導入する、サービス・サイエンス最前線
IBMアルマデン研究所のジェームズ・スポーラー氏が来日し、サービス・サイエンスに関する研究成果について語った。(2005/9/9)

IBM、サービス部門の幹部再編
IBMはグローバルサービス部門を再編、パルミサーノCEOの直属の2人の上級副社長が責任者となる。(IDG)(2005/7/20)

SCO対IBM訴訟、審理は2007年に
SCOが証拠開示プロセスを長引かせようとしていることに、裁判所はいら立っているようだ。裁判所は2007年2月26日の陪審審理をずらすことを認めないだろう。(2005/7/7)

IBM Software World 2005開催
Keynote:日本の活力を取り戻すために
IBM Software World 2005が開幕、基調講演では日本IBMの代表取締役会長で、社団法人経済同友会の代表幹事の北城恪太郎氏が日本の活力をいかに取り戻すかをテーマに講演した。(IBM Software World 2005)(2005/5/17)

IBMの1〜3月期、前年上回るが目標には達せず
IBMの1〜3月期決算は、1株当たり利益で前年同期を上回ったが目標は達成できなかった。(2005/4/15)

米国の主導力維持のため革新促す方策を――企業・学界の団体が提言
(2004/12/16)

IBMのPC事業、Lenovoへの売却が正式決定
Wall Street Journal紙の予想に近い形で、IBM PC事業がLenovoに売却されることが正式に発表された。CEOには現IBM Personal Systems Groupのトップが就任する。(2004/12/8)

PC事業売却はIBMにとって「賢明な選択」か?
IBMがPC事業を売却するとの報道に、一部アナリストは「ソフト・サービスを重視する戦略に沿ったもの」と評価する見解を示している。だが「PC部門の売却は愚行。中国ベンダーとの提携強化の方が可能性が高い」との説も。(IDG)(2004/12/6)

オフショア化抗議デモの中、IBM株主総会開催
米IBMの年次株主総会に合わせて会場前では米国外への業務移管に反対するデモが行われたが、同社のサム・パルミサーノ会長は「多くの人は、職、ビジネス、スキル、および国を閉じ込めることはできないと知っている」と語り、業務移管からの後退姿勢を示さなかった。(IDG)(2004/4/28)

IBM、幹部のストックオプション行使ルール変更
IBMは上級幹部向けストックオプションの行使価格を、発行日の株価ではなく、それに10%上乗せした価格に設定することとした。幹部の株式報奨を、同社株主の利益と一致させるための変更だとしている。(2004/2/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。