ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スクープ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スクープ」に関する情報が集まったページです。

柚月裕子の警察小説『朽ちないサクラ』、杉咲花主演で実写映画化 6月21日から劇場公開
3月には主演映画「52ヘルツのクジラたち」が公開の杉咲さん。主演映画が続く。(2024/2/3)

松本人志、裁判集中のため「当面の活動休止」を発表 報道との“徹底抗戦”を宣言「事実無根なので」
「週刊文春」が5日に新たな告発者の“証言”をスクープ。(2024/1/8)

「全然違うじゃねえか」 小向美奈子、“謎のイケメン夫”巡る報道メッタ斬り スッキリ痩せた姿で爆笑「結婚ない」「肉体関係すらない」
そもそも結婚していなかった。(2023/12/17)

「落ち着いて聞いてくれ」オズワルド伊藤、相方の特大スクープをSNSで予告 芸人仲間も驚がく 「畠中くんあかんぞ!」「天変地異」
「畠中が明日のFRIDAYに載るぞ」(2023/12/14)

森岡毅氏の熱意と狙い:
USJ時代の構想から10年超 沖縄・新テーマパーク「ジャングリア」の舞台裏
森岡毅氏率いるマーケティング会社「刀」が、沖縄本島北部で建設中のテーマパークの名称を発表した。名称は「ジャングリア」。(2023/11/28)

「人間の怖さを思い知らせてあげる」 長瀬智也、“ぼっち飯報道”後の急変ワードが不穏過ぎの一言 「めちゃめちゃ不安になる」「なんか心配だ……」
「色々と諦めがついた」とも。(2023/11/17)

サーティワンがハリポタとコラボ! ミルクティー風味の限定フレーバーや「組み分けサンデー」など
ヘドウィグや入学許可証が載ったアイスケーキも。(2023/10/29)

「闇カジノ」報道の遠藤要、“某有名雑誌”の取材依頼を一蹴 暴露お願いされあきれ「本当に人を落としてお金にする事が好きね?」
「出してきた名前の人物に直接取材してみ!」(2023/9/15)

木下優樹菜、元夫・藤本敏史と新恋人巡る「くっだらないDM」をメッタ斬り “嫉妬しちゃって”の指摘に「うるさい黙れ」「暇なのかお前らは」
藤本さんを“だぁー”と呼んだことに対する批判にも反応。(2023/8/29)

X(旧Twitter)のマスクCTO、メディア記事の自動投稿をリンク付き画像だけの表示にする計画
X(旧Twitter)のオーナー、イーロン・マスク氏は、メディアが自動投稿する記事のポストの表示方法を変更する計画を認めた。見出しや概要などのテキストなしの、リンク付き画像のみにするとしている。(2023/8/23)

若槻千夏、写真週刊誌に完全プライベート晒される→“ノーダメスクープ”に思わずツッコミ「平和かよ」
平和すぎる。(2023/6/28)

日本最古の遊園地「浅草花やしき」のお化け屋敷が復活! 新エリアにはネイキッドと初コラボした幻想的な空間も
江戸四大怪談をモチーフにした「お化け屋敷〜江戸の肝試し〜」が登場。(2023/6/27)

サーティワン×スプラトゥーン3のコラボ再び! 「トリカラバトル」イメージのトリプルカラーとイカ保冷剤がかわいい
イカしたラインアップだぜ!(2023/6/23)

79歳のロバート・デ・ニーロ、第7子の名前&顔写真を公表 アジア系恋人との赤ちゃんに「何てかわいいの!」
かわいぃぃぃ!(2023/5/12)

お家で“サーティワンごっこ”ができる! 憧れの銀のアイススクープがセットの商品が登場 購入者からは楽しむ声
こんなん楽しいに決まっている!(2023/5/12)

スクープ!:
VAIO P復活!? リファービッシュPCと周辺デバイスで「VAIO第2章」スタート
PC USERでは、VAIO 代表取締役 執行役員社長 山野 正樹氏にインタビューを行い、驚くべき内容を入手した。その詳細をお届けする前に、驚きの概要をお届けしよう。(2023/4/27)

過去を検証:
東芝はどこでしくじったのか 上場廃止と「物言う株主」排除が意味すること
東芝が日本産業パートナーズからの買収提案を受け入れ、上場廃止に向けて動き出した。かつては日本を代表する企業だった同社は、一体どこでしくじったのか。中小企業診断士の視点で検証する。(2023/4/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの新社長就任で、どんなクルマが出てくるのか
トヨタ自動車の方針説明会で、どのようなことが語られたのか。中嶋裕樹副社長の説明パートを中心にトヨタのクルマづくりがどうなっていくかを見ていこう。(2023/4/11)

失望から2年後、帰ってきた:
USJ再建の森岡毅氏 「勝ち筋が見えている」沖縄のテーマパーク構想
沖縄本島北部のゴルフ場跡に建設が計画されている「沖縄北部新テーマパーク」が、本格着工した。(2023/2/23)

テークアウトの伸長:
サーティワン、春の新作発表 逆風下でも2期連続「増収・増益」できた3つの理由
サーティワン、春の新作発表。新作フレーバーをコンスタントに提供することで、来店動機を高める狙い。2期連続で「増収・増益」の背景は?(2023/2/16)

織田信長(50)のパワハラを腹心武将が激白! 架空の週刊誌「週刊戦国ゴシップ」が気になる記事だらけで読みたすぎる
実際に2月1日に発売される書籍『週刊戦国ゴシップ』にて中身を読めるぞ……!(2023/1/29)

杉山淳一の週刊鉄道経済:
「シン・鉄道」のカギを握る会社はどこか 技術がどんどん“加速”する
2023年も鉄道を巡って、さまざまなニュースが話題になりそうだ。いろいろな話がある中で、鉄道ライターの杉山淳一氏はどこに注目しているのだろうか。(2023/1/2)

「撮られちゃいましたね」 沢村一樹、比嘉愛未との“パパラッチ風”密会デート現場ショットがやけにリアル
目線の加工がそれっぽいんだよ。(2022/12/16)

江頭2:50、“文春砲”に心当たり ドッキリ企画内で認めるも「みんなを裏切るような遊び方じゃない」
冷静に答える江頭さん。(2022/11/27)

サーティワンがマイメロディとクロミと初コラボ クリスマスにぴったりなサンデー&ケーキや新キャラ「リリーちゃん」に注目
ピンク色でかわいいクリスマス!(2022/11/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜスシローやかっぱ寿司で不祥事が? 業界を苦しめる「安かろう、良かろう」戦略と過剰な期待
大手回転寿司で不祥事が相次いでいる。その背景には、安くて良いものを求める消費者の心理があると筆者を指摘する。各企業が対応するのはもう限界か。(2022/11/9)

五輪の「その後」:
開催経費倍増・AOKI収賄疑惑──東京五輪がもたらしたものとは 閉幕1年で考える
東京地検特捜部が東京五輪組織委員会元理事の高橋治之氏や、AOKIホールディングスの青木拡憲元会長ら4人を受託収賄や贈賄の疑いで逮捕した。閉幕から1年。東京五輪がもたらしたものを考察する。(2022/8/18)

「マジか」「うそやろ!?」 ニコン、一眼レフ開発撤退の報道に衝撃広がる ニコン「憶測によるもの」と発表
ニコン広報に問い合わせました。(2022/7/12)

「報道機関として甘さがあった」:
TBS系列のチューリップテレビ、コロナ補助金3000万円超を不正申請 過去に政務活動費の闇暴いた調査報道で注目
富山県のTBS系ローカルテレビ局「チューリップテレビ」は国のコロナ補助金を不正申請していたとして、約3500万円を国に返還すると発表した。同社は「報道機関として甘さがあった」と謝罪し、今後の社内調査で不正の全容解明を図るとともに、その結果と再発防止策を公表する方針を示している。(2022/7/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
「ゼロエミッション車の販売を相当に増加させる」、G7の声明は抽象的な表現に決着
今週も自動車に関してさまざまなニュースがありました。特に印象的だったのは、ドイツで開かれている主要7カ国首脳会議(G7)の声明について、日本がゼロエミッション車の普及目標を削除するよう求めた、というロイターのスクープです。(2022/7/2)

ハワイアンフレーバーの新作:
「アイスを10個も積めるって最高」と話題 サーティワンが1個100円でアイスを追加できるキャンペーン
サーティワンは、トリプルポップに、1個100円でアイスクリームを7個まで追加できるキャンペーンを実施する。Twitter上では「アイスを10個も積めるって最高じゃない?」など話題を集めた。新フレーバーを開拓してもらうことが狙い。(2022/6/3)

ノンフィクションの定額課金サービス「SlowNews」の提供終了へ 事業方針を変更
スローニュースは、サブスク型Webサービス「SlowNews」の提供終了と事業方針の変更を発表した。ジャーナリズムの持続的な発展を支援するために現状の定額課金サービスであるSlowNewsをいったん停止し、事業モデルを磨き上げる。(2022/5/25)

NHK、「鎌倉殿の13人」合戦シーンにカメラマンが映り込み謝罪 再放送では修正して放送
視聴者もよく見つけたな。(2022/3/18)

好調要因はテークアウト:
サーティワン、来店客減でも過去最高益 今年は「4本柱」を強化
B-R サーティワン アイスクリームは2021年、コロナ禍で来店客数は減少したものの過去最高益を記録した。同社は31年までに税引前利益31億円を目指すと発表しており、22年度は「4本柱」を強化し、攻勢をかける。(2022/2/17)

ソニーとの差はどこでついたか:
「解体ショー」となるリスクも? 東芝「事業分割」の経営的意義と懸念
経済界に衝撃が走った、東芝の事業分割計画。懸念すべきは、この計画が「事業分割」にとどまらず「解体ショー」に陥ってしまわないかだ。(2021/11/29)

サイバースパイが日本を破壊する【前編】:
経済安全保障の重要性を早くから指摘 気鋭の経済ジャーナリストに「米中経済戦争」による日本企業への影響を聞いた
岸田文雄新内閣では新たに「経済安全保障」を担当する閣僚ポストが新設される。経済安全保障の重要性を指摘してきたのが経済ジャーナリストの井上久男氏だ。井上氏インタビューの前編では中国が進める「軍民融合」の実態と、中国企業による楽天への出資について聞いた。(2021/10/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
『文春』と『新潮』が中づり広告から撤退、それでも車内広告に未来はある
「週刊文春と週刊新潮が中づり広告を終了する」と8月17日報じられた。電車で中づりで政治や芸能の旬な話題がひと目で分かったものだが、スマートフォンの普及で下を向く人が増えた。確かに大手2社の撤退は転機になるだろう。しかし、中づり広告は廃れるかといえば、そうでもなさそうだ。(2021/8/20)

リクルート創業者の肖像【前編】:
ノンフィクションで5万部突破 『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業をつくった男』著者に聞くヒットの理由
リクルートの創業者、江副浩正氏の生涯をたどったノンフィクションが売れている。ジャーナリストの大西康之氏が1月に上梓した『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業をつくった男』(東洋経済新報社)はすでに5万部を突破した。ヒットの背景を、著者の大西康之氏に聞いた。(2021/8/12)

“日本一のコスプレイヤー”えなこ、プロゲーマーけんきとの交際発表 倉持由香や伊織もえらが祝福
交際は2年以上と報道。(2021/7/1)

東芝、日産、マック、ベネッセ:
東芝だけじゃない! プロ経営者の功と罪 車谷、ゴーン、原田泳幸に見る、“失政”の本質
渦中の東芝だけでなく、日産や日本マクドナルドなど、「プロ経営者」に振り回された日本企業は多い。なぜ、プロ経営者の失政は生まれるのか。(2021/6/18)

笠井信輔、フジ時代の後輩・加藤綾子アナの結婚に「もしや『誤報』では?」 6年前の出来事を回顧
加藤さんから結婚報告もあったとのことです。(2021/6/7)

サーティワン「トリプルポップ」にプラス100円でアイスが足せるキャンペーン 最大10個の「ポップ10」に!
いろんな味が楽しめる!(2021/6/1)

パナソニック報道で話題:
リストラしたい会社と、しがみつきたい社員 双方を苦しめる「成功体験」の正体
パナソニックの“リストラ”報道が話題となっている。人員削減したい企業、そして会社に残りたい社員。双方はそれぞれ成功体験を抱えていると筆者は指摘し、その成功体験を捨てない限り、不幸な人員削減が続くと解説する。(2021/5/27)

スピン経済の歩き方:
退職金4000万円上乗せ! パナの「50代狙い撃ちリストラ」は“正解”なのか
パナソニックが「50代社員」を対象に、大規模なリストラに踏み切る――。ダイヤモンド編集部が同社の内部資料を入手して報じたわけだが、“働かないおじさん”をターゲットにしたことは吉と出るのだろうか。長い目で見ると……。(2021/5/18)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]指数と対数(対数編)
連載の通常の流れとは別の番外編。指数と切っても切れ離せない「対数」を解説。対数関数の性質や対数関数の微分法についても簡単に紹介する。(2021/5/17)

水平思考(ねとらぼ出張版):
これは「あなた」に向けて書かれた本だ 『2016年の週刊文春』を読んでなぜ文春は強いのかについて考える
ブログ「水平思考」のhamatsuさんによる不定期コラム。今回は書籍『2016年の週刊文春』を紹介。(2021/5/1)

もし宇宙世紀に“文春砲”があったら? 文藝春秋、「証言 機動戦士ガンダム」発売
文藝春秋は「機動戦士ガンダム」シリーズの世界を独自の目線で伝えるムック「証言 機動戦士ガンダム 文藝春秋が見た宇宙世紀100年」を3月8日に発売する。(2021/3/5)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
エイベックス・電通……大企業の自社ビル売却にまつわる2つの誤解
ここ最近で相次いでいた自社ビル売却の動きであるが、20年10月のJTビル売却や、NECの相模原事業場の売却等の事例からその兆候は現れてはいた。今回は大企業の自社ビル売却によくある2つの誤解を解き明かしていきたい。(2021/1/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「第2青函トンネル」実現の可能性は? “2階建て”構想の深度化に期待
2020年11月、「第2青函トンネル」構想の新案が発表された。2階建てで、上階に自動運転車専用道、下階に貨物鉄道用の単線を配置する案だ。鉄道部分は輸送力が足りるか。急勾配も気になる。だが、新トンネルは必要だ。設計の深度化を進めて実現に近づいてほしい。(2021/1/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
ビジネスパーソンも標的 高度技術を狙う、中国「ハニートラップ」の実態
米国などで中国によるハニートラップが話題になっている。古典的だが、今も駆使されており、知的財産を狙って企業関係者を標的にするケースも多い。国際ビジネスの場やSNS、アプリなど接触される危険は多い。自分もターゲットになる可能性があると認識しておくべきだ。(2020/12/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。