ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「差し押さえ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「差し押さえ」に関する情報が集まったページです。

慎重な調査が必要との結論:
英当局、「NVIDIAのArm買収は技術革新を阻害する」との見解を発表
英国の競争・市場庁(CMA:Competition and Markets Authority)は、NVIDIAによるArm買収に関する報告書をまとめ、「競争上の懸念の他、技術イノベーションが阻害される可能性もあるため、詳細な調査を行う必要がある」との見解を明らかにした。(2021/8/25)

この頃、セキュリティ界隈で:
ランサムウェアも生存戦略 「DarkSide」は「BlackMatter」に? 現れては消えるサバイバル術
Ransomeware as a Service(サービスとしてのランサムウェア)ビジネス集団は幾つもあるが、元をたどるとそう多くはない。(2021/8/16)

狙われる日本の技術 民生品が軍用ドローンへ
ドローンなどの部品に転用できる電子部品を国の許可を得ず中国企業に輸出しようとしたとして、電子機器製造会社が外為法違反の疑いで警視庁に摘発された。輸出されたモーターは民生品として幅広く製造・使用されてきたものだが、実際に中東で軍事転用されていた形跡も確認されている。(2021/7/26)

この頃、セキュリティ界隈で:
姿を消したランサムウェア集団 被害企業が苦境、裏社会で裁判沙汰も
ダークWebでも仁義は必要と。(2021/7/19)

ランクル消防車、救急車、給食運搬車まで!? 珍しい乗り物いっぱい「官公庁オークション」参加申し込みがスタート
差し押さえと思わしき高級車も。(2021/7/16)

徳丸 浩氏に聞く「サイバー局」創設の意義とは 国内セキュリティ事情から考える
中国やロシアといった国家を後ろ盾に、ボーダーレスなサイバー攻撃が盛んになってきている今、これらの攻撃に対抗するため警察庁は2022年度に「サイバー局」を新設する構想を明らかにした。その意義とはどのようなものか。Webセキュリティ専門家の徳丸氏に聞いてみた。(2021/8/6)

クライアント管理サービスのKaseyaに大規模ランサムウェア攻撃 またREvilの可能性
クライアント管理サービスを手掛けるKaseyaは米独立記念日前の金曜午後、大規模なランサムウェア攻撃を受けたと発表した。オンプレミス版で約40の顧客が犠牲になり、全顧客にサービスの停止を呼び掛けている。セキュリティ企業はロシアのハッカー集団REvilが関わっている可能性を指摘した。(2021/7/4)

警察庁、サイバー局創設へ 中露北の攻撃警戒、直接捜査も
警察庁が、サイバー被害や国際的なサイバー攻撃に対応する「サイバー局」を、2022年度に創設する構想を明らかにした。付属機関の皇宮警察本部を除き、警察庁が直接的に捜査に乗り出すのは初となる。(2021/6/25)

Darksideに支払われたビットコインの身代金230万ドル相当をDoJが奪還
石油移送パイプライン大手のColonialがランサムウェア攻撃の身代金として支払ったビットコインの一部を、米司法省が追跡に成功し、押収したと発表した。FBIは「不正な資金を隠蔽することはできない」と語った。(2021/6/8)

差し押さえってホントにあるんだ…… 住民税を滞納してたらガチの「差し押さえ」を食らったレポ漫画がためになる
実は私(筆者)も差し押さえられたことがあります。(2021/6/6)

この頃、セキュリティ界隈で:
石油パイプラインを停止させた「ダークサイド」のパワー 身代金目当てに大企業を揺さぶる二重三重の脅し
(2021/5/17)

ソフトバンクが楽天モバイルと同社元社員を提訴 営業秘密の利用停止や廃棄などを求める
ソフトバンクから楽天モバイルに転職した人物が営業秘密を持ち出した事案に関連して、ソフトバンクが楽天モバイルと当該人物に対する訴訟を提起した。営業秘密の利用停止や破棄と、損害賠償の一部の支払いを求めている。【追記】(2021/5/6)

ソフトバンク、楽天モバイルと元社員に訴訟提起 1000億円規模の損害賠償請求権を主張
ソフトバンクは5月6日、民事訴訟を東京地方裁判所へ提起したと発表した。(2021/5/6)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(59):
巧妙な“標的型攻撃メール”を見分ける前にできること
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は「標的型攻撃メール」についてお話しします。(2021/3/19)

弁護士に聞く:
従業員の不正が発覚、どう対応? 調査の進め方、社内処分、刑事告発……気になるポイントを解説
不正に手を染めてしまった従業員を処分することは当然のことですが、解雇や降格など、社内処分が重くなるほど不正当事者との法的紛争に発展するケースが多くなります。本記事では、不正を行った従業員に対する正しい対応について考えます。(2021/3/12)

JPCERT/CCが急きょ会見:
「あなたのPCはEmotetに感染しています」と通知されたユーザーがまずやるべきこと
国内外で感染を広げた悪名高いマルウェア「Emotet」が欧州の捜査当局によってついにテイクダウンされた。日本で情報提供を受けるJPCERT/CCや警察庁は、国内でEmotetに感染したユーザーに向けた通知を続けている。(2021/2/25)

絶対ビビる「『差し押さえ』っぽい『差し入れ』シール」が登場 贈りたいのか奪いたいのかどっちなの!?
贈る相手は選びましょう。(2021/2/15)

医療機関を狙うランサムウェアの脅威と対策【前編】
病院がコロナ対策の次に「ランサムウェア」対策を真剣に考えるべき理由
米国連邦政府の各機関は、今後ランサムウェア攻撃が急増する懸念があると、医療機関のCIOに警鐘を鳴らしている。サイバーセキュリティ専門家が予想する脅威とは。(2020/12/28)

欧米の法執行機関、サイバー犯罪者愛用のVPNを差し押さえ、ユーザー特定
世界のサイバー犯罪者を助ける「防弾ホスティング」を行っていたVPNサービスの3つのドメインを、EuropolやFBIが協力して停止し、サーバを押収した。一部のユーザーは特定できており、捜査中だ。(2020/12/23)

税金滞納通知はめちゃくちゃポップな封筒で届く 税金を払わないと、差し押さえまでにどんなことが起きるの?
ある日、銀行でお金が下せなくなっていたら「差し押さえ」かもしれません。(2020/12/16)

パトロンサイト「Enty」、クリエイターへの支援金を滞納 背景を代表に聞く
パトロンサービス「Enty」を運営するEntyが、ファンから預かった支援金をクリエイターに滞納している。急な支払いが続き資金繰りが難しくなったことが原因としている。(2020/11/17)

「伝説の半沢直樹が終わりました」 父・笑福亭鶴瓶、“半沢ネジ”握る貴重なショットがロスを癒やす
直樹のお父さん……!(2020/9/29)

IT基礎英語:
つかみ取る“seize”、犯罪の証拠品から密輸品からチャンスまで
発作、押収、つかみとる……。seizeには多くの意味があり、訳し分けが難しい。(2020/9/28)

日本を含む世界各国の企業や政府機関に侵入:
日本企業など100社以上に不正侵入 米当局が中国系サイバースパイ関連の7人を起訴
日本を含む世界で100社以上の企業が被害に遭っていたとされ、一連の攻撃には中国のサイバースパイ集団「APT41」の関与が指摘された。(2020/9/17)

「TAX FREE」と「DUTY FREE」、どっちも“免税”だけどどう違うの?
街中でも見かけることが多くなった「免税」制度について解説します。(2020/8/26)

ニュースで見る「差し押さえ」はどうやって行われる? 納税を怠ると、こんな結末が待っています
元国税局員が解説します。(2020/8/12)

ブロックチェーンは「デジタル公証役場」:
ブロックチェーンを活かす法体系とは?
ブロックチェーンを使いこなすことを考えたとき、課題は技術面だけではなく、法律面にある。ブロックチェーンを公証役場的な保証の仕組みをデジタルに構築できるものと捉えた場合、現在の法体系にはどんな課題があるのか。JBA(日本ブロックチェーン協会)理事の福島良典氏(LayerX CEO)による寄稿。(2020/8/5)

君はAmazonプライムビデオに溢れる“謎映画”を知っているか? 「カメラは止めない!」「何か」「黒可能打開白皿」
めちゃくちゃいっぱいある。(2020/5/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2020年の中国自動車マーケット(前編)
世界の自動車販売台数の3分の1を占める中国で変調が起きている。中国マーケットで起きていることをちゃんと押さえることが第一。次いでその原因だ。そしてそれらが20年代の自動車産業にどんな影響を与えそうなのかを考察してみよう。(2020/1/6)

「ラブライブ!サンシャイン!! 」にも登場 「淡島ホテル」旧運営会社が破産 負債400億円
ホテルは別会社が運営を続けています。(2019/12/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
ジャッキー・チェンがビジネス界の「疫病神」といわれてしまう理由
ジャッキー・チェンの言動を巡る批判が止まらない。香港デモに関する「中国寄り」のコメントも炎上した。そんな中、「ジャッキーをプロモーションに起用した企業は業績が悪化する」という都市伝説まで話題に。アンチの多さを物語っている。(2019/12/19)

チュート徳井が芸能活動を自粛へ 銀行預金の差し押さえ、社会保険未加入など“新たな事実”も判明
徳井さん「しっかりと見つめ直していきたい」。(2019/10/26)

「白鳥エステ」運営のアキュートリリーが破産 半年にわたる賃金未払い、社保滞納、口座凍結のうえ、社長は連絡つかず
賃金未払いがかねて問題になっていました。(2019/10/2)

「FXぐるいになれて幸せミケよ!」 強制労働ネコが幾千幾億のポンドを溶かす感動ブラック超大作『猫工船』、堂々完結!
さよなら、ネ工場。ありがとう、カレー沢先生。(2019/8/30)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(9):
主要取引先に依存する経営への“警鐘” そごう倒産で破綻に追い込まれたアパレル企業に学ぶ
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/9/3)

「まだ4月分の給与も支払われていない」「ミルクやオムツも買えない」 元従業員に聞いた「白鳥エステ」給与未払い問題の内幕
社員からの個人融資の募集、社保の未払いも表面化してきました。(2019/8/6)

福祉のプロに聞いた「本当にお金がない」ときに生活を助けてくれる公的制度を解説する
とにかくまずは役所に相談。(2019/8/3)

権利は国民の不断の努力によって保持しなければならない:
被告弁護人と高木浩光氏は何と闘ったのか、そしてエンジニアは警察に逮捕されたらどう闘えばいいのか(Coinhive事件解説 前編)
Coinhive、Wizard Bible、ブラクラ補導――ウイルス作成罪をめぐる摘発が相次ぐ昨今、エンジニアはどのように自身の身を守るべきか、そもそもウイルス作成罪をどのように解釈し、適用すべきか。Coinhive事件の被告人弁護を担当した平野弁護士と証人として証言した高木浩光氏が詳しく解説した。(2019/6/13)

神戸地検、「ブラクラ貼った」と書類送検された男性2人を起訴猶予処分に 「ウイルス罪に該当」との認識は変わらず
被害者は“0人”だったというこの事件について、当事者の男性2人を取材しました。(2019/5/29)

なぜコインハイブ「だけ」が標的に 警察の強引な捜査、受験前に検挙された少年が語る法の未整備への不満
検挙された少年が当時の状況や「Coinhive事件」の問題点について語ってくれました。(2019/1/30)

海賊版サイト問題の解決を阻む「防弾ホスティング」 その歴史から現在までを読み解く
ダークウェブを日常的に調査している筆者が、防弾ホスティングについての各国の事情や歴史を解説していく。(2019/1/17)

米司法省、国際広告詐欺グループを摘発 民間の協力でbotネット解体
デジタル広告の仕組みを悪用して多額をだまし取っていたとされるグループが摘発され、犯行に使われていたbotネットが解体された。(2018/11/29)

47都道府県全て独立! 財政火の車から天下統一を目指すSLG「覇県を握れ」で君は地方格差に涙する
覇県を握る前に差し押さえ令状を握りそうや……。(2018/11/26)

Apple、人身売買被害者をApple Storeで雇用へ
Appleは、人身売買の被害者がApple Storeの仕事に就けるようにするプログラムを発表した。(2018/11/15)

画像「無断転載」の情報開示請求、慣れたら10分でできる 裁判で約90万円勝ち取った写真家インタビュー
実体験を交えて語っていただきました。(2018/10/28)

イラスト無断転載、まとめサイトに30万円の賠償命じる判決 「VIPPER速報」「ガールズVIPまとめ」など訴えた注目裁判が決着
裁判を起こすにあたってどこがポイントだったのかなど、ナカシマ723さんに詳細を聞きました。(2018/7/30)

消費者庁が注意喚起:
架空請求の手口に異変 古典的な「はがき」が急増した理由
はがきを駆使した架空請求詐欺が増えている。電子メールのフィルタリング技術が発展していることを踏まえたという。消費者庁の調査で判明した。(2018/7/23)

終息どころか「拡張」と「拡散」続くIoTマルウェア 警告相次ぐ
ルーターやネットワーク接続ストレージ(NAS)といった組み込み機器、広義のInternet of Thing(IoT)を狙った攻撃が世界的に拡大しており、セキュリティ企業が相次いで警告を発しています。(2018/5/31)

米FBI、マルウェア「VPNFilter」に感染したデバイスのネットワークを分断
FBIは関係機関と連携して、マルウェア「VPNFilter」の制御に使われていたドメインを差し押さえ、FBIがコントロールするサーバにトラフィックをリダイレクトさせる措置を講じた。(2018/5/25)

ブロッキング対象、なぜ「漫画村」「Anitube」「MioMio」なのか 権利者団体・CODAに聞く
「漫画村」「Anitube」「MioMio」について、政府がISPにブロッキングを促した問題。「権利者はどこまで対策を採ったのか」など疑問の声も上がっている。対象がなぜこの3サイトなのか、また、権利者はどこまで対策したのか。CODAの後藤代表理事に聞いた。(2018/4/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。