ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「司法書士」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!行政書士・司法書士→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で行政書士・司法書士関連の質問をチェック

「商品売買」名ばかり:
コロナ禍に蔓延! 違法高利の「買い取り金融」
こわもてが登場する映画やドラマでおなじみのヤミ金業者が、新型コロナウイルス禍で収入が減ったサラリーマンらをターゲットにして、高金利の融資をチラつかせている。(2022/1/15)

専門家のイロメガネ:
元バイトAKBのラーメン店、産地偽装は返金で許されるのか?
先日、元バイトAKBの梅澤愛優香さんが経営するラーメン店「麺匠 八雲」で食材の産地偽装があったと報じられた。今回のトラブルは経営者の個人的な炎上のように捉えられているが、それらの要素を取り除けばコンプライアンスやガバナンスの問題にいきつく。(2021/11/17)

電子契約:
三井不動産が分譲マンション・戸建て購入の全書類と手続きを電子化、約1000枚を電子化
三井不動産と三井不動産レジデンシャルは、分譲マンションと戸建ての購入で求められる全書類と手続きの電子化を目指し、実現に向け活動を本格化している。両社は、各書類と各手続きの電子化後、既に導入しているオンライン商談に加え、契約から入居までの手続きについて、2022年夏までに顧客が対面と非対面の形式から選べるようにする。(2021/10/27)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(3):
予想外の情報漏えいをどう防ぐ? スタートアップとのNDAの定め方
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第3回はNDA締結において意識すべきポイントの内、前回解説していないものを取り上げる。(2021/10/13)

「コロナ補助金落ち」の防止も:
「いい行政書士」を見分ける方法は? 企業と行政書士のうまい付き合い方
コロナ禍において、政府や自治体がさまざまな補助金や助成金の申請を受け付けていますが、経験の浅い企業では申請が通らないケースも。そこで頼れる専門家が行政書士。コロナ禍をチャンスに変えるため、ビジネスのパートナーとして行政書士を活用する秘訣とは。(2021/8/30)

認知症の金融資産をどう守る? 家族信託をITで民主化するファミトラ
認知症によって本人に意思決定能力がないとみなされると、保有する金融資産が実質的に凍結されてしまう。こうした課題をITを活用して解決しようとしているのが、ファミトラだ。これまで何度も何度も家族会議に同席して契約内容を作り上げるオーダーメイド型の家族信託ではなく、顧客情報をヒアリングし、それを元に契約書のひな形を生成することを目指す。(2021/3/25)

加藤綾菜、加トちゃんのために愛情込めた“手作りチョコ” 冷やしすぎてカチコチになるも「最高?」→「うん」
苦手でもチャレンジするところに愛情感じる。(2021/2/14)

専門家のイロメガネ:
ウーバーイーツでトラブル頻発、配達員を雇っているのは注文した客?
ウーバーイーツは近年始まったばかりのサービスだが、たびたびトラブルが話題になっては悪評を振りまいている。特にトラブルを起こしているのが配達員だが、その契約形態は独特だ。ウーバーイーツと配達員の契約はどのような内容になっているのか。多数の消費者トラブルに対応してきた司法書士として、頻発するウーバーイーツのトラブルについて考えてみたい。(2020/11/18)

PR:努力をみんなが見てくれるSNSとは? スマホ通信資格講座「スタディング」を体験したら、続けられる工夫が満載だった
動画は2倍速でも、しっかり内容が頭に入る。(2020/9/24)

集中連載 新型コロナで経済死しないための方法 :
ひとりで悩んでは出口が見つからない
「もうダメだ。死んでしまおう」と思う零細経営者の気持ちは、身を持って分かるし、役に立ちたい。そう思うと、しがない物書きの筆者にできるのは、切羽詰まった人が、生きるために役立つ情報の提供しかない。(2020/5/27)

専門家のイロメガネ:
コロナに苦しむ飲食店を前払いで応援する「さきめし」、そのリスクは?
コロナ禍で苦しむ飲食店に対して、料金を先払いして応援するサービス「さきめし」。苦しい時に助け合う、良い仕組みであると同時に、お金を先に払ってサービスは後で受けるという、過去にトラブルを繰り返してきた取引形態でもある。そしてこれは、資金決済法で問題となってきた、収納代行と適用除外の仕組みの良い例でもある。(2020/5/18)

【まとめ】各社の新型コロナ関連支援サービスまとめ 漫画読み放題、学習支援、給食代替など
新しい情報は随時追記していく予定です。【3月14日13時00分更新】(2020/3/18)

週末エンプラこぼれ話:
法律と効率、顧客のためにどう折り合う? 2週間かかった住宅ローン契約を「実印ほぼ廃止」で1日にした銀行が考えたこと
デジタルの時代、職場からなくならない「印鑑フロー」に悩むのは銀行も一緒だ。契約書処理の負担に悩んでいたソニー銀行は、住宅ローン契約から実印と印鑑証明をほぼなくして電子サインに移行した。当初行内からはためらいの声も上がったというが、法的な証明能力と効率性のバランスを維持する方法を、同行はどう見つけたのか。(2020/2/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
売ってはいけない 売らなくても儲かる仕組みを科学する
販売至上主義で売れた時代はとうの昔に終わり、いまや「売らない店」が時代の最先端になっている。(2019/11/14)

専門家のイロメガネ:
令和時代の老後リスクとは? 入院できない人たち
たとえお金があっても入院を断られることがある。そんなリスクをご存知だろうか。病院から「ここは身内の方にでもサインをもらってください」と求められる書類がある。それが「身元保証人」の契約だ。(2019/5/22)

年収400万円の不動産投資家は、どうやって3年で家賃収入700万円を超えたのか?
不動産投資は、資産運用の王道の一つだが、なかなか最初の一歩が踏み出せないという人も多い。先輩不動産投資家は、どうやって最初の一歩を踏み出したのか?(2019/5/13)

「法務格差なくしたい」 AIで起業した現役弁護士の挑戦
AIによる契約書レビューサービスを提供する現役弁護士。多くのスタートアップを法務支援する中で感じた課題とは。(2019/2/22)

クラウド勤怠管理システムの選び方
「2019年こそ勤怠管理システム導入の好機」といえる3つの理由
「働き方改革関連法」が成立し、働き方を見直す機運が高まっているものの、勤怠管理システムの導入は後回しにされがちだ。その理由と、2019年が「勤怠管理システム導入の好機」だと判断できる理由を解説する。(2019/1/9)

画像「無断転載」の情報開示請求、慣れたら10分でできる 裁判で約90万円勝ち取った写真家インタビュー
実体験を交えて語っていただきました。(2018/10/28)

マネーの達人:
人ごとではない! 国民健康保険や介護保険の「過払い金」って何?
借金経験がなくても、過払い金は人ごとではありません。「国民健康保険」や「介護保険料」の過払いについて解説します。(2018/9/18)

1915年誕生「和文タイプライター」はいまだ現役だった! 日本の印刷を大きく支えた機械と人がつむぐ、103年後の言葉とは
いまでも戸籍や司法書士の関係者には現役で使われています。(2018/7/8)

HR Techは人事にとって魔法か、それとも脅威か:
ハイテクが士業から仕事を奪う!? 社労士の生き残る道とは
社会保険労務士の業界では労務管理などを楽にするHR Techの脅威がささやかれている。こうしたサービスを活用し急成長する社労士もいるが、むしろ彼らもアナログな業務の重要性を強調する。(2018/6/28)

PR:顧客が安心して相談できる銀行を目指して 東京スター銀行がテレビ会議を導入した理由
(2018/6/4)

PR:オフィスの景観を変える上質なオールインワンPC「HP EliteOne 1000 G1 All-in-One」
日本HPの「HP EliteOne 1000 G1 All-in-One」は、新時代のワークプレースにフィットする美しいデザインの液晶一体型PCだ。(2018/3/16)

「探偵の世界、完全実力主義ですよ」 探偵ってどんな仕事してるの? 調査料の相場から尾行の仕方まで、ホントのところを聞いてきた(前編)
調査料、1週間で数百万……?(2017/11/20)

右も左も田中宏和さん 87人の田中宏和さん同士が名刺交換する「田中宏和運動2017」がすごすぎた
「田中宏和」って、全国にありふれていそうで、そうでもなさそうな、絶妙な名前ですよね。(2017/11/4)

墓場まで持ってけ、黒歴史! 司法書士がオタクの死後、同人グッズやPCデータを処分してくれるサービスを開始
今後はSNSに特化したサービスの展開も検討しているとのことです。(2016/10/7)

「もうあかん」と閉店した「靴のオットー」復活? 「シューズショップ もうあかん」楽天とAmazonに登場
「もうあかん、やめます」――そんな垂れ幕をかかげて20年以上“閉店セール”を続け、今年本当に閉店した大阪の名物靴店「靴のオットー」がネット上で“復活”?! 「シューズショップ もうあかん」が開店した。(2016/5/17)

「好きなことで、生きていく」の現在:
ボカロPは「1人レコード会社」? 活動広げるネットクリエイターたちの新たな権利と義務
音楽やイラスト、ゲームなどの分野でネットで活躍するクリエイターの生活を税金や保険、権利面で支援する団体「日本ネットクリエイター協会」。活動を広げる会員が多い中、現在の課題とこれからの展開を聞いた。(2016/2/26)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
あなたの年金が減るかも? 「マイナス金利」がもたらす影響
いま話題になっている「マイナス金利」とは一体どういうものなのか。何が起ころうとしているのか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/2/4)

水曜インタビュー劇場(消える仕事公演):
あなたは大丈夫? 10〜20年後、人工知能に奪われる仕事100
人工知能によってあなたの仕事が奪われるかもしれない――。このような不安を感じている人も多いのでは。ある調査によると「労働人口の49%が人工知能などによって奪われる」という結果がでたが、この数字をどのように受け止めればいいのか。(2016/2/3)

PR:ガジェット男子、家を買う――僕が「じぶん銀行」で住宅ローンを決めた理由
ガジェットが生きがいだった僕が「じぶん銀行」で貯金を始めてから、はや2年。目標としていた300万円がたまったので、結婚してマイホームを買うことに! 住宅ローンをどうするかで悩んでいるのだけど、どうやらじぶん銀行がスゴイらしい。(2016/1/29)

開発者支援体制も強化:
freeeがAIを使った経営分析ツールと連携
freeeでAIを使った経営分析ツールも連携可能に。開発者向けAPI提供プログラム「freee Developers Community」も本格始動させる。(2016/1/19)

やだ、私のジョブかっこよすぎ……!? 月収まとめサイト「給料BANK」に登場する職業イメージがどこのRPG世界ですか
企業戦士たちよ、己に誇りを。(2015/10/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ文章力があるとビジネスは成功するのか?
お客さまが満足してくれればリピータになり、口コミで広がりビジネスが拡大する。どうすればお客さまは満足してくれるのか。(2015/7/16)

捨てる「習慣」:
学歴や資格にこだわっていると「ヒマな人」だと思われる
資格取得に自分の時間とお金をかけることは結構ですが、大事なのはいかにそれを回収するかということ。実戦経験を積み重ねる中で成果が出せなければ、それは単なる暇つぶしでしかありません。(2015/2/20)

Biz.ID Weekly Top10:
総務にも時短! 人事採用時の“処理のぬけもれ”防止ツール
人を1人雇い入れる前に、会社側は作成しなければならない書類、労働環境の整備など見えない表から見えない作業に追われます。それら煩雑なバックオフィス業務を楽にする――そんなクラウドサービスがまもなく開始されるというのです。(2014/11/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
できる経営者は会社を作るとき明確な理由を持っている!
事業を起こして成功する人、1、2年でダメになる人。この2つのパターンは何が違うのだろうか。(2014/7/3)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/15)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
相続対策は「何もしていない」が81.0%――相続市場に必要なものとは?
今回のテーマは「相続」。社会問題化も予測される相続市場に必要なものとはなにか。意識調査から見えてきた課題について考えます。(2014/3/28)

個人事業主が挑戦:
KDDIの起業支援サービス「SmaBI」はどこまで使える?
書類作成を中心に起業に関するさまざまな課題解決をサポートするサービス「SmaBI」。実際に個人事業主として独立している筆者がその使い勝手を試してみた。(2013/6/3)

常時接続で遠隔コラボ:
PR:回線料金に悩むオホーツクの司法書士事務所をLync Onlineが救えた理由とは?
(2013/5/31)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
昨日、情報漏えいが発覚しました 今すぐにどうすればいいですか?
まさに「青天の霹靂」のごとく発生した情報漏えい事件に対して、まず何から着手すればよいだろうか――。(2013/4/26)

「弱者」はなぜ救われないのか(5):
“地獄の一丁目”にいるのは誰か――ヤミ金が増えている
改正貸金業法の施行後、ヤミ金が増えているという。ヤミ金はどういった“客”を狙って、お金を貸しているのだろうか。複数の関係者に取材したところ、ある層の人物がターゲットになっていることが分かった。(2012/9/26)

新連載・「弱者」はなぜ救われないのか:
ヤミ金被害は、本当に減っているのか?
年収の3分の1以上の借り入れを制限する「総量規制」が、2010年6月に完全施行された。その結果、消費者金融などからお金を借りていた人たちはどのような立場に追い込まれたのか。(2012/9/14)

窪田順生の時事日想:
借金大国日本で“踏み倒す人”が急増している理由
国民年金、給食費、授業料、治療費……今、公的な支払いを踏み倒す人が増えている。この背景には、いったいどんな「裏」があるのだろうか?(2012/4/10)

丸の内タニタ食堂、その裏側は?――第5回ビジネステレビ誠
Business Media 誠の生放送「ビジネステレビ誠」。第5回では「契約書」「確定申告」「丸の内タニタ食堂」について3人のゲストが解説しました。(2012/3/1)

ちきりん×磯崎哲也のマジメにおちゃらける(8):
メルマガで年収6億円? わ、わたしも始めてみようかしらん
人気ブロガー・ちきりんさんと公認会計士・磯崎哲也さんの対談連載も、とうとう最終回。磯崎さんは有料メルマガでさまざまな内容を書いているが、そもそもどのようなきっかけで始めたのだろうか。またメルマガを書くことの“つらさ”なども語ってもらった。(2010/12/28)

「ITで医療は変わるのか?」討論会リポート(後編)
孫社長も賛同したiPad/iPhoneを活用する“医療クラウド”
iPadなどの汎用的な携帯端末を活用した「医療クラウド」実現の可能性はどれくらいあるのか? 「ITで医療は変わるのか?」討論会での活用事例から考えてみよう。(2010/11/29)

吉田典史の時事日想:
“未払い残業”の争いが増える、3つの理由
退職者が、かつて勤務した会社に対し「未払い残業代を支払え」と訴えるケースが増えている。こうした問題が起きる背景には、何が潜んでいるのだろうか。筆者の吉田氏が取材を通じて分かったこととは……。(2010/11/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。