ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ショッピングモール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ショッピングモール」に関する情報が集まったページです。

Googleマップに空港内ARナビや大気品質レイヤーなどのAI採用新機能
Googleが年内ロールアウト予定のAI関連新機能を5つ紹介した。これまで屋外でしか使えなかったARナビ「Live View」を一部の空港やショッピングモールで使えるようになる他、経路検索のUI変更や大気汚染状況や気象を確認できるレイヤー追加などだ。(2021/3/31)

親子3人が乗ったポルシェ・マカン、立体駐車場の壁を突き破る ロシア・モスクワのショッピングモールで起きた事故が危機一髪すぎる
壁側に組まれたフレームが丈夫で良かった……!(2021/3/18)

関西電力、生活サービス特化のECモール開設 顧客囲い込み
関西電力が、電気やガスの契約者を対象に住宅リフォームや保険、クリーニングなどの生活サービスを仲介するインターネットショッピングモールを開設した。電気やガス以外のサービスを充実させ、契約者の囲い込みにつなげる狙い。(2021/3/3)

導入事例:
「テラスモール松戸」に入出庫待ち渋滞を解消するAIシステムを導入、館内やHPで混雑を見える化
住商アーバン開発が千葉県松戸市で運営する大型ショッピングモール「テラスモール松戸」に、駐車待ち渋滞を車検知カメラとAI画像解析で解消する新サービスが導入された。(2020/12/29)

日本初「加熱式たばこのみ可」なショッピングモールが沖縄に誕生 紙巻たばこ禁止の専用喫煙エリアを設置
加熱式たばこ専用エリアに切り替えました。(2020/10/24)

au PAY マーケット、訳あり商品が最大70%オフになる「BIG SALE」9月4日〜9日開催
総合ショッピングモール「au PAY マーケット」が、9月4日〜9月9日に「BIG SALE」を開催。「最大44%のポイント還元」「タイムセール」「スペシャルクーポン」やセールカテゴリに「訳あり最大70%オフ」枠を新設し、「最安値挑戦」枠にも商品を多数用意する。(2020/9/1)

au PAY マーケット、最大44%ポイント還元の「BIG SALE」7月7日〜12日開催
総合ショッピングモール「au PAY マーケット」は、7月7日〜12日に「BIG SALE」を開催。最大44%のポイント還元や1日3回更新するタイムセール、スペシャルクーポン配布や送料無料の「1000円ぽっきり」コーナーにグルメ枠を新設する。(2020/7/7)

「Yahoo! MAP」でショッピングモールや水族館の混雑状況チェック可能に
「Yahoo! MAP」で、全国のショッピングモールなど大型商業施設、動物園、水族館といった行楽施設計約2000件の混雑状況が確認可能に。(2020/6/19)

「au Wowma!」が「au PAY マーケット」へ名称変更 総額100万Pontaポイントのプレゼントも
総合ショッピングモール「au Wowma!(エーユーワウマ)」は、5月21日に「au PAY マーケット」へ名称変更。これを記念し、総額100万Pontaポイントを抽選でプレゼントするキャンペーンや100円オフクーポンを配布する。(2020/5/21)

au PAY マーケットで「ゆったり後払い」提供 注文から最大2カ月後に支払い
総合ショッピングモール「au PAY マーケット(au Wowma!)」で、商品購入から最大2カ月以内にコンビニエンスストアなどで支払える後払い決済サービス「ゆったり後払い」が登場。200万円相当のPontaポイントを山分けするキャンペーンも行う。(2020/5/19)

ロボットを遠隔操作して接客、大阪のショッピングモールで実験
大阪市のショッピングモールで、ロボットを遠隔操作して接客を行う実証実験が始まる。サイバーエージェント、大阪大学などが共同で実施する。(2020/2/19)

ワークマンが沖縄でも伸びている、その背景
作業服やアウトドア、スポーツウエアなどを販売するワークマンのカジュアルウエアを充実させた新業態「WORKMAN plus」。都内のショッピングモールに出店し、その後、店舗数をどんどん増やしているが、沖縄はどうなのか。(2020/2/12)

「Apple 川崎」先行レビュー 川崎駅直結でアクセス抜群
12月14日にオープンする「Apple 川崎」。日本では初めてのショッピングモール内に立地するApple Storeは、どのようなものなのだろうか。先行潜入してみた。(2019/12/12)

スピン経済の歩き方:
結局、大型ショッピングモールは街を生かすのか、殺すのか
首都圏で大型ショッピングモールが相次いで開業している。巨大な商業施設は地域の人々に便利さと、楽しさを提供しているが、実のところはその町の独自性を奪っているのではないか。そのような指摘がある中で、筆者はどのように見ているのかというと……。(2019/12/3)

Apple、12月14日にラゾーナ川崎内に「Apple 川崎」をオープン 初のショッピングモールApple Store
1年半以上前からお宝が予想していたとおり、川崎ラゾーナのあの場所はApple Storeだった。(2019/12/2)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ドバイブランド? スマートウォッチが無料でもらえる謎の格安スマホを発見
ドバイといえば世界最大級のショッピングモールがあり、中でも「ドバイモール」は家電量販店だけでも5店舗以上あります。ひっそりと売られていた無名メーカーのスマートフォンが気になります。3〜4年前のスマートフォンが半額程度で売られていることもあります。(2019/11/26)

au Wowma!、au WALLET ポイントを優遇レートで交換 11月は20%割増
KDDIは、11月1日にショッピングモール「au Wowma!」で「お得なポイント交換所」を提供開始。auスマートパスプレミアム会員を対象に、au WALLET ポイントを優遇レートでau WALLET ポイントに交換する。(2019/10/31)

CES 2019:
Segway-Ninebot、“VSLAM”搭載の配達ロボット「Loomo Delivery」
中国Ninebot傘下のSegwayは、同社初の配達ロボット「Loomo Delivery」をCES 2019で披露する。単眼カメラで位置推定する独自開発の「VSLAM」アルゴリズムを搭載し、50キロまでの荷物をショッピングモール内などで配送する。(2019/1/4)

Appleマップのショッピングモール屋内地図、日本でも
空港の屋内マップに続き、ショッピングモールの屋内マップ表示が国内で確認された。(2018/12/14)

KDDI、「Wowma!」の購入金額から最大10%を還元 2019年1月中旬以降
KDDIは総合ショッピングモール「Wowma!」の商品購入特典に「ポイントアッププログラム」のほか、購入金額の最大10%を通信料金に還元するサービス「Wowma! のauご利用料金還元」を提供開始。auスマートパスプレミアム会員には送料分相当のポイント還元キャンペーンも行う。(2018/11/14)

“親の意識”が重要――インテルが地方のショッピングモールで「親子プログラミング体験イベント」をやる理由
2018年の夏休み、インテルが「親子プログラミング体験イベント」を開催した。あえて大規模な開催告知は行わず、場所も地方のショッピングモールを選んだという。その背景には、インテルなりの「思い」がある。(2018/8/28)

再開発:
福岡市の青果市場跡地に、九州初の「キッザニア」や「ららぽーと」を計画
福岡市は、2016年に移転した青果市場跡地の再開発で、三井不動産を代表とするグループを事業者に決めた。計画では九州初となる職業体験型テーマパーク「キッザニア」やショッピングモール「ららぽーと」が整備される計画だ。(2018/7/25)

Microsoft、レッドモンドの本社キャンパス大改造計画発表 2018年秋着工
Microsoftが500エーカーの本社キャンパスを改造し、地元住民も利用できるショッピングモールやスポーツ施設もあるオープンなキャンパスにする計画を発表した。2018年から5〜7年かけて建設する。(2017/11/30)

Inagoraと資本・業務提携:
KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するInagoraと資本・業務提携したと発表した。(2017/11/22)

ロボットが池に“身投げ” その理由が判明
ワシントンD.C.のショッピングモールでセキュリティロボットが“身投げ”した問題について、開発元企業が原因を発表。仕事の過酷さを苦にした投身自殺――ではなかったようだ。(2017/7/31)

スピン経済の歩き方:
「ゾンビ」がショッピングモールに集まる深い理由
ゾンビ映画によく登場する舞台がある。ショッピングモールだ。多くの人が買い物を楽しむ舞台で、なぜゾンビが登場して、店内を徘徊するのか。筆者の窪田氏によると……。(2017/7/25)

セキュリティロボット、ショッピングモールの池に身を投げる
米国のショッピングモール「ワシントン・ハーバー」のセキュリティロボットが池に落ち、多数の目撃者が「仕事のストレスによる自殺だ」などと画像付きでツイートした。(2017/7/18)

ITライフch:
全国200店以上でサービスが受けられる格安SIM イオンモバイルとは
格安SIM業界において、ひときわ勢いのある「イオンモバイル」。ショッピングモールなどを展開しているイオングループが始めた格安SIMのブランドですが、どんな特徴があってどんな人に向いているのでしょうか?(2017/5/23)

来週話題になるハナシ:
米国の衰退から学ぶ、ショッピングモール再生
米国のショッピングモールが衰退しつつある。数年ほど前から客足が減っていて、いまや「デッドモール」と呼ばれる廃墟が目立っている。なぜ、かつてのような輝きを失ったのか。その一方で、再生に向けた動きも始まっている。(2016/12/28)

KDDIが「DeNAショッピング」など買収 EC強化
KDDIがDeNAのオンラインショッピングモール事業を買収。(2016/10/7)

データベース基盤と管理の「それって本当?」――スペシャリストが真実を暴く(2):
PR:サーバ仮想化で運用コストは本当に減らせるの? データベース運用の効率化は“サービス”視点で考えよう!
今稼働中のサーバ、「そのまま丸ごと仮想化すればコストは下げられる」と思っていませんか? 実は必ずしもそうとは限りません。適用範囲を見極め、それに適した形の仮想化をしなければ、運用が複雑化してかえってコストがかさむ恐れがあるのです。自由度は高いけれど手を加える必要がある路面店と、必要な設備が整ったショッピングモールとの比較で考えてみましょう。[運用管理効率化][Oracle Multitenant][Oracle Database 12c](2016/9/26)

ファッションも意識:
e☆イヤホン、大阪・梅田に国内最大規模の新店舗をオープンへ
「e☆イヤホン」を運営するタイムマシンは、大阪梅田駅近くのショッピングモール「梅田EST」に国内最大規模の新店舗を10月にオープンする。ファッショナブルで開放的な店舗を目指す。(2016/8/9)

ドイツ・ミュンヘンの銃乱射事件で外務省が注意喚起 「テロ事案に巻き込まれないために特別な注意が必要」
ミュンヘンのショッピングモールにおいて、1人の男が銃を乱射。少なくとも9人が死亡し、多数が負傷する事件となっています。(2016/7/23)

あなたの知らないプリンタの世界:
日本人の“常識”が変わった? 人が行き交う駅の床に貼られた「フロア広告」の秘密
駅やショッピングモールで見る機会が増えてきた、床面に貼られた広告や誘導サイン。日本で普及し始めたのはこの20年ほどのことです。広がる過程で私たちの「常識」にも意外な変化が……?(2016/6/30)

電子ブックレット/自然エネルギー:
エネルギー列島2016年版(8)茨城
茨城県の再生可能エネルギーが活発だ。間伐材を利用した木質バイオマス発電や下水の汚泥を発酵させたバイオガス発電が相次いで動き出した。ゴルフ場の跡地には巨大なメガソーラーが生まれ、アウトレットモールでも太陽光発電で電力の供給が始まった。沿岸部の風力発電も増え続けている。(2016/6/28)

エネルギー列島2016年版(8)茨城:
バイオマス発電で全国1位、太陽光と風力の勢いも衰えず
茨城県の再生可能エネルギーが活発だ。間伐材を利用した木質バイオマス発電や下水の汚泥を発酵させたバイオガス発電が相次いで動き出した。ゴルフ場の跡地には巨大なメガソーラーが生まれ、アウトレットモールでも太陽光発電で電力の供給が始まった。沿岸部の風力発電も増え続けている。(2016/6/14)

新連載・長浜淳之介のトレンドアンテナ:
地方のフードコートでも行列 「いきなり!ステーキ」の快進撃が止まらないワケ
高級ステーキを安価で提供する「いきなり!ステーキ」は破竹のような勢いで快進撃を続けている。実は最近、ショッピングモールのフードコードでも絶好調らしい……。(2016/5/13)

自然エネルギー:
アウトレットの電力を800kWhの再生可能エネルギーに、日本最大の購入量
三菱地所・サイモンは同社が運営する国内4カ所のアウトレットモールで、使用電力の一部を再生可能エネルギーに切り替えた。グリーン電力証書を活用したもので、購入した電力量は800kWh。国内商業施設としては最大規模の購入量となるという。(2016/4/11)

自然エネルギー:
アウトレットモールに太陽光発電できる駐車場、500台分で電力の80%をまかなう
茨城県にある大型のアウトレットモールの駐車場に太陽光パネルを搭載したカーポートを導入した。500台分のカーポートでメガソーラーに匹敵する1MWの電力を供給できる。年間の発電量は一般家庭の320世帯分になり、全量をアウトレットの共用部分で自家消費する。(2016/3/23)

来店者の属性に最適な広告掲出、サンプル配布にSNS拡散も:
大広とNTT西日本、O2Oマーケティングツールをショッピングモールにテスト導入
大広とインタレストマーケティング、NTT西日本は、性別や年代情報を識別した広告掲出やサンプリングなどを実現するO2Oマーケティングツール「プレゼントウォール」をショッピングモールにテスト導入する。(2016/3/11)

ミニチュアストビューカーも:
Google、ハンブルクの巨大ジオラマのストリートビューを公開
Googleが、独ハンブルクにある世界最大のジオラマ「Miniatur Wunderland」のストリートビューを公開した。ミニチュアの自動車や列車に搭載した特製カメラで撮影したドイツの古い町並みやラスベガス、ショッピングモール内などを楽しめる。(2016/1/14)

2009年ごろからバタバタと:
ショッピングモールが死んでいく
廃墟と化したデッドモールは全世界共通。子連れの母親や老人たちの暇つぶしの場となり、購買意欲のある若者は少ない。家族と車、前世紀的ライフスタイルに依拠した郊外型モールという業態は、死に向かっている。(2015/12/7)

訪日中国人向け商品のトライアルマーケティングも可能に:
オールアバウト子会社、中国アリババ傘下のショッピングモールに出店し日本企業の越境ECをサポート
「サンプル百貨店」を運営するオールアバウトライフマーケティングは2015年11月19日、中国の消費者向けショッピングモール「Tmall Globa」に出品代行を行う越境ECサポート事業を開始した。(2015/11/20)

Amazon.com、初のリアル書店を地元シアトルに開店
Amazonが、初のリアル書店を地元であるシアトルのショッピングモールに開店した。販売する書籍はほぼすべてがオンライン書店で4以上のレーティングのもので、販売価格はオンラインショップと同額だ。(2015/11/4)

Tech TIPS:
格安SIMをスマートフォンで利用するためのAPNの設定法(Android編)
スマートフォンを安く利用するための「格安SIM」は、ショッピングモールでも販売されるようになるなど、市民権を得つつある。ただ設定となると少々ハードルが高いのも事実だ。そこで、今回はAndroid OSを採用するスマートフォンで格安SIMを利用するための設定の方法を紹介する。(2015/10/2)

ショッピングモールの会員情報を各店舗でも利用可能に:
「DeNAショッピング」と「auショッピングモール」にWeb接客プラットフォーム「KARTE」を提供開始
プレイドは「DeNA ショッピング」と「au ショッピングモール」において、Web接客プラットフォーム「KARTE」の提供を2015年8月20日から開始したと発表した。(2015/8/19)

えっ、わたしのPC、遅い?:
インテル、「古いパソコンのイライラ解消! 体験イベント」を全国17カ所で実施
インテルが、WDLCと共同で「古いパソコンのイライラ解消! 体験イベント」を4月11日から全国17カ所のショッピングモールで開催する。3〜4年前に販売されたPCと最新PCの違いを体験できる。(2015/3/30)

ドスパラ、山梨県甲府市に新店舗「ドスパラ甲府店」をオープン――4月24日
ドスパラは、山梨県甲府市のショッピングモール「KoKori」内に新店舗「ドスパラ甲府店」をオープンすると発表した。(2015/3/27)

人に話したくなるコラム:
米国で盛り上がっている、コンベンションビジネス最新事情
展示会などを行うコンベンションビジネスが、いま米国で盛り上がっている。周辺にはホテルやアウトレットモールなどが建設され、地元経済を活性化する起爆剤になっているのだ。そんなドル箱ともいえるコンベンションビジネスの最新事情を紹介する。(2015/2/24)

なんだか面白いヤツを“普通の人々”も試してみよう:
社長! 上海問屋をショッピングモールで売るって本気ですか?
それが、けっこう本気らしい。そんなアグレッシブな若手社長、33歳。独身かどうか聞くの忘れた。(2014/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。