ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソーシャルコンピューティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソーシャルコンピューティング」に関する情報が集まったページです。

クラウドで変わる電話サービス
会社の電話は全て「Skype for Business Online」、そんな未来が2年以内にやってくる
Skype for Business Onlineに企業向け電話機能を追加すると発表した米Microsoft。電話機能追加の前に、企業が準備できることとして何があるのか、紹介する。(2015/7/8)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
アイルランドにみるビッグデータとセキュリティの世界動向
多数のインターネット企業が欧州の拠点を構えるのがアイルランドだ。北海道とほぼ同じ面積の小国ながら、ビッグデータの利活用とセキュリティやプライバシーなどにおける取り組みが注目されている。(2014/11/5)

モデルベース開発:
「トレンドは追わない。長期的な変革に寄り添っていく」――MathWorksが「R2014b」の新機能を説明
The MathWorksはユーザーカンファレンス「MATLAB EXPO 2014 JAPAN」の開催にあわせ、MATLAB/Simulinkの最新バージョン「リリース2014b」の新機能に関する説明会を開催した。(2014/10/29)

Research@Intel 2012:
Intelが過去10年で製品化した“技術の殿堂”トップテン
米Intelは、同社の研究開発成果を発表する「Research@Intel 2012」を開催した。そこで、ジャスティン・ラトナー氏が訴求する“技術の殿堂”とは?(2012/7/4)

クラウドベースのビッグデータ分析、主権を握るのは?
Google、Oracle、Microsoft、IBMのビッグデータ対応アプローチ
いち早くクラウドベースのHadoopアプリケーションをリリースしたAmazon。それに続き、Google、Oracle、Microsoft、IBMがビッグデータ分析のためのHadoop対応を進めている。各社のアプローチを見ていこう。(2011/12/19)

フォロワーをただ増やせば良いわけではない
Twitterのビジネス利用で過ちを犯さないための6カ条
企業がTwitterを利用する上で最もありがちな6種類の過ちと、それを避けるためにはどうすればいいのかを紹介する。(2011/5/6)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
iPadは終わったのか? いやこれからが本番だ
一時の熱狂がおさまり、販売台数も減少しつつあるiPad。しかし、iPadが提示した社会や仕事のスタイルには極めて意義深いものがあると筆者は主張。そのスタイルの未来について分析する。(2010/11/25)

オルタナティブな生き方 永井孝尚さん:
わが人生を悔いなく生きる
マーケティング、ビジネススキル、グローバルコミュニケーション、ライフワークなどをテーマに情報発信するブログ『永井孝尚のMM21』の筆者 永井孝尚さんに、その半生を聞いた。(2010/9/30)

Dreamforce 2009 Report:
Salesforce Chatterは「エンタープライズコミュニケーションの革命」
salesforce.comの年次カンファレンスイベント「Dreamforce 2009」でマーク・ベニオフ氏は次の10年を支えることになるであろうエンタープライズコミュニケーションの革命といえるサービス「Chatter」を発表した。(2009/11/20)

Microsoftの多忙な1週間:
「Mobile 6.5」のリリース、FUSEラボの設立、Bingのシェア低下
バルマーCEOが「MicrosoftはWindows Mobileで大きなヘマをやらかした」「PC需要が拡大する見込みだが、それほど大幅なものにはならないだろう」などと発言した一方、Microsoftの総合的な将来戦略の一端を示す最新ラボ「FUSE」がスタートした。(2009/10/14)

コミュニティー機能も:
「Oracle Fusion Middleware 11g」の目玉はソーシャルネットワーキングと業務効率改善
Fusion Middleware 11gに組み込まれた新たな要素は、社内ネットワークにまつわるさまざまな日常業務の簡素化を狙ったものだ。(2009/7/2)

D89クリップ(5):
ケータイ版AIRでFlash Liteの成功パターンを踏襲
アドビによるイベント「Adobe MAX Japan 2009」が開催。着実に地歩を固めるFlashプラットフォームと新たにケータイ市場を切り開くAIRが話題の中心となった(2009/2/23)

PTC、Windchill ProductPointを正式リリース:
さまざまな設計データを簡単に一括管理&共有
(2009/1/15)

「保険会社のWebサイト」を面白く――顧客目線のRIAとは
操作性が高く、表現力豊かなインタフェースを持つと言われるRIA(リッチインターネットアプリケーション)。企業と顧客、双方にとって魅力的なRIAとは――。(2008/12/19)

Next Wave:
新しい「人脈力」をつけるための10カ条(後編)
前編に引き続き、データセクション代表取締役の橋本大也氏が自身の経験から考察した、ソーシャルネットワークを企業の知識経営に役立たせるための10の理論について紹介していきたい。(2008/12/18)

mixiが招待制廃止へ 来春から登録制、年齢制限も緩和
招待制の廃止・年齢制限引き下げとmixi Platformの開放は「車の両輪」──mixiがオープン化に向けて大きく舵を切った。(2008/11/27)

ソーシャルメディア経済圏:
オープン化で躍進するFacebookとOpenIDの行方
開発プラットフォームをオープン化することで、次々に登場するソーシャルアプリケーションと連携し、ユーザーニーズに応えようとする大手ソーシャルメディアは、さらなる進化に向けてアイデンティティとデータの可搬性にも取り組む。(2008/11/25)

ソーシャルコンピューティングがオープン化、サービス連携が常識の時代に NRI予測
NRIが発表した13年度までの「ITロードマップ」によると、SNSやブログなど「ソーシャルコンピューティング」のオープン化が進んでサービス連携が加速し、異なるサービス間のデータポータビリティも一般化するという。(2008/11/19)

赤いネクタイでAzureへの気合い十分:
MSのバルマーCEOがクラウドにかける思いを熱弁
マイクロソフトが開催した開発者向けのフォーラムで、来日したスティーブ・バルマーCEOは自社のクラウドOS「Windows Azure」を紹介。独自の口調でクラウドについて熱弁する中、開発者の声に耳を傾ける誠実な一面も垣間見せた。(2008/11/6)

企業向けFacebookを目指す:
IBMが「Social Software Center」を発表
企業向け市場のFacebookやMySpaceを目指すIBMが「IBM Social Software Center」を発表した。顧客やパートナーなどが、新しいコラボレーション製品の開発でIBMの技術者と共同作業する。(2008/9/19)

企業コンピューティングに着実に普及するSaaS
SaaS導入の注意点は企業戦略としての要件を見極めること
企業における新規アプリケーション展開の選択肢の1つとしてSaaSの重要性が増している。競争優位に必要な俊敏性を獲得するために、企業はSaaSを適材適所で活用していくべきだ。(2008/7/15)

ボストンで「Enterprise 2.0」開催:
Microsoftがポッドキャスティングソフトウェアをオープンソースに
MicrosoftはSharePoint用ポッドキャスティングソフトウェアのコードをオープンソースコミュニティーに提供する。(2008/6/11)

「博愛主義者に」:
ビル・ゲイツ氏最後のMicrosoft CEO Summit
これはゲイツ氏が行ったキーノートをライブでブログ投稿された“生の”記事である。最初の投稿のタイムスタンプは5月14日11時31分であり、キーノートはそれから約55分後に終わった。(2008/5/15)

Microsoftユーザーに手を差し伸べるIBM Lotus
「Notes vs. Exchange」の戦いはもはや過去のものだ。企業は、イノベーションのために、組織の枠を越えたコラボレーションを求めている。(2008/2/25)

IBM――「マッシュアップは有望だが、ITガバナンスも必要」
IBMでは、マッシュアップの管理と標準化を目指し「Lotus Mashups」を年内にリリースする予定だ。(2008/1/24)

2008 International CES:
Yahoo! CEO、ソーシャル化したYahoo! Mailを披露
CESで披露された次世代Yahoo! Mailは、やり取りの頻度を基に、重要なメール送信者を判断してくれる。サードパーティーが対応アプリケーションを開発することも可能だ。(2008/1/9)

仮想現実とソーシャルコンピューティングの融合
IBMはLotus Connectionsに3D技術を組み込もうとしている。これは仮想世界とソーシャルネットワークの融合に向けた取り組みだと言える。(2007/11/29)

BEA Japan Forum 2007レポート:
SOAやBPMで顧客基点のサービスを迅速展開するNTTドコモや三井住友海上
「BEA Japan Forum 2007」では、新しい技術を活用して迅速に顧客視点のサービスを提供するNTTドコモと三井住友海上が登場し、「ITで実現するビジネス革新」をテーマにパネルディスカッションが行われた。(2007/11/5)

Google、SNS向け共通APIでFacebookに対抗
GoogleのAPI「OpenSocial」を使えば、開発者は複数のSNSで動くアプリケーションを構築することができる。(2007/11/1)

Web 2.0 Summit:
Fast、モバイル対応のソーシャル検索でライバル各社に先手
Fastはソーシャルネットワーク志向のレコメンデーションツールで携帯電話用の検索機能を強化した。(2007/10/22)

MSとFacebookの提携でネットバブルが復活か?
MicrosoftによるFacebookへの投資がソーシャルネットワーキングの将来に及ぼす影響について、アナリストらがさまざまな見解を示している。(2007/9/28)

未来を見据えるBEAシステムズ
BEAでCTOを務めるロブ・レビー氏は、「革新にフォーカスすることがますます重要になる」と話す。(2007/9/15)

大手ベンダーの参入は「Office 2.0」アプリにお墨付きを与えるか?
Microsoftなどの大手ベンダー各社の参入は、企業のIT部門での「Office 2.0」アプリケーションの受け入れを促進する可能性がある。(2007/9/12)

BEA Industry Analyst and Media Summit 2007 APAC Report:
「SOA and Beyond」── 絶えず革新を続けるBEA
SOAのリーダーであるBEAは、絶えず革新を続け、基盤技術の改善や周辺の技術の追加によって、よりパワフルなSOAソリューションを実現する。(2007/6/28)

Lotusphere 2007 Orlando Report:
SNSとWeb 2.0を企業に融合させるLotus Notes/Domino
好調な業績に慢心することなく、常に革新を求めるLotus Notes。Lotusphere 2007では、SNSやWeb 2.0技術の取り込みを図った新製品群を披露し、企業内外を問わないコラボレーション環境を提供しようとしている。(2007/1/23)

MicrosoftがSNS企業「Wallop」を設立
WallopはMacのデザインも手掛けたFrog Designによる次世代インタフェースや、自動的にユーザーのソーシャルネットワークを構築する独自アルゴリズムを開発している。(2006/4/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。