ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「専門家」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「専門家」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

開園当初は4200円:
ディズニー入園料、30年で約2.5倍! 今後どこまであがる? 「綿密な戦略」を専門家が徹底解説
2021年10月、東京ディズニーリゾートのパークチケット価格(入園料)が最大700円値上げされた。ディズニーの価格改定をひも解いていくと、値上げで得た利益をサービス向上に投資し、顧客の満足度を高めるプライシング戦略が見えてきた。(2022/5/25)

人材採用に潜むリスク【前編】
「雇用した専門家が素人だった件」が発生する事情、虚偽を見抜く方法
SAP製品の経験者を採用したら実は素人だったという。人材市場の変化がこうした悲劇を助長している。オンライン面接が増える中、応募者の虚偽を見抜くにはどうすればいいのか。(2022/5/23)

ウクライナのインフラを狙うロシア【後編】
ウクライナ電力網の停止を狙ったマルウェアが「他の地域にも広がる」は本当?
ウクライナの電力施設へのサイバー攻撃に悪用された「Indestroyer2」には、セキュリティ専門家が懸念する特徴が存在する。どのような問題があるのか。(2022/5/19)

“今どきのデータ分析”を支える技術【第4回】
データ分析を阻む「人の問題」と、その解決に役立つ技術
データ分析における根強い問題が「人」に関する問題だ。技術の進化が、問題の解決につながると専門家は指摘する。どのような技術が役立つのか。(2022/5/18)

ペネトレーションテストは手動か自動か【第3回】
「自動ペネトレーションテストツール」を過信してはいけない 専門家の懸念は?
テスト担当者やセキュリティアナリストの作業の一部を肩代わりする自動ペネトレーションツールには、利点だけでなく欠点もある。導入に先立って企業が把握すべき欠点や専門家の見解を紹介する。(2022/5/13)

管理会計Q&A:
なぜ? “お荷物部門”を潰したら、むしろ赤字に 致命的なミスを防ぐ「責任会計」とは
そもそも共通費の配賦をしなくても、現場の業績管理と会社の利益確保を両立させる方法はないのでしょうか。専門家の回答は?(2022/5/13)

徹底解剖! SaaSのUI/UX:
“不便なSaaSあるある”な「使いにくい表・テーブルUI」の改善点 営業支援ツールを例に専門家が解説
なかなか問題点を直しにくいSaaSのUI/UX。営業支援SaaSのUIを模して作ったサンプルを基に、専門家がSaaSのUIにありがちな問題点とその改善方法を解説する。(2022/5/12)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
役立つ「OCR」4選 請求書から日付・金額など読み取り 電子帳簿保存法Q&A
電子帳簿保存法の改正に伴い、日付、金額および取引先などの検索要件に関わる項目を自動判別できる高度なOCRツールを探している──そんな質問に対する、専門家の回答は?(2022/5/13)

増える「浮き指」の子供、コロナで拍車も AIで改善へ
足の指先が地面に着かない「浮き指」の子供たちが増えている。放置すれば腰痛や歩行障害につながる恐れもあり、大阪では2022年度から、専門家がAIで小学生の姿勢を分析し、浮き指症状の改善に向けた取り組みに乗り出した。(2022/5/11)

「Microsoft Remote Procedure Call」に脆弱性
Windowsに見つかった「RPC」の危ない脆弱性 パッチ未適用PCは全滅か?
「Windows」の重要なネットワークコンポーネントである「RPC」に脆弱性が見つかった。急速な被害拡大の可能性があると専門家は警鐘を鳴らす。何が危険なのか。実害を防ぐにはどうすればいいのか。(2022/5/11)

ウクライナ侵攻で:
EV大国の中国に変化? 専門家「日本が勝者になる可能性は十分」
世界的な電気自動車(EV)シフトが進む自動車業界だが、ロシアのウクライナ侵攻で構図が一変するかもしれない。EV大国として知られる中国が、水素ステーションの設置を急速に進めるなど燃料電池車(FCV)化を急いでいるのだ。(2022/5/9)

2つの「枠」がある:
IT導入補助金とは? 申請方法・対象は? 採択率は? 分かりやすく一挙解説【2022年版】
ITツールを導入する際に支払った経費の一部を国が補助する「IT導入補助金」。どのくらいの補助がもらえるのか? 期間や対象は? などの疑問に対し、専門家がお答えします。(2022/5/9)

Metaが手掛けるスパコン開発【第3回】
Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」が直面する環境と倫理の大問題
Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、幾つかの問題を抱えていると専門家が指摘する。主な問題は「環境問題」と「倫理問題」だ。(2022/5/9)

政府の「デジタル推進委員」制度案判明 任期は1年、給与はなし 高齢者ら支援
高齢者らデジタルに不慣れな人向けに講座を開くなどして支援する政府の「デジタル推進委員」の制度の概要が分かった。無休で任期は原則1年で5月下旬から募集を開始。専門家による研修を経てデジタル庁が認定する。(2022/4/27)

デジタル庁事務方トップ、2代目にUX・デザインの専門家 同庁CDOの浅沼尚氏が就任
デジタル庁の2代目デジタル監として浅沼尚氏が就任した。浅沼氏はUX(ユーザー体験)の専門家として生活者の視点に立った行政サービス作りに注力するとしている。(2022/4/26)

Z世代ならではの回答:
新入社員は仕事に何を望むのか 「リーダー志向」や「専門家志向」は過去最低値に
人材育成サービスを提供するラーニングエージェンシー(東京都千代田区)は、2022年入社の新入社員を対象に「新入社員意識調査」を行った。その結果、新入社員の時点で「リーダー志向を持っていない、決めていない」という人の割合が、過去最高の44.2%であることが分かった。(2022/4/26)

コンプライアンス違反の通報と職場の変化【後編】
健全な企業になるには「コンプライアンス違反通報のしやすさ」が重要な理由
コンプライアンス違反の通報が多いことは、従業員にとっての働きやすさを示している可能性があると専門家は語る。従業員にとって「声を上げやすい仕組み」とは。米国における社会的潮流の変化と企業の動向を探る。(2022/4/26)

デジタル監の石倉氏退任へ
デジタル庁の事務方トップ「デジタル監」の石倉洋子氏が退任する見通しとなった。早ければ5月にも退任する方向で、就任から1年足らずという異例の早さでの交代となる。政府はデジタル分野の専門家を充てる方向で後任人事の調整に入った。(2022/4/25)

鉄道版「ドラレコ」7割導入 安全を追求 福知山線脱線事故17年
鉄道版「ドライブレコーダー」の設置状況について、産経新聞がJRと大手私鉄の計22社を対象に調べたところ、約7割が導入していることが明らかになった。JR福知山線脱線事故から17年。専門家はドラレコのさらなる広がりに期待を寄せる。(2022/4/25)

CIO DIVE:
米政府がサイバー攻撃への準備を呼びかけ セキュリティ専門家が指摘するロシアの思惑
2022年2月末から続くロシアによるウクライナ侵攻を受け、米国と日本を含めた同盟国は対ロ経済制裁を実施している。米政府は重要インフラを抱える組織を招集し、情報を共有した。(2022/4/25)

これからの「Web会議」運用のいろは【第1回】
会議室のリニューアル前に「なぜ会議室が必要か」を議論すべき理由
これからオフィスの会議室をリニューアルするなら、まず「オフィスの会議室で達成したいことは何か」の定義が必要だと専門家は説く。その理由は。(2022/4/25)

SaaS導入時の悩みを無料相談できる“質問箱” マネフォのグループ企業が提供
スマートキャンプがSaaS専門のQ&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」のβ版を公開した。ユーザーが質問を投稿すると、専門家が助言やおすすめのSaaSを提案する。利用料は無料。(2022/4/20)

動物園がAmazon活用 「ほしい物リスト」で直訴
動物園が求めるものを動物好きのファンらが寄付する支援策が全国に広がりつつあり、飼育環境の向上に一役買っている。Amazonの「ほしい物リスト」を通じて寄付する仕組み。専門家は「市民と動物園の絆を強めるきっかけにもなる」としている。(2022/4/20)

仮想空間で進むハラスメント対策【後編】
「メタバースの過剰な監視」がもたらすのは安心か、それとも“悪夢”か
VR技術を扱うベンダーは、仮想空間内での悪質ユーザーによるハラスメントを防ぎ、安全を確保するための取り組みを推進している。これに対して専門家は、「過剰な監視」による悪影響を指摘する。(2022/4/20)

大宮が3位に躍進:
「住みたい街」常連の恵比寿が転落! 2位の吉祥寺は今後“ジリ貧”? 専門家が指摘する“なるほど”な理由
リクルートが3月に発表した「住みたい街ランキング2022(首都圏版)」。ここ10年近くは横浜、吉祥寺、恵比寿がトップ3を独占していたが、今回の調査では大宮が3位にランクイン。恵比寿が4位に転落したことが話題になった。なぜ、恵比寿は4位に甘んじることになったのか。リクルートSUUMO編集長の池本洋一氏は2つの理由があると指摘する。(2022/4/20)

徹底解剖! SaaSのUI/UX:
“アプリUIあるある”な6つのNGボタン 人事SaaSを例に専門家が解説
なかなか問題点を直しにくいSaaSのUI/UX。人事SaaSのUIを模して作ったサンプルを基に、専門家がSaaSのUIにありがちな問題点とその改善方法を解説する。(2022/4/21)

動物園がアマゾン活用 「ほしい物」をリストで直訴
動物園が求めるものを動物好きのファンらが寄付する支援策が全国に広がりつつあり、飼育環境の向上に一役買っている。通販サイト「アマゾン」の「ほしい物リスト」を通じて寄付する仕組み。動物園の財政的な支援につながるだけに、専門家は「市民と動物園の絆を強めるきっかけにもなる」としている。(2022/4/19)

CAD:
建物の音響性能をリアルタイムに予測・評価する新シミュレーションツール、清水建設
清水建設は、高レベルの音響品質が求められるホールや劇場を対象に、初期設計段階の3次元CADデータから建物の音響性能をリアルタイムに予測・評価する音響シミュレーションツールを開発した。今回のツールは、独自の音響解析プログラムを3次元CADツールと連携させたデジタルデザインツール。音響の専門知識がなくても簡単に使え、設計者は、専門家の知見に頼らず、プロジェクトの初期段階で、計画案の音環境に対し良否を迅速に調べられる。(2022/4/19)

セキュリティの最前線から見えたものとは
「サイバー攻撃、うちは大丈夫」と言い切るコワさ、その背景を専門家が徹底考察
サイバー攻撃が発生するたびに問題提起が繰り返されているが、「自分ごと」として真剣に考え、行動できている組織はどれくらいあるのだろうか。そうしたセキュリティの現状や課題をpiyokango氏とセキュリティ専門家が深く考察する。(2022/4/13)

Metaが手掛けるスパコン開発【第1回】
Meta(旧Facebook)が“AIスパコン”を独自開発 その目的は?
Meta Platformsは、機械学習モデルをトレーニング可能なスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)の開発を進めている。専門家が考える、同社にRSCが不可欠な理由とは。(2022/4/18)

コンプライアンス違反の通報と職場の変化【前編】
コンプライアンス違反の通報が多い企業ほど働きやすい“なるほどの理由”
コンプライアンス違反の内部告発が多い――。これは一見、危険な兆候のように思えるが「実態はそう深刻ではない」と専門家は話す。内部告発の増加が企業にメリットをもたらす理由とは。(2022/4/18)

イーロン・マスク氏が後押し:
ツイッターの「編集機能」に賛否 専門家「誹謗中傷の責任逃れ」を懸念
米ツイッターが6日に試験導入を発表した投稿の「編集機能」が波紋を広げている。投稿済みの内容を削除せずに後から訂正できるという仕組みだ。(2022/4/15)

IT業界の女性活躍に必要なこと【前編】
IT業界で働く女性が困る「研修不足」以外の“あの問題”とは?
専門家は、全世界の労働人口に占める女性の割合が低いことを課題に挙げ、IT業界で女性がキャリアを積むための支援策が重要だと指摘する。調査を基に、IT業界で女性活躍を阻む障壁を探る。(2022/4/14)

クラウドRPAを取り巻く業界動向【後編】
「クラウドRPAはこれから売れる」と専門家が予想する理由
さまざまなベンダーがクラウドRPAを提供する中、オンプレミスRPAに偏っていたユーザー企業のニーズに変化が見え始めた。「今後の新規導入はクラウドRPAが主流になる」と専門家は言い切る。その理由は。(2022/4/13)

Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第5回】
アクセンチュアやガートナーが伝授 ハイブリッドワークに合った企業文化の変え方
オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を成功に導く鍵は「企業文化」だと専門家は話す。米国企業がテレワーカーとオフィスワーカーの結束を高めるために取った方策を紹介する。(2022/4/7)

月桂冠に不正アクセス 受発注・出荷システムに障害 販売に影響も
月桂冠が運用するサーバが、第三者からの不正アクセスを受けた。攻撃経路や影響範囲については専門家とともに調査中という。(2022/4/6)

データ分析で野球を“攻略” 大学生ら経験なくても専門家に
全日本野球協会などが、大学生らを対象にした「第1回野球データ分析競技会」を開催した。野球経験の有無に関係なく、データの的確な分析と競技向上へのアプローチを競った。(2022/4/6)

プロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む!:
“最強PC”を組めるヤツに会いに行く そして生まれた怪物のスペックは
プロの将棋棋士が研究に使える、“最強の将棋AIマシン”を組むべく記者が奔走する本連載。今回は「CPUもGPUも強いマシンを使ってみたい!」と自作PC専門家に相談し、実際にブツを組み上げるまでのお話。(2022/4/6)

「ビジネス向けメタバース」の光と影【中編】
メタバースがハラスメントの舞台に――専門家が危機意識
MicrosoftやMetaなどのベンダー各社が力を入れ始めた「メタバース」。今後の成長を占う上で避けられないのが、メタバースにおけるハラスメントの問題だ。(2022/4/6)

そのノーコード活用、ちょっと待った! 本当に安全な使い方? 「ウチも効率化」の前に知っておくべきこと
非ITエンジニアでもアプリを作れるノーコード開発ツール。導入の上で重要なセキュリティ対策の注意点を、専門家の2人に聞いた。重要なのは、経営層などが導入の初期段階から関与することだという。(2022/4/1)

IC基板分野は「アジアに20〜25年遅れ」:
米半導体支援策、成功には組み立て/テスト強化が必須
米国は現在、エレクトロニクス業界が全盛期だった頃の半導体製造を復活させようとしているが、業界専門家は、半導体チップの組み立て/テストメーカー各社による基本的な国内エコシステムを再構築しない限り、その取り組みが成功する見込みはないとみている。(2022/3/31)

クラウドRPAを取り巻く業界動向【中編】
「クラウドRPA」がすぐには売れない理由
ユーザー企業の間でクラウドサービスへのシステム移行が加速する中、クラウドRPAの導入が進まない。「オンプレミスRPA以外は選ばない」というニーズも根強い。この理由を、専門家はどう見るか。(2022/3/31)

Webサイトの「エコ基準」【後編】
「1クリック分のCO2排出量」を減らすことがとても大事な理由
「Webサイトを含めあらゆるデータの背後には、それをホストするサーバがあり、膨大な量の二酸化炭素を排出している」と専門家は指摘する。現実的な「インターネットの省エネ化」とは。(2022/3/31)

“常識”から見直すセキュリティ対策【後編】
「IoC」だけでは不十分 セキュリティ対策を強化する手段とは?
猛威を振るうサイバー攻撃に対処するために、企業が導入すべき技術やプロセスとは何なのか。専門家の助言に沿って解説する。(2022/3/30)

技術観点で暴く“PPAPの無意味さ” 本気で脱却を目指す企業に向けた代替策
多くの企業が、パスワード付きZIPファイルをメールに添付し、別メールでパスワードを送付する「PPAP」からの脱却を目指している。メールセキュリティの専門家である上原 哲太郎氏が技術観点でPPAPの無益さを指摘し、効果的な代替策を紹介する。(2022/3/31)

メタバースが呼び込むセキュリティ問題【後編】
「セカンドライフ」の元セキュリティ幹部が語る“メタバース中毒”の怖さ
企業がメタバースを利用する際、どのような懸念事項があるのか。メタバースの先駆け「Second Life」運営のLinden Labで、セキュリティ責任者を務めた専門家の意見を基に、具体的な問題と解決策を取り上げる。(2022/3/30)

Go AbekawaのGo Global!〜Mr.Ben編(後):
「大丈夫」と言ってあげられることが、私の誇り
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続き、今回もセキュリティエンジニアのBen(ベン)氏にお話を伺う。セキュリティの専門家として世界の安全を守っている同氏が伝えたい「全部を知る必要はない」という言葉の意味とは。(2022/4/5)

SaaSプライシングラボ:
Q.SaaSの価格設定は誰が担当すべきか マーケター、それとも経営層? 専門家の見解は
SaaSの価格設定は誰が決めるべき?──SaaSビジネスの価格設定を巡る疑問に専門家が見解を出す。(2022/3/28)

“常識”から見直すセキュリティ対策【前編】
「“明らかな悪”を全力で調べる」だけのセキュリティ対策はもうやめよう
アジア太平洋地域(APAC)の企業はサイバー攻撃への備えが万全とは言えないと、セキュリティの専門家は指摘する。その一因は、APAC企業が当然のように進めてきたセキュリティ対策そのものにあるという。(2022/3/28)

無線LAN市場でささやかれる“Wi-Fi 6E飛ばし”濃厚論【後編】
「Wi-Fi 6E」を大歓迎する人、「Wi-Fi 7」まで待つ人 それぞれの考え方
専門家は2023年には部品不足が解消され、「Wi-Fi 6E」の導入が進む可能性があるとみる。ただし「Wi-Fi 7」が登場しようとする中では、Wi-Fi 6E導入が妥当かどうかの判断は簡単ではない。企業はどうすればいいのか。(2022/3/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。