ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Steam」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Steam」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Steamの旧正月セールが開始 1月28日午前3時まで
ゲーム配信プラットフォーム「Steam」で「旧正月セール」が始まった。数多くのタイトルを、2020年1月28日午前3時までセール価格で購入できる。(2020/1/24)

「アイドルマスター」新作、PS4とSteamで発売決定! 歴代シリーズからアイドル集結、早くもトーマスMod登場に期待する声も
絶対トーマスプロデュースModが出る(予言)。(2020/1/20)

楽器箱に身を潜めて国外脱出を目指す 実在の人物とは一切関係ないゲーム「Ghone is gone」
主人公の名前はカルロs……じゃなくて「ロスカル・ゴン」(2020/1/9)

「ごく普通のシカのゲーム」、ついにSteamで船出 さっぱり普通じゃないシカが自由に暮らす“スローライフ町破壊ゲーム”
販売はアーリーアクセス形式。発売から1年間、適宜アップデートしながら完成されます。(2020/1/7)

半径300メートルのIT:
2020年の日本を揺るがす“ITの転換点”2つ、あなたは言えますか?
2020年、日本のIT分野に2つの大きな“転換点”が訪れるのをご存じでしょうか? 1つ目はWindows 7のサポート終了。2つ目は小学校におけるプログラミング学習の必修化です。「たかが子どもの教育内容じゃないか」と思うなかれ。なぜこの2つが重要なのか、今振り返っておきましょう。(2020/1/7)

Steamのウィンターセールが開始 1月3日午前3時まで
ゲーム配信プラットフォーム「Steam」で「ウィンターセール」が始まった。数多くのタイトルを、2020年1月3日午前3時までセール価格で購入できる。(2019/12/20)

EDRだけじゃない、Microsoft Defender ATP を使い倒すための近道:
PR:Microsoft Defender ATP による脆弱性管理と Microsoft 365 E5 との連携により一層広がる活用の幅をご紹介
本稿では、インシデントレスポンスに必要な機能の一つである「Endpoint Detection and Response(EDR)」の機能を統合的に管理、運用できる「Microsoft Defender Advanced Threat Protection(Microsoft Defender ATP)」による脆弱性管理と「Microsoft 365 E5」との連携による活用方法を紹介します。(2019/12/13)

小島瑠璃子、「PUBG LITE」生配信でいきなり“ドン勝” 「1日1ドン勝」を目標に腕磨く
一発で決めたの本当にかっこいい。(2019/12/11)

Steamオータムセールで「傑作『Portal』60円」の衝撃再び 続編とセットなら90円でとうとう実質45円に
Twitterで話題となり、「100円落としたと思って買え」と激しく推されています。(2019/11/27)

Facebook傘下のOculus、人気VRゲーム「Beat Saber」の企業を買収
Facebook傘下のOculus VRが、人気VRゲーム「Beat Saber」の製造元であるチェコのBeat Gamesを買収した。HTC ViveやソニーのPlayStation VRのサポートは今後も続ける。(2019/11/27)

「ROG Phone II」発表会レポート ゲームプレイを支援する周辺機器にも注目
ASUSの最新ゲーミングスマホ「ROG Phone II」は、高いスペックはもちろんだが、ゲームプレイを支援する周辺機器にも注目したい。ゲームパッドや2画面化するアイテムがある。「ROG Kunai Core Gamepad」と「TwinView Dock II」をセットにしたモデルも。(2019/11/20)

「塊魂」の高橋慶太新作「Wattam」、12月発売決定 市長と鼻と口とスシとうんこと便器が手を取り合う奇妙な世界
なんだかよく分かりませんが、見ているだけで楽しそうな世界。(2019/11/12)

VR音ゲー「Beat Saber」のアーケード版、那須ハイランドパークに常設設置 日本初
那須ハイランドパークにVRリズムゲーム「Beat Saber」のアーケード版が常設設置される。(2019/11/12)

「PUBG LITE」12月にリリース 低スペックPCでも楽しめる基本無料の「PUBG」
オリジナルのモードも。(2019/11/11)

Steam VRにも対応した産業向け高解像度VR HMD「Varjo VR-2」
エルザ ジャパンは、高解像度表示に対応した産業向けVR HMD「Varjo VR-2」の国内向け販売を開始した。(2019/11/11)

Apple、ARヘッドセットを2020年後半に発表か? Valveと共同開発
アナリストのミン=チー・クオ氏、Bloomberg、そして今回Digitimesが「Appleが2020年にARデバイス」と予測している。(2019/11/5)

Steamのハロウィンセールが開始
ゲーム配信プラットフォーム「Steam」で「ハロウィンセール」が開催中だ。数多くのタイトルが11月2日午前2時までセール価格で購入できる。(2019/10/29)

ぶっちゃけ、電ファミって利益出てました? 「電ファミニコゲーマー」編集長・TAITAI氏に聞く、独立の裏側、これからの野望
2016年のオープンから3年、大きな転機を迎えた電ファミは今後どうなる?(2019/10/22)

Steamのローカルマルチプレイゲームをオンライン化 「Steam Remote Play Together」がβ版始動
ホストがフレンドをゲームに招待する形式で、ゲスト側はゲームを所持していなくとも遊べます。(2019/10/22)

MSI、対象製品購入で最大120ドル分のSteamウォレットがもらえるキャンペーン 11月17日まで
台湾MSIは、同社製品購入者を対象としたSteamウォレットプレゼントキャンペーンを開始する。(2019/10/18)

KFC公式はカーネルおじさんをどうしたいんだよ! 話題の「カーネルおじさんとデートできる恋愛ゲーム」を遊んでみた
Steamレビューは「非常に好評」。(2019/10/5)

ヴェルサイユ宮殿のVRコンテンツをGoogleが無料公開 豪華な建物や美術品が手に取るように
ViveとOculus Riftといった、PC用VRプラットフォームで体験できます。(2019/10/3)

マシーナリーともコラム:
どうしてロボットゲーは流行らないのか? タニタのツインスティックがイイ感じだったので勝手に「ロボゲーについて語る会」をやりました
なぜ身体は闘争を求めるのに一向にロボットゲーは流行らないのか……。(2019/9/10)

米KFC、イケおじになったカーネル・サンダースとデートする謎ゲームを発表 近くSteamで配信へ
ウソでしょ……と思ったら、ストアページに「パブリッシャー:KFC」って書いてありました。(2019/9/11)

有料課金、広告配信、動画生成など
ゲーム業界のデジタルマーケティングに「AI」はどう活用されているか
ゲームにおける人工知能(AI)技術の活用は、キャラクターやゲーム世界の自動開発以外にも広がっている。ゲーム会社は既存プレイヤーと新規プレイヤーを対象とするマーケティングにもAI技術を活用している。(2019/9/2)

「ロマンシング サガ3」HDリマスター版、11月11日発売決定! 価格は3500円
新ダンジョン、追加エピソードなども加えた決定版に。(2019/8/29)

便座に腰かけ町中を疾走! 便所紙でライバルを撃破!! バカゲー「激走!便座レース」がいい意味で心底くだらない
幼児の心を忘れない大人に刺さるやつ。(2019/8/27)

ゲーム「メタルウルフカオス」主人公機の精巧な紙模型が無料公開 「組み立て目安約80時間」の難しさがフロムらしい
さすが高難易度ゲームでおなじみフロム・ソフトウェア、販促物でも心を折ってくる。(2019/8/6)

「ストリートファイターV」にエドモンド本田、ポイズン、ルシアが参戦決定! 8月5日から
トラブルにより急きょ発表。(2019/8/1)

バーチャルキャスト、Steam配信に対応 新機能も拡充
バーチャルキャストがPC向けゲームやソフトの配信プラットフォーム「Steam」の配信に対応。海外在住のユーザーも手軽にダウンロードできるようになった。(2019/7/30)

日本におけるファブラボのこれまでとこれから(3):
ファブラボの外で広がるモノづくりの輪、特色あふれる都内のメイカースペース
日本で3番目となる「ファブラボ渋谷」の立ち上げを経験し、現在「ファブラボ神田錦町」の運営を行っている立場から、日本におけるファブラボの在り方、未来の理想形(これからのモノづくり)について、「これまでの歩み」「現在」を踏まえつつ、その方向性を考察する。今回は“ファブラボ以外”のモノづくりスペースの事例として、都内で誕生した代表的な施設について紹介する。(2019/7/30)

VRニュース:
キャプチャー技術を活用したリアルタイム実写立体動画撮影システムを開発
メディア工房は、リアルタイム実写立体動画撮影システム「SUPERTRACK」を公開した。被写体を全方向から撮影し、立体映像を作成するため、視聴者は自由な視点で映像を鑑賞できる。(2019/7/29)

パロディネタ全開のとんでもねえヤギゲー「Goat of Duty」登場 武装ヤギがバンバン撃ち合うデスマッチ
なぜ人類はヤギを暴れさせてしまうのか。(2019/7/12)

大友克洋監督の最新作「ORBITAL ERA」が制作決定 『AKIRA』の新アニメ化プロジェクトも始動
うおおおおおおおお!!(2019/7/5)

本当に出る! PS4パッケージ版「シェンムー3」の概要が発表 「リテールDay1エディション」としてDLCを収録
出るよね?(2019/7/4)

「熱血硬派くにおくん」シリーズ最新作「River City Girls」発表 パワフルな女性コンビがくにおを救う
PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox One、Steamで9月発売。(2019/7/4)

Computer Weekly製品ガイド
DDoS攻撃を阻止するトラフィックスクラビング
企業が直面する脅威の一つにDDoS攻撃がある。ほとんどのスクラビングサービスはそうした攻撃に対抗する一助になるが、無傷の状態を保つためにはさらに包括的な対策が必要だ。(2019/7/2)

エグすぎてもはや笑うしかない 幼い姉弟がネズミの大群や異端審問官たちから逃げ惑うゲーム「A Plague Tale」に戦慄する
集合体恐怖症(トライポフォビア)持ちな人は間違っても遊んではいけない……。(2019/6/28)

Steamサマーセールで傑作パズル「Portal」が60円に 「狂った価格設定」と話題
続編「Portal 2」も60円なので、2作合わせても缶ジュースくらい。(2019/6/26)

Google、“3Dゲーム開発ゲーム”「Game Builder」をMacとWindows向けにリリース
Googleが、コーディングの知識がなくてもオンラインゲームを開発できるゲーム「Game Builder」をSteamで無料公開した。MacおよびWindowsで遊べる。(2019/6/14)

VRニュース:
デザインレビューの先へ、業務活用が“当たり前”になるVR関連製品群をHPが発表
日本HPは2019年6月13日、AI(人工知能)やVR(仮想現実)用途などに対応する高機能ワークステーションの新製品群を発表した。2019年6月下旬から順次製品投入を開始する。(2019/6/14)

日本HP、AIやVR用途に対応する最新ワークステーション製品を投入
日本HPは、第9世代CoreとQuadro RTXを標準装備したハイスペック仕様のモバイルWSを発売する。(2019/6/13)

コナミの名作「魂斗羅」にバカゲー感特盛りの新作 エイリアンやパンダ型サイボーグと共闘だ
9月26日に、PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox One、PC(Steam)向けに発売。(2019/6/12)

「聖剣伝説 3」のフルリメイク版、2020年初頭に発売
Switch、PS4、Windowsでリリース。(2019/6/12)

「Virtual Desktop」がSteamVRに対応 「Oculus Quest」でPC向けVRゲームを操作、6DoFも反映
スタンドアロンVRヘッドセット「Oculus Quest」で使えるVRアプリ「Virtual Desktop」のモバイル版が、PC向けVRプラットフォーム「SteamVR」のアプリやゲームの操作に対応した。(2019/6/11)

FF8リマスター版、2019年にリリース
PS4、Nintendo Switch、Xbox One、Steamでリリース。(2019/6/11)

ソニー・エクスプローラサイエンス、2019年10月に閉館 17年間で230万人が来館した科学館
今後も次世代を担う子どもたちの支援は継続されます。(2019/6/11)

Microsoft、Azure AI採用のフライトシム新作を2020年提供へ
Microsoftが人気シミュレーションゲーム「Microsoft Flight Simulator」の久しぶりの新作を2020年に「Xbox Game Pass」で提供すると発表した。Azure AI、衛星データ、4K撮影データでリアルで美しいシミュレーションを楽しめるとしている。(2019/6/10)

海外のやりたい放題できる料理ゲームが話題に ナイフでダーツ、まな板でドミノ、オーブンを爆破……
ストレス発散になりそう。(2019/6/8)

「R-TYPE FINAL 2」のクラウドファンディングが爆速で目標金額4500万円に到達
6月12日0時までは追加の支援を受け付けています。(2019/6/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。