ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Steam」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Steam」に関する情報が集まったページです。

Google、“3Dゲーム開発ゲーム”「Game Builder」をMacとWindows向けにリリース
Googleが、コーディングの知識がなくてもオンラインゲームを開発できるゲーム「Game Builder」をSteamで無料公開した。MacおよびWindowsで遊べる。(2019/6/14)

VRニュース:
デザインレビューの先へ、業務活用が“当たり前”になるVR関連製品群をHPが発表
日本HPは2019年6月13日、AI(人工知能)やVR(仮想現実)用途などに対応する高機能ワークステーションの新製品群を発表した。2019年6月下旬から順次製品投入を開始する。(2019/6/14)

日本HP、AIやVR用途に対応する最新ワークステーション製品を投入
日本HPは、第9世代CoreとQuadro RTXを標準装備したハイスペック仕様のモバイルWSを発売する。(2019/6/13)

コナミの名作「魂斗羅」にバカゲー感特盛りの新作 エイリアンやパンダ型サイボーグと共闘だ
9月26日に、PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox One、PC(Steam)向けに発売。(2019/6/12)

「聖剣伝説 3」のフルリメイク版、2020年初頭に発売
Switch、PS4、Windowsでリリース。(2019/6/12)

「Virtual Desktop」がSteamVRに対応 「Oculus Quest」でPC向けVRゲームを操作、6DoFも反映
スタンドアロンVRヘッドセット「Oculus Quest」で使えるVRアプリ「Virtual Desktop」のモバイル版が、PC向けVRプラットフォーム「SteamVR」のアプリやゲームの操作に対応した。(2019/6/11)

FF8リマスター版、2019年にリリース
PS4、Nintendo Switch、Xbox One、Steamでリリース。(2019/6/11)

ソニー・エクスプローラサイエンス、2019年10月に閉館 17年間で230万人が来館した科学館
今後も次世代を担う子どもたちの支援は継続されます。(2019/6/11)

Microsoft、Azure AI採用のフライトシム新作を2020年提供へ
Microsoftが人気シミュレーションゲーム「Microsoft Flight Simulator」の久しぶりの新作を2020年に「Xbox Game Pass」で提供すると発表した。Azure AI、衛星データ、4K撮影データでリアルで美しいシミュレーションを楽しめるとしている。(2019/6/10)

海外のやりたい放題できる料理ゲームが話題に ナイフでダーツ、まな板でドミノ、オーブンを爆破……
ストレス発散になりそう。(2019/6/8)

「R-TYPE FINAL 2」のクラウドファンディングが爆速で目標金額4500万円に到達
6月12日0時までは追加の支援を受け付けています。(2019/6/6)

iPhoneでもSteam MacにWi-Fi接続で
ValveがiPhone/iPad/Apple TVからSteamゲームを楽しめるアプリ「Steam Link」をリリース。(2019/5/17)

スマホでSteamのゲームが遊べる公式アプリ「Steam Link」ついにiOS版リリース! 日本語にも対応
同一ネットワーク上のSteamをリモート操作。(2019/5/16)

飢えた狼たちよ、今宇宙で最もアツくて新しい対戦ゲーム「DOTA AUTO CHESS(ドタ オートチェス)」を今すぐやれ
今話題の「DOTA AUTO CHESS」ってどういうゲーム? どうやって始めたらいいの? という疑問に答えます。(2019/5/15)

「カワイイ犬に散歩させられるゲーム」がぶっ飛んでると話題 ご主人様ハンマー! ご主人様チャージショット!
カワイイ犬に街中を引きずり回されるゲーム。(2019/5/14)

恋の相手が家電 冷蔵庫と恋愛できるゲーム「コールドハーツ」が未来に生きてる
人類には早すぎるハーレム。(2019/4/24)

『ファミ通』読者が選ぶ「平成のゲーム最高の1本」、「クロノ・トリガー」に決定
2位は「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」、3位は「ニーア オートマタ」。(2019/4/22)

「くにおくん」新作は女性主人公に? 米WayForwardが新作開発について発表
“くにお”が女性キャラ化されるのか、あるいは新キャラか。(2019/4/21)

欧州委員会がPCゲームの“おま国”問題を指摘 Steam運営元、バンナム、カプコンなどに競争法違反の嫌疑
欧州委員会は、「5社のパブリッシャーが、一部の国で購入したゲームを他のEU加盟国で使用できないよう、Steam側と契約していた」との見解。(2019/4/12)

LEGO、“STEAM教育”向け新ブロックセット「SPIKEプライム」を8月発売へ
LEGO Educationが、小学校高学年以上を対象とするプログラミング学習ブロックセット「SPIKEプライム」を今夏発売する。使用言語は「Scratch」で、ブロックやモーター、センサーを組み合わせて実際に動くロボットやツールを組み立てることで直感的にプログラミングを学べるとしている。(2019/4/3)

サイコム、ミドルタワーPC「G-Master Spear」に「SEKIRO」推奨構成モデルを追加
サイコムは、同社製ミドルタワーPC「G-Master Spear」シリーズのラインアップに最新ゲーム「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」推奨モデルを追加した。(2019/3/26)

Googleさん:
無敵コマンド装備したGoogleのクラウドゲーム「Stadia」を率いる人々
Googleが年内スタートするゲームサービス「Stadia」を率いるのは、元Xboxの偉い人と「アサシンクリード」を手掛けた元EAの偉い人。コナミコマンドが刻印されたコントローラをひっさげて、どう勝負するのでしょう。(2019/3/24)

「壁はあなたです」「ゴールは歩き回ります」 ルールを書き換えて進むパズル「Baba Is You」がメチャクチャ
チート能力でアハ体験。(2019/3/19)

HALOの“マスターチーフ”がPCに帰ってくる Steamでの提供も
Microsoft(Xbox Game Studios)は3月12日(現地時間)、「Inside Xbox」の配信でPC版「Halo: The Master Chief Collection」を正式発表、Microsoft StoreおよびSteamにて2019年内に提供を開始する。(2019/3/16)

週末珍ゲー紀行:
江戸の町民に大人気! ふんどし一丁で大空を舞うジェットパック消火アクションゲーム「Otokomizu〜漢水〜」
アイアンマン(ふんどし)。(2019/3/10)

MWC19 Barcelona:
「5GはAndroidだけ」 MWC19で感じたQualcommの強いメッセージ
QualcommがMWC19 Barcelonaで、同社のプロセッサを用いた5Gデバイスの最新状況を紹介。5G対応の「Snapdragon 855」を搭載したデバイスは、既に30以上の製品で開発が進んでいる。同社は「5G Only on Android」のメッセージも強く打ち出していた。(2019/3/1)

「風来のシレン」スマホ版発売にファンから「アスカ見参」望む声 復活はないのかスパイク・チュンソフトに聞いた
いまだ最高傑作と名高い“アスカ”。いまならSteamなどですぐに再販できそうですが……。(2019/2/27)

VRリズムゲー「Beat Saber」PS VR版が3月7日に発売決定 ライトセーバーで音ブロックをぶった斬れ!
PS VR独自コンテンツも。(2019/2/26)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(10):
小学校2校と中学校1校しかない青森県鰺ヶ沢町でプログラミング教育を浸透させる――みんなのコードと経産省は地方の教育のICT化をどうサポートするのか
みんなのコードは日本国内でのテクノロジー教育への関心を高める啓蒙活動を実施し、その一環として「パートナー企業 CSR取り組み報告会」を開催した。本稿では青森県 鰺ヶ沢町教育委員会 ICT教育推進アドバイザー 相馬祐輔氏の取り組み、経産省による教育分野への取り組みを中心にお伝えする。(2019/2/28)

週末珍ゲー紀行:
老婆は人生の最期に何を見る? 砂漠化した寒村で老後のスローライフを送るゲーム「The Stillness of the Wind」
人生とは喪失の物語。(2019/2/20)

「Flower」がPCに舞う 花びらとなって思うがままに高解像度の世界を飛び回ろう
家庭用ゲーム機やスマートフォンアプリで提供されたthatgamecompanyの「Flower」(日本名はFlowery)が、ついにPCへ移植。配信プラットフォームはSteamの他、GOG.com、Epic Games Storeだ。(2019/2/16)

さらば平成、さらば水冷、いくぜNUC:
自作PCユーザーが5年振りに目覚めた2つのきっかけ
とある自作PCユーザーが平成最後の年にふと目覚め、ほぼ5年ぶりにPCを新調しました。その過程を含め、今どきの自作事情をお届けしたいと思います。(2019/2/9)

Steamの旧正月セールが開始 トークンイベントも開催中
ゲーム配信プラットフォーム「Steam」で「旧正月セール」が開催中。数千におよぶタイトルが2月13日午前3時までセール価格で購入できる。(2019/2/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
枯渇するCore i5の救世主になるか GPUなし「Core i5-9400F」の評判は?
2018年秋から枯渇が常態化している、ミドルレンジ以下のIntel製CPUの需要を埋める期待を背負い、税込み2万円台前半の価格で「Core i5-9400F」が登場した。(2019/2/5)

第5世代V-NANDの優位が歴然! PCI Express SSDの新定番「970 EVO Plus」の爆速性能を確かめる
90層クラスの3D TLC NAND(第5世代V-NAND)を採用した新型SSD「970 EVO Plus」を徹底検証。(2019/1/31)

手が届かないPCパーツも自由自在:
自作PCをPC内で楽しむ「PC Building Simulator」の正式版が公開
ゲーム配信プラットフォーム「Steam」において長らく早期アクセスで提供されていた、自作PCシミュレーター「PC Building Simulator」の正式版が公開された。2月6日ではキャンペーン価格で提供される。(2019/1/30)

何一つ普通じゃない「ごく普通のシカのゲーム」が狂気のクラウドファンディング開始 目標金額は100万円
この世界に普通はない、あるのはシカだけ……。(2019/1/29)

3Dプリンタニュース:
2017年の3Dプリンタ世界市場の調査結果を発表、前年比18.4%増に
矢野経済研究所は、世界の3Dプリンタ市場の調査を実施し、需要分野別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。世界の3Dプリンタ市場規模は、2021年には48万台になると予測している。(2019/1/16)

矢野経済研究所 3Dプリンタ世界市場規模:
大きな伸びが期待される金属3Dプリンタ、課題は使いこなす力量!?
矢野経済研究所は、3Dプリンタ世界市場に関する調査結果の概要を発表した。2015〜2021年までの年平均成長率(CAGR)は16.7%で推移し、2021年の3Dプリンタ世界市場規模は48万台に到達すると予測する。(2019/1/16)

パンツになって戦う衝撃作「パンティパーティー」まさかのNintendo Switch移植決定 4人対戦に対応
待望のSwitch降臨。(2019/1/7)

盛り上がる「eスポーツ」:
PCは死んでいない? ゲーミングPCが救いの神に
PC業界の不振が叫ばれて久しい。かつて、「PC is dead」という言葉が出回るなど、すでに終わったとみる専門家は多かった。ところが、何十年かぶりに明るい話題が出ている。それはゲーミングPC市場だ。(2018/12/25)

Steamでウィンターセールがスタート 対象は約1万6000タイトル
Steamが1月3日まで「ウィンターセール」を実施する。約1万6000タイトルのゲームがセール対象となるビックイベントだ。(2018/12/21)

アイエエエ!? 「ニンジャスレイヤー」のスピンオフ的ゲーム、「日本語がフルサポートされていないように思える」という謎めいた理由でSteam審査中断
「すぐ来る!!」とか「興奮する真のゲーム」とか、クセの強い直訳風の日本語がひっかかった可能性。(2018/12/20)

Discordのゲームストア、開発者の収益分配率を90%へ
ゲーマー向けチャットサービスDiscordの運営するゲームストア「Discord Store」での開発者の収益分配率が2019年に70%から90%に引き上げられる。競合するEpic Gamesは開店したばかりのゲームストアの分配率を88%に設定している。(2018/12/17)

“山になれる”謎のゲーム「Mountain」に大型アップデート到来→“めっちゃきれいな山になれる”ゲームに
グラフィックが向上しても、山の気持ちは相変わらず分かりません。(2018/12/14)

神ゲー(物理)の「Fight of Gods」Nintendo Switch版がついに登場 キリストやブッダが任天堂機で殴り合う
任天堂にも許された。(2018/12/13)

あの「ベーマガ」が15年ぶり“再創刊”! 「電子工作マガジン」12月19日号の別冊付録として
創刊号掲載プログラム「エイリアンフィールド」も2018年版になって復活。(2018/12/14)

「R-TYPE」界のアイドル「ドブケラドプス」がfigmaで登場 愛らしいフォルムやウネウネ動く尻尾もバッチリ再現
プレイヤー機の「R-9」と専用台座付きで、ゲーム同様に飾れます。(2018/11/29)

QLC SSDを採用した大容量SSDの性能は? 「Samsung SSD 860 QVO」徹底検証
QLC NANDフラッシュメモリを採用したSSDは大容量を低コストで実現できるのが特徴だ。しかし、現時点ではあまりお勧めできないかもしれない――その性能を検証した。(2018/11/29)

47都道府県全て独立! 財政火の車から天下統一を目指すSLG「覇県を握れ」で君は地方格差に涙する
覇県を握る前に差し押さえ令状を握りそうや……。(2018/11/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。