ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「T9」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「T9」に関する情報が集まったページです。

山根康宏の中国携帯最新事情:
2018年の中国スマホベスト5 “世界初の機能”に注目が集まる
2018年も数多くのスマートフォンが市場をにぎわしました。中でも中国メーカーからは次々と新製品が登場。海外メーカーを常に追いかけている筆者が、中国メーカーの2018年新製品の中からベストと感じた5機種を紹介します。(2018/12/30)

セルフィースマホから高性能カメラスマホへ Meituの新モデル「T9」で感じた変化
Meituの新スマホ「T9」は、同社の特徴であった美顔効果がブラッシュアップしただけではなく、アウトカメラの機能も強化している。「セルフィースマホ」から「高性能なカメラフォン」へと、Meituは製品の方向性を転換し始めている。(2018/8/11)

猫に段ボールをプレゼント 3カ月後にどうなった?
わーい段ボールだ〜、ガジガジ。(2016/1/23)

スマホやタブレットとつながるケータイ「N-01G」、11月13日に発売
ドコモが、NECモバイルコミュニケーションズ製のケータイ「N-01G」を、11月13日に発売する。Bluetooth Smartに対応し、スマホやタブレットの新着情報を表示してくれる。(2014/11/10)

ドコモケータイ:
Bluetooth smart対応 タブレットと連携する防水ケータイ――「N-01G」
「N-01G」はBluetooth smartに対応し、タブレットなどのスマートデバイスと連携できるフィーチャーフォン。防水/防じんボディに連続待受780時間の長持ちバッテリーも備えた。(2014/9/30)

ドコモケータイ:
連続待受800時間、防水防塵のiモードケータイ「N-01F」
NECカシオ製「N-01F」は、防水防塵仕様でスリムなボディの折りたたみ式ドコモケータイ。バッテリー容量は1010mAh、連続待受時間が800時間なので長時間使用できる。(2013/10/10)

STYLEシリーズ:
連続待受780時間のiモードケータイ――「N-01E」
NECカシオ製の「N-01E」は、防水防塵仕様を持ちつつスリムな折りたたみボディのiモードケータイ。フィーチャーフォンとしては大容量の1010mAhバッテリーを搭載し、連続待受時間が700時間と長いのが特徴だ。(2012/10/11)

ドコモ、「MEDIAS TAB UL N-08D」を9月20日に発売
ドコモは、NEC製のAndroidタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」を9月20日に発売する。約7インチのワイドXGAディスプレイには、タッチ操作の反応を指先に振動で伝える「HDハプティクス」技術を搭載した。(2012/9/18)

ドコモ タブレット:
世界最軽量、Xi対応の薄型7インチタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」
ゴリラガラスとカーボンファイバーボディで、コミック1冊分とほぼ同じ、重量約249グラムを実現した7インチタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」が登場。(2012/8/28)

「Xperia NX SO-02D」の“ここ”が知りたい:
第2回 電話は使いやすい? どんなアプリやウィジェットがある?――「Xperia NX SO-02D」
Xperia NX SO-02Dの注目機能をレビューする本コーナー。第2回では、スマートフォンの基本とも言える電話機能と、ホーム画面やプリインアプリ/ウィジェットについて調べた。(2012/1/30)

マウスコンピュータ、シンプルなスティックタイププレーヤー iriver「T9」
マウスコンピュータは、iriverブランドのポータブルオーディオプレーヤー「T9」を8月5日より販売開始する。直販サイトでの販売価格は4980円。(2011/7/29)

アデリーペンギンも登場:
写真で解説する“EXILIMケータイ”「CA-01C」
NTTドコモの夏モデルとして登場予定の「CA-01C」は、ドコモ初となるカシオ計算機ブランドの端末。カシオのデジタルカメラブランド「EXILIM」を冠し、フルハイビジョン動画撮影も可能な1610万画素の本格カメラケータイだ。(2011/6/20)

Dragon Dictation/Searchも世界で好評:
PR:認識エンジンの“カスタマイズ”が強み――Nuanceが目指す音声認識サービスの進化形
文書管理ソフトや携帯電話・自動車、コールセンターなど幅広い分野で音声認識事業を展開しているNuance Communications。同社が配信中のiPhoneアプリ「Dragon Dictation」と「Dragon Search」は日本を含む世界で好評だ。同社は今後、どのような音声認識サービスを提供していくのか。(2011/6/15)

ドコモスマートフォン:
厚さ7.9ミリのスリムな防水Android――「MEDIAS WP N-06C」
「MEDIAS WP N-06C」は、人気の薄型Androidスマートフォン「MEDIAS N-04C」の防水バージョンといえるAndroid端末。おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信への対応はそのままに、ATOK+T9の日本語入力も可能となった。(2011/5/16)

防水+タフネス仕様のAndroidスマートフォン「CASIO G'zOne COMMANDO」、米国で発売
NECカシオとカシオ計算機が、防水とタフネス性能をサポートする「CASIO G'zOne COMMANDO」を、米国のVerizon Wireless向けに供給した。4月28日から販売される。(2011/4/27)

最新ケータイ徹底比較(スマートフォン2010年冬モデル編):
第5回 iWnn、ATOK、POBox Touch、Simeji――Androidの日本語入力システムを比較する
「快適に文字入力ができる」かは、スマートフォンを使う上で重要なポイントだ。Android端末のタッチパネルを使った文字入力は快適なのだろうか。Android13機種に内蔵されている日本語入力システムと、入力アプリ「OpenWnnフリック対応版」と「Simeji」をチェックした。(2011/3/10)

テクノロジー最前線(4):
モバイルアプリで音声入力が普通になる日――ニュアンスコミュニケーションズ
モバイル向け音声認識・音声合成のスピーチソリューションに強みを持つ米ニュアンスコミュニケーションズ。同社がリリースした「Dragon Mobile SDK」は、iOS/Androidアプリケーションにスピーチ機能を簡単に組み込めるとあって、3週間で1200の開発企業、開発者が飛び付いた。モバイルアプリで音声入力が普通になる日も近いか。(編集部)(2011/2/24)

目指すのは“意味まで分かる”音声認識――モバイルUIの変革を目指すニュアンス
端末の高機能化に伴う操作の煩雑化、慣れが必要なタッチパネル端末の文字入力など、昨今の端末操作にはさまざまな課題が見え始めている。その解決策の1つとして注目されるのが音声認識技術だ。米音声認識ソリューション大手のNuanceに、音声認識技術がスマートフォンの操作やサービスにもたらす新たな可能性について聞いた。(2011/1/12)

UIは使いやすい? カメラはどう?――写真で見る「Galaxy S」(ソフトウェア編)
Android 2.1を搭載したSamsung電子の「Galaxy S」には、どんなユーザーインタフェースが採用され、どんなアプリが用意されているのか。ホーム画面やウィジェット、カメラ、フォトビュワーなどを紹介しよう。(2010/9/6)

Mobile World Congress 2010:
X10とは何が違う? QWERTYキーは使いやすい?――写真で見る「X10 mini」「X10 mini pro」
英Sony Ericssonが2010年第2四半期に投入予定の「Xperia X10 mini」と「Xperia X10 mini pro」は、「Xperia X10」の小型バージョンといえるモデルだ。サイズ以外ではX10と何が違うのか。外観や機能、ソフトウェアを調べた。(2010/2/16)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2009年夏モデル編):
第3回 文字入力とメールの振り分け機能に優れた機種は?
メール作成やサイト検索、スケジュールやメモの登録など、ケータイでは多くのシーンで文字入力をするだけに、いかに少ない操作ステップで入力できるかが重要だ。そこで今回は、文字入力機能とメールの管理機能を比較する。(2009/8/28)

開発陣に聞く「830N」:
若者目線で取り組む挑戦、直感的な「何か、いいね」を目指して──「830N」
薄型のスライドボディに多くの機能、さらに何かをくすぐる細かい機能を凝縮し、“何か、いいね”を目指したNEC製の「830N」。何が「いいね」なのか、ソフトバンクの若年ユーザーに何を訴えたいのか。NECの830N開発チームに聞いた。(2009/2/20)

2009年は「Windowsケータイ」でスマートフォンデビュー(端末編)
iPhoneの影響もあって何かと話題のスマートフォン。中でも多種多様なバリエーションを用意しているのが、OSにWindows Mobileを搭載した「Windowsケータイ」だ。現在、個人で入手できるWindowsケータイにはどんなものがあるのか、紹介しよう。(2009/1/14)

検索は“キーを押して話すだけ”――Nuanceの音声認識でケータイ操作はこう変わる
多機能化が進み、1台でさまざまな使い方ができるようになった携帯電話だが、一方で“操作が難しい”“機能が多すぎて見つけられない”といったユーザビリティ上の問題も浮上している。米Nuanceのウィヤーズ氏は、音声認識アプリケーションのVSuiteと文字入力システムのXT9や検索用新アプリケーションのT9Navを組み合わせることで、こうした問題を解決できると話す。(2008/12/2)

「N-01A」の“ここ”が知りたい:
第3回 入力方式は何が選べる? “ポケベル入力”や“T9”は?──「N-01A」
“3Wayスタイル”が特徴のNEC製端末「N-01A」。入力方式もいくつかの方式から選べるのか、従来の“N”端末ユーザーは特にファンが多い「T9」方式は残っているかといった質問が寄せられた。(2008/11/27)

文字入力システムからケータイUIの世界へ:
進化した「T9」がケータイUIを変える――「XT9」「T9NAV」とは何か
少ないキータッチで的確な文字入力できることで知られるNuance Communicationsの「T9」。このプラットフォームがケータイの使い勝手を変える技術に進化しようとしている。多彩な文字入力方式への対応や端末内検索機能の実装で、ケータイUIの世界に新風を吹き込む“進化したT9”の姿とはどんなものなのか。(2008/7/2)

“ケータイらしい”スマートフォン――片手操作にこだわった「F1100」が狙う市場
ドコモの富士通製スマートフォン「F1100」は、OSにWindows Mobile 6 Standard Editionを搭載したWindowsケータイ。老舗端末メーカーが満を持して投入する、“ケータイらしい”操作感を持つ端末だ。(2008/3/11)

「T9」と連携したATOK、ドコモのWindows Mobileケータイ「F1100」に採用
(2008/3/11)

少ないキー操作で文字入力――「T9」のタッチ&トライイベント開催
(2007/12/18)

「T9」のTegic、米Nuanceの傘下に
(2007/9/4)

米ニュアンス、文字入力ソフト「T9」のTegic Communicationsを買収
(2007/7/19)

音声技術のNuance、携帯向け入力システムのTegicを買収
Nuanceが「T9」で知られるAOL傘下のモバイル機器用組み込みソフト会社を買収する。(2007/6/23)

テジック、T9を連載エピソード「Tokyo T9 Friends」でアピール
(2007/5/24)

「N703iμ」の“ここ”が知りたい(1):
「N703iμ」の“μ”とはなにか?
厚さ11.4ミリという薄型モデルの「N703iμ」。その操作性や構造に対する質問がいくつか寄せられた。(2007/2/22)

3GSM World Congress 2007:
待受画面から文字入力で各種機能にアクセス──テジックの「T9ディスカバリーツール」
文字入力システム「T9」の開発元として知られるテジックが「T9ディスカバリーツール」を発表。待受画面で文字を入力すると、各種機能にすばやくアクセスできる。(2007/2/13)

テジック、「T9」入力の体験イベントを渋谷で実施
(2006/11/10)

ケータイ早打ち王者、音声認識技術に破れる
ギネス記録を持つ携帯電話早打ちの世界チャンピオンが、音声テキスト変換技術と携帯メール入力の速さを競った。(2006/10/25)

N902iS徹底解剖 第4回:
PR:“進化”ではない。これは“変貌”──新開発の「Mogic Engine」で強化された“文字入力”を試す
携帯電話の用途として大きなウェートを占めるのがメール機能。快適に利用できるかどうかを左右するのが文字入力システムだ。「N902iS」では、その使い勝手が大幅に強化された。(2006/6/13)

「文字入力には心を痛めていた」――NECが語る「N902iS」の改善点
従来のNECユーザーをターゲットにしつつ、進化もアピールする。そんな新機種、N902iSはどこがどのように改善されているのか。1つの注目ポイントは、「文字入力」だ。(2006/5/25)

夏モデルの“ここ”が知りたい「N902iS」編(1):
文字入力は賢くなったか──N902iS編
「N902iS」への質問で多かったのが、文字入力システムが進化したのかどうかを問うもの。強化された文字入力は、T9派もそうでない人も幸せになれそうだ。(2006/5/17)

写真で解説する「N902iS」
アークラインからの脱皮を図るNECが新たに打ち出したのは、“進化したアークライン”こと「Link Face Design」。カメラも配置が換わったほか、6軸の手ブレ補正に対応するなど強化された。(2006/5/12)

「P902i」の基本機能を試す──アドレス帳・日本語入力・メール編
小型軽量ボディに光るカスタムジャケットが特徴の「P902i」。日本語入力システムやキー配列の変更など、UIの改善に注目が集まるこの端末について基本機能をチェックした。(2006/1/10)

「902i」の文字入力を考える
地味ながら、実は大きく変わった902iシリーズ各種の日本語入力システム。各機種の方式の違いとともに、大きく変わったP902iの状況をまとめる。(2005/11/4)

モバイル編集部、ただいま取材中:
「902i」の謎に答えます──P902i編
(2005/10/27)

QWERTYキーボード入力をサポート──テジックの「T9 Mobile Suite 1.0」
テジックコミュニケーションズがモバイル機器向け文字入力インタフェース「T9 Mobile Suite 1.0」を発表。推測変換が強化され、QWERTYキーボードや手書き入力にも対応する。(2005/10/18)

長期ロードテスト「P901iS」 No.11:
P901iSがN901iSにかなわないところ
キーを打つ回数が少なくて済むT9入力方式は、P901iSの大きな特徴です。とはいえ、T9の中にもいろいろバージョンがありまして……。(2005/7/22)

Symbian OSのもう1つのUI〜UIQ3.0も登場
NokiaのSeries60と双璧をなす、Symbian OS向けのUI──UIQ。Sony EricssonやMotorola端末に使われている、UIQの開発元に話を聞いた。(2005/6/20)

最新T9では、音声認識、手書き入力も統合
キーを1回押すだけで文字を入力できる入力方式「T9」。最新バージョン「Tegic Mobile Suite」では、手書き認識や音声認識機能も統合する。(2005/4/20)

入力システムの統合目指す「T9」の狙い
新T9で、音声認識や手書き入力への対応を発表したTegic。究極の狙いは入力や出力を取りまとめ、統合製品として提供することにある。家電への対応も積極的に進める。(2005/4/20)

効率よいメール入力を考える:
最新のT9ダイレクト搭載〜「N901iC」の文字入力を試す
「N901iC」の“T9ダイレクト”には、新たに“T9漢字変換モード”が搭載された。読みへの変換とかな漢字変換が融合され、使い勝手が向上した。(2005/3/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。