第2回 電話は使いやすい? どんなアプリやウィジェットがある?――「Xperia NX SO-02D」「Xperia NX SO-02D」の“ここ”が知りたい

» 2012年01月30日 17時21分 公開
[田中聡,ITmedia]
photophoto ソニー・エリクソン製の「Xperia NX SO-02D」。ボディカラーはBlackとWhiteの2色
※記事中のXperia NXは試作機のため、製品版とは仕様が異なる場合があります。

質問:電話機能は使いやすい?

 「Xperia NX SO-02D」はスマートフォンということもあり、電話機能の使い勝手も気になるところ。Xperia arcの「電話」アプリはNXでは「ダイヤル」という名称に変更されており、ここからアドレス帳の参照や電話の発信などができる。arcでは電話、通話履歴、連絡先、お気に入りの4項目から電話機能を利用できるが、NXでは連絡先、ダイヤル、お気に入りの3項目に減っている。これは、最初に表示されるダイヤル画面(テンキー)に通話履歴(発着信履歴)も表示されるため。画面上部に通話履歴、下部にダイヤル用のテンキーと分割されている。ダイヤルアプリを起動してすぐに(ワンタッチで)通話履歴を見られるのは便利。よく連絡を取る人へ、よりスムーズに発信できるだろう。

 通話履歴にない人に発信する場合はアドレス帳を参照するのが普通だが、Xperia NXにはダイヤル用のテンキーからデータを検索できる機能が追加されている。検索できるのは電話番号と、アドレス帳に登録したフリガナ。電話番号は番号を打ち込むごとに、該当の番号が絞られていく。フリガナは五十音の母音が「あ」の音、つまり「あかさたなはまやらわ」から検索する。例えば佐藤さんを探すときは「さたあ(数字だと345)」と入力する。日本語入力システム「T9」入力の要領と同じだ。自宅や会社の番号や親しい人を除き、電話番号を覚えているケースは少ないと思われるので、実際に活躍することが多いのはフリガナ検索だろう。テンキーにはかなも割り振られているので、文字を入力する感覚で調べられる。

 アドレス帳は従来のXperiaシリーズと同じく縦スクロール型で、右端の五十音やアルファベットをなぞると高速でスクロールする。よく電話をかける人などを登録しておける「お気に入り」も用意されている。

photophotophotophoto 「ダイヤル」アプリの最初に表示される「ダイヤル」には、通話履歴とテンキーが半分ずつ表示される(写真=左端)。中央左のアイコンに触れるとテンキーが隠れる(写真=左中)。よく連絡を取る人とのコンタクトに便利なお気に入り登録(写真=右中)。アドレス帳は五十音別ではなく一括で縦スクロールするタイプだ(写真=右端)
photo 横向きの表示も可能

photophotophotophoto 電話番号(写真=左端)やフリガナ(写真=左中、右中)から、アドレス帳に登録したデータを検索できる。「たなか」なら「452」、「さとう」なら「341」を打てばよい。フルネームでフリガナを打てば、同姓同名以外は確実に目当てのデータにたどり着ける(写真=右端)

質問:どんなホームアプリがプリセットされている?

 Xperia NXのホームアプリには、ソニー・エリクソン独自のものに加え、ドコモが提供している「docomo Palette UI」が用意されており、初回起動時にどちらのホームアプリを設定するか選べる。ホームアプリは「設定」→「Sony Ericsson」→「優先アプリ設定」から変更できる。ソニエリ独自のホームアプリは、Xperia arc(最新バージョン)のUIを継承しているが、解像度の向上に伴い、アプリ一覧の表示アプリ数(1画面あたり)は、arcの4×4から5×4に増加している。また、アプリアイコンのグラフィックやウィジェットの一部が変更されている。詳細はこちらの写真記事も参照。

photophotophotophoto Sony Ericsson製のホーム画面。アプリ一覧では1画面あたり5×4(20)個が表示される(写真=左端、左中)。ドコモ提供のdocomo Palette UI。こちらにはマチキャラも登場する。アプリ一覧は縦スクロールなので操作性が大きく変わる(写真=右中、右端)
photophoto 各ホームアプリに設定する前に表示される画面

質問:どんなアプリやウィジェットがある?

 試作機で確認したプリインストールアプリの数は57個。Xperia arcのプリインストールアプリ(発売時)の48個よりも増えている。「Timescape」「ミュージック」「TrackID」「FMラジオ」「LiveWare Manager」などソニエリの独自アプリのほか、「spモードメール」「iチャネル」「マチキャラ」「エリアメール」「dマーケット」「声の宅急便」などドコモ提供のアプリも多く用意されている。

photophotophotophoto 試作機にプリセットされているアプリ一覧(写真=左端、左中、右中)。ホーム画面の長押しで表示されるメニュー内に「アプリケーション」が追加され、よりスムーズにアプリをショートカット設定できる(写真=右端)

 Xperia NXの通知バーには相変わらずWi-Fiやマナーモードなどの設定ができるパネルがなく寂しいが、こうした設定を行える「ツール」ウィジェットは用意されている。このウィジェットからはWi-Fi、Bluetooth、バックライト、データ通信、マナーモード、GPS、自動同期、機内モード、ローミングのオン/オフを切り替えられる。ただ、テザリングと画面回転の設定ができるパネルはない。これらのパネルは一括のほか、1つずつ個別に設定することも可能だ。一括設定をしてもウィジェット自体は小さく表示されるので、ホーム画面のスペースはそれほど圧迫されない。ウィジェットをタップするとパネル全体が拡大表示され、個別に設定できる。

photophotophoto 通知バーには文字どおり、新着メールやアップデートなとの通知しか表示されない(写真=左)。ツールウィジェットをタップすると拡大表示し、個別に設定できる(写真=中、右)
photophotophoto ツールの各パネルを1つずつ設置してもよい

 細かいところでは、「時計」アプリの機能が拡張されている。おなじみのアラームのほかに、世界時計、ストップウォッチ、タイマーが追加された。iPhoneやシャープのAndroid端末でもおなじみの構成だ。「天気ウィジェット」はグラフィックがさらに豊かになり、現在/明日以降の天気が精細なアニメーションで表示される。

photophotophotophotophoto アラーム、世界時計、ストップウォッチ、タイマーを用意。世界時計には2通りの表示がある
photophotophotophoto 天気ウィジェットには、現在の天気がアニメーションで表示される(写真=左端、左中)。ウィジェットをタップすると予報も見られる(写真=右中)。天気ウィジェットの設定(写真=右端)
photophoto Xperia arcなどでもおなじみ、TrackID、ミュージックプレーヤー、写真・動画のサムネイルを見られるウィジェットも用意(写真=左)。ソニエリのホーム画面上でピンチインすると、設置しているウィジェットがサムネイル表示される。各ウィジェットがぷかぷか浮遊しているのが面白い(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  4. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  5. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  8. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  9. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
  10. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー