ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人材派遣」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!派遣→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で派遣関連の質問をチェック

新たな可能性、「プロフェッショナル派遣」は日本を救えるか?
日本の終身雇用制度は数年前から崩れ始めている。市場変化の激しい今、正社員のみでは、社内の改革やイレギュラーな事象に対応できない。では、どうするべきか。筆者は「プロフェッショナル派遣」を解決策の一つと見ていて……。(2021/6/11)

サカタ製作所流の働き方【後編】:
男性育休「渋々取得」→100%に! 社内の雰囲気が激変、サカタ製作所で何が起きたのか
サカタ製作所は急速に男性育休取得を推進し、18年には取得率100%達成、以降も100%をキープしている。当初は「我が家には必要ない」など社内の理解を得られなかった男性育休を、なぜ浸透させることができたのか?(2021/6/10)

「ギグワーカー」約4割が会社員、副業ニーズの上昇が影響
近年新しい働き方として注目を集めている「ギグワーク」。「ギグワーカー」の約4割が会社員(正社員・契約社員・派遣社員)ということが分かった。(2021/6/7)

雇用が不安定:
派遣社員のメリットとデメリットは? 経験者に聞いた
派遣社員のメリット・デメリットは何か? 派遣社員として働いたことがある人に聞いたところ……。(2021/6/3)

オリコン調査:
満足度の高い「転職サイト」ランキング 3位「doda」、2位「ビズリーチ」、1位は?
顧客満足度の高い転職サイトはどこか。oricon MEが調査を実施したところ、1位になったのは……(2021/6/2)

年収300万円台の職業ランキング 1位は
求人情報サイトを運営するビズヒッツは6月1日、「年収300万円台の職業に関する意識調査」の結果を発表した。調査対象500人のうち最も多かったのは……。(2021/6/2)

平和酒造4代目が考える「個が立つ組織」【後編】:
マニュアル化で1年目から全員酒造り 日本酒「紀土」の平和酒蔵に大卒しかいない理由
日本酒を巡る時代の変化に対応し、ここ15年間で売り上げを2倍強に増やしたのが和歌山県海南市に本社を置く平和酒蔵だ。そんな平和酒蔵も実は先代まで、地元を中心に安酒を販売する酒蔵にすぎなかった。一体いかにして社内を改革し、世界的ブランドを得る企業へと押し上げたのか。その手法と戦略を山本典正社長に聞いた。(2021/5/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
ワクチン接種した人に抽選で1億円! 米国の“動き”は日本で受け入れられるか
新型コロナのワクチン接種が順調に進む米国で、接種率を高めるために、特典を付ける動きが活発になっている。日本では批判が集まりそうな内容だが、こうした仕組みは合理的なのか。それとも……。(2021/5/26)

平和酒造4代目が考える「個が立つ組織」【前編】:
15年で売り上げ2倍 日本酒「紀土」の平和酒造社長が明かす「100円のパック酒から10万円の銘酒への転換」
日本酒を巡る時代の変化に対応し、ここ15年間で売り上げを2倍強に増やしたのが和歌山県海南市に本社を置く平和酒蔵だ。そんな平和酒蔵も実は先代まで、地元を中心に安酒を販売する酒蔵にすぎなかった。一体いかにして社内を改革し、世界的ブランドを得る企業へと押し上げたのか。その手法と戦略を山本典正社長に聞いた。(2021/5/26)

導入事例:
清水建設が業務用「スマホ」1.4万台を全社支給、年1億円以上の通信費削減に
清水建設は、NTTドコモの協力のもと、全従業員・派遣社員に独自の音声通話・データ通信や施工監理システムなどの機能を搭載した業務用スマートフォン約1万4000台を配付した。(2021/5/21)

キャリアニュース:
2回目の緊急事態宣言下では、テレワーク実施率は減少傾向に
リクルートワークス研究所が、「全国就業実態パネル調査2021」の臨時追跡調査の結果を発表した。1回目の緊急事態宣言下で急速に伸びたテレワーク実施率は、2回目の宣言下で減少していることが分かった。(2021/5/20)

産業動向:
AlbaLinkが住宅ローンの意識調査を実施、住宅ローンで後悔していない人は81.7%
AlbaLinkは、全国の男女377人を対象に、インターネットアンケートで、「住宅ローンついての意識調査」を行った。結果、住宅ローンで後悔していない人が全体の81.7%に上ることや住宅ローンで後悔しないためには「無理がなく堅実なローン返済計画を立てること」が重要なことが明らかになった。(2021/5/18)

問われる企業のモラル:
愛知県知事リコール署名の不正はなぜ防げなかったのか? 受託者側から見る、問題の病巣
問題となっている愛知県知事リコール。不正の責任は受託者側にもあると筆者は指摘する。(2021/5/13)

過半数は「月1万円未満」:
「副業で月5万円以上の収入」は19%──高収入の人の本業は?
副業をしている会社員・公務員のうち、月に5万円以上の副業収入がある人は約19%──ITツール比較サイトSTRATEを運営するSheepDog(東京都品川区)が行った副業に関する調査で、このような結果が判明した。(2021/5/11)

テレワーカーの引き抜きにどう対抗するか【前編】
テレワークで活発化する「優秀な社員の引き抜き転職」 食い止める方法とは?
場所にとらわれない働き方を実現するテレワークの導入が拡大している。遠隔地の人材を採用できるメリットもあるが、同様に他社から自社の人材を引き抜かれるリスクも高まっている。企業はどのような対策ができるか。(2021/4/16)

非正規雇用をめぐる現状【前編】:
「同一労働同一賃金」は何を目指すのか? “均衡”と“均等”を理解せよ
「同一労働同一賃金」関連法を読み解くために必要なキーワード、“均衡”と“均等”とは? 労働人口の約4割を占める、非正規労働者をめぐる現状を解説する。(2021/4/1)

専門家が解説:
テレワーク中の労務トラブルQ&A 「常時カメラをON」はプライバシー侵害?
テレワークを導入している企業が増えているものの、その運用がうまくいかず、不具合やトラブルが生じているケースもあります。ここでは、労務関係におけるトラブルの解決法を紹介します。(2021/3/19)

モーリシャスと南アフリカ共和国、モロッコ、チュニジアが有望:
次の新天地はアフリカか、ソフトウェア開発者の現状をTungaが調査
アフリカ諸国におけるソフトウェア産業とソフトウェア開発者の現状に関する調査結果をTungaが発表した。開発者の人口が多い17カ国について人数やプログラミング言語の順位を挙げた他、ソフトウェアを含むテクノロジー産業がどのような状況にあるのかを調べた。(2021/3/3)

「派遣切り経験33%」「将来に不安85%」 派遣社員の実情調査が公開
派遣切り経験者のうち38%が「自身の派遣切りに新型コロナウイルスが関係している」と回答。(2021/2/25)

あのキャラに花束を:
人生で詰んだ40歳おじさんの、VR世界での恋物語 『VRおじさんの初恋』はロスジェネの絶望を救うのか
Kindleの少女漫画売れ筋ランキング1位の主人公が、40歳のおじさんになるなんて。(2021/2/25)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
パソナの淡路島移転は「島流し」なのか? 移住した副社長が感じた“思った以上のポテンシャル”とは
パソナグループは、東京にある本社機能の一部を淡路島へ移転させている。移住した副社長に環境や社員の働き方がどう変わったのか聞いた。副社長は思った以上のポテンシャルを感じている。(2021/2/15)

工夫は?:
満足度が8割→9割に! 初のオンライン開催、楽天の社内イベント「ファミリーデー」が成功したワケ
楽天が2020年、ファミリーデーをオンラインで開催した。従業員の家族や友人に日ごろの感謝や働き方、楽天の職場環境、新しい取り組みを伝えるイベントだ。どんな工夫をしたのか。(2021/2/12)

テレビ局依存、終焉の兆し テレワーク・業績不振でオフィスの移転相次ぐ芸能界
コロナ禍による業績不振とテレワークの広がりで、都心の一等地に所在するオフィスを縮小、売却、移転する企業が増えている。大手芸能事務所も例外ではない。専門家は「芸能事務所も追い詰められ、急速に変化を迫られている」と話す。 (2021/2/9)

追い詰められて:
テレビ局依存、終焉の兆し オフィスの売却・移転・縮小相次ぐ芸能事務所
コロナ禍による業績不振で、都心の一等地に所在するオフィスを縮小、売却、移転する企業が増えている。コンサートなどのライブイベントの中止や延期が相次ぎ、屋台骨が揺らぐ大手芸能事務所も例外ではない。(2021/2/6)

マイナビ調査:
「もう限界?」コロナ禍の飲食業従事者 仕事を辞めて新しいバイト探しをする傾向
マイナビは中学生を除く全国の15〜69歳の男女を対象に「非正規雇用に関する求職者・就業者の活動状況調査」を実施した。(2021/1/29)

やりたい仕事がある:
未経験の仕事に転職したらどうなった? 30代の年収
30代で未経験の仕事に転職した人の年収は、どうなったのか。調査したところ、「上がった」と答えたのは……。(2021/1/28)

反響は:
パソナグループの南部代表に聞く、淡路島移転で何を目指すのか
東京から兵庫・淡路島への本社機能の一部移転を決めたパソナグループ。東京勤務の約1800人のうち、約1200人を令和6年5月までに移動させる計画だ。コロナで働き方で変わるなか、目指すものは何か。(2021/1/27)

スピン経済の歩き方:
「出勤者7割削減」なんて無理な呼びかけは、やめたほうがいい理由
政府や自治体が喉を枯らして「出勤者7割削減」を呼びかけている。しかし、筆者の窪田氏は「『出勤者7割削減』の呼びかけもやめたほうがいい」と考える。なぜかというと……。(2021/1/26)

パーソル、他社へ派遣したスタッフの在宅勤務用PCを無償貸し出し 緊急事態宣言解除まで
パーソルテンプスタッフが、同社の人材派遣サービスを利用する企業に、派遣スタッフの在宅勤務に必要なPCや通信機器を無償で貸し出すと発表した。(2021/1/20)

直営の居酒屋83店を休業:
2021年の飲食業は倒産ラッシュ ワタミ渡邉美樹会長が示す「売り上げが2019年比55%」でも生き残れる経営
外食チェーンのワタミは緊急事態宣言を受け、1都3県で営業している直営店全100店のうち83店舗を休業している。渡邉美樹会長兼グループCEOは「このままでは飲食業界は崩壊すると危惧している」と記者発表で述べた。その上で「2021年は19年比で売り上げの55%に目標を設定し直した。黒字になるようにしていきたい」と意気込む。(2021/1/15)

同一労働同一賃金、実務上の対応ポイント(3)定年再雇用で、賃金はどこまで減額可能か?
同一労働同一賃金の中心となる「パートタイム・有期雇用労働法」では、定年再雇用者も、改善の対象になります。しかしながら、これまでの裁判例からも、契約社員やパート・アルバイトとは異なった判断がなされている部分があります。(2021/1/15)

スピン経済の歩き方:
飲食店にバラまかれる協力金が、「現場で働く人」にまで届かないワケ
1都3県で緊急事態宣言が発出されて、多くの飲食店が苦戦を強いられている。「一律1日6万円の協力金」がバラまかれることになったが、こうした支援金は現場で働く人たちにまで行き届いているのだろうか。答えは……。(2021/1/12)

就職につながる支援を:
就職氷河期世代、非正規で働く半数が「正社員」を希望 “年齢の壁”の不安も
ディップが就職氷河期世代に当たる非正規就業者と無職者の就業意向に関する調査結果を発表。回答者の約5割は正社員としての就業を希望している。就職に当たっては年齢が壁になっていると感じている人も多かった。(2021/1/9)

さまざまな思い:
「今が正念場」「なんとか耐え抜きたい」 不安抱えた飲食店や企業
東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏4都県に対し、昨年4月以来となる2回目の緊急事態宣言の発令が7日、決まった。飲食店への営業時間短縮要請や不要不急の夜間外出自粛要請、テレワークの徹底……。(2021/1/8)

ワークマン式「しない経営」【後編】:
ワークマン土屋哲雄専務が、社員の平均年収を700万円に上げた理由
「残業しない」「ノルマを設けない」「値引きをしない」「社内行事をしない」――。他社とは真逆の取り組みともいえる「しない経営」を実践し、10年連続で増収、最高益を更新したワークマン。後編では、土屋専務が社員の平均年収を、定期昇給分を除いて100万円以上アップさせた理由を聞く。(2021/1/6)

データプライバシー管理に「AI」を生かす【第1回】
データプライバシー管理を「AI」に任せたくなる“これだけの理由”
データプライバシー管理業務の自動化や労力削減に活用できるのがAI技術だ。どのようなメリットをもたらし得るのか。専門家に聞く。(2020/12/24)

ローソン、短期人材採用サービスを全国導入 人手不足解消を目指す
ローソンは、短期人材採用サービス「matchbox(マッチボックス)」の導入実験を開始した。(2020/12/22)

工程管理は、あらゆる現場問題を解決する(4):
工場の生産性に最も影響する「負荷計画」とは
工場における生産管理の根幹となる「工程管理」について解説する本連載。第4回は、工程管理の中でも最も重要な「負荷計画」を中心に説明する。(2020/12/22)

【座談会】Flashは滅びぬ! 何度でもよみがえるさ―― あのころ、僕らが夢中になった「Flashの時代」を振り返る(後編)
前編に続いて、「Flash黄金期」に活躍した職人たちと、Flashについて語る座談会を行いました。(2020/12/28)

同一労働同一賃金、「同一労働」の判断基準は? 対象となる雇用形態は?
働き方改革関連法の目玉である「同一労働同一賃金の導入」。「同一労働」はどのように判断されるのか? 3つの観点を紹介する。(2020/12/10)

いまさら聞けない「同一労働同一賃金」の基礎
2018年6月、働き方改革関連法が成立しました。目玉の一つ、いわゆる同一労働同一賃金について、法改正の内容など基礎を整理します。(2020/12/7)

BIMで建設業界に革命を!10兆円企業を目指す大和ハウス工業のメソッドに学ぶ(11):
【第11回】「設計BIM全社移行を実現する社内教育の秘訣」(BIM導入期編)
前回は、「BIM啓蒙期」での社内教育について説明した。BIM啓蒙期は、種々の工夫を凝らし、BIMにいかに興味を持ってもらい、少しでも社内でのBIM活用を促し、業務移行のための実施検証を行うべく奔走した過渡期だった。しかし、2017年からの“全社BIM移行”の決定を受けて、本格的な「BIM導入期」に移ることになる。「BIM導入期」では、まず設計のBIM移行を進めた。2次元CADの文化を捨て、BIMに完全移行するためには、担当者だけでなく、管理職や派遣社員・協力会社まで、縦横に徹底して教育することで、やっと設計の完全移行が見えてきた。今回は、この「BIM導入期」における社内教育がどのようなものであったかを紹介し、BIM移行というものは何か、その本質を追究していく。(2020/12/3)

「フォートナイト」が高齢者に人気? 「孫との話題が広がった」 60歳以上向けeスポーツ施設のいま
7月にオープンした60歳以上向けのeスポーツ施設。シニアには「フォートナイト」が人気という。会員の声や施設の今後を聞いた。(2020/11/27)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(最終回):
古き悪しき伝統はワタシが正す!
イツワ銀行内で横行していた偽装請負は頭取の知るところとなり、事態は改善され行内の関係者は更迭された。もう一方の主犯格、サンリーブスの布川は逃げ切れるのか――。(2020/11/17)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
半沢直樹は東京中央銀行にAIを導入できるか? 技術導入の責任論を考える
スマホなどを使う描写もありつつ、昭和的な仕事スタイルだった半沢直樹。もし半沢直樹が銀行にAIを導入していたらどうなった? 銀行の経営はAIに任せられる? マスクド・アナライズさんが解説します。(2020/11/13)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(10):
これは左遷ではない、慰労だ
偽装請負を率先して享受することで会社を大きくしてきた新興ベンダー「サンリーブス」。創業社長の思惑は――。(2020/11/12)

定年間近、新しい世界に飛び込んだ:
50代管理職が転職を決めた、オンライン副業の収入と働き方
地方の中小企業で“オンライン副業”をしたことがきっかけで、東京の大企業を早期退職して転職した50代男性がいる。男性は大手メーカーのエンジニアで、定年退職を2年後に控えていた。なぜ、安定した大企業での再雇用の道を選ばず、新しい世界に飛び込む決断をしたのか。(2020/11/1)

ブイキューブ×ITmedia 対談企画:
PR:ニューノーマル時代に求められる、新しい会社のカタチ
(2020/11/16)

PR:リモートワークを当たり前に ニューノーマル時代に注目される「在宅派遣」サービスとは?
(2020/10/20)

ついに:
週休3〜4日の大企業が出てきた! ホワイトカラーはどうなる?
みずほフィナンシャルグループが、希望者に対して週休3日や4日の働き方を12月から導入するという。とうとう、自分の食いぶちは自分でなんとかしてくれとの引導なのだろうか。(2020/10/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。