ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チケットキャンプ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チケットキャンプ」に関する情報が集まったページです。

なぜミクシィがジムをやるのか:
ミクシィが手掛ける「トレーニングジム」、19年1月開業へ 競合とどう戦う?
ミクシィ子会社のスマートヘルスが、2019年1月23日に、女性専用トレーニングジム「ココサイズ」を開業する。健康状態を向上する「コンディショニング」に特化したメニューを提供する点が特徴。人工知能(AI)を活用して体の状態を診断するサービスも実施する。(2018/12/19)

「健康とスポーツ」で巻き返しなるか:
「チケキャン」失ったミクシィ、1Qは大幅な減収減益
ミクシィの2018年度第1四半期は減収減益だった。セグメント別では、閉鎖した「チケットキャンプ」などの運営事業は営業赤字。「モンスト」などの運営事業も苦戦していた。(2018/8/9)

ライバルはRIZAP?:
“チケキャン後”のミクシィ、「健康」と「スポーツ」に打って出る狙い 木村新社長に聞く
ミクシィの新社長にモンストの生みの親、木村弘毅氏が就任。閉鎖した「チケキャン」なき後、ミクシィは「健康」と「スポーツ」に打って出る。(2018/7/13)

ミクシィ「商標法違反の認識ない」 チケキャンめぐる社長らの書類送検にコメント
チケットキャンプの「ジャニーズ通信」をめぐり商標法違反の疑いでミクシィ社長などが書類送検されました。(2018/6/22)

後任は「モンスト」生みの親・木村氏:
書類送検のミクシィ森田社長、前倒しで辞任
ミクシィが、当初の予定を前倒しして社長交代。商標法違反の疑いで書類送検された森田仁基社長が辞任したため。後任には、現取締役の木村弘毅氏が就く。(2018/6/22)

ミクシィ社長ら書類送検 「チケキャン」運営子会社、ジャニーズ事務所の商標侵害の疑い
「チケットキャンプ」運営元が提供していた別のサイト「ジャニーズ通信」が、ジャニーズ事務所の商標権を侵害していたとして、兵庫県警は22日、フンザの社長を兼任しているミクシィの森田仁基社長らを商標法違反の容疑で書類送検した。(2018/6/22)

チケキャン終了のミクシィ、モンスト含むエンタメ事業も売上減
ミクシィが2017年4月〜18年3月の連結業績を発表。売上高は前年比8.7%減の1890億円、営業利益が18.7%減の723億円と減収減益だった。(2018/5/10)

新社長は「スポーツ領域」を担当:
体制一新のミクシィはスポーツ事業に「本気」なのか
6月に社長を交代し、体制を一新するミクシィ。新社長就任が決まったのは木村弘毅氏。「モンスト」立ち上げで知られる木村氏は、4月1日付でスポーツ領域を担当する執行役員に就任する。新体制のミクシィは本格的にスポーツ事業に手を広げるのか?(2018/2/28)

2014年6月の社長就任から4年:
ミクシィ、森田仁基社長が退任 新社長は「モンスト」立役者の木村氏
ミクシィが森田仁基社長の退任を発表。新社長には「モンスターストライク」を立ち上げたヒットに導いた木村弘毅氏が内定。(2018/2/27)

チケキャン問題「真摯に反省」、ミクシィ森田社長 「もう少し早めに経営判断できた」
ミクシィの森田仁基社長が2月14日、決算説明会で「チケットキャンプ」問題について「真摯に反省し、再発しないよう考える」とコメントした。(2018/2/14)

取引多い出品者を優遇する制度も チケットキャンプに関する調査報告書が公開
同業他社サイトで取引が多い利用者の勧誘も行われていました。(2018/2/14)

チケキャン、利用規約にない「VIP会員」存在 ミクシィの対応遅れを指摘、第三委
「チケットキャンプ」問題をめぐり、ミクシィが第三者委員会の報告書を公開。報告書は、利用規約に明記がない「VIP会員」の存在を指摘している。ミクシィはフンザ買収時、会員の存在を認識していなかったが、対応が後手に回っていたという。(2018/2/14)

「チケキャン」買収の合理性など検証 ミクシィ、第三委から報告書
ミクシィが「チケットキャンプ」運営子会社フンザ買収の経営判断の合理性などを検証した報告書を、第三者委員会から受領。内容を精査し、今後の方針と合わせて発表予定。(2018/2/8)

経営判断やコンプライアンス体制など調査:
ミクシィ、「チケキャン」前社長の書類送検で調査委を設置
「チケットキャンプ」前社長の書類送検を受け、ミクシィが第三者委員会を設置した。(2018/1/24)

ミクシィ、チケキャン問題で第三者委員会設置 買収の合理性など検証
「チケットキャンプ」の前社長が詐欺の共犯の容疑で書類送検されたことを受け、ミクシィが第三者委員会を設置。同社がフンザを買収したことの合理性などを検証する。(2018/1/24)

mixi「閉鎖の予定はございません」 SNSでのウワサを否定
利用者からは安堵の声が上がっています。(2018/1/13)

「mixi閉鎖」のうわさ、ミクシィが否定 「閉鎖の予定ない」
ミクシィがSNS「mixi」が閉鎖する――誤解に基づくこんなうわさがTwitterで1月12日、出回った。ミクシィは「閉鎖の予定はございません」と、うわさを否定している。(2018/1/13)

チケキャン運営元社長の書類送検受け、親会社ミクシィがコメント 「厳粛に受け止め、引き続き捜査に協力する」
親会社のミクシィがコメント。(2018/1/11)

「極めて遺憾」とコメント:
「チケキャン」前社長が詐欺容疑で書類送検 ミクシィが謝罪
「チケットキャンプ」の運営会社・フンザの元社長が詐欺容疑で書類送検。親会社のミクシィが謝罪した。(2018/1/11)

「チケキャン」元社長ら書類送検「誠に遺憾」 ミクシィがコメント
ミクシィは、チケット売買サービス「チケットキャンプ」を運営する子会社フンザの元代表取締役社長らが京都地方検察庁に書類送検されたという報道について、「このような事態は誠に遺憾」「深くおわび申し上げる」とコメントを発表した。(2018/1/11)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
プレイガイド「e+」業績と比較して見えた、「チケキャン」の“荒稼ぎ”
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/12/30)

「ジャニーズ通信」「宝塚歌劇倶楽部」:
チケキャン閉鎖 何が問題だったのか カギは「ジャニーズ」「宝塚」
ミクシィ子会社のフンザが運営するチケット売買仲介サイト「チケットキャンプ」が閉鎖。何が問題だったのか。(2017/12/27)

ミクシィ、チケット転売サイト「チケットキャンプ」終了を発表
27日時点で一部メディアがサービス終了を報じていました。(2017/12/27)

チケットキャンプ、2018年5月末に終了
チケット売買サービス「チケットキャンプ」が2018年5月末に提供を終了する。(2017/12/27)

特損77億円:
ミクシィ、チケキャン終了を正式発表 18年5月末に
ミクシィは12月27日、子会社が運営するチケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」を2018年5月末で終了すると発表した。(2017/12/27)

チケットキャンプ、来春には閉鎖と一部報道 「当社が発表したものではない」
27日の取締役会で正式決定するとのこと。(2017/12/27)

「継続是非を検討」:
ミクシィ、「チケキャン閉鎖」報道にコメント
ミクシィは、子会社が運営するチケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」を閉鎖する方針を固めたという報道に対しコメントを発表した。(2017/12/27)

「チケットキャンプ閉鎖」報道にミクシィがコメント
ミクシィは、傘下のチケット売買サービス「チケットキャンプ」が閉鎖するとした一部報道について「当社が発表したものではない」とのコメントを出した。(2017/12/27)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
2年間で売上13.5倍 「主婦イラスト2500円」でも話題、スキル売買「ココナラ」
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/12/18)

サイトは停止中:
ミクシィ、チケキャン問題で調査委を設置
チケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」が商標法違反容疑などで捜索を受けた問題で、親会社のミクシィが調査委を設置。(2017/12/12)

「ジャニーズ通信」も休止 チケキャン運営のジャニーズ情報まとめサイト
チケットキャンプ運営元への捜査に関連し、同社が運営していたまとめサイト「ジャニーズ通信」も休止。ジャニーズ通信のTwitter、LINEも休止した。(2017/12/8)

チケットキャンプ、サービス一時停止 商標法など違反の疑い
ミクシィが、チケット売買サービス「チケットキャンプ」のサイト上の表示について、商標法違反・不正競争防止法違反の容疑で捜査当局の捜査を受けた。(2017/12/7)

「チケットキャンプ」に当局の捜査 サービスを一時停止に
商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で当局の捜査を受けました。(2017/12/7)

サービスは一時停止:
「チケットキャンプ」商標法・不正競争防止法違反容疑で捜査
ミクシィグループのフンザが運営する「チケットキャンプ」が、商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で捜査。新規出品、新規会員登録、新規購入申し込みを一時停止する。(2017/12/7)

1公演当たりの出品数に上限も:
チケットキャンプ、転売防止に向けて本人確認を義務化
「チケットキャンプ」を運営するフンザが、チケットの不正転売を防ぐために利用ルールを変更すると発表。(2017/12/1)

チケットキャンプ、「転売」対策を強化 出品枚数を制限、本人確認厳しく
チケットキャンプが転売対策のためルールを改正。18年1月から1公演あたりの出品枚数を4枚に制限するほか、3月からは本人確認も厳格化する。(2017/12/1)

チケットキャンプ、転売対策を強化 1公演あたりのチケット出品数を「4枚まで」に制限
2018年1月から新ルール適応。(2017/12/1)

ヤフオク、「転売目的のチケット」出品禁止
「ヤフオク!」で、転売目的で入手したチケットが出品禁止に。「昨今の社会情勢を総合的に判断」し、出品禁止物に加えたという。(2017/11/9)

ミクシィ森田仁基社長インタビュー:
「最後の希望の光」モンストと歩んだミクシィの4年間
4周年を迎えたスマホゲーム「モンスターストライク」は、ミクシィという会社を救ったタイトルとしても知られている。モンストのヒットで、ミクシィはどのように変わったのか? 「モンスト」に立ち上げから関わるミクシィ森田仁基社長インタビュー。(2017/10/30)

ミクシィ、プロバスケチームとスポンサー契約 スタジアム建設は「決定した事実ない」
チケット売買サイト「チケットキャンプ」を運営するフンザが、プロバスケットボールチームとスポンサー契約を結んだ。(2017/8/24)

チケットキャンプがビットコイン決済導入 業界初
チケットキャンプがビットコイン決済を導入。チケット業界初という。(2017/8/17)

再参入する中国版「モンスト」 ミクシィ森田社長の勝算は
ミクシィの森田社長が、中国市場に再参入する主力スマホゲーム「モンスト」について、日本とほぼ同様の内容で提供すると語った。(2017/8/8)

業界初の公式チケット転売「チケトレ」 手数料に「高すぎる」の批判続出、ぴあ「運営コストギリギリで設定」
高額転売問題を解決するために設立された「チケトレ」。券面金額でチケットを二次売買できるが、手数料の設定にネットでは疑問の声が。(2017/5/10)

通期は減収減益:
「モンスト」過去最高の売り上げに 初の600億円突破
ミクシィが2017年3月期の連結決算を発表。下降傾向にあった主力スマートフォンゲーム「モンスターストライク」が下期に巻き返しを見せ、通期としては減収減益となるも、第4四半期は過去最高の売上高に。(2017/5/10)

手数料高すぎ? 業界公式チケット転売「チケトレ」に批判も
音楽関連の業界団体が、チケット公式転売サイト「チケトレ」をオープンへ。「手数料が高すぎる」「転売業者の仕入れ先に使われるのでは」など批判もあるが……。(2017/5/10)

「悪質な転売と戦う」 オリラジ中田さん、チケット販売を「よしもと」から「Peatix」に
「このライブで、テクノロジーによる勝利宣言をしたい」と意気込んでいる。(2017/4/17)

あっちゃんかっこいい! オリラジ中田、チケット転売屋と激しいバトル「全てを解決してみせる」
転売はファンからの報告で発覚しました。(2017/4/16)

かーなしー! 「けものフレンズ」イベントに6000人弱が応募するも、転売横行で約400席の内半分程度が空席に
ルールが守れないフレンズなんだね!(2017/3/21)

チケットキャンプ、買い手の手数料を無料に 売り手は値上げ
チケットキャンプの取引手数料が改定。買い手の手数料が3月1日以降、無料になる。売り手は5.0%→8.64%に値上げ。(2017/2/28)

ミクシィ、モンスト映画化やYouTubeアニメに「手応え」 メディアミックスに継続投資
ミクシィの森田社長は16年4月〜17年3月期の決算説明会で、「モンスト」のメディアミックスに引き続き注力していく方針を示した。(2017/2/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。