ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チケット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チケット」に関する情報が集まったページです。

DNPやJR東日本ら、NFCタグを活用した技術検証 スマホでチケット確認や支払い
JR東日本、アクアビットスパイラルズ、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ、大日本印刷がNFCタグを活用した技術検証に合意。NFCタグにスマホをタッチすればチケット確認・支払いなどが行える利用シーンを想定している。(2019/12/9)

川崎フロンターレがRPAで不正転売対策、高額転売チケットを5分で一覧化
川崎フロンターレと富士通は、チケットの不正転売対策業務でRPAの活用を模索している。チケット転売情報の収集から一覧化までの作業を5分で実現し、効果的な削除依頼につなげた。(2019/12/9)

高額転売チケット、5分で発見 RPA活用、富士通と川崎フロンターレが実験
富士通と川崎フロンターレがRPAを活用し、高額転売のチケットを自動で見つける実験を実施。定価以上で販売されているチケットを約5分で発見し、一覧化できたという。(2019/12/9)

チケットを時価で販売する「ダイナミックプライシング」活用進む 高額転売に歯止め掛けられるか
コンサートやスポーツの分野で、ダイナミックプライシングの活用が進んでいる。チケットの価格を需要に応じて変動させ、高額転売を防ぐ目的があるが。本格運用には価格を開示する透明性が求められる。(2019/12/5)

チケット転売防止へ需給に応じ価格変動 ダイナミックプライシング導入
音楽コンサートのチケットが高額転売されるのを抑制するため、新たな試みが始まっている。(2019/12/4)

ミュージカル「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS」の全キャストが発表、レイン役に阿部顕嵐、ラスウェル役には仲田博喜
チケットのゲーム内先行抽選販売も始まりました。(2019/12/2)

チケット不正転売禁止法で初逮捕 野球チケット高額転売の疑い
プロ野球のチケットをインターネットで高額転売したとして、警視庁はチケット不正転売禁止法違反の疑いで、東京都北区の男を逮捕。同法違反容疑での逮捕は全国初。(2019/11/28)

浜崎あゆみさんの年末ライブ、チケット価格が「時価」に 高額転売防止
エイベックス・エンタテインメントが、需要に応じてチケット価格を変動させる「ダイナミックプライシング」を、浜崎あゆみさんの年末ライブに導入する。(2019/11/25)

予約代行AI「Google Duplex」で映画のチケット購入が可能に(米英で)
ユーザーに代わって美容室やレストランを予約してくれるGoogleのAI「Duplex」が、今度は映画のチケットも購入してくれるようになった。利用できるのは米国と英国。次はレンタカーの予約も可能にする計画だ。(2019/11/22)

「auスマートパスプレミアム」に映像、音楽、書籍のコンテンツを拡充
KDDIは、11月19日に「auスマートパスプレミアム」のエンタメコンテンツを大幅拡充。利用料金はそのままに映像・音楽・書籍サービスを利用できるようになり、イベント招待やチケット先行予約など体験特典も提供する。(2019/11/19)

五輪マラソン、札幌開催決定でチケット払い戻しへ 「方法などはこれから検討」
11月8日の記者会見にて。(2019/11/8)

五輪マラソンのチケット払い戻し対象はいかに〜札幌では無料観戦案も
有料の観客席を設けず、沿道のみの無料観戦になる?(2019/11/6)

「ポケモンGO」国内初の有料イベント、980円の価値はある?
ポケモンGOで11月2日(土)、国内初の有料イベントが開催される。11月からEXレイドボスになるきょだいポケモン「レジギガス」を一足先にゲットできる他、レイドパスなど複数の特典が付いてチケットは980円。(2019/11/1)

迷惑bot事件簿(特別編):
イープラスに聞く、悪徳転売業者を駆逐するまで チケット購入アクセスの「9割占めた」botを徹底排除
botを駆使してチケットを買い占める高額転売業者にイープラスがどのように立ち向かったのか。「迷惑bot事件簿」(特別編)では、イープラスの小西雅春氏にインタビューし、当時の戦いを振り返る。(2019/11/1)

チケット不正転売禁止法で初摘発 「嵐」電子チケット高額転売の女を書類送検
人気アイドルグループ「嵐」のコンサートチケットをSNSで転売したとして、大阪府警は24日、チケット不正転売禁止法違反などの疑いで、札幌市白石区栄通の保育士の女(24)を書類送検した。同法はチケット転売対策として6月に施行されたばかりで、適用は全国初という。(2019/10/25)

札幌開催になりそうな東京五輪マラソン&競歩 チケットはどうなるの?
対応の協議は10月末に。(2019/10/18)

チケットのキャンセル・転売禁止は違法か USJを提訴、大阪のNPO法人
大型テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のチケットをめぐり、来場できなくなった場合にキャンセルや転売ができない利用規約は消費者契約法に違反するとして、NPO法人が規約の一部差し止めを求める訴訟を大阪地裁に起こした。(2019/10/17)

小田急電鉄、MaaSアプリを10月末に提供 タクシー、シェアサイクル含む経路検索が可能 電子チケットにも対応
小田急電鉄がMaaSアプリ「EMot」を10月末にリリースする。鉄道、バス、タクシー、シェアサイクルなどを組み合わせた経路検索機能や、企画乗車券などの電子チケットをアプリ上で発行する機能などを持つ。正式サービスではなく実証実験としての提供で、利用期間は2020年3月までの予定。(2019/10/7)

ブロックチェーン活用したデータ分析の実証実験開始 行動履歴から次の行動を予測
デジタルチケットの使用履歴からユーザーが次にとる行動を予測し、適切なタイミングでスマートフォンにおすすめを通知する。NTTデータが独自開発したブロックチェーン技術を活用し、個人属性情報を取得せずにデータ分析を行うという。(2019/10/3)

東京・南町田「スヌーピーミュージアム」が12月14日に移転オープン決定! “ここだけ”のグッズやフードもりだくさん
12月14日、15日のチケットは抽選販売となります。(2019/10/2)

ジブリ美術館新企画展「手描き、ひらめき、おもいつき」展を開催 美術館約20年の歩みを宮崎駿監督の手書き資料で振り返る
チケットの予約は10月10日から。(2019/10/2)

消費増税後の客足は?:
「スガキヤ」のうれしい誤算 ラーメン1杯が200円になるチケットが早くも完売
中京圏を代表する大手ラーメンチェーン「スガキヤ」。ラーメンが1杯200円になるチケットを販売したが、あっという間に完売。消費増税後に客足を鈍らせないための施策は成功するか。(2019/9/30)

コード決済の読み取り時間を短縮 SB C&Sが「SmartBox」を国内独占販売
SB C&Sは、9月24日に二次元コードリーダー「SmartBox(スマートボックス)」の国内独占販売を開始。ユーザー側の二次元コードを読み込めば決済できるため、双方の負担が大幅に削減される。また、イベントチケットやクーポンなどあらゆる二次元コードの読み込みに使用できる。(2019/9/24)

東京ディズニーランド&シー、増税対応でチケット値上げ 1デーパスポートが100円アップ
年パス(大人/2パーク)は2000円アップ。(2019/9/20)

TOHOシネマズ、LINE Pay支払いでチケットを1200円に割引 毎月第3木曜日に
初回は9月19日。(2019/9/9)

音楽朗読劇「Reading High」の新作公演が決定 大塚明夫、諏訪部順一ら出演に「本命しかいない」の声
今からチケット倍率の恐怖に怯えている..........。(2019/9/7)

スガキヤラーメンが1杯200円で食べられる 「ラーメンチケット」発売
さらに手軽に。(2019/9/5)

消費増税後も来店してほしい:
ラーメン1杯で200円 中京圏の大手チェーン「スガキヤ」が初めての挑戦
中京圏の大手ラーメンチェーン「スガキヤ」がラーメンチケットを発売。10枚つづりで、1杯320円(税込、以下同)のラーメンが200円となる。チケットの導入は初めての試みだという。(2019/9/5)

ラグビーワールドカップ2019日本大会、“ファン獲得”へ来場者のID情報を活用
「ラグビーワールドカップ2019日本大会」では、“ファン獲得”に向けたCX(カスタマーエクスペリエンス)基盤として、NECの「ファンマーケティングソリューション」を導入する。大会チケットの購入時に登録されるID情報を基に来場者属性などを“見える化”し、日本ラグビーのファン拡大、発展につなげる。(2019/9/3)

「チケットストリート」パ・リーグ3球団と提携 公式転売可能に “定価超え”もOK
チケットストリートがパ・リーグ3球団と契約。8月30日から、3球団主催試合のチケットの取り引きが、チケットストリート上で公式にできるようになる。(2019/8/29)

Galaxyの購入者向け「東京オリンピック観戦キャンペーン」開催中 第1弾は「競技16種目」と「閉会式」が対象
サムスン電子が、「Galaxy S10」シリーズを購入した人を対象とする「2020年東京オリンピック」の観戦チケットのプレゼントキャンペーンを実施している。その第1弾(2000組4000人分)の対象種目が決定。陸上男女100m決勝、バドミントン男女決勝など競技16種目と、閉会式が対象となる。(2019/8/19)

東京パラリンピックのチケット販売日程が決定 第1次抽選申込は8月22日から
販売サイトは東京五輪とは異なります。(2019/8/14)

東京五輪チケット追加販売が決定 システム上複数種目申し込めるが、申し込んだらアウトなトラップがあるので注意
8月8日から始まるよー。(2019/7/31)

Spotifyとイープラスが提携 音楽配信アプリからチケット購入可能に
Spotifyとイープラスがパートナーシップを締結。音楽配信アプリ「Spotify」から直接コンサートのチケットを買うことや、チケット販売サイト「イープラス」上でアーティストに関連する音楽を試聴することが可能になった。(2019/7/30)

「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」が7月24日発売 同日からオリンピックチケットが当たるキャンペーンも
NTTドコモがオンラインショップ限定で販売する「Galaxy S10+」のスペシャルモデルの発売日が決定。購入者は、発売と同日から始まるキャンペーンの当選確率がアップする特典を得られる。(2019/7/18)

東京ディズニーランド&シー、スマホの「ファストパス」23日スタート
東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの人気アトラクションの待ち時間を短縮できるチケット「ファストパス」が、入園後にスマートフォンアプリから取得可能に。7月23日にスタートする。パーク内にいれば、「東京ディズニーリゾート・アプリ」からファストパスを取得でき、発券機に行く必要がない。(2019/7/17)

長岡花火大会のチケット整理券配布方法を巡り物議 運営側「安全対策上やむを得ない」と理解求める
整理券が配布する可能性があることは事前に告知されていました。(2019/7/16)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年6月版:
オリンピックに便乗した攻撃が始まった
2019年6月のセキュリティクラスタは、「オリンピックのチケット抽選と攻撃」「サークルKサンクスのドメインを対象とした高額オークション」「政府の『e-Gov』Webサイトのhttps対応」の他、「入力をサーバに送信するIME」が話題となりました。(2019/7/16)

タワレコから「推し活お守り」発売 いつもチケット当選を祈っているファンのための推し活グッズ
ライブチケットが当たりますように……!(2019/7/5)

「転売容認?」と主張に批判集まるも「チケットストリート」は「取材拒否」 弁護士は「当事者の自覚がない」とあきれ顔
福井健策弁護士「処罰法の成立にまで至った主因を作ったという自覚がない発言」。(2019/6/23)

バンダイナムコの新VR施設「MAZARIA」、池袋サンシャインシティで7月12日オープン ナンジャタウンと同フロア
料金は大人4500円、子ども2900円のフリーパスチケット制(一部アクティビティは別料金)。11月4日までは200〜300円引きのオープン記念価格になります。(2019/6/20)

川崎希&アレク、東京オリンピック“113万円分”のチケット抽選に「これは大変だ!!」 指原莉乃、ベッキーらも結果報告
芸能界からも歓喜と悲鳴。(2019/6/20)

東京五輪観戦チケットの抽選発表をかたる偽メール 警視庁が注意喚起
警視庁サイバーセキュリティ対策本部がTwitterで東京オリンピック観戦チケットの抽選発表を語る偽メールに気を付けるようにと注意喚起した。(2019/6/20)

東京オリンピック観戦チケットの「抽選結果発表をかたったニセメール」に注意 6月20日に抽選結果発表
必ず公式チケット販売サイトで確認を。(2019/6/19)

五輪チケット 当選通知の偽メールにご注意 組織委「詐欺の恐れ」
偽メールに書かれたURLからクレジットカードの暗証番号などが盗み取られる恐れがあり、正規の通知メールにはURLを盛り込まない方針だ。(2019/6/19)

半径300メートルのIT:
「偽メールかどうかのチェック」よりも重要? “1億総脆弱性診断”NOTICEの結果通知を開く前に見直すべきこと
東京五輪のチケット抽せんや、総務省主導の脆弱性チェック「NOTICE」の結果通知について、“当局を装った偽メール”に注意を呼び掛ける報道が相次いでいます。攻撃に対抗するために、ユーザーにできることをまとめました。(2019/6/18)

国産ウイスキーが主流:
取扱量が5年で激増 大黒屋で酒の売買が活発になったワケ
ブランド品やチケットの買い取り・販売をしている大黒屋。ここ5年で酒の買い取りと販売の取扱量が激増している。背景には何があるのか?(2019/6/17)

「チケット不正転売禁止法」施行で気をつけたいこと 対象になるのはどんなチケット?
不正転売者から購入しないよう消費者としても気をつけたいものです。(2019/6/14)

チケット不正転売禁止法、きょう施行 “定価超えの転売”禁じる
音楽コンサートやスポーツイベントのチケットの不正転売を禁止する法律が6月14日、施行された。日時や場所、座席が指定され、不正転売の禁止が明記されたチケットを、定価を超える価格で転売することを禁止する。(2019/6/14)

チケット不正転売撲滅目指すアプリ「LIVE QR」リリース 「不正転売禁止法」スタートに伴い
切り替わるQRコードでキャプチャに対応。(2019/6/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。