ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「転売」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「転売」に関する情報が集まったページです。

イーロン・マスク氏の妻Grimes、ブロックチェーンのNFT作品を約600万ドルで販売
イーロン・マスク氏の妻でアーティストのGrimesが、NFT(代替不可能なトークン)によるアート作品群をオークションに出品。作品は約600万ドル(約6億4000万円)で売れた。(2021/3/2)

古田雄介のアキバPick UP!:
GeForce RTX 3060搭載カードは売り切れず! その理由は?
先週末にGeForce RTX 3060搭載カードの販売が始まり、グラフィックスカード売り場の隙間を埋めている。また、ASUSTeKからはガンダムコラボのPCパーツ複数が登場し、大きな反響があった。(2021/3/1)

Twitterで“自称bot”による画像の悪質な無断転載横行 対策はないのか弁護士に聞いてみた
法的手段も考えられるようです。(2021/2/25)

古田雄介の週末アキバ速報:
相場が変動しても売り場は不動――グラフィックスカードの枯渇が続くアキバ
先週に引き続き、グラフィックスカードは全体的に入手困難な状況が続いている。相変わらず供給が少なく、型番問わずに朝から複数店をハシゴする人もいて、コーナーのガラ空き状態は止まらない。(2021/2/27)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
Clubhouseに関わるAgoraとZoom、2人の中国系創業者の意外な接点
ブームは一段落したが、現在も順調にユーザー数を伸ばす音声SNS「Clubhouse」。当初は、海外SNSを制限する中国でもアクセスできたため、関係者が試し、論評し、模倣する結果となっている。またアプリの音声技術を提供する中国企業「Agora(声網)」と、Zoomの創業者の意外な接点も見えてきた。(2021/2/25)

Apple Platform Security Guide:
Appleが業界最高水準セキュリティの全貌を明らかに
Appleが英語の電子ブックレット「Apple Platform Security」を公開した。その意図を林信行氏が読み解く。(2021/2/19)

古田雄介の週末アキバ速報:
“追いマイニングブーム”でグラフィックスカードの在庫がより厳しく
テスラの巨額投資などで再びビットコインが急騰した。そのリアクションのように、アキバのPCパーツショップではグラフィックスカードの需要が急増している。(2021/2/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道模型は「走らせる」に商機 好調なプラモデル市場、新たに生まれた“レジャー需要”
巣ごもりでプラモデルがブームに。鉄道模型の分野では、走らせる場を提供する「レンタルレイアウト」という業態が増えている。ビジネスとしては、空きビルが出やすい今、さらなる普及の可能性がある。「モノの消費」から「サービスの消費」へのシフトに注目だ。(2021/2/5)

PS5ソフト、転売屋のハード買い占めで初速不振? 三上洋氏「安定した収入源になっている」
PlayStation 5の売り上げは、2020年末までに25万台を突破したが、ダウンロード版を除くソフトの販売は多くが1万本を下回っている。三上洋氏は、「国内での供給体制はまだ十分といえず、転売屋にとって安定した収入源になっている」と指摘する。(2021/2/4)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
コロナ禍で増加する不正ログイン 2021年に狙われる業界は?
2020年に公表されたサイバー被害の傾向などから、世界と国内で起きたWeb攻撃からその背景や狙いを読み取り、2021年に取るべき重点対策を考えていく。今回は、その中でも昨年顕著な伸びを見せた、成り済ましによる不正ログイン攻撃について取り上げる。(2021/2/4)

PS5ソフト、転売屋のハード買い占めで初速不振?
ソニーが昨年11月に発売した新型家庭用ゲーム機「プレイステーション5」の販売に「異変」が起きている。ハードの売り上げは昨年末までに25万台を突破し、今も品薄が続くが、ダウンロード版を除くソフトの販売本数は多くが1万本を下回るというのだ。(2021/2/3)

今日のリサーチ:
「Clubhouse」認知率は全体で2割弱――LINEリサーチ調査
約8割が「知らない」と回答。「使ってみたいと思う」割合は全体で2割強。(2021/2/2)

LINEリサーチ調べ:
広がりを見せる音声SNS「Clubhouse」 認知度はまだ2割
2021年に入り日本でも広がりを見せる音声SNSサービス「Clubhouse(クラブハウス)」認知度はどのくらいなのだろうか。LINEが運営する「LINEリサーチ」が15歳〜59歳の男女を対象に調査を行い、その結果を公表した。(2021/2/2)

ヨドバシアキバ、PS5店頭販売巡って一時騒然 警察も出動する事態に、令和版「物売るってレベルじゃねえぞ」との声も
カウンターが押されて物が落ちる、ケンカのような声も聞こえたといった報告も。(2021/1/30)

メルカリ、高額出品のアラート機能を実装へ マスク、PS5など“悪質出品”に対抗 個人間取引の原則を策定
メルカリが、高額出品物に対して購入者へ注意喚起を行う機能を実装する。フリマアプリなど個人間取引の在り方を定めた原則も公開した。(2021/1/27)

「PS5」ソフト売れず 本体の転売横行、ファン白けムード
PlayStation 5のソフトの販売が伸び悩んでいる。ソフトの販売数は本体の販売数を超えるのが一般的だが、現状では下回っているとみられる。要因の一つとして考えられるのが本体の転売だ。本当にゲームをしたい人に本体が届いていない。(2021/1/26)

ボットを使ってチケットを大量購入し転売 業者に米当局が罰金
3業者に約32億円の罰金。(2021/1/24)

日本市場軽視で:
巣ごもり需要があっても、PS5のソフトが苦戦している背景
「プレイステーション(PS)5」のソフトの販売数が、年末年始商戦や新型コロナウイルス禍による巣ごもり需要にもかかわらず伸び悩んでいる。背景に何があるのか……。(2021/1/23)

米議会議事堂襲撃者、盗んだペロシ議長のノートPCをロシア対外情報庁に売ろうとしていた──FBI供述書
1月6日に米議会議事堂を襲撃した暴徒の1人が、ナンシー・ペロシ下院議長のノートPCを盗み、それをロシア対外情報庁(SVR)に売ろうとしていたことがFBIの供述書で明らかになった。(2021/1/19)

製品動向:
スキーデータ、VIPラウンジなどへの入退場管理デバイス「Door.Gate」を提供開始
スキーデータは、VIPラウンジや小規模なスペースの入場管理などに運用可能なデバイスとして「Door.Gate」「Door.Gate ’Pedestal’」を12月16日より提供開始した。ペーパーレスでユーザーの利便性と効率を高め円滑な入場をサポートする。(2021/1/8)

【新連載】中国マーケティングの「壁」を乗り越える:
中国向け越境ECに今取り組むべき理由をあらためて考える
巨大な中国市場において根強く人気を博す日本商品。新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)拡大の影響で訪日インバウンド消費の復活には時間がかかりそうだが中国向け越境ECは伸びしろが大きい。成功のために押さえておくべきポイントをエキスパートが解説する。(2021/1/6)

1年を振り返る:
PS5、ニンテンドースイッチ、鬼滅グッズ 2020年「転売ヤ―の経済学」
2020年は、商品を買い占めて高値でネット転売をする「転売ヤー」が最も目立った年でもある。PS5、ニンテンドースイッチ、鬼滅グッズなど転売の実情を振り返る。メーカーが販売店に強く出られない事情とは?(2020/12/29)

「月50万使う太客には“獲りやすく”アシスト」「裏側を見たら絶対プレイしない」 元従業員が語るオンラインクレーンゲームの闇と法の未整備
オンクレはなぜ24時間営業できたり、高額景品を投入できたりするのでしょうか。(2021/1/4)

FAメルマガ 編集後記:
「国産」の意味が少し変わった2020年
2021年は国内生産も再び少し盛り上がることに期待したい。(2020/12/25)

2020年改正個人情報保護法の解説 〜EUの一般データ保護規則(GDPR)との比較も含めて
2020年6月に改正案が可決された個人情報保護法。個人データを利用する事業者にはどのような規制が適用されるのか。(2020/12/29)

FA 年間ランキング2020:
「国産マスク」にかつてない注目、COVID-19による混乱の影で進むスマート工場化
2020年に公開したMONOist FAフォーラムの記事をランキング形式で振り返ります。公開記事の1年間分のデータを集計した上位記事とそこから見えるFA業界の状況について紹介します。2020年のランキングは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を色濃く受けたものとなりました。(2020/12/24)

半径300メートルのIT:
2020年のセキュリティニュースを振り返る 標的型ランサムウェアはまだまだ健在か
2020年は、多くのセキュリティインシデントが発生しました。この中でも筆者が特に注目するのは、標的型ランサムウェア攻撃です。2021年に向けてこのサイバー攻撃にどう対処するかを考えます。(2020/12/22)

ポストコロナの製造業IT戦略(2):
危機を生かせた企業の勝因は? 必要な3つのフェーズのアプロ―チとは
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がもたらした「withコロナ」のニューノーマル時代において、製造業にどのような変革が必要となるのかを考える本連載。第2回となる今回は、COVID-19のような危機に際して、企業がどのようなアプローチで対策を進めていくべきかについて解説します。(2020/12/21)

不正な動きを察知:
“転売ヤーキラー”になるか? 怪しい購入者を検知するサービスが登場
EC事業者に向けたマーケティング支援事業を行うピアラは、Spider Labsと共同で、転売ヤーなどによる通販商品の不正な転売を防止するサービスの提供を開始したと発表した。(2020/12/18)

「こんな簡単に買えるんや」 オリラジ藤森、高額転売相次ぐKATE小顔マスクを行列回避でゲット
田舎あるある。(2020/12/17)

ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
「「本当に必要とされている方々に喜んでいただく」「日々メーカー様と交渉し確保した在庫を、転売目的の方々に渡したくない」とコメント。(2020/12/9)

ノジマ、「PS5」抽選販売の応募12万件を目視でチェック “転売ヤー”を締め出し
ノジマがPS5の抽選販売の当選結果を予定より遅れて発表した。遅れた理由は、転売目的の応募者の排除に向け、約12万件の応募全てを目視で確認したためだという。(2020/12/9)

「リモートアクセスVPN」のリスクと代替策【前編】
「リモートアクセスVPN」選びは慎重に 個人データを売る悪徳サービスも
「リモートアクセスVPN」のセキュリティは完全ではなく、データやVPN接続中のアクティビティーを追跡される懸念がある。リモートアクセスVPNの選定や利用において警戒すべきポイントとは。(2020/12/9)

「鬼滅の刃」の新聞広告、早速メルカリでの転売続出 ネット上では「案の定」の声も
集英社が、漫画「鬼滅の刃」の新聞広告を朝日新聞など5紙横断で掲出。だが「メルカリ」などのフリマアプリではこれらの転売が相次いでいる。(2020/12/4)

ゲオFC運営元がPS5を高額転売 ゲオから指導で販売取り下げ
DVDやゲームのレンタルショップ「ゲオ」のFC店を運営する企業が12月2日までに、ECサイト「Yahoo!ショッピング」でPlayStation 5を高額転売していたことが分かった。メーカー希望小売価格5万4978円(税込、以下同)の通常版を10万7500円で販売。現在は販売を取り下げている。(2020/12/2)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
突然“売れ始めた”PC周辺機器やサプライ用品の裏で何が起こったのか
本体機器の動向によって売れ行きが大きく変わるのはPCやスマホのアクセサリーおよび周辺機器では日常茶飯事だが、中には本体機器とは無関係な要因によって、爆発的に売れ始めることがある。この四半世紀の間に起こった、こうした事例を3つ紹介する。(2020/11/30)

テレワークで社内に増えた電子廃棄物、対処はどうする――Blancco調査
Blancco Technology Groupは、電子廃棄物に関する調査「The Rising Tide of E-waste」の結果を発表した。電子廃棄物の問題に対処するために、電子廃棄物ポリシーの導入を担当する役職を設置した日本の大企業の割合は54%だった。(2020/11/30)

SIE、PS5の高額転売でメルカリに協力要請 メルカリ「個別の協議内容にあたるため回答を差し控える」
ECサイト「メルカリ」でソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の新型ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)の高額出品が相次いでいる問題で、SIE側が24日までにメルカリに転売防止に向けた協力を要請していたことが分かった。メルカリは取材に対し「回答を差し控える」とした。(2020/11/24)

アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
やべー、やめどきがわからない。(2020/11/22)

現地取材を敢行:
鬼滅ブームが観光ビジネスに一石 JR東やJR九州が鬼滅列車で続々コラボ
『鬼滅』効果は企業活動にも多大な影響を及ぼしている。JR九州は「SL鬼滅の刃」を、熊本駅から博多駅の間を11月の土日祝日に走らせた。JR東日本でも『鬼滅の刃』とコラボしたSLを走らせている。(2020/11/20)

軽い気持ちで:
給付金の不正受給とGo To イートの「錬金術」の根は同じ
コロナ禍で繰り返される「火事場泥棒」的な行為は反社会的で浅ましいものなのに、若い人たちがよく考えもせずに軽い気持ちで手を染める風潮こそが恐ろしい。そこには「おカネを稼ぐ」ことの意味合いを十分に理解できていない幼稚性が見える。(2020/11/19)

SIE、PS5の高額転売問題でメルカリに意見申し入れ メルカリはどう動く?
現状メルカリは「出品禁止は考えていない」というスタンスでしたが……。(2020/11/16)

中古市場で最も大きな課題は「ネットワーク利用制限」 RMJ粟津理事長が提言
中古端末事業者向けに制定した「リユースモバイル事業者認証制度」で、日本テレホン、携帯市場、ソフマップ、ブックオフコーポレーションが認証を受けた。リユースモバイル・ジャパンの粟津理事長は、現在の中古市場で最も大きな課題はネットワーク利用制限だと言う。総務省に対して改善を求めていく。(2020/11/13)

相次ぐPS5の高額出品、100台で900万円も 「出品禁止は考えていない」「権利者からの申し立てがあれば削除も検討」──メルカリに対応方針を聞く【訂正あり】
PS5の高額出品がECサイト「メルカリ」で相次ぎ、ネット上で批判が集まっている。こうした現状をメルカリ側はどう見ているのか、担当者に取材した。(2020/11/13)

ユニクロの人気コラボ商品「+J」、早速メルカリに登場 2万5000円→10万円の高額出品も
ユニクロがファッションデザイナーのジル・サンダー氏とコラボレーションした商品を発売したことを受け、「メルカリ」で高額出品が相次いでいる。(2020/11/13)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“ファミマ端末用紙切れ”続出 これから本格化する「Go To Eatプレミアム食事券事業」への懸念
「Go To Eat」で今後混乱が起きそうなのが、プレミアム付き食事券事業だ。25%のプレミアム分を含んだ食事券を都道府県別に販売するものの、開始時期は地域によってバラバラだ。東京都で始まるのは11月20日からで、今後さらなる混乱も予想される。現時点での問題点を提起してみたい。(2020/11/13)

異例の品薄:
定価の2倍以上で転売! PS5、予約抽選で1000倍の店も
ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発売した「プレイステーション5」は、一部の店舗で予約の抽選倍率が100倍になるなど、事前予約で完売し、発売当日に小売店での店頭販売が実施されないほどの異例の品薄となっている。(2020/11/12)

入手困難:
転売で価格高騰の「PS5」 在庫速報.comが通販サイトの最安値を探す機能を追加
通販サイトの在庫から最安のマスクやゲーム機などを探せる「在庫速報.com」がプレイステーション5の商品検索に対応できるようにした。転売で価格が高騰しているため。(2020/11/12)

PS5、発売前から高額転売 メルカリやヤフオク!に出品多数
10万円以上での出品も多数。(2020/11/11)

続く“いたちごっこ”:
PS5が発売 横行する転売屋に対するソニーの戦略とは?
新型ゲーム機「プレイステーション5(PS5)」が11月12日に発売する。横行する転売に対して、ソニーは増産体制を構築しようとしているものの……。(2020/11/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。