ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「Unbreakable Linux」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Unbreakable Linux」に関する情報が集まったページです。

データベースサポート最前線の現場から(2):
【PostgreSQL】ソースファイルからPostgreSQLを正しくインストールする手順
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は「PostgreSQLをソースファイルからインストールする手順」を解説します。(2016/11/28)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
いいことばかりじゃない、「デスクトップLinux」のお作法
企業システムにLinuxを採用している企業は「セキュリティは大丈夫」と油断しているかもしれません。しかし、実際には多くの脆弱性が潜んでいます。最新記事ランキングから編集部のお薦め記事を紹介します。(2015/11/20)

ラリーさんの言う通り?:
既存ユーザーが使いやすいOpenStack「Oracle OpenStack for Oracle Linux」
オラクルがIcehouse版をベースにしたOpenStackディストリビューションを発表。エンタープライズ利用でのサポートを充実させ、自社既存製品群との連携にも注力している。(2014/10/8)

PR:「オラクル製品に最適化されたプラットフォームだから」──Oracle ExadataでOracle Linuxが採用される理由
圧倒的なパフォーマンスと可用性を兼ね備え、ミッションクリティカルシステムの基盤として多くの企業で導入が進むOracle Exadata。その標準OSとして採用されているのが「Oracle Linux」だ。Oracle Exadataは、なぜOracle Linuxを採用しているのか? それには深いワケがあった。[運用管理効率化][Engineered System](2014/6/16)

これからLinuxを学ぶ人のために:
Hyper-Vで始めるLinux環境構築
Hyper-Vで利用できるOSはWindows OSだけではなく、Linuxも正式サポートされている。Hyper-V上で利用できるLinuxやLinux環境の構築方法、Hyper-Vと連携させるために必要なLinux Integration Services(LIS)の機能などを解説。(2014/5/29)

OpenStack情報アップデート:
オラクルが独自のOpenStackディストリビューションを発表
米オラクルが独自のOpenStackディストリビューションのプレビュー版を披露した。また、米レッドハットも「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5.0」のβ版を発表した。(2014/5/14)

NEC、Linux/Unbreakable Enterprise Kernelの一次保守サービスを開始
NECは、オラクル製品のサポートサービスを強化した。(2013/3/27)

Oracle Linux 5.9にコミュニティーから批判が続出
Oracle Linuxアップデートで再燃するコミュニティーの不満と怒り
Oracle Linuxの最新版「Oracle Linux 5.9」にオープンソースコミュニティーから批判の声が上がっている。だが根本的な不満は、Sun買収時にも問題になったオープンソースに対するOracleの姿勢にあるようだ。(2013/3/7)

ノベル、データセンター向け運用支援製品の最新版発売
「PlateSpin」シリーズのバックアップ/リカバリおよびマイグレーションの機能を提供する最新版製品をリリースした。(2011/9/7)

日本オラクル、Exadataの最新モデルを発表――QoS管理やDB暗号化の機能を搭載
「Oracle Exadata Database Machine X2-8」は、新CPUやサービス品質管理機能、DB暗号化機能を搭載する。(2010/10/20)

Oracle OpenWorld 2010 Report:
Sunとの融合がOracleの本格的なクラウドビジネス参入を加速する
「Oracle OpenWorld 2010」4日目は、再びラリー・エリソン氏が登場して、Oracleのクラウドの優位性と、Sun Microsystemsと融合したことによる効果を力説した。(2010/9/24)

Oracle OpenWorld 2010 Report:
OracleとSunの融合から生まれた新たな製品群は真に顧客に受け入れられるのか
Sunとの統合でシステムに必要なすべてのスタックを手に入れたOracleが繰り出す新製品群は、両社の融合によるメリットが前面に出るものとなった。(2010/9/21)

Oracle OpenWorld 2010 Report:
Oracle Exalogic登場、Facebookの世界中の処理要求をたった2台のフルラック構成で処理できる
米サンフランシスコで開催中の「Oracle OpenWorld 2010」は、会長兼CEOであるラリー・エリソン氏の基調講演で始まった。エリソン氏はOracleの定義するクラウドコンピューティングについて解説し、それを実現するための新たな製品として、Oracle Exalogic Elastic Cloudを発表した。(2010/9/21)

クラウド・イン・ア・ボックス:
Oracle、「Exalogic Elastic Cloud」発表――エリソンCEOがクラウドを語る
ラリー・エリソンCEOがOpenWorldの基調講演で、同社のクラウド戦略とそれを支える新システム「Exalogic」を披露した。(2010/9/21)

Oracle、SPARCと「Solaris 11」の計画を明らかに
OracleがSun買収で獲得した資産に関するロードマップを、Sunでハードウェアビジネスの責任者を務めていたジョン・ファウラー氏が説明した。(2010/8/12)

日本オラクル、ユーザー視点のWebアプリ監視ツールを提供
日本オラクルは、ユーザー視点からWebアプリケーションの性能を監視する新ツールの提供を開始した。(2009/8/5)

英語と中国語に:
インサイトテクノロジー、海外対応したDB監査の「PISO 4.1.1」を発売
インサイトテクノロジーはデータベースDB監査ツール製品の最新版となる「PISO 4.1.1」を発売した。(2009/1/30)

NEWS
オラクルが満を持して送り出すハードウェア製品は“超高性能”ストレージサーバ
オラクルが同社初のハードウェア製品として、ストレージ製品ファミリー「Oracle Exadata」をリリース。大規模データウェアハウスなどでの大量データ処理の性能を劇的に向上させるという。(2009/1/22)

小山博史のJavaを楽しむ(11):
Javaはクラウドのプラットフォームになり得るのか
教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、独自の視点からJavaの面白さを掘り下げていく。(編集部)(2008/10/30)

データウェアハウス向けにHPと共同開発:
オラクルが高パフォーマンス・ストレージ発表
(2008/9/25)

Oracle OpenWorld San Francisco 2008 Report:
隠し球はDWHアプライアンス、HPのXeonサーバで驚異のパフォーマンス
Oracle OpenWorld San Francisco 2008は3日目を迎え、エリソンCEOが午後のキーノートで同社初となるハードウェア製品を発表した。HPと共同開発したデータウェアハウスアプライアンスだ。(2008/9/25)

システム・テクノロジー・アイ、Oracle VMで研修サービスの運営を効率化
研修用の環境を構築するテンプレートをコントロールサーバ内に整備し、セットアップコマンドを実行することで、クライアントサーバ内にテンプレートを自動で構築できるようになった。(2008/9/24)

Oracle VMの実像に迫る!【前編】
Oracleの仮想化戦略を担うOracle VM、そのアーキテクチャとは?
2008年3月から日本国内での提供が開始された、Oracleの仮想化ソフトウェア「Oracle VM」。本稿ではその実体について、前編・後編の2回に分けて解説する。(2008/8/6)

日本オラクル、サーバ仮想化ソフト「Oracle VM」を提供
 日本オラクルは仮想化ソフトウェア「Oracle VM」の提供を同日から開始すると発表した。(2008/3/13)

NEWS
日本オラクル、エンタープライズ統合管理ソリューション「Oracle Enterprise Manager」の最新版
各層をまたいだアプリケーションパフォーマンス診断、Javaアプリケーションの詳細分析、OSを含めたパッチの集中管理などの新機能を搭載する。(2008/2/5)

サイオス、コスト分析ができるプロジェクト管理Webツールを発表
サイオステクノロジーは、コスト分析やコミュニケーション機能を持つプロジェクト管理ツールを2月4日から発売する。(2008/1/17)

Oracle OpenWorld 2007 San Francisco Report:
環境に優しいDell、Re-Generationでアクションを起こせ
Dellのマイケル・デル会長兼CEOは米国時間11月14日午後、「Oracle OpenWorld San Francisco 2007」の基調講演に登場し、この1年間は大きな変化があった激動の日々だった、と振り返る。(2007/11/15)

Oracle OpenWorld 2007 San Francisco Report:
ビリー・ジョエルも飛び入り、仮想化とアプリの将来を語るエリソンCEO
創業30周年を盛大に祝った「Oracle OpenWorld San Francisco 2007」は、事実上のクロージングセッションであるエリソンCEOの基調講演が行われ、ビリー・ジョエル氏の飛び入りが会場を大いに沸かせた。(2007/11/15)

Oracle OpenWorld 2007 San Francisco Report:
ベールを脱いだ「Oracle VM」、アプリケーションの統合基盤も2.0に
11月12日、「Oracle OpenWorld 2007 San Francisco」がダウンタウンのモスコーニセンターで本格開幕した。午前の基調講演には、フィリップス社長とロズワット執行副社長が登場し、Oracle VMをはじめとする一連の新製品群を披露した。(2007/11/13)

データセンターにメインフレーム復活の兆し
メインフレームは“遺産”――そんな認識を持つ人は少なくないだろう。だがデータセンターの肥大化に悩む企業は再びメインフレームへ目を向ける。(2007/9/19)

Oracle Unbreakable Linuxが国内展開開始、そのときミラクルは……
日本オラクルが動いた――2006年10月にOracleが発表したLinuxのサポートプログラム「Oracle Unbreakable Linux」をとうとう国内でも9月1日から提供することを明らかにした。(2007/8/30)

PR:協業を超えた協業──デル×日本オラクルの第三章
2007年4月、デルと日本オラクルは新たな提携強化の発表を行った。過去幾度か行われたこの種の発表と今回のそれでは大きく異なる点が幾つか存在する。両社が“第三章”と位置づける今回の発表は、顧客の期待を裏切らない──もしくは期待のはるか上をゆく──ものとなっている。(2007/5/28)

「オープンソースは市民権を得た」――Red HatのズーリックCEO
Red Hatのマット・ズーリックCEOが「Open Source Business Conference」で基調講演。オープンソースは市民権を獲得したと述べた。(2007/5/25)

Red Hatの新展開:
Red Hat Enterprise Linux 5投入と“リポジショニング”――エンタープライズ市場への注力
Red Hatは3月15日に“Red Hat Enterprise Linux 5”の発表を行なったが、この発表の中核メッセージは、実は新製品ではなく、Red Hatがエンタープライズ市場に向けて従来以上に本格的に取り組みんでいくことを表明したことにある。(2007/3/29)

Oracle、Linuxユーザー向けに管理ソリューションをリリース
Oracle Unbreakable Linuxの利用者に、包括的な管理ソリューションを提供する。(2007/1/24)

OracleはRed Hat Linuxへの一本化を望んでいる?
Oracle Summit 2006のために来日したOracleのシンプ副社長は、OracleにはLinux分断の意図がないことを改めて明確にした。早ければ年明けにも日本市場での展開が明らかにされるという。(2006/11/15)

揺れるRed Hat、日本オラクルが国内でもRed Hat Linuxのサポート事業を展開へ
日本オラクルは、都内のホテルで「Oracle Summit 2006」を開催し、Red Hat Linuxに対するサポートサービスについて日本の顧客やパートナーらに改めて説明した。(2006/11/14)

節目を迎えたOSDLの新たな活動方針は「開拓と支援」
まもなく7年目を向かえるOSDLが新たな活動方針として掲げたのは、「Extending New Markets」と「Bridges to Communities」の2つ。従来と何が変わるのかをスチュアート・コーエンCEOが語った。(2006/11/8)

Oracle、Linuxのサポート開始
Oracleが、Red Hatを「大幅に下回る」価格でLinuxのサポートを提供すると発表。最新版だけでなく、すべてのバージョンのLinuxに対応する「エンタープライズクラス」のサポートを提供するという。(2006/10/26)

Oracle OpenWorld San Francisco 2006 Report:
Red Hatを葬り去る? OracleがLinux自体のサポートに乗り出す
OracleはRed Hat Linuxに対してエンタープライズ級のサポートを提供することを決め、Oracle OpenWorldのクライマックスともいえるエリソンCEOのキーノートを発表の場として選んだ。(2006/10/26)

連載第1回:
PR:IT基盤の全体最適化を目指すOracleのGridテクノロジー
2003年秋、Oracle 10gのローンチによってベールを脱いだOracleのGridテクノロジーは、それまでの科学技術分野で利用されてきた「グリッド」の定義を満たさなかったため、ライバルたちからは「マーケティングのためのグリッド」と揶揄(やゆ)された。あれから3年、Gridテクノロジーのその後を追った。(2006/8/7)

Interview:
Oracleとの絆やエコ・チップを語るSunの戦略担当SVP
一時の冷却期間を経て、新たに絆が深まった盟友、Oracleとの関係や消費電力や発熱量を抑えたエコ・チップ、T1についてSunで戦略を担当するシンガー上級副社長に話を聞いた。(2006/3/8)

基幹システムにLinuxを――ミラクルの佐藤社長
ミラクル・リナックスは、企業によるLinux採用を推進するためのイベントとして、「MIRACLE Technology Conference」を開催した(2005/3/4)

JR北海道がメインフレームシステムをUnbreakable Linuxで刷新
日本オラクルとミラクル・リナックスは、JR北海道がこれまでメインフレームで稼動させていたアプリケーションをUnbreakable Linuxに移行させたことを明らかにした。(2004/8/18)

Interview:
「IBMを追い抜くまで私の役割は終わらない」とOracleのフィリップス社長
Oracleが総帥エリソン氏のカリスマに依存しない企業づくりを進める中、フィリップス社長から強気のメッセージが聞かれ始めている。Oracle OpenWorld Shanghaiでは、SAPを追い抜くのは時間の問題とし、さらにIBMを追い抜くまで私の役割は終わらないと話した。(2004/7/21)

ホットな上海でOracle OpenWorld開幕、「Unbreakable Linux」としてAsianuxもサポート
梅雨明けの猛暑が続く中国・上海で7月20日、「Oracle OpenWorld Shanghai 2004」が開幕した。Oracleは、アジア太平洋地域でLinuxの採用を加速させるべく、「Asianux」上でOracle 10gの動作検証を済ませたことを発表している。(2004/7/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。