ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ユナイテッドアローズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ユナイテッドアローズ」に関する情報が集まったページです。

レーベル名はフィンランド語で「家」:
ユナイテッドアローズ、初のアウトドアレーベル展開 本格的な商品展開で新規客層を獲得
ユナイテッドアローズが初のアウトドアレーベル「koti BEAUTY&YOUTH(コティ ビューティ&ユース)」を春夏シーズンからスタートする(2021/3/27)

新たなビジネススーツも発表:
スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」 ブランド名を変更 ”ボーダーレス”の服を目指す
作業着スーツ「ワークウェアスーツ」を企画・販売するオアシススタイルウェアは2月16日、ブランド名を「ワークウェアスーツ」から「WWS(ダブリューダブリューエス)」に変更、ブランドロゴを一新すると発表した。(2021/2/16)

会えなくても密なコミュニケーションを:
内定辞退が減少、時間や金銭面も効率化! ユナイテッドアローズが挑むオンライン研修の舞台裏
コロナ禍で迎える2度目の入社シーズンに向けて、企業は研修体制の抜本的な見直しが迫られている。ユナイテッドアローズでは、オンライン研修を取り入れたことで新人と“密”なコミュニケーションを取れただけでなく、内定辞退率の減少や、実店舗での素早い戦力化につながっているという。また、管理者向けの研修では、大幅な時間削減と、コストカットを実現した。具体的な研修方法やオンライン研修による成果について聞いた。(2021/2/5)

好調と不調を分けるもの:
大手の大量閉店で現実化するアパレル危機 ウィズコロナ時代の勝ち組とは?
ワールドは約350店舗、TSIホールディングスは約200店舗、三陽商会は約160店舗、オンワードホールディングスは20年2月に700店舗閉鎖した。以前から業績が低迷していたところに、コロナが追い打ちをかける結果となった。ウィズコロナ時代の勝ち組企業の取り組みとは?(2021/1/28)

数字で見る2021年注目企業:
「炎上」と「改革」で4000億円企業に コロナバブル後に真価が問われるZOZO
サービス開始からわずか17年で商品取扱高が約22倍以上に伸びたZOZOTOWN。急成長できた背景とコロナ禍でも成長し続ける強みを著者の磯部孝氏はこう分析する。(2021/1/4)

【Amazonの初売り】福袋もあるよ! アーバンリサーチ、ユナイテッドアローズなどファッションアイテム初売りまとめ
服を買いに行く服がなくても大丈夫。(2021/1/3)

勘や経験でない判断を:
伊藤忠と日本気象協会、気象データでアパレル需要予測――在庫の大量廃棄防止
日本気象協会と伊藤忠商事が提携。気象データからアパレル需要を予測する。勘や経験頼りだった販売計画を最適化。(2020/11/25)

「Amazon Holiday 2020」が開始 ブラックフライデー・サイバーマンデーも開催
もうクリスマスか……!(2020/11/6)

スピン経済の歩き方:
日本郵政の「謝罪キャンペーン」が、新たな不祥事の呼び水になると考える理由
郵便局員による「おわび活動」がスタートした。「かんぽ生命」契約者の自宅などを局員が訪ねて、謝罪や説明を行うという。こうした行動に対し、「いいことだ!」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。どういうことかというと……。(2020/10/6)

「あの制服デザイン」で光る! ホンダが手掛けた子ども用交通安全バッグ「まもってトート」発売
みんな交通安全に努めましょう!(2020/9/10)

大きな反響を受けて:
ホンダ、“おまわりさん”に見えるトートバッグを商品化 ドライバーの心理に着目
ホンダは9月21日、子ども用トートバッグ「肩にかけるおまわりさん まもってトート」を発売する。2019年に無料配布したところ、大きな反響があったことから商品化した。(2020/9/9)

ZOZOTOWN、PayPayモールに出店 相互送客を強化、30〜40代の獲得狙う
「ZOZOTOWN」が「PayPayモール」に出店。相互送客を強化し、顧客層の拡大を目指す。(2019/12/19)

「データを取りたいわけではない」と強調:
「Web接客型Amazon Pay」登場 Amazonが決済サービスを充実させる狙いを事業責任者に聞く
Amazonアカウントを使ったID決済サービス「Amazon Pay」に新機能「Web接客型Amazon Pay」が登場した。その詳細とサービスが生まれた背景などを事業責任者に聞いた。(2019/10/8)

試着写真のシェアアプリ、ユナイテッドアローズらが開発 画像投稿者にインセンティブを付与
通販サイトを見て気になった服の試着画像をリクエストすると、店舗で試着した人から画像をシェアしてもらえるスマホアプリを、ユナイテッドアローズら3社が立ち上げた新会社・fitomが開発する。(2019/3/1)

“ZOZO離れ”報道に対し、ZOZOは「全体に与える影響は限定的」とコメント 割引価格非表示の新機能も追加
大手衣料ブランドがZOZOTOWNから撤退しているとの報道を受け、運営会社のZOZOは「影響は限定的」とコメントを発表した。(2019/2/26)

スピン経済の歩き方:
やっぱり、前澤社長が悪いのか 「ZOZO離れ」の原因
「ZOZO離れ」が止まらない。有名ブランドが次々に離れている事態を受けて、「前澤社長の言動が悪い」といった指摘があるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は、ちょっと違う見方をしていて……。(2019/2/26)

5年連続でベア実施:
「繊維・アパレル業界の平均年収」ランキング 3位はファストリ、2位は東レ 1位は……?
繊維・アパレル業界の中で、最も平均年収が高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、1位は旭化成の686万円だった。同社は18年も含め5年連続でベースアップを実施している。(2018/9/11)

続々増える「モバイル決済」 どんなものがある?(バーコード編)
最近、スマートフォンや携帯電話を使う「モバイル決済」のサービスが急増している。「昔ながら」のおサイフケータイを使うものはもちろん、バーコードやQRコードを使ったものも多い。この記事では、バーコードやQRコードを使った「バーコード決済」の方法を紹介する。(2018/7/25)

QRコードで決済できるドコモの「d払い」、4月25日に開始
ドコモがQRコード決済サービス「d払い」が4月25日に開始する。d払いアプリを入手すれば利用できる。2018年4月30日までに9社、1727店舗で導入し、2018年度中に10万店舗以上に拡充する予定。(2018/4/24)

「d払い」を使う理由、使わない理由
ドコモが4月に開始する決済サービス「d払い」。バーコードを見せるだけなので、簡単に決済ができます。では、自分がd払いを使うかというと……。(2018/2/4)

ドコモの「d払い」は誰に向けたサービスなのか?
スマートフォンでバーコードを表示して決済できるドコモの「d払い」。既におサイフケータイがある中で、誰に向けたサービスなのか。店舗側にはどんなメリットがあるのか。(2018/1/17)

キャリア払いが可能:
ドコモが参入するQRコード決済「d払い」、勝算は
NTTドコモは4月から、新決済サービス「d払い」を始める。ユーザーがスマホ上にQRコードを表示し、店舗側が読み取るだけで決済できる。代金は、携帯電話の月額料金と合算して支払える。(2018/1/17)

スマホ画面のバーコードを読み取って決済 ドコモが「d払い」を4月に提供
ドコモが新たなモバイル決済サービス「d払い」を4月に提供する。スマートフォンの画面に表示したQRコードやバーコードを読み取って決済できる。ローソンやマツモトキヨシなどで導入する。(2018/1/17)

たわしってこんなにかわいかったのか! 「亀の子たわし」製造元が作った“たわしツリー”が思いのほかオシャレな件
今期は残念ながら完売だそうです。(2017/12/8)

クラウドファンディングで人気:
人の体臭を測定できるデバイス「クンクンボディ」登場
コニカミノルタが、人の体臭を測定できるデバイス「Kunkun body(クンクンボディ)」を発売した。汗臭・加齢臭・ミドル脂臭の3大体臭を測定し、専用アプリ上に数値とアドバイスを表示する。(2017/7/13)

各種ポイントカードをスマホに登録してお財布すっきり アプリ「スマホサイフ」が財布に優しそう
ポイントカードが増えてお財布パンパン、なんて事態を防げるかも。(2016/6/28)

Fashion Tech Summit #001レポート:
オムニチャネル、AI、DMP――ファッション業界のマーケティングテクノロジー最前線
FinTechに代表される「業界×テクノロジー」というトレンドが注目される中、ファッション業界でもテクノロジーの本格導入、活用の流れが広がっている。ECサイト活用などだけではなく、先端テクノロジーを活用した“FashionTech”の現在を取材した。(2016/3/11)

ユナイテッドアローズのECサイトで導入:
Web接客の「KARTE」がシルバーエッグのレコメンドサービスと連係
プレイドは2016年2月24日、Web接客プラットフォーム「KARTE」において、シルバーエッグが提供するリアルタイム・レコメンドサービス「アイジェント・レコメンダー」との連係を開始したと発表した。(2016/2/24)

住宅・オフィス用鍵最大手の情報セキュリティ対策
セキュリティ対策で残業抑制? 美和ロックが見つけた“奇策”とは
セキュリティ対策の一環として導入したIT資産管理製品をワークライフバランス実現に生かす――。そんな取り組みを進めるのが、住宅・オフィス用錠最大手の美和ロックだ。(2015/10/29)

タイムアウト東京のオススメ:
革新的なビールを味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2015/9/1)

「次回も参加したい」が9割:
【俺たちの情シス レポート】交流会で「情シスの本音」が見えてきた
エンタープライズ編集部が3月12日に開催した、“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」。情シス同士の話が弾んだ本イベントの様子をお伝えします。(2015/3/16)

UA×ITmediaの情シス対談も:
ヨソの情シスと情報交換しませんか?――交流会「俺たちの情シス」、3月12日に開催
「よその情シスと話す機会って、ないなぁ……」。こんな風に思っている情シスの皆さん、エンタープライズ編集部が情シス限定の交流会を開催します。メインイベントはユナイテッドアローズとITmediaの情シス対談。さまざまな分野、業種の情シスと交流できるチャンスをお見逃しなく。(2015/2/16)

新基盤「UA2.0」で、長期ITコストを最適化:
ユナイテッドアローズはなぜ好調か、その裏に「ユーザーを感動させる」新ITシステム
停滞傾向のアパレル小売市場において、3期連続で過去最高益を記録し、成長し続けるブランドがある。「ユナイテッドアローズ」が次世代の成長を担う商品管理システムとして導入したERPにどんな効果があったのだろうか。(2014/12/4)

集まれ“スマフォトグラファー”:
撮った写真、1枚1000円で買い取ります──「EN ROUTE」が新・街頭ファッションショー、9月6日実施
クラウドソーシングを活用した初のファッションショーが東京・表参道、青山、原宿で行われる。ショーは“街中”にて。「モデルをスマホで撮影」もOK。撮った優秀作を1枚1000円で買い取る一般参加型の催しも用意する。(2014/9/5)

タイムアウト東京のオススメ:
ワンランク上の旅をコーディネートする
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2014/5/28)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
お客様本位――これこそがユナイテッドアローズの原理原則
日本のセレクトショップとしてトップレベルの売り上げを誇るユナイテッドアローズ。その強さの源泉は何か。同社のコアコンピタンスについて、同社上席執行役員の佐川氏と一橋大学大学院の大薗教授が対談した。(2014/5/27)

交換プログラム開始:
1年半落ちの「iPhone 5」が新品になっちゃったぜ!!――代替機だけどね
5月2日、アップルの「iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」の受付が始まった。早速、アップルストアに駆け込んだところ……(2014/5/3)

これからの働き方、新時代のリーダー:
なぜアパレル業界で「工場直販」モデルがうまくいかないのか?
低い人件費で大量生産が可能な海外工場に押され、日本の職人技を持つ国内アパレル工場が消えつつある。ファッションの世界において、なぜ工場の立場は弱かったのか。(2014/3/18)

「消費者が気づかない」途上国支援の問題点
株式会社ピース トゥ ピースの創業者、大澤亮さん。彼の経歴は異業種の転職を重ねるという珍しいものです。その行動には一体どういった意味が隠されているのでしょうか。ご本人にお話を伺いました。(2014/3/18)

スタートトゥデイ、ファッション系新サービス「WEAR」 店舗でスキャンして後からEC購入
「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは、実店舗の商品をバーコードスキャンして後からECで購入したり、好みのコーディネートを見つけられる新サービス「WEAR」を10月31日に開始する。(2013/10/10)

G-SHOCK 30TH INTERVIEW:
ファンに聞く「G-SHOCKの魅力とは?」――『腕時計王』柿原孝好編集長
初めて買った腕時計はG-SHOCKだったと話す『腕時計王』編集長の柿原孝好さん。90年代後半のブームの時にもハマっていた柿原さんはしばらくG-SHOCKから離れていたが、5年位前からまた熱が復活したという。その理由は……?(2013/8/21)

デジタル時代のマーケッターに問う(前編):
デジタルマーケッターよ、デジタル“だけ”マーケティングをしていないか?
6月13日に開催されたイベント「Adobe Digital Marketing Forum」において、「そもそもデジタルマーケティングとは何なのか」というテーマでパネルディスカッションが行われた。(2013/6/20)

VDAとはどう違う? CSLの中身
AndroidやiOSは料金上乗せ、Windows 8のBYODライセンスにユーザーの評判は?
Windows 8で導入された年間ライセンス「Companion Subscription License」(CSL)では、従業員の私物端末をサポートするためのコストを削減できるかもしれない。(2013/4/24)

G-SHOCK 30TH INTERVIEW:
ブームが終わり、若者の時計離れが進む中でG-SHOCKはどうなった?――田中秀和さん
1990年代後半の一大ブームが去ったあと、20世紀の終わりと共にG-SHOCKに大きな転機が訪れる。21世紀のG-SHOCKをどうすれば? 出した答えは「ものづくりの原点回帰」だった。(2013/3/29)

最大の困難はWindowsのセキュリティ管理
困難を乗り越えて7カ所の病院にVDIを導入した米陸軍
7カ所の病院で大規模な仮想デスクトップインフラ(VDI)を構築した米陸軍医療部隊の事例。VDIプロジェクトで直面した課題やユーザーの反応についてインタビューした。(2013/3/21)

PR:新種のARROWSを発見したい
日本のどこかには、まだ僕らが発見していないARROWSがあるかもしれない……。そうだ、ARROWSを探しに行こう!(2013/3/18)

G-SHOCK 30TH INTERVIEW:
90年代のG-SHOCKブームを、コラボモデル&テーマモデルで振り返る
UNITED ARROWSやBEAMSなどとのコラボ、ワールドカップ公式モデル、イルカ・クジラ、ラバーズコレクション……1990年代後半に一大ブームとなったG-SHOCKのテーマ・コラボモデルの数々を、企画担当者とともに振り返る。(2013/2/19)

アナリストに聞くデスクトップ仮想化動向
【技術動向】続く技術進化とデバイス多様化で、着実に増えるデスクトップ仮想化導入
取り立てて新しい分野というわけではないデスクトップ仮想化。だが、市場は着実に伸びているという。ベンダーによる地道な技術革新と業務端末の多様化が後押しする。(2013/2/4)

ユナイテッドアローズが考える住空間、第2弾は「着心地のいい、ゲストルーム。」
野村不動産とユナイテッドアローズが共同提案する「PROUD with UNITED ARROWS」。開発中の「プラウド船橋」に「着心地のいい、ゲストルーム。」を作る。(2013/1/29)

ネットワーク製品ベンダーの意図は?
“ギガビット無線LAN”802.11ac製品、標準化待たずに続々発売される理由
“ギガビット無線LAN”とも呼ばれるIEEE 802.11acに対応する製品が、次々に発表されている。標準化終了前に本格展開するネットワーク製品ベンダーの意図はどこにあるのか。(2012/12/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。