ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ワシントン大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワシントン大学」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「6年解けなかった構造があっさり」──タンパク質の“形”を予測する「AlphaFold2」の衝撃 GitHubで公開、誰でも利用可能に
米Alphabet傘下の英DeepMindが、遺伝子配列情報からタンパク質の立体構造を解析するAI「AlphaFold2」をGitHub上で無償公開し、ネット上で注目を集めている。(2021/7/20)

Facebook、バイデン大統領の「人々を殺している」に反論 「米政府よりワクチン接種に貢献している」
Facebookが、バイデン大統領がFacebookなどのSNSが「人々を殺している」と発言したことについて反論する公式ブログを公開した。「政権がワクチン接種目標を達成できなかったのはFacebookのせいではない」とデータを挙げて主張する。(2021/7/19)

滝、煙、雲など、任意の流体をアニメーション化可能:
1枚の写真から動画を作成するディープラーニング手法を開発、ワシントン大
ワシントン大学の研究チームが、1枚の滝の写真から、滝が流れ落ちる様子の動画を作成できるディープラーニング手法を開発した。数千の流体の動画でニューラルネットワークをトレーニングし、流れの動きを予測できるようにした。(2021/6/30)

Innovative Tech:
蛾の触角をドローンに移植 匂いの発生源に向かって飛行する「Smellicopter」
改造昆虫ドローンの登場。(2021/3/20)

Innovative Tech:
煙、水、炎の静止画からアニメーションを自動生成 Facebookなどが開発
作成された動画はループとして完結する。(2021/2/27)

ウェアラブルデバイスへの応用も レーザーで網膜に映像投影、マザーズ上場のQDレーザ
半導体レーザーを取り扱うベンチャー企業、QDレーザが2月5日、東証マザーズに上場した。メガネに付いたカメラで撮った映像を、網膜をスクリーンにしてレーザーで直接投影するという、新しいデバイスの拡販を進める。(2021/2/5)

Innovative Tech:
赤ちゃんから老人の顔まで、1枚の顔写真で合成 深層学習で加齢変化を予測
Adobeが協力しているので、将来のPhotoshopなどに入る可能性もあるか。(2021/1/28)

Innovative Tech:
胃に埋め込む食欲ペースメーカー 青色LEDで偽の満腹感与えて食欲を抑える
マウスでの実験だが、人間にも適用できるだろうか。(2021/1/27)

Innovative Tech:
物体を追加しても影や回り込みをリアルに合成する技術 ワシントン大学が開発
映像の中にオブジェクトを追加したときに、不自然さをなくす技術。(2020/12/7)

湯之上隆のナノフォーカス(32):
Samsung会長逝去、浮かび上がった半導体業界“3偉人”の意外な共通点
Samsung Electronicsの李健熙(イ・ゴンヒ)会長が2020年10月25日に死去した。同氏の経歴をあらためて調べていた筆者は、半導体業界の“3人の偉人”に関する、意外な共通点を見つけた。その共通点を語りつつ、Samsungの現状と課題を解説したい。(2020/11/19)

医療機器ニュース:
肌を傷つけずに顔全体の毛細血管を3次元で可視化することに成功
資生堂は、肌を切らずに、顔全体の毛細血管を3次元で繊細に可視化することに成功した。顔全体のケアや、将来的には血管による肌状態の予測など、さまざまな応用が期待できる。(2020/11/2)

Good、Better、Bestで読み解く新ラインアップ:
健康の未来を先取りしたApple Watch、タブレットの水準を引き上げたiPad
Appleが恒例のスペシャルイベントを行ったが、メインのiPhoneは発表されず、新型iPadシリーズとApple Watchシリーズが登場したのみだった。しかし、その中には我々の未来に直結する重要なメッセージが盛り込まれていた。林信行氏が読み解く。(2020/9/17)

ハロー、自作キーボードワールド 第6回:
自作キーボードのもう一つの沼、キー配列
「自作キーボード」と検索するといつも見慣れた形状のキーボードより、キーが極端に少なかったり左右に分かれていたりと珍妙なものが多く見つかることだろう。今回はそんなキーボードの「キー配列」に注目し、どんな分け方があり、どのような使われ方をしているかなどをお伝えしたい。(2020/7/16)

Innovative Tech:
9m先のスマートフォンを超音波で“攻撃” 人に聞かれずに音声入力も
机などを通して超音波で音声入力するという新たな手法が見つけられた。(2020/6/19)

Innovative Tech:
グリーンバックなしで自然に背景合成できる「Background Matting」 深層学習で前景切り抜き
Zoomなどのビデオ会議に組み込めたら、という背景合成機能だ。(2020/5/21)

「無音」なのにSiriがコマンドを実行:
超音波を使ったスマートフォン攻撃を実証、ワシントン大学など
ワシントン大学などの研究チームが、超音波を使ったスマートフォンへの攻撃手法を実証した。耳には聞こえない超音波が机など、さまざまな物体の表面を伝わり、スマートフォンの音声認識システムを起動できることが一つ。もう一つは安価なハードウェアと組み合わせることで、制御に成功したスマートフォンの音声応答を聞くことだ。(2020/3/18)

Innovative Tech:
電磁コイル式リングで空中指入力 ワシントン大学「AuraRing」開発
AuraRingは指輪型ウェアラブルとして、かなり実用的な操作が可能だ。(2020/3/12)

医療技術ニュース:
抗老化候補物質NMNを安全に投与できることをヒトで確認
慶應義塾大学は、抗老化候補物質として期待されるニコチンアミドモノヌクレオチドが、健康なヒトに安全に投与できることを明らかにした。加齢に伴って発症する疾病の予防や治療につながることが期待される。(2020/2/6)

Innovative Tech:
木工作品のCADデータから“作り方”生成する「日曜大工コンパイラ」
プログラミングのコンパイラのように、ソースコードとしてCAD図面を入れると、低級言語で作業の指示を出してくれる。(2020/1/10)

製造マネジメント インタビュー:
グーグルからパナソニックへ、松岡陽子氏の原動力は「人の生活を助けたい」
パナソニックのフェローに、グーグル(Google)米国本社のバイスプレジデントで、スマートホーム製品「Google Nest」のCTOを務めた松岡陽子氏が就任する。松岡氏はパナソニックにどのような影響を与えるのだろうか。同社が開催した会見で松岡氏は、期待される役割など報道陣からの質問に答えた。(2019/11/1)

スクリーンリーダーを統合:
スマートスピーカー、視覚障害者向けにどう改良できるのか
Webにアクセスして情報を収集し、特に知りたい詳細部分だけを聴く。視覚障害者にはこれが難しい。ウォータールー大学などの研究者は、音声アシスタントとスクリーンリーダーの機能を組み合わせた視覚障害者向けWebアクセスツール「VERSE」を開発した。(2019/8/28)

仮想空間の一部をプライベートに:
マルチユーザーのAR環境にはリスクあり、ワシントン大が対応ツール開発
ワシントン大学のセキュリティ研究者チームは、マルチユーザー拡張現実(AR)環境向けのツール「ShareAR」を開発した。AR環境を複数ユーザーが共有し、プライバシーやセキュリティを犠牲にすることなく、一緒に遊んだり作業したりできる機能をアプリケーションに組み込むことができる。(2019/8/26)

気鋭の北朝鮮研究者が分析:
北朝鮮ツアーが謎のブーム!? “近くて遠い国”のインバウンド戦略を追う
北朝鮮で今、外国人を呼び込む観光が盛ん。“近くて遠い国”のツアー内容とは? 気鋭の北朝鮮研究者が迫る。(2019/8/1)

Facebook、脳直結出力システムに一歩近づく UCSFとの共同研究論文発表
Facebookが「F8 2017」で発表した非侵襲的脳直結コミュニケーションシステムの進捗を発表した。侵襲的方法ではあるが、脳で考えたことのほぼリアルタイム表示に成功した。(2019/7/31)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「モノ」を売る場所から「体験」と「ソリューション」の場に変化するMicrosoft Store
以前からうわさに上っている、Microsoftの欧州初となるフラッグシップストアがロンドンのオックスフォードサーカスにオープンする。一方で店舗はモノを売る場所から、体験とソリューションを提供する場所に変わりつつある。(2019/7/25)

世界で話題の“ゴリラポーズをするカラス” 鳥類学者が分析「日向ぼっこをしていたのでは」
こんな強そうなカラス見たことない。(2019/7/5)

Mocrosoft Focus:
Microsoftに「クールな会社」像は不要――幹部が語る過去からの脱却
7年前のMicrosoftと今のMicrosoftはまったく別の企業だと、チーフストーリーテラーのスティーブ・クレイトン氏は語る。7年前というと、ちょうど、現在の新たなロゴへと変更したタイミングだ。シアトルのMicrosoft本社を訪れてビジネスモデルと企業文化の変化を追った様子を、2回に分けてレポートする。(2019/6/26)

優れたビッグデータ分析ツールの特徴とは?
Tableau、Qlik Sense、Power BIの競合は? 「ビッグデータ可視化」の11大ツール
データドリブン志向の企業は、可視化ツールを使用してビッグデータに潜む結論を読み解き、その結論から有益な情報を導き出す。本稿ではビッグデータ分析に適した可視化ツールと選び方のポイントを紹介する。(2019/4/26)

人間の脳を再現する?
量子コンピューティング技術で実現する「量子AI」は何をもたらすのか?
機械学習が、量子コンピュータの重要な用途になるかもしれない。研究者や開発者が、量子コンピュータを使った、より「人間的な」AI(人工知能)の実現の鍵を探しているからだ。課題とメリットは何だろうか。(2019/4/8)

シーラカンスより生きた化石!? 進化速度が極めて遅い脊椎動物「ゾウギンザメ」が池袋サンシャイン水族館で公開
国内では唯一の展示。(2019/3/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
罰金を科された「TikTok」は、第2のファーウェイになるのか
世界的に人気の動画共有アプリ「TikTok」の運営企業が米政府から罰金を科された。ファーウェイに続き、また中国企業が米国の目の敵にされている、と不穏な見方が浮上している。なぜTikTokに対する警戒感が広がりつつあるのか。この騒動はどこへ向かうのか。(2019/3/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
政府が宣伝しているのに、中国の「好感度」が上がらないのはなぜか
トランプ米大統領が中国のプロパガンダ広告について発言し、注目された。中国のプロパガンダは今に始まったことではないが、最近は特に強化しているようだ。しかし、その成果はまったく出ていない。なぜなら……(2018/10/4)

脳同士をつないで意思疎通できる「BrainNet」 ワシントン大学など開発
1ビットの情報を3人の脳が送受信する。(2018/10/1)

ICTで課題解決型先進国を目指せ 2030年、日本再生のシナリオとは?
日本経済の復活に欠かせないのは、グローバルの視野に立った課題解決型先進国を目指すという未来像とシナリオだ。「2030年 日本経済復活へのシナリオ」(毎日新聞出版)をまとめた早稲田大学大学院の小尾敏夫名誉教授に話を聞いた。(2018/10/1)

地方には伸びしろがある:
静岡を野球王国に! 私が20年間暮らした東京を離れたわけ
昨年末、大学に進学してから約20年暮らした東京を離れ、生まれ育った静岡県静岡市に生活と仕事の拠点を移しました。地方で仕事することに対して「不便ではないか?」といった声がありますが、それ以上にメリットを感じています。(2018/7/11)

Arubaなどが製品を開発
ワイヤレスネットワークを分析して問題を特定 始まっているAIによる自動診断
高度なネットワーク分析ツールはパフォーマンスを評価し、ビジネスへの洞察を提供する。だが、分析によってネットワークの全体的視点が得られるのはもう少し先のことだ。(2018/6/20)

2018 Japan IT Week 春:
人を幸せにするAI、機械との自然な対話がもたらす価値
 「2018 Japan IT Week 春」(2018年5月9〜11日、東京ビッグサイト)の基調講演で「AI(人工知能)搭載アシスタントの展望〜人類による情報の探求〜」をテーマにMegagon Labs CEOのAlon Halevy(アロン・ハレヴィ)氏がデジタル情報の取得方法の進化について紹介し、この進化に対する研究の重要性やMegagon Labsの取り組みについて語った。(2018/6/5)

“日本が知らない”海外のIT:
乳がん見つける“IoTブラジャー” メキシコの19歳青年が開発 日本にも進出か
乳がんの早期発見を助けるIoTブラジャー「EVA」。乳がんで苦しむ多くの女性を救うための画期的な製品を開発するのは、メキシコの19歳男子学生という。(2018/5/24)

AI・人工知能EXPO:
何となくそこにいて話している、アマゾンがAlexaで目指す到達点
「第2回 AI・人工知能 EXPO」(2018年4月4〜6日、東京ビッグサイト)で「AmazonによるAIの民主化」をテーマにAmazon.com(以下、アマゾン)Alexa マシンラーニングプラットフォーム バイスプレジデントのRavi Jain(ラヴィ・ジェイン)氏が特別講演を実施。アマゾンのスマートスピーカー「Amazon Alexa(以下、Alexa)」をよりスマートにするビジョンなどを紹介した。(2018/5/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
「ゲリラ・ジャーナリスト」が日本に上陸する日
米国で「ゲリラ・ジャーナリスト」が話題になっていることをご存じだろうか。ジャーナリストの手法とは呼べない無茶苦茶なやり方で、大手メディアの記者などを標的にして、トンデモな映像を公開している。もしゲリラ・ジャーナリストが日本に上陸したら……。(2017/12/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftの桁違いな「本社キャンパス改造計画」とは?
米ワシントン州レドモンドに本社を構えるMicrosoft。その東京ドーム43個分の広大な土地で行われる「キャンパス大改造計画」が明らかになった。(2017/12/3)

新興テクノロジーの最前線で活躍
『MIT Technology Review』選出の次世代イノベーター2人が語るAIとARの未来
MIT Technology Reviewが毎年発表する「35歳未満のイノベーター」の中から、注目の2人を紹介する。(2017/12/1)

OpenGLベースで開発中:
Facebook、機械学習で作成した視覚効果をスマホに
Facebookは、機械学習で作成した視覚効果をスマートフォンに搭載する技術を開発中など、人工知能(AI)をスマートフォンに取り入れることに積極的になっている。(2017/9/5)

米大学が警告:
新たなセキュリティ脅威、DNAを使ったマルウェア
米国のワシントン大学が、DNAにマルウェアを埋め込んで、DNA解析用コンピュータに不正に侵入できることを実証した。新たな脅威になり得ると警告する。(2017/8/18)

ワシントン大学、機械学習で“口パク映像”を生成するシステム発表 音声から口の動きをリアルに再現して合成映像に
偉人がしゃべるVR映像の制作などに応用できるとのこと。(2017/7/18)

Mostly Harmless:
次世代チップで進化を続けるARMから目が離せない
IoTやAIなど、次世代テクノロジーにフォーカスして進化を続けるARM。昨今の気になる動きをまとめた。(2017/5/29)

ソフトバンク傘下のARM、脳埋め込みチップ開発に協力
半導体企業のARMは、埋め込むチップの開発で米CSNEと提携したと発表した。神経系疾患によるけいれんなどを制御し、手の感覚回復を支援するためのBBCIチップを開発する。(2017/5/22)

宇宙ビジネスの新潮流:
日本が“New Space”で世界に勝つための条件
民間宇宙ビジネスイノベーション“New Space”が世界的な潮流となりつつある。この分野で日本の勝機はあるのだろうか? 有識者たちが議論した。(2017/3/25)

「ウイルス」が本来の意味に立ち戻る日
不正なコンピュータプログラムを「ウイルス」と呼びますが、その由来とは? 生物学的検知から考えてみます。(2016/12/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
「狂犬」国防長官は日本にとってマイナスか
トランプ次期大統領が、米軍関係者から「狂犬」と呼ばれる人物を次期国防長官に指名すると発表した。ジェームズ・マティスである。彼は一体どのような人物なのか。日本にとってプラスなのかマイナスなのか。(2016/12/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。