ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W44T」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W44T」に関する情報が集まったページです。

東芝、ソニエリ、京セラ製の一部au端末に不具合──修正ソフトを公開
KDDIは3月27日、東芝製の「W44T」「W44T II」「W44T III」「W45T」「W51T」「W52T」、ソニエリ製の「W32S」「W41S」「W42S」および京セラ製「W44K」向けのソフトウェアアップデートを公開した。(2007/3/27)

ITmediaスタッフが選ぶ2006年のベスト端末(ライター坪山編):
再び音楽を携帯する気にさせた完成度の高さ――「W44T」
比較対象となる端末は多くないが、現在でもその完成度は一番ではないかと思えるワイヤレス音楽ケータイが「W44T」だ。随分と久しぶりに移動中に音楽を聴く楽しさを思い出させてくれた。(2006/12/27)

改めて携帯のBluetooth機能について考える Vol.4:
P902iSとW44T、結局どちらがBluetoothを満喫できる?
同じ“Bluetooth対応ケータイ”といっても機種によっていくつかの違いがある。今回は“どのような使い方をするなら”P902iSとW44T、どちらが向くのかを検証する。(2006/12/25)

改めて携帯のBluetooth機能について考える Vol.3:
ワイヤレス音楽再生、使い勝手はどう違う?
Bluetoothケータイのウリ機能である「ワイヤレス音楽再生」。これがあるからBluetoothケータイを選んだユーザーも多い。今回はP902iSとW44Tのこの機能にどのような違いがあるか検証する。(2006/12/18)

改めて携帯のBluetooth機能について考える Vol.2:
ドコモとau、ハンズフリー機能の使い勝手
一言にBluetooth対応携帯といっても、各端末で若干機能が異なる。今回は端末を手に持たずとも通話できるハンズフリー機能の使い勝手をドコモの「P902iS」とauの「W44T」で検証する。(2006/11/27)

改めて携帯のBluetooth機能について考える Vol.1:
これだけ違う、「P902iS」と「W44T」のBluetooth機能
使ってみると便利だが、まだ対応機種が少ない機能、それが携帯のBluetooth機能。改めて、Bluetoothでどんなことができるのか、機種によってできる機能は異なるのか、使い勝手はどうか。対応機種の少ないドコモ端末、KDDI端末とで使い比べてみた。(2006/11/13)

「W44T」に不具合、ソフト更新で対応
auの東芝製端末「W44T」に不具合があることが分かった。電源キーを長押ししても電源が入らない場合があるなどの事象が起こるもので、ソフトウェア更新で対応する。(2006/10/18)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
発色もディテールも“しゃきっとした感じ”──「W44T」
「少々難あり」と今まで評価してきた東芝製端末のカメラ機能。しかし今回のW44Tは、320万画素MOSセンサーを採用し、きちんと「普通のマクロ機能」を搭載した。これがどれだけよい結果をもたらすのか、使い勝手と写りをチェックしていこう。(2006/9/12)

ワイヤレスジャパン2006:
さわって確かめられるau&ボーダフォンの音楽ケータイ新モデルを用意──東芝ブース
東芝ブースでは、CMキャラクターに起用する大塚愛さん、倖田來未さんのポスターが目立つ、かなり華やかなブースだ。W44Tや705Tなどの同社が推す音楽ケータイ新モデルや、バーコード&ブログを用いた新たな情報検索サービス、そしてさりげなく「トウシバ犬」もアピールする。(2006/7/20)

さりげなく“全部入り”の多機能ケータイ「W44T」(後編):
PR:ビジネスユーザーのオフタイムも“しなやか”にサポートする「W44T」
まるで“手帳”のような使用スタイルを実現する「W44T」。前回、その機能でビジネス情報の収集や商談・会議における利便性を証明した。今回はユーザーの移動中、そしてオフタイムの使用時を想定し、どれだけ便利に活用できるかを検証する。(2006/7/14)

携帯販売ランキング(6月26日〜7月2日):
902iSは高すぎる!?──前モデルが売れる現象顕著なドコモ
先週のウォークマンケータイ W42Sに続き、W44T、G'zOne W42CAなどの登場によりKDDIの新機種も活気が出てきた。対して902iSシリーズ全機種の投入を終え、一段落した印象のドコモは、“旧モデルが売れる”という現象が起きている。(2006/7/7)

さりげなく“全部入り”の多機能ケータイ「W44T」(前編):
PR:ビジネスシーンで、人より“ちょっと”差を付ける「W44T」の魅力
ワイヤレスミュージック、Bluetoothレシーバー付属、1Gバイトデータフォルダ、320万画素カメラ、厚さ21ミリの2軸スリムデザイン──さりげなく“全部入り”の機能を備える東芝製au端末「W44T」。実際のビジネスシーンでどのように活用できるか、便利に使えるかを本機の搭載機能とともに検証してみよう。(2006/7/7)

抽選でヘッドフォンや1GバイトminiSDが当たる──「W44T」のキャンペーン
東芝が、1Gバイトの内蔵メモリを搭載した「W44T」のプレゼントキャンペーンを実施中だ。抽選でヘッドフォンや1Gバイトメモリが当たる。(2006/7/5)

Bluetooth+2軸ヒンジ液晶/薄型ボディの「W44T」、新規は1万円台半ば
Bluetooth機能、回転2軸ヒンジ搭載2.6インチ液晶、薄型ボディ採用などを特徴とする「W44T」が都内で店頭に並んだ。新規価格は1万円台半ばから。(2006/6/29)

Bluetooth搭載の薄型回転2軸端末「W44T」、6月28日から販売開始
Bluetoothレシーバーが付属し、購入後すぐにワイヤレスミュージックが楽しめるauの東芝製端末「W44T」が6月28日から発売される。(2006/6/27)

夏モデルの“ここ”が知りたい「W44T」編(3):
2GバイトのminiSDは使えるか──「W44T」
内蔵メモリの1Gバイトに加え、最大1GバイトまでのminiSDを使えるのが東芝製の「W44T」。2GバイトのminiSDは利用できるのか。(2006/6/15)

開発者に聞く「W44T」(デザイン編):
目指したのは、多機能で薄い“手帳のような”携帯──「W44T」
多機能ながら21ミリという薄さを実現した東芝製の「W44T」。スマートにするためのさまざまな工夫を凝らしたこの携帯は、au design projectを率いた小牟田氏の評価も高かったという。(2006/6/12)

開発者に聞く「W44T」(機能編):
W44Tが目指した「ワイヤレスミュージックのかっこよさ」
KDDIが発表した夏モデルラインアップの中でも、非常に高機能な端末として注目される東芝製の「W44T」。Bluetoothヘッドセットやau端末では初の回転2軸ボディに込めた思いを聞いた。(2006/6/5)

夏モデルの“ここ”が知りたい「W44T」編(2):
音楽再生機能はどのくらい便利?──「W44T」
Bluetoothの使い勝手だけでなく、音楽再生機能にもさまざまな疑問が寄せられた。今回は“ながら再生”や着信時の動作などを調べた。(2006/5/30)

夏モデルの“ここ”が知りたい「W44T」編(1):
Bluetoothはどこまで使えるか──「W44T」
auの夏モデルでは唯一Bleutoothでの音楽再生に対応する「W44T」。音楽再生に利用できるのは付属のBluetoothレシーバーのみとアナウンスされており、Bluetoothの互換性が気になる人は多いようだ。(2006/5/29)

写真で解説する「W44T」
東芝製端末「W44T」は、スリムなボディーにBluetoothや赤外線、3.2Mピクセルカメラなど、数々の機能を凝縮しているのが特徴だ。(2006/5/22)

Bluetoothレシーバーと連続19時間の音楽再生──「W44T」
回転2軸型の薄型ボディを採用した東芝製端末「W44T」には、専用のBluetoothレシーバーが同梱される。データフォルダの容量も1Gバイトに拡張された。(2006/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。