ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「接客」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「接客」に関する情報が集まったページです。

昼寝も仕事のうち:
山形県「羽前小松駅」のしょこら駅長 “ネコファースト”な働きぶりとは? 駅運営のNPOに聞く
2007年1月、和歌山電鐵貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)に、日本の民営鉄道初の猫の駅長として「たま駅長」が誕生したことをきっかけに、全国各地で同様の動きが出ている。JR東日本・米坂線の羽前小松駅(山形県川西町)で働く、しょこら駅長もそうした猫の1匹だ。駅を運営するNPO法人「えき・まちネットこまつ」で広報担当を務める細谷絵里子事務局長に話を聞いた。(2022/5/27)

議事録作りだけではない AI「音声認識」の可能性を考える
画像認識技術に比べて音声認識技術の用途は限定されている。ビジネスの場での活用は、コールセンターでの電話音声の文字起こしや会議の議事録作成にとどまっているのが現状だ。しかし、将来的には売り上げに貢献することが期待されているという。(2022/5/27)

AIロボットが商品紹介 埼玉・秩父の物産店
秩父鉄道秩父駅(埼玉県秩父市)に隣接する物産店「じばさん商店」で、AIを搭載したロボットが買い物客に商品を紹介する業務を担う実証実験が始まった。「非接触」の接客を模索する。(2022/5/26)

「やっぱエスカレーターで行こっと」 ベビーカー連れでエレベーターを待っていたら男子中学生たちが気遣ってくれた話がグッとくる
いい子たちだ……。(2022/5/27)

不動産テック:
注目の“メタバース”で住宅業界は進化するか?アバター内見など、スウェーデンハウスらが示す未来像
コロナ禍では、あらゆる業種で、オンライン関連サービスの普及が進んでいる。「リアルからバーチャルへ」という社会状況の変化に、住宅業界はどこを目指して進めばよいのか。スウェーデンハウス、野原ホールディングス、homieの3社が、Web戦略のいまと、メタバースの利用も視野に入れた未来像を語った。(2022/5/25)

不動産テック:
営業担当者の代役を担うAIアバターを開発
東急リバブルとウェルヴィルは、営業担当者の代役を担うAIアバターを開発したと発表した。顧客と会話しながら、新築マンション販売における各種物件説明を担うことが可能となっている。(2022/5/25)

PR:勘に頼らない売り場づくりへ 「買いやすい」「働きやすい」を目指す、店舗のスマート化
(2022/5/25)

一線引かない:
「その発想はなかったわ」 コーセーの“化粧をしないITリーダー”が、オンライン接客を開発して気付いたこと
コーセーは、昨年からオンラインでメークやスキンケアなどのカウンセリングを行うシステムを提供している。開発プロジェクトの責任者の進藤広輔さんは、メークは未経験。店舗で美容部員が行うカウンセリングから販売までをオンライン化する中で、化粧品提案の奥深さに初めて触れた。プロジェクトでは、「その発想はなかったわ」と思うことの連続だったという。(2022/5/23)

バスの中で泣き出した子どもに、おじさんがかけた言葉とは……? 予想外の言葉に「そのおじさんと結婚したい」の声
こんな人に、私もなりたい。(2022/5/20)

これからのデジタルマーケティングを切り開く「運用型クリエイティブ」入門:
複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新しい方法論としての「運用型クリエイティブ」についてお伝えします。(2022/5/18)

ahamoで若年層獲得も、通信事業は減収減益のドコモ 値下げはまだ続く?
ドコモの2021年度の業績は減収増益となった。2022年度は法人事業とスマートライフ事業を強化して、2つ合わせて通信事業以上の業績を目指す。ahamoの提供で若年層は獲得できたので、そうした層が楽しめるコンテンツも強化していく。(2022/5/13)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
マクドナルドのテークアウト/デリバリー成功の要因はどこにあった? 絶好調で時短協力金も辞退
決算書で分かる日本経済の動向ということで、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。今回取り上げるのは日本マクドナルドホールディングス、ハンバーガーチェーンのマクドナルドの国内展開をしている企業です。(2022/5/13)

「マスクしてるからニンニクたっぷりでもいいよね」→実は…… 「えぇっ!」となった漫画に読者からも「えぇっ!?」続出
マスクしてるからって油断してはならなかった。(2022/5/15)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「制服への着替え時間」「仕事の待ち時間」「昼休みの電話当番」は、それぞれ労働時間にあたる?
「制服への着替え時間」「仕事の待ち時間」「昼休みの電話当番」──労働時間にあたるのかうやむやにされてしまいがちだが、法的には? 社労士が解説する(2022/5/12)

動画で会話しネット販売 地方で拡大 ライブコマース、漁港・直売所の臨場感
生産者が動画を通して商品を販売する「ライブコマース」が広まりつつある。利用者はコミュニケーションを取りながら商品を購入できるため安心感があり、新型コロナウイルス禍の新たな直販スタイルとして定着する可能性が高い。(2022/5/10)

スピン経済の歩き方:
なぜ吉野家は「炎上3連チャン」をやらかしたのか わずか1カ月半の間に
お客様相談室長、常務取締役、採用担当者――。吉野家の炎上が止まらない。わずか1カ月半の間に、なぜ「3連チャン」をやらかしたのか。その背景に何があるのかというと……。(2022/5/10)

動画で会話しネット販売 地方で拡大 ライブコマース、漁港・直売所の臨場感
生産者がオンラインの動画で商品を販売する「ライブコマース」が広まりつつある。(2022/5/9)

幕末建立の古民家レストラン「久右衛門邸」がオープン 利益を障がい者の給与に
一般社団法人AOHは、自然豊かな里山で和洋折衷料理を提供する古民家レストラン「久右衛門邸」をオープンする。(2022/5/6)

近所のスーパーに「姫とじいや」がやってきた? 買い物中のおじいさんと孫娘の見せたやりとりにほっこり
小さな女の子はお姫様に憧れるものですからね。(2022/5/5)

福島県郡山市発:
地元に帰り「女性の仕事の少なさに驚いた」──それでも仕事を諦めない人のための“養成スクール”が誕生した背景
地方では、女性が就ける職業が限られている場合が少なくない。Uターンで福島県に帰り「女性の仕事の少なさに驚いた」と話すのは、ハタフルアカデミーのコミュニティマネージャーの鈴木茜さんだ。この課題を打破するため、開校したWebデザイナー養成スクールのハタフルアカデミーとは、どのようなものなのか。(2022/5/3)

鉄道をモチーフ:
“電鉄系”ランドセルってなに? 百貨店で商戦ピーク
令和5年度に小学校に入学する子供向けのランドセル商戦が、大型連休に各百貨店でピークを迎えている。商品の豊富なラインアップや量販店とのサービスの違いを強調。今年は鉄道をモチーフにした電鉄系ランドセルの投入も目立つ。(2022/5/2)

ねとTube:
「全員ちゃんとカッコいいの笑うw」 地味なポケモン世界王者を現役ホストがイメチェンしたら「イケメンになりすぎた」と話題に
服装とヘアセットで人ってこんなに変わるの……!?(2022/5/2)

お仕事イヤだぁぁぁぁ! 「地獄のGW」がTwitterでトレンド入り
休む人いれば働く人あり。(2022/4/29)

イケア渋谷店がリニューアル:
一番人気は「サメのぬいぐるみ」 3店舗しかない“都心型イケア”は何が違うのか
イケア渋谷店(東京都渋谷区)が4月25日、リニュアルオープンした。利用客の要望を受け、個人向けだけでなく、ビジネス向けのアイテムやルーム展示を拡充。フォーマルなオフィス空間と自宅のアットホームな空間の融合を図るなど、北欧家具を扱うイケアならではのビジネス空間を提案する。(2022/4/29)

「高校生なんて相手にしてくれないかな」と悩む娘が、初めてデパコスを買いに行ったら…… 最高のお買い物体験に「すてき」の声
よかったね!(2022/4/29)

ヤマト配送員の親切な姿がTwitterで称賛 背景に「地域社会から信頼される企業」
ヤマト運輸の配送員が、車いすに乗る人をサポートした動画がTwitter上で称賛されている。(2022/4/28)

店舗の人材教育:
10人に1人が半年で辞める時代に、「スタバ」「マック」の姿勢から学ぶべきこと
日本では、パート・アルバイトの10人に1人が半年で辞める。定着率を上げるとともに、顧客に高い価値を提供するにはどうすべきか。筆者は「スタバ」「マック」の姿勢から学ぶべきだと主張する。(2022/4/28)

メルカリに「ほぼ傷ナシ」で漫画を出品したはずが…… 「カバー裏に落書きがあった」と指摘されるもまさかの展開を迎えた話
私もかくありたい。(2022/4/28)

百貨店は4店舗目:
ノジマ、東急百貨店たまプラーザ店に出店 ファミリー層に向けて訴求
ノジマは4月28日、東急百貨店たまプラーザ店5階に「ノジマ東急百貨店たまプラーザ店」をオープンする。(2022/4/27)

都市圏でも増加傾向の買い物難民:
軽トラが買い物難民を救う? コンビニとしのぎを削る移動販売「とくし丸」の挑戦
免許返納などで移動の足がなくなり、買い物難民と化す高齢者が増えている。そうした市場を突き成長を続けるのが移動販売型のスーパー「とくし丸」だ。(2022/4/27)

オンラインとオフラインの垣根を越えて
ポーラが「OMO」実現のために構築した新しいマーケティングシステムとは
オンラインとオフラインのあらゆる顧客接点を組み合わせ、一人一人の顧客に優れた体験を提供するにはどうすればよいのか。複数の接点ごとに分断された顧客データの一元管理を実現した、化粧品会社ポーラの事例を基に探る。(2022/4/22)

店舗とECはどうつなぐか? 都心大型旗艦店でアルペンが実践した店舗DX
ローコード開発環境を使ったアジャイルな手法はオンライン/オフラインを融合した店舗DXの仕掛けにどう役立つか。都心部に旗艦店を出店したアルペンのケースからECサイト全盛の今、小売業がリアル店舗を置く意味を考える。(2022/4/25)

大和ハウス、「メタバース住宅展示場」公開 オンラインを活用した販売強化
大和ハウスが、アバターを用いて仮想空間上の住宅展示場を自由に見学できる「メタバース住宅展示場」を4月28日から公開する。(2022/4/25)

生きる意味に悩んでいたころ、祖父母に会いにいった理由 「私が生きてるだけですっごい喜んでくれる人達いるじゃん」
無条件の愛情を受けた経験は、いつまでたっても心の支えになってくれるもの。(2022/4/24)

喋る「ハローキティロボット」誕生 受付や接客での活用見込む サンリオとNTT東が共同開発
サンリオが、「ハローキティ」型のコミュニケーションロボットを8月に発売する。開発に当たってはNTT東と協力。価格は5年間のリース契約の場合で月額7万5900円。接客や受付業務での活用を見込む。(2022/4/22)

PR:ハイブリッドワーク成功の鍵は「適材適所のデバイス選び」 ビジネスシーン別の選定ポイント教えます
(2022/4/22)

Restaurant Dive:
「ロボットレストランは是か非か」 米国レストラン経営者の論点
外食産業では今、ロボティクスを活用した業務プロセスの自動化の波が来ている。ただしこうしたテクノロジーの導入で、従業員コストを低減できるとは考えない方がいいだろう。ロボットと人間をうまく共存させる店舗設計のポイントとは。(2022/4/21)

ヘアアレンジのトレンドは「ゴムを隠す」から「隠さない」へ? 流行の波に流される大人のあるあるに「わかる……」と唸ってしまう
一体何が流行っているんだ。(2022/4/21)

医療技術ニュース:
物に触れながら説明すると「かわいい」と感じる気持ちがより強く伝わる
国際電気通信基礎技術研究所は、説明者が物に触れながらその物について説明すると、その物に対して説明者がより「かわいい」と感じていると他者が見なすこと、他者自身も物に対してより「かわいい」と感じることを明らかにした。(2022/4/20)

業界の常識を破る:
「日曜定休」を目指す三井不動産 本格導入を先延ばしにするワケは?
水曜を中心に平日休みが定着している不動産業界だが、業界大手の三井不動産では、いち早く“業界の常識”を破り「日曜定休」のトライアルを実施している。現在、本格導入には至っていないが、状況はどうなっているのか。三井不動産レジデンシャルの担当者に話を聞いた。(2022/4/20)

「アメリカで学んだ上手なクレームの伝え方」がとてもスマート 店員さんへの対応で見習いたくなる!
コミュニケーションを意識するのが大切。(2022/4/26)

VR店舗・仮想空間で研究……活用進む 感染症対策や効率化 企業に利点多く
最近では、感染症対策や効率化の一環で研修やインターネット通販に導入する企業が増加。“よりリアルな体験”は、ビジネス用途で一気に普及が進みそうだ。(2022/4/18)

VR店舗・仮想空間で研究……活用進む 感染症対策や効率化 企業に利点多く
VRやメタバースの利用がビジネス分野で広がってきた。これまではゲームや音楽といったエンターテインメント分野での活用が先行してきたが、最近では、感染症対策や効率化の一環で研修やインターネット通販に導入する企業が増加している。(2022/4/18)

2000人に聞いた:
「登録制バイト」経験者に聞く よかったこと、よくなかったこと
派遣会社に登録して、仕事をする「登録制バイト」を経験したことがある人はどのくらいいるのか。エン・ジャパン調べ。(2022/4/18)

“デジタルトランスフォーメーション・ジャーニー”ではじめるDX2周目:
第4回 既存事業か新規事業かではなく、既存も新規も進めてこそのビジネスDX
DXにおいて新たな顧客体験を生み出していくためには、あらかじめ分かりやすい正解などなく、仮説による実験、試行を繰り返しながら進めていくよりほかない。(2022/4/18)

バーガーキング伝説のキャンペーンの裏側にある緻密な戦略:
PR:顧客満足度を向上させる「人間らしさ」をオンラインで再現する方法
複数チャネルを使ってさまざまなマーケティング施策を進める企業は珍しくないが、個々の施策が分断されていることで顧客の「ディスロイヤリティー」を誘発する恐れがあるという。この打開策となるのが「人間らしさ」とデジタルを組み合わせた新しい手法だ。(2022/5/9)

2人とも高身長! 木村沙織、192センチの夫・日高裕次郎とペアルックの夫婦ショットを公開
夫婦でプロデュースしたシャツをお揃いで。(2022/4/15)

配膳・運搬ロボットも採用:
大戸屋、おかわり自由「ごはんバー」を導入 狙いは?
大戸屋は4月15日に「大戸屋 ごはん処 福田屋宇都宮店」をオープンした。ご飯、10種類のご飯のお供、みそ汁などがおかわりし放題の「ごはんバー」を導入する。配膳・運搬ロボットも導入し、作業効率を高めていく。(2022/4/15)

ITワード365:
【ITワード365】エモテット/Web3/GameFi/Amazon Corretto/メタバース/モバイルウォレット/CCoE/チャットコマース/NFT/パワー半導体
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/4/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「高級食パン」ブームは本当に終了したのか? “大量閉店”騒動が隠した本当の姿
「高級食パンのブームが去った」という報道が目立つ。SNSでは“大量閉店”の情報が飛び交う。最新の「高級食パン勢力図」から見えてきたものとは?(2022/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。