ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「接客」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「接客」に関する情報が集まったページです。

営業利益率は競合の数倍:
100円ショップ界屈指の高利益率を誇るセリア “安くておしゃれ”の裏に隠れた緻密な戦略とは
「安くておしゃれ」を武器に人気を拡大しているセリア。ただ安さを重視した「薄利多売」ではなく、営業利益率は競合と比較しても高い。裏側にはどんな戦略があるのだろうか。(2020/2/17)

「車いすが健常者・二足歩行が障害者」の世界が体験できるレストランに行ってきた もう理不尽すぎて泣きたい
こんな社会だったら、私、引きこもってしまうかも……。(2020/2/15)

コンビニオーナー“大反乱”の真相:
脱24時間で息吹き返したセブン加盟店、密着ルポで迫る「時短営業の意外な現実」
コンビニ業界に脱24時間化の激震が走る。最大手・セブンのとある時短実施店に筆者が密着ルポ。意外な実像から浮かび上がる「コンビニの未来像」とは。(2020/2/12)

モノづくり最前線レポート:
資生堂が国内工場を新設する理由、高級ブランドは「人とロボットの共存」で生産
「JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)」の特別講演に、資生堂 生産部長の大前勝己氏が登壇。「グローバル生産体制における自働化技術課題」をテーマに、資生堂のビジネスの変革と、それに対応する生産体制構築の中で顕在化した課題と解決に向けた取り組みについて紹介した。(2020/2/12)

9割が接客でのマスク着用を支持:
接客の仕事で「感染症の不安」は7割 マスク着用に「賛成」「反対」それぞれの意見とは?
エアトリインターナショナルの調査によると、接客業経験者の7割以上が感染症をうつされる不安を抱えている。一方、自身が風邪などにかかっているときの外出で、必ずマスクをつける人は7割にとどまった。(2020/2/7)

マスクの正しい着用方法指南も:
新型コロナウイルス感染拡大でもイオンはマスク着用「原則禁止」維持 ディズニーなど各社の対応は?
新型コロナウイルスの感染が拡大しており、各企業は柔軟な対策が求められている。東京ディズニーランド、ディズニーシーではキャラクターと来園者のふれあい方法を一部変更。エン・ジャパンでは、採用面談をWebに切り替えるなどしている。マスク禁止で話題になったイオンは……(2020/2/6)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIとドローンで在庫管理、シフト表を自動作成 知られざる小売業界のAI活用術
接客業務や在庫管理など、小売・サービス業に関する国内外のAI活用事例を紹介する。(2020/2/5)

「一生に一度の高級品はカルティエにしよう」 カルティエの接客の素晴らしさを描いた体験漫画に称賛集まる
この1度の接客でファンを増やす神対応。(2020/2/8)

障害という「未解決の領域」に挑む:
PR:寝たきりでも働ける“分身ロボットカフェ”主催者、吉藤健太朗に聞く「テクノロジーで描く孤独のない未来」
(2020/2/3)

東京ディズニーランド・シーがキャラクターと来場客の接触を制限する方針 新型コロナの拡大を防ぐため グリーティングやショーにも影響
おのれコロナウイルス。(2020/1/31)

サービス提供者に犠牲を強いる「おもてなし」というブラック労働の素
新型肺炎が猛威を振るう中でも、サービス業は接客しなければならない。「サービス業で、マスクをするのは失礼」と感じている人も多いかもしれないが、本当にそうなのか。「おもてなし」の心は、ブラック労働につながっているかも……。(2020/1/31)

人材確保には「給与の増額」:
アルバイト「不足している」は7割 2020年に求人が増える業種は?
マイナビが発表した「アルバイト採用活動に関する企業調査」によると、7割の企業の採用担当者がアルバイト人材の不足を感じていることが分かった。特に、小売業などの接客業で人手不足感が強い。2020年は警備の求人が増えそうだ。(2020/1/31)

従業員への配慮も必要:
新型肺炎の脅威が広がる中で、接客業現場の「マスク禁止ルール」割合は?
新型コロナウイルスの脅威が広がっている。普段の生活の中だけでなく、職場での感染拡大も求められる。「マスク禁止ルール」のある職場はどれくらい?(2020/1/31)

リクルートエージェントの利用者対象:
転職で給与が上がった人は約3割 給与が上がりやすい職種は?
転職で賃金が上がった人の割合は約3割だったことがリクルートキャリアの「2019年10−12月期 転職時の賃金変動状況」で分かった。同調査はリクルートエージェントの利用者を対象に、同社が定点観測しているもの。賃金が上がった人の多い職種とは?(2020/1/31)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルが恵比寿駅前にショップをオープン――カウンターのないショップはユーザーに受け入れられるか
楽天モバイルが、1月23日に新しいコンセプトのショップを東京・恵比寿にオープンした。新コンセプト店舗では、原則としてカウンターは設置せず、紙のポスター類も貼り出さないことになっている。カウンターなしの店舗は、果たして受け入れられるのだろうか。(2020/1/31)

お店最前線 来店してもらう仕掛けとは?:
くら寿司が気合を入れた「グローバル旗艦店」をオープン エンタメと最新テクノロジーの全容とは?
くら寿司が「グローバル旗艦店」をオープンした。エンタメ要素を強化し、最新テクノロジーも導入。店内はどのようになっているのか。(2020/1/29)

スピン経済の歩き方:
やはり「24時間営業」はやめなければいけない、勘違いな理由
「ガスト」「ジョナサン」などを運営するすかいらーくホールディングスが、2020年4月までに24時間営業を廃止すると発表した。さまざまなサービスで「24時間営業」は当たり前になっているが、歴史を振り返ると、実は……。(2020/1/28)

ロボットがバーテンダーに――養老乃瀧、池袋に「ロボ酒場」開業 カクテル配合から接客まで自動化
養老乃瀧が、JR池袋駅南口に、ロボットが働く居酒屋「ゼロ軒めロボ酒場」をオープン。店内では、AIを搭載したロボットアームが注文を受け、ドリンクを作り、提供する。営業期間は3月19日まで。(2020/1/24)

ロボットは居酒屋でどんな接客をしているのか 池袋の「ロボ酒場」で確かめてみた
居酒屋チェーンを運営する養老乃瀧が、ロボットが接客を行う「ロボ酒場」を池袋にオープン。ロボットがビールやハイボールを提供してくれるというが、実際どうやっているのか。店舗に行って確かめてみた。(2020/1/23)

外国人アルバイト、実は1カ月で多くが辞めていた 85%が上司や先輩との人間関係の不満で退職
言葉や習慣のちがいでハードな職場がよりキツく。(2020/1/22)

接客に集中できる:
PR:フィットネスクラブが「会員カード」を廃止!? 「顔認証システム」はなぜ従業員の負担を減らし会員の満足度を向上できたのか
フィットネスクラブでチェックインの手続きをする際、会員カードを使うのが一般的だ。しかし、「フィットネス&スパ あすウェル小田急相模原」(神奈川県座間市)では、顔認証システムを導入することで、店舗運営における従業員の負担低減と、利用者の満足度向上を両立させている。業界では先進的な取り組みだ。「ハイクオリティなサービスをお手頃な価格で提供する」というコンセプトに欠かせない、顔認証システムの全貌に迫る。(2020/1/22)

労働環境を悪化させる“ブラック乞客”とは:
ドコモ代理店「クソ野郎」騒動に潜む、日本からブラック企業がなくならないそもそもの理由
NTTドコモ代理店で起こった「クソ野郎」問題が新年早々大きな問題になった。代理店運営の兼松コミュニケーションズだけでなく、NTTドコモも謝罪文を出す事態に。問題の真相はどこにあるのか。労働問題に詳しい新田龍氏はに“ブラック乞客”の存在を指摘する。(2020/1/20)

ディズニーキャストたちが“もてなされる”側になる1年に一度の夜! 「サンクスデー」をレポート
この夜だけは、キャストがゲストに。(2020/1/19)

ゼクシィ保険ショップ、「スタッフ全員FP資格持ち」と広告掲載するも実際には資格のないスタッフが接客して謝罪
本件による保険契約の有効性への影響はないとのこと。(2020/1/19)

分身ロボット「オリヒメ」、渋谷のカフェWIREDで接客
福祉ロボット開発のオリィ研究所と、飲食店の企画運営のカフェ・カンパニーは、渋谷区内のカフェで分身ロボットを給仕スタッフとして起用する実証実験を始めた。(2020/1/17)

週末エンプラこぼれ話:
“鍵のいらない温泉旅館”は現場と客を救うのか 創業150年、宿泊体験のDXに挑む旅館を取材した
訪日観光客の増加が期待される一方、人手不足に悩む旅館の現場で、業務を効率化しつつどう接客サービスを向上させるのか。そんな課題に挑む旅館が、部屋のドアに顔認証とスマートロックを活用する実証実験を進めている。何が起こっているのか、実際にお邪魔してみた。(2020/1/17)

国内の航空会社ランキング、最も評価が高いのは?
調査会社のNEXERは「航空会社の満足度」調査を実施し、その結果を発表した。総合評価で最も高かったのは……。(2020/1/16)

養老乃瀧、「ロボット酒場」を池袋で開店へ ロボットが接客、人手不足解消のための実証実験
ロボットに接客されてみたい方はこの機会に。(2020/1/16)

店舗の省人化に有効か:
ロボットが接客する「ゼロ軒めロボ酒場」を養老乃瀧がオープン 多店舗化も検討
居酒屋チェーン「一軒め酒場」などを運営する養老乃瀧がロボット酒場をオープン。ロボットが接客をしたりドリンクを作ったりする。実証実験の結果を踏まえて多店舗化も検討する。(2020/1/15)

浅草六区ショービズ街の賑わい取り戻せるか
寄席や劇場が並ぶ東京・浅草六区興行街の賑わいを復活させようと、地元の商店街関係者らでつくる「浅草六区エリアマネジメント協会」が、道路での出店やイベントを可能にする国家戦略道路占用事業を活用した新プロジェクトをスタートさせた。(2020/1/15)

タイムアウト東京のオススメ:
ワインもナチュラルを選ぶ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/1/15)

「職場でマスク着用禁止」、法的に問題はあるか? 弁護士に聞いてみた
SNSで批判が殺到していた「マスク着用禁止」、法的にはどうなの?(2020/1/11)

課題山積の地方こそ、グローバルで戦える:
もうけは悪、補助金漬け――そんな地方都市で実績上げる、サツドラ社長の戦略
「課題山積の地方こそ、グローバルで戦える」――。そう意気込むのは、北海道を中心に国内約200店舗のドラッグストアを運営するサツドラホールディングスの社長を務める富山浩樹氏だ。地方都市の生き残りを賭けて戦う富山氏に、戦略の詳細を聞いた。(2020/1/6)

【第2回】気鋭の経営者が語る「失敗の法則」:
「成功はアート、失敗はサイエンス」――倒産寸前の会社を再建した『破天荒フェニックス』、OWNDAYS田中修治社長が語る「会社経営失敗の法則」
2020年がいよいよ幕を開けた。多額の債務を背負い、債務超過で倒産寸前だったメガネ製造販売チェーンの「OWNDAYS」を30歳のときに買い取り、10年足らずで再建を果たした田中修治社長のインタビューを前後編でお届けする。後編となる第2回目では、OWNDAYS再建時に大切にしていた考え方に迫っていく。人材採用や社員教育など話は多岐にわたった。(2020/1/4)

飲食店も「働き方改革」:
お客様はもう、神様ではない? 「ロイヤルホスト」「すかいらーく」など各飲食チェーンで徐々に広がる年末年始休業の波
年末年始に休業する飲食店が増えてきた。幸楽苑、ロイヤルホストなどに続き、一風堂やすかいらーくも今回から一部店舗で休業する。ある調査では、8割近くの人が年末年始における飲食店の短縮営業に肯定的な回答をしている。「お客さまは神様」の時代はもう終わりかもしれない。(2019/12/31)

イオンの「マスク禁止」に波紋! 三越伊勢丹、高島屋、大丸松坂屋は?
小売り大手のイオンが、接客時のマスク着用を「原則禁止」とする通達をグループ各社に出し、物議をかもしている。みだしなみのルールを徹底したというが……。(2019/12/28)

動画の世紀:
普及する「AIカメラ」 動画はAIが見てくれる時代に
AIの進化によって、監視カメラで判断するのは人ではなくなりつつある。(2019/12/27)

徹底したデータ分析と社員教育でリピーターは驚異の「9割」 人生変えるストレッチ
急成長を遂げているストレッチ専門店。“イタ気持ちいい”施術の裏には、徹底したデータ分析と社員教育があり、なんとリピーター9割という驚異的な数字に結びついている。(2019/12/25)

業務を効率化するITツールの最新事情:
洪水被害から小売店舗を早期復旧 日本企業の「Microsoft Teams」活用事例
(2019/12/26)

かわいいお店番に会いに行こう! 看板ペットがお出迎えするお店〜西荻窪編その2〜カフェ「BUNNY BEACH」
かわいい看板ペットに会えるお店を紹介していきます。(2019/12/24)

ネットで告白相次ぐ“カスハラ”被害、実際に受けた人はどれくらい? 接客経験者に聞いた結果は……
客が接客担当者などに対し、理不尽な要求や過度のクレームなどを行うカスタマーハラスメントが問題になっている。旅行サイトを運営するエアトリが“カスハラ”についてネット調査を実施した。(2019/12/23)

4割強が被害を経験:
加害者は中高年男性がほとんど? 従業員へのハラスメント「カスハラ」調査
接客業を中心に問題になっている「カスハラ」。気に入らないことがあった際に、従業員に対して暴言や暴行を加える言動を指す。被害者の声を見ると、加害者は中高年男性が多いようだ。また、接客業経験者の方が、従業員に対して厳しい目を注いでいる傾向も。(2019/12/23)

ビジネスホテルの東横イン、「メルペイ」「au PAY」「VIA」など一挙導入
東横インが日本国内のホテルに「メルペイ」「au PAY」「Origami Pay」「VIA」を導入。すでに「PayPay」「楽天ペイ」「LINE Pay」などに対応しており、同社で使えるモバイル決済サービスは計10種類となった。同社は「POCKETALK W」を接客に採り入れるなど、IT活用とインバウンド対応を積極的に進めている。(2019/12/23)

人の顔写真を分析、感情を判定 ディープラーニング活用の無料サービス登場 「喜び」「怒り」など5種に対応
ユーザーローカルが、ディープラーニングの技術を活用し、人の顔写真から被写体の感情と性別を判定する技術を発表。判定できる感情は「喜び」「怒り」「悲しみ」「驚き」「無表情」の5種類。公式サイトで一般公開する他、法人向けにWebAPIを提供する。利用料は無料。(2019/12/23)

2019国際ロボット展:
スクエニのメタAIでオムロンの卓球ロボがさらに進化、モチベーションを高めて人の成長を促す
オムロンとスクウェア・エニックスは、「2019国際ロボット展(iREX2019)」(2019年12月18〜21日、東京ビッグサイト)の開催に併せ、両社共同研究による「人のモチベーションを高めるAI」に関する記者説明会を開催した。(2019/12/19)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
「年俸1000万円の板前」も続々出現 給与を上げない経営者は見捨てられる
生産性というと日本人は、工場の生産性向上策を思い浮かべる。1時間に100個作っていた部品を110個にすれば生産性が10%上がるという製造業の考え方だ。だが、サービス産業の「生産性」は本来まったく違う。ところが日本では長年、製造業と同じ発想でサービス産業の「生産性」が語られてきた。これからはより良いものをより高く売り、従業員には他所よりも高い給料を払う。そんな会社が生き残っていく時代だ。(2019/12/18)

講師もシニアのスマホ体験会 同年代の指導で安心感
高齢者向けのスマートフォンを開発する富士通コネクテッドテクノロジーズは、高齢者が講師を務めるシニア向けスマートフォン体験会を開いた。開催のきっかけは参加者の「年齢の近い人に教えてほしい」という声だった。(2019/12/18)

大戸屋ドキュメントに見る、改善努力がパワハラ呼ばわりされる理由
定食屋チェーン「大戸屋」が揺れている。テレビ東京の『ガイアの夜明け』で社長の発言がパワハラ呼ばわりされ、ネット上で批判が起きているのだ。(2019/12/16)

立役者は元プロ格闘技選手:
1杯750円の“レトロ喫茶” 但馬屋珈琲店が売り上げV字回復できたわけ
過去最多ペースで倒産が続く喫茶店。2019年1〜8月の期間で倒産した件数は42件にのぼる。そんな中、売り上げがV字回復したレトロ喫茶がある。新宿を拠点に構える但馬屋珈琲店だ。1杯750円と決して安くない価格をそろえる喫茶店は、どのように売り上げ回復を成し遂げたのか。戦略担当者である元プロ格闘技選手の倉田光敏氏に聞いた。(2019/12/12)

LINEで注文から決済まで完結するクラフトビール専門店 キリンが次世代型飲食店舗を展開
 キリンホールディングスは、LINEで注文から決済までを済ませるシステムを導入した飲食店舗の展開を始める。若者をターゲットにしたクラフトビール専門店で導入し、オーダーを自動化。接客の質を上げる狙いがある。(2019/12/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。