ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「接客」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「接客」に関する情報が集まったページです。

データ活用は「ボトムアップ」がカギ パナソニック ホームズ、社内日報をデータ化 社員教育などで成果
住宅メーカーのパナソニック ホームズでは2019年から、ビジネスチャットツール「LINE WORKS」を使ったデータ活用に取り組んでいる。社員の活動実績をデータ化し、社員教育などで成果を得ているという。旗振り役を担った担当者に導入までの経緯を聞いた。(2023/3/13)

ブランドを傷付けないために知るべき、ダイナミックプライシング「9つのポイント」
消費者の価格に対する視線が厳しくなっている昨今、値下げしようにもなかなか取り組みにくい環境に企業が直面している。その中で注目を集めるのがダイナミックプライシングだ。今回の記事では、その注意点や効果を高めるための9つのポイントを解説する。(2024/2/28)

サイゼリヤの注文方法が進化してる!? カギは「客のストレス減」「効率化」 大手外食チェーンで起きているDXの正体
飲食店で注文方法の変化が起こり始めている。主要チェーンの注文方法を、実際に行って確かめるとともに背景を探っていく。(2024/2/26)

週末に「へえ」な話:
行列ができているのに「待ち時間0分」 飲食店でファストパスは広がるのか
有料のファストパスがさまざまな業界で広がりつつあるが、飲食店ではまだまだ。昨秋から試験的に動き始めているが、どういった結果が出たのか。(2024/2/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
リベンジ消費やインバウンド復活だけじゃない 三陽商会、ワールド、オンワード アパレル各社の「V字回復」戦略
コロナ禍が落ち着きを見せ、大手アパレルが業績の回復を見せている。三陽商会・ワールド・オンワードホールディングスの3社に着目し、好調の要因を探る。(2024/2/9)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
結局、店員が常駐……日本の「もったいないセルフレジ」 米小売業との決定的な違いは?
セルフレジに複数人の店員が常駐する日本のスーパーマーケット。米国では日本より少ない人員でスムーズに運用できている店舗が大半だ。両者の違いは一体、どこにあるのか――。(2024/2/8)

GAFAMならぬ「GAFA“L”」目指すローソン、KDDIが4971億円でTOBへ 三菱商事との共同経営に
KDDIは、コンビニエンスストア大手のローソンに対し、株式の公開買い付け(TOB)を4月ごろに実施する。取得金額は4971億円で、TOB実施後は三菱商事50%、KDDI50%の共同経営となる。これにともないローソンは上場廃止する。(2024/2/6)

KDDIが「ローソン」株式をTOBで取得へ 三菱商事と共同経営
三菱商事とKDDIが、三菱商事の子会社であるローソンの共同経営体制を構築する。KDDIはローソンの株主に対するTOB(株式公開買い付け)を実施し、所定の手続きを経て9月をめどにローソンを三菱商事とKDDIの合弁企業とするする予定だ。【更新】(2024/2/6)

還暦の野沢直子、バイト先で披露した“血まみれ”タトゥーで客の心わしづかみ 手ごたえ感じるも「逆にドン引きしたんじゃ」
「たくさんの借金」でバイト生活に。(2024/2/4)

PR:そば和食「家族亭」がAIで売り上げ予測 店長の経験 vs. データ分析の結果に見る、役立つ“経営判断の材料”の作り方
(2024/1/31)

口コミ評価が高いドラッグストア 「ドラッグストアコスモス」「ツルハドラック」を抑えた1位は?
「口コミコム」を運営するmov(東京都渋谷区)は、「口コミコム」の分析機能を用いてドラッグストア11ブランドに寄せられた約12万件の口コミを調査し比較検証を実施した。評価が高いドラッグストアとは。(2024/1/28)

接客業ならわかる……! いつもの癖でやってしまう“あの行動”に「体が完全に覚える」と共感の声
ついつい出ちゃうやつ。(2024/1/27)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「朝会に通勤電車からリモート参加」する部下 遅刻扱いにはならないの?
(2024/1/23)

生成AIで“過疎バース”解消へ ドコモが提案する新時代のメタバース技術
ドコモの技術イベント「docomo Open House'24」から、メタバース・生成AI関連の3つの取り組みを紹介する(2024/1/22)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「休日対応は一切しません」 つながらない権利を主張する部下とどう向き合う?
営業部の若手の部下が「勤務時間以外の電話、メールは一切対応しません」といって、勤務時間外の連絡を全く返してくれない。しかし、営業ならば多少の対応を引き受けてほしい――どう対応すべきなのか? 社労士が回答します。(2024/1/22)

次世代トランシーバーサービス登場 NTTの技術で「聞こえづらいなどの課題」解決へ
NTT子会社で音響関連事業を行うNTTソノリティは1月18日、BONXの「BONX WORK」を用いた次世代トランシーバーサービスの立ち上げに伴い、都内で発表会を実施した。同日、BONXの関連会社化(資本提携)の他、両者が4月1日に開始する音声DXサービス「ゼロからはじめるNTTの現場DX(仮名)」の詳細が語られた。サービス提供の背景にある課題とは……?(2024/1/18)

日本にはない「混雑しないファストフード」 シンガポールで見つけた“ささやかな”リテールDX
筆者はシンガポール旅行で”ささやかな”リテールDXをいくつも体験した。一つ一つが画期的で想像もしていなかったわけではないが、日本国内では実現できていないものが多かった。シンガポールのリテールDXを踏まえて、顧客体験(CX)向上について考えてみたい。(2024/1/18)

導入事例:
レオパレス21、20万戸超にスマートロック導入 年間約10万時間の業務削減
レオパレス21の管理物件でスマートロック導入件数が20万戸を超えた。入居者の利便性を向上するとともに、同社における鍵関連業務を年間約10万時間削減するなど業務効率化にもつながっている。(2024/1/17)

働き方の「今」を知る:
「初動が遅い」「企業は金を取るな」――震災対応への批判から見る、日本のGDPが上がらないワケ
元日に石川県能登地方を襲った最大震度7の大地震は、能登半島を中心に深刻な被害をもたらした。震災の対応に対し「初動が遅い、小規模だ」「企業は金を取るな」――といった意見が散見されるが、こうした「お客様マインド」ともいうべき態度がめぐりめぐって日本の生産性を下げてしまっているのではないか。どういうことかというと……。(2024/1/18)

デジタル変革の旗手たち:
存亡の危機感がDX推進の原動力――大日本印刷 金沢貴人氏
1876年に東京・銀座で秀英舎として発足し、約150年の歴史を持つ大日本印刷(DNP)。現在、DNPグループでは、「未来のあたりまえをつくる。」というブランドステートメントを掲げ、事業戦略、財務戦略、非財務戦略を推進している。取り組みの一環として展開している、DX推進、生成AI利活用、プラットフォーム事業について、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2024/1/17)

AI活用で“電話予約対応”をどう変革した? ある和食チェーンの挑戦
和食・しゃぶしゃぶチェーン店「かごの屋」を運営するKRフードサービスが、ボトルネックになっていた電話予約対応業務の改善により、売上向上とコスト削減、業務負担減を成功させた。(2024/2/1)

この行動でレジ店員は1秒で“神客”だと分かる!? 客のさりげない行動が「これは神」「自分もやってるかも」と話題
お互いに気持ち良く対応できるといいですね!(2024/1/13)

タクシーアプリ「GO」、流し営業なしのアプリ専用車とドライバーを全国へ拡大
タクシーアプリ「GO」は、1月からアプリ専用車「GO Reserve」とパートタイム乗務員「GO Crew」の取り組みを拡大。現在の江東区枝川での1拠点30台展開から東京、神奈川、大阪、名古屋で合計約70台での展開を予定する。(2024/1/10)

アプリ配車専用「GO Reserve」全国展開へ パートタイム乗務員活用
(2024/1/10)

世界で深刻化する労働力不足【中編】
コロナ禍後に人手不足のダメージを受け続けているのは“あの業界”
コロナ禍に端を発した労働者不足の問題がまだ継続しているのはどの業界だろうか。米国において労働力の獲得が難しくなった理由を探る。(2024/1/6)

ポジティブな影響:
ドンキ店員「派手髪OK化」でどうなった? 「赤」「アッシュ」を抑えた1番人気のカラーは
ドン・キホーテ(東京都目黒区)は、社会における価値観の変化に伴い、2022年3月から服装ルールの緩和を行い髪色の自由化を実施した。今回、同社は制度改定後初めて、従業員の髪色について何色の髪色が多いのか、また改定により従業員にとってどのような効果があったのか調査を行った。(2024/1/3)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
顧客との出会いを生むタッチポイントの見つけ方、増やし方
より良いユーザー体験を生み出すためには、さまざまなタッチポイントで適切なコミュニケーションを図る必要があります。それをどう探し、どう活用していくのか、考えてみましょう。(2023/12/28)

NEWS Weekly Top10:
無理ゲーすぎ! 「婚活中の僕(実在)との恋愛ゲーム」公開、100問正解必須
クリスマス前にSNSで衝撃のサービスを発見した。「デートシミュレーター 佐藤翔 100の質問」だ。Webデザイナーの佐藤翔さん(38)が開発した、独身女性向けのゲームで、100の質問に答えて全問正解すれば、佐藤さんと相性がピッタリだと分かるという。(2023/12/25)

日本の地方を救う“黒船”か:
6471室を一斉開業する欧州最大ホテルチェーン 「投資は回収できる」と自信のワケ
日本に商機を見いだした欧州最大のホテル運営、仏アコーは2024年4月1日、日本初上陸となる「グランドメルキュール」12軒と、東京・銀座などで展開している「メルキュール」11軒の計23軒、6471室を一斉開業させる。CEOへのインタビューから日本を“狙い撃ち”した理由や、市場攻略のカギに迫った。(2023/12/22)

2023年、話題になった「あれ」のその後:
ChatGPTは事業活動の「どこ」に組み込まれるべきか? 24年のビジネスはこう変わる
(2023/12/22)

会計時に添えるだけで“神客”になれる一言とは……? お札で払う場合のちょっとした気遣いに「これはうれしい」と共感の声
この気遣いがデキるヒトってやつ。(2023/12/21)

東急百貨店のkintone活用術 "紙だらけ"の業務をどう変革したか?
紙ベースの顧客管理を行っていた東急百貨店がkintoneを使ったDXを実施。「顧客データのデジタル管理」「新サービスのリリース」「社内教育の徹底」を実現した。(2023/12/19)

Marketing Dive:
ペプシ125周年のブランド大刷新、タコベルは商標闘争で愛され度上昇 2023年の米国ベストキャンペーン【後編】
Marketing Diveが選んだ2023年の優れた広告クリエイティブ。今回はDunkin’とPepsi、Taco Bellの取り組みについて紹介する。(2023/12/17)

IOWNの低遅延はどれだけ“リアルタイム”なのか 「IOWN WEEK」イベントで見えた実力
NTTグループ(日本電信電話、東日本電信電話、NTTドコモ)、東急不動産は次世代通信構想「IOWN」の技術を使ったイベント「IOWN WEEK」を東京・渋谷で開催した。対象は事前に招待された関係者や報道陣。3社が6月7日に合意した「IOWN 構想に関連した技術・サービスなどを活用した新たなまちづくりに向けた協業」に関する最初の取り組みとなる。(2023/12/14)

働き方の「今」を知る:
土木建設にタクシー運転手──きつくても「人が集まり辞めない」企業の秘密とは?
人手不足が深刻化している。特に土木建設やタクシー業界など「きつい」イメージのある職種では採用に苦心する企業が多い。しかし、そんな中でも人が集まり辞めない会社がある。その背景には、どんな秘密が隠されているのか──?(2023/12/14)

満足度の高いリフォーム業者 「パナソニック」「ミサワ」超えた1位は?
oricon ME(東京都港区)が「リフォーム」について満足度調査を実施した。「フルリフォーム」「マンション」「戸建て」それぞれの総合1位とは。(2023/12/12)

素材/化学メルマガ編集後記:
満員電車について考える、コロナ禍に解消できたが元通り
満員電車についていろいろ語っています。切に思うのは未来に満員電車を解消できる通勤手段が登場することです。(2023/12/11)

その一言に救われる…… 袋詰めする店員に優しい言葉をかける“神客”に「こういうお客さんが増えるといいなぁ」
ちょっとした一言が大切。(2023/12/11)

トレインシミュレーター展示にテツの血が騒ぐ! 「ドスパラ佐賀南部バイパス店」を見てきた
サードウェーブが運営するPCショップ「佐賀南部バイパス店」が12月9日にオープンした。佐賀県初出店となる店舗に足を運んでみた。(2023/12/9)

働き方の「今」を知る:
携帯ショップに警備会社──不人気業種でも「人が集まり辞めない」企業がある その秘密は?
人手不足が深刻化している。そんな中、不人気な業種でも独自の企業努力によって好業績を維持し、エンゲージメントを高め、採用や育成に成功している企業がある。では、それらの企業では具体的にどのような取り組みをしているのだろうか。携帯ショップや警備会社の事例を紹介する。(2023/12/7)

人工知能ニュース:
企業のカメラ画像利活用で問われる倫理観、パナソニック コネクトの取り組みとは
パナソニック コネクトがカメラ画像の利活用における企業のプライバシーガバナンスについて説明。同社はカメラ画像を含めた個人情報/パーソナルデータの利活用案件に対応するための専門組織を立ち上げ、データ利活用とプライバシーの両立に向けた取り組みを進めている。(2023/12/6)

危機をチャンスに変える ホテルニューアワジの発想力
思わず口ずさんでしまうテーマソング。絶景の温泉や「御食国(みけつくに)」のグルメが映し出されるCMでおなじみといえばホテルニューアワジだ。(2023/12/4)

「豚骨ラーメン風呂」賛否で中止の老舗銭湯が謝罪…… 「イベント風呂」1カ月自粛も発表 「運営体制見直す」
「全てのお客様にとって前向きに捉えられるものではなかったと反省」。(2023/12/1)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
AIに奪われる仕事、奪われない仕事
今後はコンテンツ制作の領域でも生成AI活用が進むのは間違いありません。それでも全てがAIに置き換えられるわけではありません。AIと共存しながら人でしかできない仕事をするために、今何を準備しておくべきでしょうか。(2023/11/30)

トイレ利用者は1日約100万人! 買い物する人は何割? ローソンが「アートトイレ」プロジェクトを続けるワケ
ローソンはトイレ壁面に公募作品をデザインした「アートトイレ」を展開している。マナー向上を訴えたり、トイレをきれいに利用してくれる人に感謝したりするのが目的だ。その背景にあるトイレ問題とは? プロジェクトに参加する店舗責任者に聞いた。(2023/11/30)

「売上高1兆円」突破:
優秀な営業マンにあえて「売らせない」 オープンハウス流、強い組織の作り方
(2023/12/4)

生成AIは「どこまで」コンタクトセンターの仕事を奪ったのか 人間がやるべき仕事は?
ChatGPTの登場により、AIが人間の仕事を奪う議論が信ぴょう性を持つようになりました。今回はコールセンターに焦点を当て、実際にAIはどこまで入り込んできているのか、人間がやるべき仕事について考えてみます。(2023/11/29)

働き方の見取り図:
「今何してる?」束縛系上司がどんどん時代遅れになるワケ
人口減少が進み、職場環境も大きな変容を遂げている。経営者や管理職はこれからの会社組織を率いていくために、どんなマネジメントが求められるのか。(2023/11/28)

ゾフ、ドンキ、ベルク……:
店の風紀は乱れない? 相次ぐ身だしなみルール緩和の背景 きっかけとなった大手の施策とは
これまで身だしなみルールが厳しかった、接客を伴う業態で制限の緩和が進んでいる。各社の取り組みとともに、背景やきっかけとなった出来事をまとめた。(2023/11/27)

コンビニで期待する接客 「笑顔で対応」「言葉遣いがよい」を抑えた1位は?
直近1年間のコンビニエンスストアの利用頻度について「週1回以上」とした人が5割弱に上ったと、イボイスコム(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。(2023/11/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。