ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WebSAM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WebSAM」に関する情報が集まったページです。

NECとの協業は“渡りに船”――日立がJP1の最新版「JP1 V12.1」で強化した新機能の中身とは
日立が統合管理ツール「JP1」の最新バージョンである「V12.1」と同時に、運用管理分野でNECとの協業拡大を発表した。その最新機能と、担当者が“渡りに船”と語った、NECとの協業によって強化したRPA関連のニーズとは。(2020/1/24)

AIや顔認証など最新技術を自社の製品に、NECがビジネス創出を加速する施策を開始
NECはビジネスパートナーに向けた施策「NEC 共創コミュニティ for Partner」を開始する。NECの技術資産を活用したソリューションの共創や販売連携に加え、パートナー企業同士の連携強化などについて支援する。(2019/9/26)

旧システムから新システムへ「スムーズな移行を」 NECが製品群を強化
ハイパーコンバージドインフラやアプリケーション環境のモダナイゼーションなどを支援する製品群を強化し、順次提供を開始する。(2019/8/22)

ハイパーコンバージドインフラが簡単・シンプルって誰に聞いたんですか?:
PR:プロが明かす「簡単・シンプル」の本当の意味
複雑化した仮想環境の管理負荷低減が多くの企業で喫緊の課題となっている昨今、日々の運用を簡単・シンプルにするハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)が、その解決策として急速に浸透している。だが、「どのベンダーのHCI製品も同じ」というわけでもなければ、「ただ導入しさえすれば全ての問題を解決できる」というわけでもない。では自社の運用管理課題を解決し、ビジネスに貢献する最適なシステムを実現するには、導入・運用に当たってどのような着眼点が必要なのか?――単に「製品を提供する」のではなく、「製品を通じて、お客さま各社にとってのメリットを提供する」ことをポリシーに、多数の企業をHCI導入成功に導いている日本電気(以下、NEC)に、プロの目から見た“HCI導入の本当の要件”を聞いた。 (2018/3/1)

環境を問わずセキュアな認証印刷を NECとシーイーシーが発表
NECとシーイーシーが、印刷出力環境を問わないセキュアな印基盤を実現するソリューションを発売した。(2017/11/17)

Engineered Systemsを“日本品質”で提供できる理由:
PR:長年蓄えた独自ノウハウを凝集 Oracle Exadataの導入から活用までをワンストップで支援するNEC
日本国内における「Oracle Exadata」の導入推進において大きな存在感を放つNEC。2012年に取り扱いを開始して以来、さまざまな業種/業界に170台以上を導入してきた同社のエキスパートらに最新の活用事例や取り組みを聞いた。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/1/25)

一次サポートの対象をEngineered Systems 5製品に拡大:
PR:Oracle Exadata国内販売数No.1のNECが次に向かう先は? オラクルとの協業強化で企業のデータ活用をさらに加速
「Oracle Exadata」の国内NO.1販売数を誇るNECが、一次サポートの対象をEngineered Systems 5製品に拡大した。独自の技術/ノウハウも加えてEngineered Systemsの活用を強力に支援する同社は今後、企業のデータ活用をどのように加速しようとしているのだろうか? [プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/12/5)

NEC、ANAの国際線予約システムと社内システムの連携基盤を構築
ANAは、クラウド型国際線旅客システム「Altea」と同社の社内システムとをつなぐ「大規模データ連携基盤(CAP2)」を構築した。(2016/10/3)

富山の北日本放送、局内SDN化で運用工数を半減
北日本放送が社内ネットワークのコア部分をSDNで構築し、運用の効率化や既存ネットワークとのスムーズな共存を実現した。(2016/6/8)

コンサルいらずでシステム運用の改善を支援するソフト、NECが発売
運用業務のデータを自動的に収集して改善ポイントを提案してくれる。(2016/3/8)

PR:AWSコストを抑える自動化ツールを徹底検証!
必要なときに、必要なだけリソースを使えるAWS(Amazon Web Services)。だが従量課金というクラウドのメリットは、状況に応じてきめ細かく運用しないとかえってコストが膨らんでしまう両刃の剣でもある。こうした中、NECが提供しているのが、AWS対応のジョブ管理ツール「WebSAM JobCenter」だ。簡単にAWSのコストメリットを引き出すことができるという。では具体的にはどう使うのか? どれほど簡単なのだろうか? 編集部がその機能と使い勝手を徹底検証した。(2015/8/27)

NEC、最大1000万件に対応するID/アクセス管理製品を発売
パスワード認証と生体認証を組み合わせる2要素認証に対応した「WebSAM SECUREMASTER」を提供する。(2015/2/4)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(4):
運用自動化ツールまとめ 2014年版――国内/外資ベンダー7社の製品・サービスを一挙解説
第3回までオープンソースソフトウェアに焦点を当てて、「サーバー監視」など個々の作業の運用自動化を解説してきた本特集。今回は商用ツールが得意とする「個々の作業を連携させた一連のプロセスの自動化」にフォーカス。国内外の統合運用管理ツールベンダー主要7社の製品・サービスを一挙に紹介する。(2014/12/11)

DCをSDNでつないで災害・障害対策、NECが新ソリューション
NECは、異なる地域にある複数データセンター間のネットワークをSDN化し、これらを統合したクラウドシステムとして自動運用できるソリューションを発売する。(2014/5/28)

システム運用管理に関する読者調査リポート
増大するシステムに人員/スキル不足……、読者調査が示す運用管理の課題
TechTargetジャパンは2013年11、12月にシステム運用管理に関する読者調査を実施した。本稿では調査結果の一部として、システム運用管理業務の状況、システム運用管理ツールの導入・検討状況についてリポートする。(2014/1/9)

運用自動化ツールまとめ(国内ベンダ編):
工数削減だけじゃない、自動化ツールの真のメリット
運用自動化というと「人員削減」「コストが掛かる」といったネガティブな見方をする向きも多い。だが仮想化、クラウド時代において運用自動化とはそれほど単純なものではない。国内ベンダ4社のツールに真の意義を探る。(2013/11/8)

広がる! SDNの世界探訪(1):
「SDNは現実に期待できるソリューション」、草創期から取り組んできたNEC
人によって、またベンダによって異なる期待をされている「SDN(Software Defined Network)」。この記事では、各社のSDNに対する取り組みを知ることで、SDNに対する理解を深めていく。初回は、SDNのアーキテクチャやOpenFlowプロトコルの研究・開発に当初から参加し、国内外でSDNの発展に関与してきたNECに話を聞いた。(2013/10/22)

NEC、SDN事業を大幅強化へ 10月からソリューションサービスを展開
NECは、SDNを切り口としたシステム構築ビジネスを大手企業や官公庁、通信事業者、データセンター向けに本格化させる。グループ会社を含めたSDN専任技術者の増員も図る。(2013/7/10)

Interop Tokyo 2013から見たSDNのいま:
夢から現実のソリューションへ
6月に開催された「Interop Tokyo 2013」では、昨年以上に充実したSDN関連のデモンストレーションが注目を集め、同時にOpenFlowの可用性や監視機能など、実導入に向けた課題も見えてきた。会場で見付けたほかのユニークな製品も交えながら、その模様を振り返る。(2013/7/5)

NEC、クラウド基盤の運用管理ソフト最新版を発表 OpenFlow連携による自動化を支援
「WebSAM vDC Automation Ver2.0」では仮想リソースの自動割り当てやネットワークの集中制御、10万台規模の仮想マシンの一元管理などが可能になった。(2013/5/29)

IT資産管理製品紹介【第4回】
変化するインフラの構成/資産情報を一元管理できるNEC「WebSAM AssetSuite」
国内シェア上位のIT資産管理製品ベンダーを取材する本連載。今回はシステム運用管理の観点からIT資産管理の機能向上を追求したNEC「WebSAM AssetSuite」を紹介する。(2013/5/17)

NECも「垂直統合型製品」の出荷をアナウンス
NECはパートナーと共同で「垂直統合型製品」を出荷する。データベース関連ではOracle Databaseの他、次期SQL Server「Hekaton」搭載モデルのリリースも予告している。(2013/4/3)

運用自動化製品カタログ
統合運用管理製品ベンダーがラインアップしている運用自動化製品群。その中から国内シェア上位7社の製品を紹介する。(2013/2/27)

運用自動化製品紹介【第7回】
可視化、自動化、標準化でITILに沿った運用を支援する「Senju Family 2013」
運用自動化機能にフォーカスし、統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回は野村総合研究所の「Senju Family 2013」を紹介する。(2013/2/15)

コンプライアンス、セキュリティへの危機意識が増大
【市場動向】“システムの可視化”と分かりやすさがIT資産管理ツールの鍵に
無駄なコストの削減が主目的だったIT資産管理も、仮想化、クラウドの浸透によってその意義が変化している。IDCジャパンのアナリスト 入谷光浩氏の話から、IT資産管理ツールに対する企業の期待を探る。(2013/2/8)

運用自動化製品紹介【第6回】
ITILに準拠した運用管理作業を自動化する「IBM SmarterCloud Foundation」
国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回は日本アイ・ビー・エムの運用自動化製品群「IBM SmarterCloud Foundation」を紹介する。(2013/1/31)

運用自動化製品紹介【第5回】
ユーザーのITリソース入手をセルフサービス化する「CA Automation Suite for Clouds」
国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回はCA Technologiesが提供する運用自動化製品群「CA Automation Suite for Clouds」の中核製品「CA Process Automation」を紹介する。(2013/1/24)

運用自動化製品紹介【第4回】
全体最適に向けた自動化を実現する「HP Operations Orchestration software」
本連載では国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回は日本HPの運用自動化製品群「HP Business Service Automation」の中核となる「HP Operations Orchestration software」を紹介する。(2013/1/18)

運用自動化製品紹介【第3回】
プライベートクラウドの実現を視野に入れた「WebSAM vDC Automation」
運用管理の煩雑化に伴いニーズが高まっている運用自動化製品。本連載では国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回はNECの運用自動化製品「WebSAM vDC Automation」を紹介する。(2012/12/21)

仮想化とIAサーバのトップベンダーがタッグを組んで実現!
1Wayサーバで実現する“中小企業に効く仮想化”
「サーバ台数が少ないと導入効果も低いのでは」といった理由で仮想化の導入をためらう中小企業が多い。だが仮想化は中小企業にこそ効く。仮想化ソフトとIAサーバのトップペンダーがタッグを組んでそれを実証する。(2012/12/17)

運用自動化、障害の原因特定、一元管理へのニーズが増大
【市場動向】要員削減を受け、統合運用管理ツールは簡単・シンプルが鍵に
統合運用管理製品のトレンドを掘り下げると、現場が抱える課題と対策の傾向が見えてくる。IDCジャパン シニアマーケットアナリストの入谷光浩氏の話から、運用管理に対するユーザーの期待と投資の方向性を俯瞰した。(2012/10/26)

ホワイトペーパー:
知らないとかなり損する。使えばこんなにラクになる。Oracle Database環境の開発・運用効率の決め手とは?
正しいマネジメントツール選びとその活用が開発・運用効率を左右する。例えば「システムのレスポンスが悪い」というユーザーからのクレームに対して、性能を悪化させている個所を特定し、原因を分析し、問題を解決するまでどれだけの手間と時間を要しているか考えてほしい。(2012/10/11)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理
【保存版】仮想環境に最適な統合運用管理製品を一挙に紹介
コスト削減をはじめ多くの効果が認められているサーバ仮想化だが、運用管理にはまだ課題が多い。そこで力を借りたいのが統合運用管理製品だ。仮想化の管理で役に立つ統合運用管理製品を紹介する。(2012/9/14)

NEC、データセンター向け構成管理ソフトを発売
データセンター内のIT資産構成の自動取得や一元管理が行える。(2012/8/22)

NECが「スマート分電盤」を発売、セブン-イレブンと共同開発
セブン-イレブン・ジャパンが全国の店舗に導入する予定の機器を商品化した。(2012/4/16)

NECと日本オラクル、システム運用管理製品分野での協業を強化
Oracle Enterprise Manager 12cが提供する情報をWebSAMで活用するための新製品などを新たに展開する。(2012/4/3)

レポート ハイブリッド環境運用セミナー:
ハイブリッド時代の「業務を止めない」運用管理
@IT情報マネジメント編集部では2012年2月24日、東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで「第14回 @IT情報マネジメントカンファレンス 〜システムは異常なし、ビジネスには異常ありでは意味がない〜 ハイブリッド時代の『業務を止めない運用管理』」を開催した。ここではその要点をレポートする。(2012/3/27)

導入事例:
1321台のiMacをブートキャンプ、東大が構築した新「教育用計算機システム」
東京大学情報基盤センターが4年ぶりに教育用計算機システムを刷新。Mac/Winのデュアルブート環境やストレージデータの複製による災害対策を導入した。(2012/3/23)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理
仮想化の運用管理製品を提供するベンダー各社の製品の特徴やメリットを、1製品ずつ紹介する。(2012/3/1)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第4回】
プロセス管理と自動化に優位性 IBM Tivoliの仮想化・クラウド対応機能
Tivoliの仮想化対応機能の中でも特徴的である、プロセス管理とプロビジョニングの自動化を中心にTivoliの製品群を見ていく。日本IBM自身のプライベートクラウドへの取り組みも紹介する。(2012/2/28)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第3回】
物理/仮想の混在環境で、シンプルに視覚的な運用管理を実現するNEC WebSAM
NEC WebSAMの仮想化対応機能、クラウド環境に求められるシステム運用の機能に対応した製品を紹介する。ユーザビリティとアクセシビリティを向上させる使いやすいユーザーインタフェースが特徴だ。(2012/1/12)

NEC、消費電力を最大で半減したSAN対応ストレージ
NECは、iStorage Mシリーズのラインアップ強化として、「iStorage M500」、「iStorage M300」を追加。従来機比最大50%の省電力と4倍の処理性能を実現したという。(2011/10/20)

ANA、70種以上の業務システムが連携する共通基盤を構築 4カ月で移行
全日空は、NECの支援で旅客管理など70種類以上に及ぶ業務システムを連携させる基盤を構築した。オープン系技術を活用している。(2011/9/29)

千葉県庁がITシステムを全面的に刷新
システムを刷新すべく、千葉県庁はNECのセキュリティソリューションやサーバシステムなどを採用した。(2011/7/26)

NEC、クラウド基盤パッケージ「Cloud Platform Suite」の新製品発表
クラウド構築に必要なハード/ソフトをパッケージ化したNECの「Cloud Platform Suite」に、ユーザーが必要な分だけのリソースを利用できる「リソースプーリング」が盛り込まれた。(2011/7/19)

プリンタ/複合機の利用状況を見える化――NEC、統合印刷管理ソフトを発売
NECは、オフィスに複数設置したプリンタ/複合機の利用状況をグラフや表で可視化するソフトを発売した。プリンタ/複合機のメーカーや機種を問わずに利用できる。(2011/6/21)

NECとウイングアーク、大規模なビジネス分析システムを共同展開へ
NECとウイングアークは、ビジネス分析(BI)分野での協業体制を強化し、既存の約10倍の処理能力が求められる大規模システムへの対応を進める。(2011/4/27)

“クラウド時代の企業システム”構築を支援するソフトウェア製品群、NEC
NECが2011年に投入するクラウド基盤ソフトウェア群は、多種多様なクラウド環境を一元的に管理できる製品や、プライベートクラウド環境における急激な負荷変動等に対応する製品で構成される。(2011/2/28)

ネットワーク管理製品一覧
ネットワークにはさまざまな機器がつながるため、管理や障害対応に必要な情報は多岐にわたる。ネットワークを安全に運用するために、各レイヤーでの情報収集・管理に必要となる製品を掲載する。(2010/10/27)

プライベートクラウドソリューション最前線【第2回】
SAP ERPを使った基幹システムをサービス提供するNECのクラウド
NECのクラウドサービスには「SaaS型」「共同センター型」「個別対応型」の3タイプがある。共同センター型では、自社基幹システムで構築したグローバル標準プロセスベースのSAPシステムを顧客にサービス提供する。(2010/10/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。