ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小麦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小麦」に関する情報が集まったページです。

祭りといえば「ポッポ焼き」、職員室でなく「教務室」 他県民の知らない“新潟あるある”の世界
そしてアイスといえば「もも太郎」。(2020/7/1)

スピン経済の歩き方:
長く低迷していたインスタント袋麺のブレイクは、“復権”の兆しなのか
これまで長く低迷してきたインスタント袋麺が、この3月から急にブレイクしている。「ステイホームの影響で売れているんでしょ」と思われたかもしれなしが、自粛解除後も売れているのだ。背景に何があるのかというと……。(2020/6/23)

ぷにぷにの虜! 大人気のカプセルトイ「超熟 Pascoのパンミニチュアスクイーズ」が第2弾になって帰ってきた
やみつきになるぷにぷに。(2020/6/12)

かわいすぎるビジュアルが話題の「ユニコーンコスメ」全色レビュー! 魔法少女の変身アイテムのようなコスメは、中身も抜かりなくドリーミーでした
日本からも購入可能です!(2020/6/9)

駄菓子ビッグカツ、連日完売のヒミツ
子供たちに愛されている駄菓子「ビッグカツ」が自宅で作れるとして人気だ。ビッグカツを製造販売している広島県呉市の魚介加工品製造・販売会社「すぐる」が、新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続くなか「家族で駄菓子作りを楽しんでほしい」と「おうちdeビッグカツ(ビッグカツの肉)」を開発した。(2020/6/1)

パンケーキを作るレゴのストップモーションアニメ 優雅にパンケーキを焼く様子がリアル
食べられる気がしてきます。(2020/5/11)

モノづくり総合版 メールマガジン 編集後記:
私のGWを「Gray Week」から「Golden Week」に変えてくれたもの
やはり人生はパンとワインだけでは生きていけない。(2020/5/7)

司書みさきの同人誌レビューノート:
見る、食べる、愛でる―― イカ愛好家たちによる同人誌『いか生活』でイカの魅力を再確認 
イカパーティ―が気になる。(2020/5/3)

PR:「気が付いたらお菓子が1袋あいている」「思い立ってお菓子づくりをする」“在宅おやつあるある”集めてみた
みんなの在宅おやつ事情、気になる。(2020/5/14)

英IKEAがミートボールのレシピ公開 動画で自宅にいながらおなじみの味を再現
クリームソースのレシピもあります。(2020/4/27)

「パンケーキを作ろうとしたの」 なぜか出来上がったツヤツヤな鉄板にしか見えない1枚をご覧ください
こりゃまた上質なホットサンドメーカーで……え、違う?(2020/4/25)

KAMIYAMA Reports:
新興国市場のストレスは国で異なる
新型コロナウイルスの感染防止のための行動制限等により消費が蒸発したことなどから、世界の金融市場は大きなストレスを受けている。ただし、国・地域によりその度合いは異なり、先進国より新興国のストレスが高いとは限らない。(2020/4/20)

お家でゆっくり楽しみたい ねこの形の食パン「ねこねこ食パン」のオンライン販売がスタート
お店が遠くて買えなかった人にも。(2020/4/16)

食の流行をたどる:
「高級食パン」に「萌え断」 空前の食パンブームが起きたビジネス的“必然”に迫る
空前の食パンブームが発生している。筆者は“手の届く範囲での高級化”がポイントだという。どういうことか?(2020/4/12)

ディズニーの定番スナック「チュロス」で“おうちディズニー”の機運 海外パークの公式レシピが注目を集める
“魔法のレシピ”が再注目されています(2020/4/9)

緊急事態宣言で始まる「忍耐の1カ月」 スーパーや薬局は営業 パチンコ、ネットカフェは……
緊急事態宣言で生活はどうなるのか。海外のようなロックダウン(都市封鎖)は行わず、JRや私鉄、空港、高速道路など交通インフラは運行を続けるが、首都圏の鉄道では減便も検討されている。(2020/4/8)

タイムアウト東京のオススメ:
デリバリーできるウマいカレー5選
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/4/7)

TOKIO特製のDASHカレーを作ってみた! 甘・酸・辛・苦・臭が絶妙のバランスでめちゃウマい ビールに合う―
調理に3日かかりました。(2020/3/30)

行列の出来る食パン、その「ミソ」は
高級食パンブームで全国に専門店が続々と登場する中、茨城県に行列の絶えない食パン専門店ができた。日立市に昨年12月に誕生した食パン専門店「醸す生食パン工房 うち山」だ。(2020/3/30)

食の流行をたどる:
飲んだ後のシメが「パフェ」や「ステーキ」!? 独自すぎる地域のシメグルメ、そのビジネスチャンスを探る
お酒を飲んだ後は「ラーメン」という人も多いのでは。しかし、パフェやステーキがシメグルメとなっているところもある。ご当地独自のシメグルメをビジネスチャンスにつなげるには?(2020/3/17)

肉を一切使っていないハンバーグ丼「ベジバーグ丼」がファミリーマートで発売へ 大豆ミート使用でヴィーガン食に良さそう
価格は498円(税込)。(2020/3/15)

顕著な西高東低人気:
新たな「和食」に名乗り ビーフンは“関ケ原”と太平洋を越えられるか
ケンミン食品が、ビーフン人気の向上に熱心だ。現在、ビーフンの国内市場は年間1億食ほど。年間に1人1食はビーフンを食べているとされる。しかし、同社によるとビーフン人気は顕著な西高東低。さらなる市場拡大のため、ビーフンは“関ケ原”を越え、太平洋をも越えていけるか。(2020/2/26)

月刊乗り鉄話題(2020年2月版):
はいさーい!! 日本最南端の鉄道「ゆいレール」に乗ってきた
ゆいレール乗車+冬の沖縄を楽しむ乗り鉄的旅行ガイド。時には再建を願ってしんみりしましょう。【写真50枚】(2020/2/20)

IIFES2019:
クボタが目指すスマート農業、「もうかる農業」をどう実現するか
オートメーションと計測の先端総合技術展「IIFES2019」(2019年11月27〜29日、東京ビッグサイト)のキーノートセッションに、クボタ特別技術顧問工学博士の飯田聡氏が登壇。「クボタの目指すスマート農業」をテーマに、同社のスマート農業への取り組みを紹介した。(2020/2/13)

短期間の試験導入で得た、大きな知見:
「良い物を作るだけでは売れない」老舗和菓子店がマーケティングにAIを導入した理由とは
2019年、創業200年超の和菓子屋がマーケティングにAIを導入した。現場の勘や職人の経験が生きる業界で古い伝統を守りつつ新技術を取り入れて成長を続ける、老舗の挑戦を追った。(2020/2/17)

セブンのフランクフルトソーセージをチーズ2倍のブリトーで包むだけの簡単“拷問メシ”がウマい……!
これが食べられるなら、なんでもしゃべりますっ。(2020/1/29)

農水省職員が官僚系YouTuberに 大臣の“ネット活用アイデアがほしい”に若手が「待ってました」と提案
農林水産省は1月7日から地方の魅力を伝えるプロジェクト「BUZZ MAFF」を始め、YouTubeで動画を配信している。江藤拓農水相の「ネットを使った日本の魅力を若い世代に世界中に発信するという工夫をしたい」という要望に若手が反応し、日々さまざまなコンテンツを発信している。(2020/1/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“多方面外交”を進めていたのに台風が…… 幸楽苑は苦難を乗り越えて復活できるか
一時期は落ち込んでいた幸楽苑が復活しつつあった。しかし、台風により工場が被災してしまう。試練を乗り越えて復興できるか。(2019/12/25)

「天才w」「クリームがもはやクレンザー」 緑と黄色のスポンジケーキを焼いて重ねたら想像以上に「スポンジ」だと話題に
これが本当の“スポンジケーキ”。(2019/12/22)

「伝統とこだわり」をどう確立したのか:
“辺境の密造酒”スコッチ・ウイスキーが世界を制した訳――「資本主義の酒」の歴史的マーケティング
実は「辺境の密造酒」から始まったスコッチ・ウイスキー。「伝統とこだわり」のブランドを維持しつつどう世界に羽ばたいたか。人気ラノベ作家が歴史から迫る。(2019/12/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「ビーフン」に成長の余地があるのか 最大手「ケンミン食品」が狙う空白市場
ビーフン最大手のケンミン食品。2016年には年間約1000万食だった売り上げは、17年以降は約1500万食へと1.5倍に増えた。どのような成長戦略を描いているのか。(2019/12/17)

試用段階:
“食べられる”コーヒーカップが登場 一部空港ラウンジと航空機内サービスで
食べられるコーヒーカップが登場。ニュージーランド航空が試験的に導入。どのような素材でできているのか。(2019/12/9)

マックの「グラコロ」、12月4日発売 令和元年ももう小麦粉バーガーの季節か……
小麦粉ばかりじゃない、「ビーフデミ チーズグラコロ」も登場。(2019/12/2)

「ダース」や「森永ミルクチョコレート」がミニチュアになった! 森永製菓のミニチュアフィギュア第2弾が登場
キッチン家具がついてるセットもあるよ!(2019/12/1)

「粉塵爆発」って何で知った? 問いかけるツイートが『マスターキートン』『バキ』などさまざまな回答で盛り上がる
絶体絶命のピンチを小麦粉で覆すやつ!(2019/11/29)

かわいくておいしいやつ ねこの形の食パン専門店「ねこねこ食パン」が東京初進出
切っても切ってもねこの顔。(2019/11/22)

「クッキークリッカー」ガチ勢に聞く、ババアと過ごした6年間 「クッキーを焼くのに感情っていらないんです」
ブームが去ってなおクッキーを焼き続ける2人のガチ勢にインタビュー。(2019/11/16)

レゴのお料理動画がおいしそう? ブロックでピザを作るストップモーションアニメが「ポキポキ」「ダリダリッ」気持ちいい
レゴのピザは「シャキシャキ」。(2019/11/11)

どらやき×ロールアイス 井村屋から「どらやきロールアイス バニラ」登場
和菓子の豊かな味わいと濃厚なクリームのマリアージュ!(2019/10/13)

魚から造られる醤油「魚醤」とは?
(2019/10/7)

10月10日10時オープン:
1杯1180円の重箱ラーメン 味にも内装にもこだわった銀座の“高級”一蘭 オープンの狙いを探る
一蘭が10月10日に「銀座一蘭」をオープンする。限定メニューとして、重箱に入った高級ラーメン「天然とんこつラーメン(銀座重箱)」が提供される。麺やチャーシューだけでなく、内装にもこだわりがある店舗。一蘭では高価格帯のラーメンが登場し始めており、競合もホテルのルームサービスなどを開始している。(2019/10/4)

新連載・飲食店を科学する:
リンガーハットの顧客満足度はなぜ3年連続1位? ちゃんぽんで“ひとり勝ち”のビジネスモデル
リンガーハットが3年連続顧客満足度1位となっている。独自のビジネスモデルとも密接に関係している。ちゃんぽん分野でライバル不在の理由とは?(2019/10/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新登場の“あんぱん“はサブウェイを救う? 苦戦が続く原因から読み解く
サブウェイがあんこを挟んだサンドイッチで巻き返しを狙う。日本市場で苦戦している背景にはコンビニや外食チェーンの“野菜強化”がある。じわじわ増えているサラダボウル専門店も新たな脅威になりそうだ。(2019/10/1)

「妖精がこっそり住み着いているような可愛い部屋にしよう」→ 天井から見下ろす人形が怖すぎる部屋が完成
目を離したら動きそう……。(2019/9/21)

これからのAIの話をしよう(AI対談編):
「みんなAIを難しく考えすぎ」「本当に必要か考えて」 AIに振り回される会社の共通点
日本企業はAI後進国なのか?――メルカリの濱田さんとAI開発の事情に詳しいマスクド・アナライズさんのAI対談が実現。日本企業のAIをめぐる現状について議論した。(2019/8/23)

予防保全:
PR:菓子メーカーがIoTで予防保全を実現するまで、竹内製菓の挑戦
IoTは先端技術という認識もあるが、その中で人手が中心の菓子メーカーでIoT活用により予防保全を行い、成果を挙げた企業がある。石川県加賀市の竹内製菓グループである。なぜIoT活用に踏み切ったのか。同社の取り組みを追う。(2019/8/19)

大ヒット商品「バスチー」の効果も:
ローソンのスイーツ部門が復活 “冬の時代”をどう脱却したのか
ローソンのスイーツ部門の業績が復活している。特定の層を狙った商品開発が成功した。大ヒット商品「バスチー」も貢献している。(2019/8/8)

ポン・デ・リングを作ろうと揚げるもあえなく解散 カラっとサータアンダギーになる不思議
音楽性の違いかな……?(2019/7/29)

ホットケーキがブルーオーシャン? 令和で成功するヒントがそこにある
シンプルで家庭でも焼けるホットケーキはビジネス的には採算が合わず、大半のお店のメニューから消えつつあるが、その一方でホットケーキにこだわり続け、磨きをかけ、今や世界を魅了している繁盛店もある。そこにはビジネスのヒントがあるはずだ。(2019/7/29)

「土用の丑の日」間近:
「奇跡のウナギ缶詰」物語――“日本一の防災”目指し始まった「町おこし」
高知県の黒潮町缶詰製作所で作られている「奇跡のウナギ缶詰」を巡る物語――。(2019/7/11)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。