ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小麦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小麦」に関する情報が集まったページです。

「土用の丑の日」間近:
「奇跡のウナギ缶詰」物語――“日本一の防災”目指し始まった「町おこし」
高知県の黒潮町缶詰製作所で作られている「奇跡のウナギ缶詰」を巡る物語――。(2019/7/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
埼玉発「ぎょうざの満洲」 消費増税に負けない“独自すぎる”ビジネスモデルに迫る
埼玉県発祥の「ぎょうざの満洲」。東京だけでなく関西にも進出し、着実に成長している。消費増税も恐れない独自のビジネスモデルに迫る。(2019/7/9)

安藤百福氏をイメージしたラーメンも:
大手チェーンなのに店舗限定ラーメンを連発する一風堂の狙い
大手ラーメンチェーンの一風堂が店舗限定メニューを強化している。北は北海道から南は沖縄県まで11店で展開している。その狙いはどこにあるのか。(2019/7/2)

熱きシニアたちの「転機」:
ワンマン社長の奴隷、3500万円の借金地獄――“31歳無職の男”は「伝説の居酒屋カリスマ」にどう成り上がったのか【後編】
3500万円の借金地獄から、アッという間に大金持ちになった男の波乱万丈な成功物語の完結編――。(2019/7/1)

敷島製パンがイーストフード・乳化剤不使用の強調表示をやめると発表 「安全ではないものとの誤解を避けるため」
山崎製パンの発表以降、他社の動向が注目されていました。(2019/6/26)

今日のリサーチ:
マヨネーズはブランド、豆腐はコスパを重視――ドゥ・ハウス「4つのショッパータイプ」に関するアンケート調査
ショッパーすなわち買い物をする人のスタイル調査です。(2019/6/20)

温暖化がビジネスチャンスに? 気温上昇でごはんがおいしくなるワケ
この5月、北海道では観測史上初めて気温が39度を超えました。この影響はさまざまなところに表れていて、その1つがコメ作りです。北海道がおコメの名産地となった背景には、この温暖化が関係しています。(2019/6/15)

「2019年サンリオキャラクター大賞」1位はハローキティ 3連覇がかかっていたシナモロールは2位に
キティさんの1位は6年ぶりです。(2019/6/4)

建設会社がコッペパン販売!? 理由は「クルマの自動運転化」
コッペパン専門店「コッペ亭」が他店と一線を画すのは、運営するのが建設会社という点だ。なぜ、畑違いの新規事業に挑むのか−。その理由は「クルマの自動運転の実現が近づいているから」だ。(2019/6/4)

レブロンのリビングコーラルなリップティントとチークが使いやすそう フラミンゴカラーで血色良く見える
ネイルにもこの色出してほしい。(2019/6/2)

肉の概念を変えた:
米国で“肉のようで肉でないモノ”が売れている、2つの理由
米国でミートレス食品を製造するインポシブル・フーズが、話題になっている。いわゆる肉の代替え食品を扱っているわけだが、なぜフーズ社の売り上げが伸びているのか。2つの理由があって……。(2019/5/30)

どこが違うの? 「サイダーとソーダ」「そうめんとひやむぎ」「アイスクリームとアイスミルク」【漫画版】
知ってるとドヤれる。(2019/5/17)

期間限定オープン:
「からあげクンBAR」に行ってみた 独自の世界観と創作レシピをビールと一緒に味わう
4月15日から5月6日まで、「からあげクンBAR(バル)」がオープン。限定メニューをビールと一緒に味わえる。誕生してから33周年を迎えたからあげクンの新戦略とは?(2019/4/17)

実はミステリーな料理「がんもどき」の歴史
謎すぎるだろ……。(2019/4/8)

ナゲットでもから揚げでもない?:
ファミマが「からあげクン」に“宣戦布告” 新商品の「ポケチキ」を食べ比べてみた
ファミリーマートが一口サイズのフライドチキン「ポケチキ」を発売する。ローソンの看板商品「からあげクン」と競合する商品だ。ポケチキとからあげクンを実際に食べ比べてみた。(2019/3/20)

圧倒的不審者の工房:
自宅でおいしいパン作り → いつの間にかカーボンより硬い「パン包丁」が完成、抜群の切れ味を発揮
これが未来のお料理動画だ(大嘘)。(2019/3/16)

こんなに変わるのか! みちょぱ、小麦肌から“真っ白にゃんこ”に変身した姿が注目集める
色白は作れる。(2019/3/14)

3歳めいっ子の「お化粧ごっこがしたい」に全力で応えた結果→すごいクオリティーのコスメおもちゃが誕生
こんな親戚のお姉さんが欲しかった……!(2019/3/14)

スマートアグリ:
ヤマハ発動機のスマート農業基盤「YSAP」、ドローンや無人ヘリコプター活用に特化
ヤマハ発動機と国際航業、トプコン、ウォーターセルの4社は、農業用ドローンや無人ヘリコプターによる農薬散布、施肥の作業や運航のデータを管理するヤマハ発動機のソフトウェアサービス「YSAP」の提供に向けて協業を開始すると発表した。(2019/3/11)

見ただけで鼻水出そう 花粉がぶわわっと立ち上る写真に悲鳴
目が、目がぁ〜!(2019/3/9)

海外に100店超:
海外で増え続ける「一風堂」 運営会社に聞いた進出の苦労とラーメンの味
「一風堂」を運営する力の源(HD)が海外展開を進めている。海外の店舗数が国内を抜きそうな勢いだ。現地でラーメンをどのようにつくって売っているのか?(2019/3/8)

丸亀製麺で有名:
焼き鳥からうどんへ“華麗”にシフト トリドールが戦略転換できたワケ
セルフうどん店の「丸亀製麺」で急成長したトリドールHD。実はもともと焼き鳥チェーンを経営していた。どうして畑違いともいえる別業態でも成功できたのか。(2019/3/6)

ねとめし:
とろとろ〜っとしたクリーム×カニカマが絶妙なトーストが、寒い朝にピッタリだった!
お手軽にカフェモーニングが作れちゃいます。(2019/2/13)

サプライチェーンのさまざまな場面に適用
食料廃棄問題の解消にも役立つ最新技術「フードテック」とは?
食料廃棄という大きな問題を解決するための技術が登場している。食品を長持ちさせる、農業の生産性を上げる、物流を管理するなど、アプローチはさまざまだ。(2019/1/13)

銀座コージーコーナーのいちごへの情熱がすごい! いちごの“濃厚な味わい”を目指した新作発売&ショートケーキがリニューアル
2019年も旬の苺フェアやっています。(2019/1/9)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
東京と大阪の“抗争”が激化 今年も高級食パン戦争から目が離せない
2018年には高級食パン専門店が大ブレイクした。これまでは関西で生まれた専門店が続々と東京に“殴り込み”をかけていたが、東京勢がここにきて関西に進出しはじめた。19年の高級食パン戦争の行方はどうなるのだろうか。(2019/1/6)

個性的な店が生まれたワケ:
「パンが好き」とみんなが言い始めた 平成のパンブームの正体
「パンブーム」と言われて久しい。パンイベントには行列ができ、多種多様なパン屋が次々と注目を浴びるようになった。近年のブームとは何なのか。パンライターの池田浩明さんは「パンが好き、とみんなが言い始めたこと」だと言う。どういうことかというと……(2019/1/3)

ブランドの“老朽化”防ぐ:
湖池屋スコーンは「若者のスナック離れ」にどう立ち向かうのか
湖池屋がスナック「スコーン」を2月に刷新。商品自体を改良するほか、高校生に的を絞りマーケティングする。若者のスナック離れを食い止め新規顧客を開拓。(2019/1/3)

2日目も熱いぞ冬のコミックマーケット(C95)! 僕らを“退屈”から救ってくれそうなコスプレ写真まとめ
ネタからガチまで幅広くお届け!(2018/12/30)

パンマニアが今年最も注目したパン「パン・オブ・ザ・イヤー2018」発表 見ているだけで食欲が止まらない
マニア注目のパンに胃袋が刺激される!(2018/12/7)

Pascoのパン「超熟」シリーズがぷにぷにできるミニチュアに カプセルトイで登場
超熟もあらびきソーセージもぷにぷにし放題(2018/12/10)

内田恭子の「日常で触れたプロフェッショナル」:
今の私になくてはならない、風変わりな天才のN先生
天才と変人は紙一重というけれど、まさにこの人はぴったり当てはまる。私がお世話になっている漢方医のN先生だ。とにかく面白い先生がいるからと、友人に紹介されて、いざ出会ってみると……。(2018/11/8)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪勢が東京に“殴り込み” 過熱する高級食パン戦争
大阪でスタートした高級食パン専門店が東京に進出してきている。一方、東京でも高級食パン専門店が次々とオープンしている。過熱する高級食パン戦争の行方は?(2018/11/6)

ソーラーシェアリング入門(5):
ソーラーシェアリングの成功に欠かせない、農作物の選定と設備設計のポイント
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの成功に欠かせない、農作物の選定と設備設計のポイントについて解説する。(2018/11/5)

「もっとちょうだいってくらい好き」 竹達彩奈、三田製麺所への愛をぶちまけ常連の風格を漂わせる
かねて三田製麺所好きを公言していた竹達さん。(2018/11/1)

横須賀トンネルめぐり1日旅(1):
最高すぎて完全に恋に落ちた 隧道マニア監修の「横須賀トンネル旅」やってみた【追浜編】
横須賀は本当にトンネル天国だった。明治・大正・昭和がめくるめく横須賀トンネル旅の第1弾は「追浜エリア」です。【写真たくさん46枚】(2018/11/1)

1時間半待ちの行列も:
5万人を引き寄せる「パン祭り」を生んだ、まちづくりへの思い
2日間で5万人が訪れた「世田谷パン祭り」。全国のパン屋のパンを買うために、最大1時間半待ちの行列もできた。人気イベントはどのように生まれ、なぜ多くの人を引き付けるのか。仕掛け人に聞いた。(2018/10/22)

【マンガ】その修行、俺も混ぜて〜! 中世の修道士が断食中に口にしていた「液体のパン」がゴクゴク飲みたい
こんなの、まずいわけがない。(2018/10/22)

タイムアウト東京のオススメ:
出勤前に立ち寄る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/10/3)

今日のリサーチ:
北海道胆振東部地震における調理ニーズを検索ワードで分析――クックパッド調べ
クックパッドは、検索ワードから被災地域における食生活の変化を分析しました。(2018/10/2)

一風堂、ハーフサイズラーメンに特化した「1/2PPUDO」を八王子にオープン 豊富なサイドメニューも提供
セットで頼むと割引になるのもうれしい。(2018/10/1)

9月18日から:
ローソン、サンドイッチを刷新へ 具材の味わい向上、「プレミアム」シリーズも登場
ローソンが9月18日からサンドイッチを刷新する。具材に使用する「たまごサラダ」などの配合を、より味わいを感じられるものに変更する。25日からは「プレミアムサンドシリーズ」の発売も開始する。(2018/9/14)

セブン-イレブンのクリスマスケーキが早くも登場 定番もブラックサンダーもモンブランも
ローストビーフやシャンパンも。(2018/9/14)

「運がよかった」 “AIが考えた”日清の新商品 甘くない開発の舞台裏
日清食品が9月3日に発売した「カレーメシ」の新商品は、AI(人工知能)を駆使して生まれた一品だ。約2400万通りの食材の組み合わせから、AIがレシピを選定した。(2018/9/14)

食べ物を粗末にしちゃ……ええええ!? 小麦ねんどで作られた「チョコパイ」が本物そっくり過ぎて驚嘆の声上がる
どうみても食べられるチョコパイにしか見えない。(2018/9/13)

水曜インタビュー劇場(カタイ公演):
なぜドンクのフランスパンは、年240万本も売れているのか
神戸生まれのベーカリー「ドンク」のフランスパンが、売れに売れている。発売してから50年以上も経っているのに、なぜいまでも多くの人に愛されているのか。その秘密を取材したところ……。(2018/9/12)

ラング・ド・シャが丸く焼けない→顔を描き足して「メタモン」に お菓子作りの失敗を取り返す発想の転換がうまい
かわいくておいしそうっ。(2018/9/10)

現場管理:
G7サミットにも導入された報告書作成と位置情報把握の“フィールド業務”支援システム
Google Cloud Platformパートナーのマルティスープは、工事・保守・点検・調査といったフィールド業務をサポートする「iField(アイ・フィールド)」のサービスを展開している。iFieldは、Google Mapsを活用したフィールド業務向けの現場報告システムで、マルティスープの強みであるカスタマイズ提供によって、インフラ点検をはじめ、不動産管理、大規模農業の管理、G7伊勢志摩サミットでの警備活動など、多岐にわたる用途で活用されている。(2018/8/24)

原点回帰か本格路線か:
真夏のコンビニ中華まん 熱き「ふんわり」VS「もっちり」バトル
今夏にコンビニ各社が相次ぎ中華まんを刷新して発売。食感が「ふんわり」か「もっちり」かがポイントで、ローソンは消費者調査を経て原点回帰のふんわり路線に。(2018/8/16)

夏の暑さも吹き飛ばす! 夏コミを彩るコスプレイヤーさんたちにシャッターを切る指が止まらない 
2日目も暑いけど夏コミは大盛り上がりです!(2018/8/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。