ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小麦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小麦」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

【なんて読む?】今日の難読漢字「撓垂れる」
ヒント:○○○れる(2021/9/29)

「粉ミルクをぬるま湯で作ると危ない理由を知ってほしい」 管理栄養士のTwitter投稿に4万いいねの反響、小児科医に詳しい話を聞いた
しっかり覚えておきたい。【2022年7月4日13時15分訂正】(2022/7/4)

7月3日から:
セブン、「北海道フェア」第2弾開催 名店監修のラーメン、メロンを使用したスイーツなど13品
セブンは「北海道フェア」第2弾を開催する。第1弾が好評だったことを受け、品ぞろえを強化した。名店監修のラーメン、メロンを使用したスイーツなど13品を販売する。(2022/7/1)

高級食パンの「銀座に志かわ」、季節の味わいを取り入れた食パンを限定販売 7月は「二段仕込み 塩こしあん」
販売期間は毎月1日から10日間限定、数量限定のため無くなり次第販売終了。(2022/6/27)

約500人に聞いた:
値上げで購入頻度を減らす食品 2位は「小麦粉やミックス粉」、1位は?
食品の値上げに伴う消費についてのアンケート調査を実施した。約9割のユーザーが「食品の値上げを感じている」と回答。値上げが原因で購入頻度が減少しそうな食品は?(2022/6/26)

高級「生」食パンの乃が美 「おこげ製法」を取り入れた「黒山乃が美」を発売
高級「生」食パン専門店の乃が美(大阪市)は、「生」食パンの新ライン「黒山乃が美」を7月1日から販売する。(2022/6/22)

7月4日から:
イオン、トップバリュ3品目を値上げ 約5000品目は「価格据え置き」継続
イオンは6月21日、同社のプライベートブランド(PB)「トップバリュ」のうち、3品目を7月4日から値上げすると発表した。それ以外の食料品・日用品など約5000品目は、7月以降も価格据え置きにする。2021年9月以降、価格据え置きを打ち出していた同社だが、初めて値上げに踏み切る。(2022/6/21)

クレープ2品:
累計6200万食売上「ファミマ・ザ・シリーズ」、初のスイーツ発売
「ファミマ・ザ・シリーズ」から新スイーツ「ファミマ・ザ・クレープ」を2種類発売する。「ファミマ・ザ・シリーズ」は累計6200万食売り上げる人気シリーズ。生チョコ、ティラミスの2種類のフレーバーを販売する。(2022/6/16)

2つの理由を考える:
毎年「賃上げ」なのにいつまでたっても日本企業が低賃金なワケ
毎年賃上げがなされているにも関わらず、日本の賃金指数は横ばいです。なぜなのでしょうか?(2022/6/16)

米粉輸出が大幅増 小麦高騰で注目、ノングルテン市場期待も
ロシアのウクライナ侵攻による小麦価格の高騰を受け、小麦粉の代替品となる米粉が注目され、輸出拡大の機運が高まっている。(2022/6/15)

ミツカン公式「ぽん酢のぬいぐるみがとても欲しい」→ めげずにガチャを回し続ける中の人に声援集まる
幾度の不発を経て、やっと引き当てた瞬間にもドラマが。(2022/6/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
昼前には完売、整理券を配布 崎陽軒と共同開発した「関西シウマイ弁当」が売れている背景
JR姫路駅(兵庫県姫路市)の駅弁「関西シウマイ弁当」が売れている。昼前には完売する店舗もあり、人気が高まっている。崎陽軒の「シウマイ弁当」をどのように関西風に仕上げたのか。(2022/6/15)

PR:【実食レポ】 丸亀製麺の夏うどんは、さっぱり「鬼おろし」×選べる「牛」「鶏」「豚」! キミはいったいどれにする?
毎年大好評の「鬼おろし」が、今年はなんと選べる3種類!(提供:丸亀製麺)(2022/6/15)

仕入れに影響:
「原材料費の高騰はダメージ」9割以上の飲食店、メニューの値上げは?
飲食店リサーチ運営するシンクロ・フードは、飲食店経営者・運営者を対象とした「原材料の価格高騰に関するアンケート調査」を実施。その結果……。(2022/6/9)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
AIは食糧危機を救えるか? 農作物収穫のメリットと、サイバー攻撃などによる新たなリスク
コロナ禍は食糧供給にも大きな影響を与えている。そこで期待されているのが、AIによる農業の後押しが期待されている。農作物収穫の効率化を目指す一方、サイバー攻撃などによる新たなリスクが発生すると指摘する声もある。(2022/6/8)

大手3社の値上げまとめ:
セブンの100円コーヒーにローソンのからあげクン コンビニの値上げラッシュが止まらない
コンビニの値上げラッシュが止まらない。セブンの100円コーヒーにローソンのからあげクンなど。ファミマ、ローソンは今後も値上げを行う予定だと明らかにしている。(2022/6/3)

ロボットが調理から配膳まで担当:
店内に鳴り響く「キュイーン!」 川崎重工が“メカの駆動音にあふれた”未来型レストランを運営する理由
配膳を担当するロボットが、目の前に料理を運んでくれる。店内には常に「キュイーン!」「ウィーン!」というメカの駆動音が聞こえてくる。ここは川崎重工が運営する「Future Lab HANEDA」。なぜ、そんな施設を運営しているのか?(2022/5/31)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「サーモン」輸入にウクライナ侵攻の影響 それでもスシローやくら寿司が大きく慌てていない理由
ロシアのウクライナ侵攻がサーモンの輸入に影響を与えている。特に、ノルウェーからの空輸便がロシア上空を通過できなくなっている。一方で、スシローやくら寿司などがサーモン不足に陥っていない理由とは?(2022/5/31)

影響を受けるのは:
ホテルにも値上げの波 訪日客回復は「年明け」か
新型コロナウイルス禍で稼働率が低下し、厳しい経営環境にあるホテル業界にも値上げの波が押し寄せている。コスト高の影響を大きく受けるレストランを中心に、人件費高騰などでサービス料の値上げを余儀なくされる施設も。(2022/5/30)

企業が「黒海」に注目すべき3つの理由 地政学的重要性、ウクライナ戦争で表面化
ロシアによるウクライナ侵攻で、海上ルートとしての「黒海」の地政学的重要性が注目を集めている。なぜ重要なのか、3つの視点からそれぞれ解説する。(2022/5/28)

新横浜ラーメン博物館で「あの銘店をもう一度」プロジェクトが始動 過去に出店した約40店舗が復活
名店の味、再び。(2022/5/26)

カスハラにつながる恐れ:
“消毒液をまいておけ”―「送料無料」が招くドライバー軽視の風潮
近年、ネット通販サイトなどで頻繁に見られる「送料無料」の文字。手頃な印象を消費者に与える一方で、弊害を被る人々がいる。荷物の配送を担うトラックドライバーたちだ。「無料」という言葉が、宅配サービスの価値は低いという印象を与え、トラック輸送に従事する人々の社会的地位を低下させている――。足元では荷物の再配達が増えているといい、運輸業界は「送料無料」表示の見直しを訴えている。(2022/5/26)

値上げの波:
揚げ物が大ピンチ! ロシアのウクライナ侵攻が引き起こす“植物性油ショック” 
ロシアのウクライナ侵攻を受けて原油価格が上昇しているが、価格高騰は食用油にも及んでいる。特に揚げ物や食品、日用品などに幅広く使われている植物性の「パーム油」は、トップ生産国のインドネシアが一時、禁輸に踏み切ったことで混乱を招いた。日本も値上げの波がさらに高くなる恐れがある。(2022/5/24)

スピン経済の歩き方:
老舗が続々廃業! 「和菓子店の危機」がここにきて深刻なワケ
老舗和菓子店が相次いで廃業している。地元の人に長く愛されてきた和菓子店が、なぜ閉店しているのだろうか。原因は「新型コロナの感染拡大」「手土産需要の減少」だけでなく……。(2022/5/24)

家計にしわ寄せ:
食品などの値上げ止まらず、消費はどうなる?
生活に身近な商品の値上げラッシュが止まらない。消費者が生活防衛意識を強め、購入や利用を見送ることで、消費全体が冷え込む恐れもある。(2022/5/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
一度は廃れた「焼き芋」がなぜブーム? ドンキは通年販売、コンビニ3社は“冷やし”を提案
一度は廃れた「焼き芋」がブームになっている。ドンキやマルエツでは通年販売しており、コンビニ大手も冷やし焼き芋を提案する。専門店も増えており、関連するイベントも盛り上がっている。(2022/5/14)

丸亀製麺、人気商品「トマたまカレーうどん」のカレーライス版を発売 組み合わせ需要に対応
丸亀製麺は、新商品「トマたまカレーライス」を全国の丸亀製麺で5月17日から販売する。昨年人気だった「トマたまカレーうどん」のライスバージョンで、丸亀製麺で定番の「うどん」と組み合わせて食べたいという需要に応えた。(2022/5/13)

主要外食100社の3割「1年以内に値上げした」 上昇幅は平均77円 帝国データバンク調査
帝国データバンクは、上場する主要外食100社が過去1年間(2021年4月〜22年4月)に行ったメニューの価格改定(値上げ)を調査した。過去1年に値上げした企業は約3割の29社で、上昇幅は平均で77円だった。値上げの理由に迫った。(2022/5/12)

小麦肌が限界突破! 岡副麻希、3時間かけた“特殊メイク”に驚きの声「すごい完成度」「別人すぎてビックリ」
笑顔はちょっとホラー。(2022/5/12)

2000人以上に聞いた:
これ以上値上げしないでほしいもの、圧倒的1位は「食料品」 内訳は?
昨今の値上げによって家計が影響を大きく受けているのは「食費」だった。これ値上げをしてほしくないものは「食料品」「ガソリン」など。各家庭はどのように値上げ対策をしているのか。(2022/5/11)

ご当地レトルトカレーも販売:
イトーヨーカ堂、「カレーフェス」を開催 カレー関連製品の需要増を狙う
イトーヨーカ堂は5月10日より、全国の店舗で「カレーフェス」を開催している。カレーフェスでは、カレーの名店「オーベルジーヌ」や「魯珈」監修による“店舗未販売”のオリジナルメニューのほかに……。(2022/5/11)

ウクライナ侵攻の影:
二郎系ラーメン「マシマシ」危機 なぜ?
スープに沈んだ器いっぱいの太麺に山盛りもやし、ニンニクや背脂のトッピングで知られる「ラーメン二郎」の影響を受けた全国の「二郎系」。それら大盛りをうたうラーメン店に、ロシア軍によるウクライナ侵攻の影が忍び寄っている。(2022/5/10)

ケンタッキーが値上げ オリジナルチキンやセットメニューなどの価格が最大40円上昇
6月1日および7月6日に値上げが行われます。(2022/5/6)

ウクライナ侵攻の影響:
“小麦粉ショック”で「米粉」に脚光 どんな風に使われているのか?
ロシアおよびウクライナが主要原産国である小麦の価格高騰により、米粉に注目が集まっている。現在、米粉を取り巻く状況はどのようになっているのか。トップメーカーである波里の代表取締役社長に話をうかがった。(2022/5/5)

4月8日〜5月9日は「高級食パン文化月間」:
高級食パンを「また食べたい」と思う人は50.3% 店による味の違いは感じる?
数年前に「高級食パン」が話題となり専門店の出店が相次いだが、原材料の小麦の高騰などを受け、閉店する店舗も相次いでいる。消費者は高級食パンについてどのように感じているのだろうか。日本トレンドリサーチが調査を実施した。(2022/5/2)

みちょぱ、“日サロ行きたて”で焼きたてホヤホヤ「いつもに増して映えてます」 ファン「黒みちょぱ」「松崎しげる並みに黒い」
カッコいいんだな、これが。(2022/4/30)

餃子の王将、5月14日から値上げ 餃子など14種
餃子の王将を運営する王将フードサービスは4月27日、メニュー全体の約2割の商品を5月14日より税抜20〜30円値上げすると発表した。小麦や食用油をはじめとする原材料価格の高騰や、人件費、物流費の上昇が原因だとしている。(2022/4/27)

スピン経済の歩き方:
「日清の“謎肉”がなくなれば、日本の生命線が守られる」は本当か
日清食品ホールディングスと東京大学は、日本で初めて「食べられる培養肉」の作製に成功した。この報道を受けて、筆者の窪田氏は「日本の生命線が守られるかも」と指摘しているが、どういう意味なのか。(2022/4/26)

パウンドケーキ焼いたら“耕したての土”できた 失敗料理に「何がどうしてこうなった」「昨日耕してた畑みたいだ」
失敗に失敗を重ねた結果。(2022/4/24)

コスト削減:
「タレ」「からし」抜いて納豆を安く イトーヨーカドーの低価格ブランド、累計販売金額が20億円を突破
イトーヨーカ堂が展開するプライベートブランド「ザ・プライス」。4月に累計販売金額が20億円を突破した。安さの秘密とは?(2022/4/22)

好きなハンバーガーチェーン店 モスバーガー、フレッシュネスバーガーをおさえた1位は?
レビューは、日本全国の10歳以上の男女に、「好きなハンバーガーチェーン店」についての調査を行った。好きなハンバーガーチェーン店1位は「マクドナルド」だった。(2022/4/19)

ローソンの「からあげクン」、10%値上げ 発売以来初の価格改定
216円から238円へ。(2022/4/15)

他商品も値上げ予定:
ローソン、からあげクン初の値上げへ 国産若鶏むね肉、小麦粉100%使用を継続
ローソンはからあげクンを値上げする。値上げ率は10%で、価格は216円から238円に変更する今後「フライドフーズ」「まちかど厨房」「日配食品」の一部商品も値上げ予定とする。(2022/4/15)

データで本場「讃岐の味」再現 大和製作所・店舗用うどん製麺機「真打」
香川県の大和製作所は「麺専門店繁盛支援会社」をうたう製麺機を生産・販売会社だ。業界としては最後発だが、製麺の全行程を一体化した初の製麺機「真打」発売から業界トップに躍り出た同社は、デジタルスクール「うどん学校」として挑戦を始めた。(2022/4/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
円安で「約40年ぶりの物価暴騰」、上がり続ける負担への対処法は
急激に進む円安が未だに止まる気配がない。4月13日のドル円相場は、1ドルあたり126.3円台まで急騰した。この度の円安とインフレが、企業の収益性も蝕みつつある。(2022/4/15)

4月20日から販売開始:
セブン、健康志向のサンドイッチを新発売 食物繊維が豊富に摂取できるパンを採用
セブンは食物繊維量が豊富な健康志向のサンドイッチを発売する。「キャロットラペ&チキンサンド」「チリコンカンサンド」の2商品を4月20日に発売。健康系商品の需要拡大に対応していく。(2022/4/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「高級食パン」ブームは本当に終了したのか? “大量閉店”騒動が隠した本当の姿
「高級食パンのブームが去った」という報道が目立つ。SNSでは“大量閉店”の情報が飛び交う。最新の「高級食パン勢力図」から見えてきたものとは?(2022/4/13)

PR:発売1周年で2000万食突破! 「丸亀うどん弁当」が12種類発売されたので、それぞれの弁当に合った服装で食べる
どんな格好で食べてもおいしいけどね!(提供:丸亀製麺)(2022/4/13)

東京商工リサーチ調べ:
コロナ禍なのにラーメン店の倒産が4割減、過去10年で最少 なぜ?
東京商工リサーチの調査によると、2021年度のラーメン店の倒産は22件で、過去10年で最少となった。(2022/4/12)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
悪いのは円安なのか
ドル円は4月11日の外国為替市場で、一時1ドル=125円77銭水準をつけ、2015年6月以来、約6年10カ月ぶりのドル高・円安レベルに達しました。(2022/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。