ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「労働環境」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「労働環境」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

インテリジェントプロセスオートメーション入門【前編】
RPAの進化形「インテリジェントプロセスオートメーション」とは 2つの違いは
RPAよりもさらに高度な自動化が可能な、人工技術(AI)技術を組み込んだ「インテリジェントプロセスオートメーション」が台頭しつつある。RPAとは何が違うのか。(2019/11/12)

下請け構造、給与に根深い問題:
「台風19号でもトラックの中止連絡無かった」――走り続けた零細物流が陥る“負の業界構造”とは
台風19号では多くの業界がサービスや営業を停止した。しかし筆者は「中小運輸では走っていたトラックも少なくない」と指摘。運輸業界特有の構造的問題に迫る。(2019/11/8)

キャリアニュース:
日本での仕事に「良い」印象があると在留外国人の64%が回答
「Guidable Japan」が、外国人労働者を対象とした日本国内での労働イメージ調査の結果を発表した。回答者の64%が、日本の労働システムに良い印象を持っており、職種では「技術職」や「教師」の人気が高かった。(2019/11/8)

愚痴や告げ口はNG:
嫌いな上司を黙らせる2つの方法
どこの職場にも嫌いな上司や先輩はいる。愚痴や告げ口をしても何も解決しない。上司を黙らせる“超建設的”な方法とは?(2019/11/7)

RPA化のその前に、今日からはじめる業務可視化:
ナナメ読みしている資料に数百万円―ーその業務コスト、分かっていますか?
あなたが普段ナナメ読みしている週次レポートや経営報告資料の作成には、実に数百万円のコストがかかっているかもしれません。しかし、今の業務フローを可視化して整理する時間も手段もないからと、改善に踏み切れないケースが多いのも事実。一方、某企業はある方法を実践し、業務プロセスを変えただけで5000時間の業務時間を削減しました。その方法とは。(2019/11/1)

S/4HANAが自動化機能を強化
「SAP S/4HANA Cloud 1908」の新機能 RPAと組み込み分析機能とは?
2019年8月に発表されたSAPの「SAP S/4HANA Cloud 1908」にはRPA機能と組み込み分析機能が新たに加わった。これらの機能はビジネスプロセスの自動化を進めるが、こうした新機能を「飾り物」と呼ぶアナリストもいる。(2019/11/1)

「AI」で進化する自動化技術【後編】
RPAでは難しくても「AIによる業務自動化」なら実現できることとは?
業務自動化システムは人工知能(AI)技術を利用することで、高度な処理が可能になりつつある。具体的にどのような処理ができるようになるのか。(2019/10/31)

10年間で大幅に労働者が減少:
JR西、終電時間繰り上げ検討 労働環境の改善で 午後9時以降の乗客減も後押し
JR西日本は10月24日、終電時間の繰り上げ検討を開始したと発表した。終電から始発までの電車が走行しない時間に線路の保守などを行う従業員の労働環境改善が目的。JR西の発表によると、線路の保守作業には毎日100カ所以上で、1500人ほどの従業員が従事。土日に休みを取りにくかったり、深夜に作業したりすることから離職率も業界平均より高い。(2019/10/25)

PR:電話線に縛られない働き方を「クラウド電話」で実現 アプリから固定電話番号で発着信、内線もOK
(2019/10/25)

「AI」で進化する自動化技術【前編】
RPAでは満足できない企業に贈る「AIによる業務自動化」のすすめ
生産性を向上させる有力な手段が、複数のシステムにまたがる業務や複雑な業務の自動化だ。こうした業務に適用可能な、インテリジェント化が進む業務自動化システムについて詳しく説明する。(2019/10/23)

CEATEC 2019:
大成建設がMSと協業、初手は地震による建物への影響や作業員の現状などを“見える化”
大成建設は、運用・保守事業も行える体制を整備し、これまでの建物の引き渡しだけでなく、建造物のライフサイクル全体を収益元の対象とするストック型ビジネスの展開を検討している。(2019/10/23)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
「アニメの絵を自動で描く」AIが出現――アニメーターの仕事は奪われるのか?
手描きが主流だったアニメ制作でも自動化が到来。ソフトやAIが自動で描画や彩色する技術開発が進む。果たして、人間のアニメーターは不要になるのか、最前線を追う。(2019/10/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヴィッツ改めヤリスが登場すると、世界が変わるかもしれない話
TNGAの最後のひと駒であるGA-Bプラットフォームが、今回、ヴィッツの後継車となるヤリスに導入される。筆者は15年のTNGA発表まで、トヨタのクルマをほとんど信用していなかった。TNGA以前と以後ではもう別の会社の製品だと思えるくらいに違う。いまやTNGA世代でないトヨタ車を買うのは止めるべきというのが筆者の偽らざる感想だ。(2019/10/21)

ロボット開発ニュース:
人手不足が深刻な飲食業を調理ロボットが救う、実店舗が幕張に開店
レストランやファストフード事業などを運営するセブン&アイ・フードシステムズは2019年10月16日、同月17日から開店する同社店舗にコネクテッドロボティクス製の調理ロボット2種を導入したと発表した。(2019/10/17)

大成建設と日本マイクロソフト、AI/IoTを活用した「施設運用・保守」で協業――“Azure×Windows 10 IoT”を活用
大成建設は、日本マイクロソフトと協業し、AI/IoTを活用した施設運用・保守(O&M)事業を展開する。「Microsoft Azure」と「Windows 10 IoT」を活用し、被災建物の即時判定、BIMによる業務効率化、作業状況の見える化の3つのソリューションから事業展開していく。(2019/10/16)

医療機器ニュース:
介護・福祉関連市場の調査報告、介護業務効率化支援システムが2025年に2.2倍へ
富士経済は、介護・福祉関連製品・サービスの国内市場を調査し、2025年市場予測(2018年比)を含む結果を「Welfare関連市場の現状と将来展望 2019」で発表した。同調査によると、介護業務効率化支援システムが2.2倍の22億円になるという。(2019/10/9)

21年度までに「まあまあの会社」目指す:
ホワイト企業化が進むワタミ トップに創業者が再登板 「売り上げや利益は追求しない」
2013年にワタミの役職を退いた渡邉美樹氏。「復帰は1000%ない」という発言を撤回して10月1日から代表取締役に復帰した。ワタミは14年から労働環境の改善に取り組み、今やホワイト企業と呼べるほどに改善。その一方で、業績はまだまだ不振状態にある。(2019/10/9)

人気アニメ作画監督が「1年半ノーギャラ」告発 “アニメ大国”日本の「厳しい労働環境」実態
NHKの朝ドラ「なつぞら」は日本アニメの黎明期が舞台の一つだったが、現代のアニメ制作現場では、人気作品の作画監督が「約1年半ノーギャラ」を告発して話題となった。世界的にも評価が高い日本アニメの労働環境はどうなっているのか。専門家に話を聞いた。(2019/10/3)

日本マイクロソフト・吉田新社長が決意表明 「DXで日本を変える」「国内ナンバーワンのクラウドベンダー目指す」
日本マイクロソフトが新体制発表会見を開催。吉田仁志新社長が登壇し、今後の戦略を語った。基本的には、平野拓也前社長の路線を踏襲し、顧客企業のDX支援と、クラウドサービスのシェア向上に努めるという。(2019/10/2)

自動運転に対する取り組みは、メーカーによって二極化:
果たして自動運転レベル3は、ドライバーにとって優しいのか?
人間不要の自動運転はレベル4、レベル5と呼ばれる。しかし、現状は機械とドライバーのハイブリッドであるレベル2とレベル3が射程に入ってきたところだ。しかし、このレベル3はさまざまな問題を抱えている。そのため、実用化についてもメーカーによって方針は大きく異る。(2019/10/2)

日本マーケティングリサーチ機構の調査:
働き方改革、半数が「内容理解していない」 6割が「成功しない」 変わってほしいのは「給与」
日本マーケティングリサーチ機構が、「働き方改革に関する意識調査」の調査結果を発表。ワードの認知度が高まる一方で、内容の理解に課題があることが分かった。また、6割程度の人が、改革に冷たい視線を向けている実情も明らかに。変わってほしい労働環境は「給与」がトップだった。(2019/9/30)

女性活躍企業 「ローソン」トップ 役員41.7%、育休復職93.9%、男性育休90%超
 女性活躍推進法が平成28年に施行され、今年で4年目。女性が結婚や出産などを経ても仕事を続け、キャリアアップができる環境を作ることは、企業や団体だけではなく社会の大きな課題だ。そうした女性活躍を客観的に評価する指標「女性活躍インデックス」を東洋大学がつくり、毎年公表している。これにもとづいたランキングで、トップとなった会社はどのような取り組みをしているのか。(2019/9/30)

アニメ制作企業、平均売上高が2年連続プラス成長 一方で3割が赤字
当面は堅調ですが「安定した利益確保が必須」との指摘。(2019/9/26)

進む高齢化、超過酷な労働環境:
京急踏切事故で垣間見えたトラックドライバー業界の「構造的な闇」とは
電車の乗客ら35人が負傷、トラック運転手1人が死亡した京急踏切事故。その背景に筆者が垣間見たのは極端に高齢化が進むトラック業界の闇だった。データや現場取材、自身のドライバー経験を踏まえ迫る。(2019/9/25)

RPA化のその前に、今日からはじめる業務可視化:
「もったいない星人」の暗躍で会社が病む 迫りくる2025年の崖
「それ昔、購入したよね。まだ使えるし! まだ動くよ!」とドヤ顔で説明する経営陣のせいで、老朽化したシステムのおもりなどの無駄な業務が発生している――。この「もったいない星人」が暗躍すれば企業は2025年の崖を乗り越えられず、そのまま沈んでいくでしょう。「もったいない星人」にどう対処するのか。(2019/9/20)

産業動向:
働き方改革に2.4億円を計上、5年連続6兆円超え国交省の2020年度予算概算要求
ヒューマンタッチ総研は、2020年度の国土交通省予算概算要求から予測した建設市場の動向についてのレポートをリリースした。概算要求のうち、公共事業関係費は、2019年度予算比で19%増加して6兆2699億円となった。中でも防災・減災対策、国土強靭化、インフラ老朽化対策などが前年度予算を大きく上回った。加えて、働き方改革の推進やi-Constructionなどの予算も増加されているため、労働環境の整備が進むことが予測される。(2019/9/18)

2022年末までに1000店舗を目指す:
Amazon Go型“手ぶら決済”を日本に広められるか? NTTデータが発表したデジタル店舗サービスの中身
NTTデータは、日本国内でのレジ無しデジタル店舗の多店舗展開支援を発表した。米国でAmazon Goが他店舗展開を進めているが、日本での出店実績はない。(2019/9/5)

適用状況を一目で確認したい
「Windows 10のアップデート失敗」にまつわるIT担当者の悩みを減らすには?
従来の「Windows」と異なり、半年ごとに大型アップデートがある「Windows 10」は、IT担当者にとって管理の煩雑化などの課題を生む原因になり得る。この問題に対処できるWindows搭載PCの管理方法とはどのようなものか。(2019/9/5)

拡張労働力を高める
コボット(協働ロボット)は小売業の戦力となるか
職場でのAI技術の未来は、人間とロボットがうまく融合されるかどうかにかかっている。小売業における協働ロボット(コボット)の用途に注目してみよう。(2019/8/29)

京アニ放火 石田さんの父が会見「多くの夢と感動残してくれた」
「私たちに多くの夢と感動を残してくれました。本当に素晴らしい子でした」。京都アニメーション放火殺人事件の犠牲者として身元が公表された石田敦志さん(31)=京都府宇治市=の父、基志(もとし)さん(66)は27日、京都府警伏見署で会見し、涙をこらえながら無念の思いを語った。(2019/8/28)

「人生の墓場に入った」「残業することが美学」 厚労省の労働環境を明かした“緊急提言”、若手チームが公開
「外部電話はひと月で10万件以上なのにコールセンター対応者は4人のみ」など、衝撃的な内容。(2019/8/27)

2020年夏には全社でテレワークを実施:
テレワーク普及は“とにかく体験させる”が鍵? シスコがWebexの特別プランを発表
他の先進国に遅れがちな日本企業のテレワーク推進へ、シスコが「Cisco Webex Meetings」の特別プランを開始する。東京オリンピック・パラリンピックを機にテレワークを普及させ、「企業文化レベルで、日本企業のマインドセットを変革したい」と語る、その意図とは。(2019/8/23)

建設業の働き方改革:
建設コンサル向け業務管理システム「Direct R」が、業務改善に有効なワケ
川田テクノシステムは、建設コンサルタント向けに特化した業務管理システム「Direct R」の販売に注力している。働き方改革関連法が施行されたのを機に、社内の業務改善に着手する建設業者は多いが、各部門ごとに抱える業務効率化の壁をどう解消するかは課題となっている。(2019/8/19)

「保育士はPC使えなくていい」「資料はFAXで送って」――業界の風潮に違和感 保育園が「Box」導入しペーパーレス化
千葉県内で10カ所の認可保育園を運営するハイフライヤーズは、各園の書類管理のためにクラウドストレージ「Box」を導入。社員に社用のiPhoneも貸し出し、電子化した書類をチェックしやすくしている。(2019/8/20)

新人教員のころ、理不尽な初任者指導に「いじめかと思った」 現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」
何も教えてもらえないなか、OJTという名目で教育現場へ。(2019/10/5)

学校の先生はいつ有給を使うのか 現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」
Aさん「消滅した有給がどれほどあるか……」。(2019/10/4)

“部活がやめられない教員”を作り出す職員室のヒエラルキー 現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」
「残念ながら、こういう人たちは『あなたから部活を取ったら、何が残るんですか』というタイプが少なくない」。(2019/10/2)

学校の先生が“規制逃れ”に手を尽くす「闇部活」の実態 現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」
部活の活動時間規制と“どうしても部活がしたい教員たち”のイタチごっこ。(2019/10/1)

企業を蝕む「引き継ぎの魔物」、退治する4つの心得を伝授
引き継ぎを繰り返す度に、業務本来の目的が見失われ、無駄な作業が「ダブついて」いく。従業員が今日も意味のない仕事に精を出す――。今回は、企業のマネジャーがこの問題をどう対処すればよいのか、4つの心得を解説。実践することで、RPAにどの業務を任せればよいのかも見えてくる。(2019/8/9)

現場管理:
東洋建設とアイフォーコム、海洋工事作業者の見守りシステムを開発
東洋建設とIoT、AIシステムの開発を手掛けるアイフォーコム・スマートエコロジーが、海洋工事現場作業者の労働環境と行動を把握する「みまもりサービス Sea Rescue」を開発した。(2019/8/7)

スピン経済の歩き方:
「賃金上げたら日本は滅びるおじさん」の言っていることは、本当か
「最低賃金の引き上げ」問題をめぐって、議論がヒートアップしている。「日本の低賃金にメスを入れるべき」という声がある一方で、「世紀の愚策」などと猛烈に難癖をつけている人たちも。この問題、どちらに説得力があるのかというと……。(2019/8/6)

産業動向:
竹中工務店、建設業界で給与の満足度が高い企業ランキングの第1位に
(2019/8/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
これからのマネジメントに必要な「人間観」「組織観」
日本の労働環境は大きな転換点を迎えている。こうした時流を受け、リーダー自身も「人」や「組織」の捉え方を変えなければいけない。(2019/7/25)

地理と時間の制約を越えて成長する組織とは
どこにいてもどこからでも成長できる――東京海上日動 山陰支店長の人材育成術
管轄2県の従業員と代理店全員が高いレベルで商品知識と販売ノウハウを獲得するには? 移動に疲弊せずに業務をこなすには? 支店長が着手したのは働き方改革と情報共有の効率化、人材育成の3つを一度に変える施策だ。詳細を取材した。(2019/7/26)

RPA失敗の構図――あなたの会社にも潜む引き継ぎという名の魔物
RPAは、「人生100年時代」にワークライフバランスややりがいを求める従業員と、1日48時間分の労働生産性を必要とする企業の要望をかなえ、双方のギャップを埋める良薬だ。しかし、多くの企業はRPAを生かすためのたった1つの視点を見落としている。それは一体何か。日本RPA協会の理事による新連載がスタート。(2019/7/1)

30年無償保証に合わせて全国で順次展開:
ドローンやロボットを使った“積水ハウス”の住宅点検サービス、54%の省力化で人手不足・高齢化を解消
積水ハウスは、ロボットやドローンを活用した戸建て住宅の点検システム「スマートインスペクション」を、2019年8月1日から全国29事業所のカスタマーセンターで順次スタートさせる。複数の先進機器を組み合わせ、遠隔で診断する点検システムは住宅業界で初だという。(2019/7/24)

若槻千夏、教師の時間外勤務に関する発言に批判集まる インスタで謝罪「悲しさを覚えてしまった」
「news zero」での発言に批判の声が多く上がっています。(2019/7/22)

ITはみ出しコラム:
Amazonプライムデー2019の裏側で加速するロボット化
Amazonが2019年の「プライムデー」を過去最長の48時間にわたって開催。48時間のセール期間中、1億7500万点以上の商品が売れました。その裏側でAmazonは、購入された大量の商品をより効率よく送り届けるため、配送業務の自動化をガシガシと進めています。(2019/7/21)

製品動向:
大和ハウス、建物の天井施工作業を軽減できるアシスト機器を開発
大和ハウス工業は、建設現場の働き方改革として、建物の天井施工作業を軽減できるアシスト機器の開発を発表。高負荷作業を軽減でき、床から作業ができるため墜転落のリスク軽減にも役立つ。(2019/7/18)

「ゲーム部」運営会社、メンバーの声優変更を認める
以前に「告知なしで声優が変更された」とファンが批判していました。(2019/7/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。